とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 09:25:28.54 ID:v0rAwwBkp
    元阪神でロッキーズの呉昇桓投手(36)が、来季の韓国球界復帰を示唆。

    ロッキーズとは来季まで契約が残っているが、聯合ニュースによると、「海外で5年間プレーして少し疲れてしまった。まだチームの力になれる間に、母国のファンの前で投げたい」と話したという。

    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00366130-nksports-base

    3: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 09:27:20.65 ID:+XPxZ8ov0
    阪神復帰してや

    4: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 09:27:38.61 ID:RqWiS9QB0
    阪神に帰ってこい

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539908728/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2018/10/19(金) 07:57:19.38 ID:CAP_USER9
     阪神・矢野燿大新監督(49)の就任記者会見が18日、大阪市内で行われた。晴れの就任会見で熱き思いを綴った阪神・矢野燿大新監督(49)。
    ただ、注目された補強に対しては「大きな要望はありません」。3年間、1、2軍の戦いを見てきた新監督は「うちの選手は負けてない。育てるのが仕事」と胸を張って言い切った。

     よどみなく、自信たっぷりに、誇らしげに。矢野新監督が言い切った。

     「うちのチームには、楽しみな選手がたくさんいます。他の球団と比べても負けていないというのは、僕も自信を持って言えます」

     昨年まで参謀役として1軍の、ことしは2軍監督としてファームの。日本プロ野球界の大半の選手を見てきた結論だ。

     『うちのヤツら、凄いやん』→『こいつらを育てたら、戦えるで』→『だから補強に要望は出さない』。自身の言葉で説明してくれた。

     「外国人もね、打てる選手というのは来てくれるに越したことはないですけど。いる選手をどうするか、というのが僕の大きな仕事。補強の相談もして いますし、まあ今進んでいると思うんですけど、何か現状、僕から大きな要望という感じではないですね」

     札束が飛び交うFA戦線への参入を、強く要望することはなかった。目の前にいる選手たちに、しっかり働く外国人選手と、ドラフトで将来有望な選手たちが 入ってきてくれれば…。

     “おねだり”はしない新監督だが、ドラフトにはこだわりも。

     「本当にすごく大事になってくると思っています。阪神ファンが求めているのは、生え抜きの4番、エース、レギュラー。すごい中心になっていくような選手が 来てくれればうれしいです」

     FA戦線のビッグネームに関心を示さない代わりに、指名選手には注文をつけた。「特長のある選手。足が速い、肩が強い、遠くに飛ばせる。何となく 全体がいいな、という選手よりも…」。

     俺が育てる。だから、育て甲斐のあるいい選手を獲ってきて! 要望は単純明快。最有力候補には大阪桐蔭高・根尾昂内野手が挙がっており、競合必至の ドラフト1位だが、超前向きだ。

     「(クジ運は)悪いとは思っていませんね、はい! 新聞紙上で何か僕が引くように、もうなっていますけど(笑)。選択(交渉権)確定を引けるように、 頑張っていきたいと思います」

     若手育成に真正面から挑んだ金本前監督の思いは、しっかり引き継ぐつもりだ。と同時に「そろそろ補強で勝たれたら」と前監督が最後に残したメッセージとは ちょっぴり違う、補強に対する姿勢。それが“矢野色”-。さあ、どんなチームを作り上げるのか。お手並み拝見だ。

    1-2レビュー


    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000029-sanspo-base

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539903439/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 05:22:45.13 ID:ki4z+hUTa
    阪神が、5月に国内FA権を取得したオリックス西勇輝投手(27)を今オフFA補強の筆頭候補としたことが18日、判明した。

    当初は西武浅村を筆頭候補として西の調査も続けていたが、新体制となって補強方針も調整。

    今季2度目の最優秀中継ぎ投手に輝いた日本ハム宮西も、状況に応じて調査する。

    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00365944-nksports-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539894165/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 06:46:44.71 ID:carHOrcb0
    阪神が来季の矢野新体制に備え、今オフにスコアラー陣を整備して今季当初の球団担当制に戻すことが18日、明らかになった。

    シーズン当初は例年通り各球団に1人ずつスコアラーを配置したが、6月に中日担当の山脇スコアラーが逮捕され、契約解除となった。それ以降は他の球団担当4人で中日もカバーし合っていたため、通常2カードの先乗り期間が設けられるところ、1カードだけ偵察してチームに報告というケースもあった。

    1減状態の影響はあったようで「補充することを考えています。中日には負け越しましたし、ヤクルトには10連敗ですか。プロの仕事でカバーしてもらったんですが、数字を見るとやはり無理があったのかなと思います」と谷本球団本部長。球界はトラックマンなどで数値化が進んでいるが、先乗りスコアラーから得られる生の情報は必要不可欠だ。


    2


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000014-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539899204/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 06:40:40.45 ID:fs16JgZRr
    今季は17年ぶりとなる最下位に沈み、金本知憲監督が電撃辞任。火中の栗を拾った形になった就任1年目から、2005年を最後に遠ざかる「優勝」と目標設定した。その実現へ、現役時代に優勝を味わった03年型の攻撃的な野球を理想に掲げた。

     師と仰ぐ故・星野仙一監督が率いた03年の“看板”は1試合平均5・2得点の打線。今季の同4・0点をはるかにしのぐ破壊力があった。
    「甲子園で点を取って、一気に流れができた時の雰囲気。ファンは喜ぶし、それを求めてると思うのよ」とイメージは膨らんでいる。

    2軍監督として12年ぶりのファーム日本一へ導いた。「超積極的」を合言葉にトライさせ続けた若手選手も芽を出してきた。「チームとして後退しているとは思わない。みんなが力を出せば優勝も可能。そこが俺の一番の仕事だと思う」。迷ったら前へ―とは星野さんに学んだ生き方。23日から始まる秋季練習が大逆襲の第一歩となる。




    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000018-sph-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539898840/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 07:55:49.44 ID:qvwZ0wxLp
    フェニックスリーグ(18日)阪神・板山祐太郎外野手(24)が18日、フェニックス・リーグのロッテ戦(生目第二)で負傷交代した。「4番・右翼」で出場し、七回の守備時に右越えへの飛球の捕球を試み、フェンスに激突。 
    顔面を強打し、鼻を負傷した。試合後は「大丈夫です」と話しながらも腫れが収まらず、宮崎県内の病院に向かった。今後は未定。 

    YOL6M9VcJC


    201808_hanshintigers_top


    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181019/tig18101905000001-n1.html



    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539903349/

    続きを読む

    このページのトップヘ