とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    <阪神5-4中日>◇27日◇京セラドーム大阪

     金本チルドレンの活躍で阪神が、中日との開幕カード勝ち越しを決めた。2番で起用される横田慎太郎外野手(20)が2回1死三塁、たたきつけた打球で左前にプロ初適時打。元ロッテ外野手の父真之さん(53)ら観戦する家族の前で、2試合連続マルチも決めた。金本監督が掲げる「超変革」のシンボルが、虎の推進力となっている。

     全身泥まみれのユニホームが、横田のがむしゃらさを物語っていた。2回1死三塁。2球で追い込まれた後の3球目。外角高め直球をたたきつけた。ワンバウンドし高く跳ね上がった打球は、前進守備のサードの頭上を越えた。プロ初打点となる適時打は、オープン戦から見せ続けてきた泥くさく、らしい一打だった。

     横田 高山さんが前で打ったので、自分もなんとしても打とうという気持ちしかなかったです。追い込まれたので三振せずに必死に食らいつくことだけを考えてやりました。

     連日のマルチ安打。背番号24のワンプレーごとに阪神ファンが大きく沸く。ストライクゾーンに来ればとにかくフルスイング。2回の適時打後には盗塁も試みた。失敗したが、無我夢中の全力プレーに指揮官も目を細める。

     金本監督 まだまだひたすら一直線。まっしぐらのスタイル。今はあれでうまくいっている。あれが彼らしい。

     この日は地元・鹿児島から父真之さん、母まなみさん(53)、姉真子さん(21)の家族全員が応援に駆けつけていた。真之さんは、かつてロッテの外野手として活躍。ベストナインを2度獲得したこともある名選手だ。グラウンドで躍動する息子に「親子ベストナイン? いいですね。いつかそのくらいの活躍をしてくれれば。でも、今はとにかくがむしゃらにやって欲しいですね」とエールを送った。前日26日にはプロ初安打のボールを紛失。この日の試合前に、鳥谷とともにボールケースの中を再捜索したが見つからず、「これでいいです」と適当な1球をポケットにしまった。特別なこだわりはない。これから数々の安打を積み上げるつもりだからだ。

     新外国人ヘイグの決勝打に高山も2安打。4番に座る福留も豪快な本塁打を放った。開幕黒星から2連勝のカード勝ち越しは、リーグ優勝を果たした03、05年と同じ星取という吉兆。好調な新生猛虎打線。その中核に、間違いなく横田の名も刻まれている

     ◆横田慎太郎(よこた・しんたろう)1995年(平7)6月9日、鹿児島県生まれ。鹿児島実から、13年ドラフト2位で阪神入団。高校通算29本塁打。垂直跳びは、球界でも屈指の80センチ。走攻守そろった逸材。過去2年は1軍出場なし。推定年俸720万円。186センチ、92キロ。左投げ左打ち。

     ◆横田真之(よこた・まさし)1962年(昭37)11月26日、高知県生まれ。明徳(現・明徳義塾)-駒大を経て、84年ドラフト4位でロッテ入り。1年目から外野の定位置を獲得し、85年(3割)、翌86年(3割4厘)と新人年から2年連続3割以上。これは長嶋茂雄(巨人)に続きプロ野球史上2人目の快挙だった。この2年間ベストナインを獲得。87年にはパ5位の26盗塁。中日、西武でもプレーし95年引退。現役時代は173センチ、78キロ。右投げ左打ち。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000013-nksports-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    <阪神5-4中日>◇27日◇京セラドーム大阪

     阪神は中日との接戦を制した。金本知憲監督(47)のテレビインタビューは以下の通り。

    【写真】阪神ヘイグ連日のお立ち台で「コンパイ、カンパイ」

     -にぎやかな勝ち

     金本監督 ですね。今日勝つのと負けるのとでは、結構大きいかなと。ベンチでみんな、絶対に今日、勝つという雰囲気があった。昨日より今日の方が盛り上がった感じはあります。

     -今日の試合で感激したこと

     金本監督 そうですね。いっぱいありますね。パッと出てこないですけど。

     -マテオは安定感

     金本監督 まだ相手打者も慣れていないのでね。慣れてきたところで、どういう工夫をしてくれるか。実際、これからの課題になると思いますね。

     -開幕カードを終えて確信めいたものはあるか

     金本監督 選手は何が何でも、球に食らいつくという必死さと言いますか、勝つんだという姿勢が野手だけじゃなく、投手もね。高橋と福原がストレートで最後、バシッと三振を取る。そういう意気込みをすごく感じ取れましたね。

     -西岡もサボらない

     金本監督 今のところ、サボってないですね。今のところは。来週くらい、ちょっと危ないですね(笑い)。

     -横田がジョイント役として適時打も放った

     金本監督 まだまだ、ただ、ひたすら一直線にまっしぐらというスタイルですけど、いま、あれでうまくいっているし、あれが彼らしさ。そこはやっぱり少々、暴走気味でもね。ちょっと怖いですけどね。打席でもあまり作戦も出せないですけどね。彼の持ち味をうまく生かすことが、ベンチの仕事ではないのかなと。

     -今日は横田の盗塁がアウトになっても客席がわいた。ああいうのを久しぶりに見た

     金本監督 そうですか。僕もありましたよ、昔。

     -2勝1敗をどう評価するのか

     金本監督 まあ、勝ち越したことがすごく大きい。開幕を落としましたけど、2連勝を確信できた、開幕の負け方だった。あの負け方がすごく大きかったという印象を持っています。

     -エンドランが決まったり、岡崎も活躍した

     金本監督 メッセンジャーの盗塁とかね。負けはしましたけど、今年の開幕戦は今年のタイガースを変えていく、変わっていく原点じゃないのかなと思っています。

     -先発藤川について

     金本監督 早いカウントから、コースにいい球を投げすぎたのでね。ちょっと手詰まりだった感があったと、本人も言っていましたけどね。まあ、今日の勝ちは球児が一番救われたんじゃないかな。僕はそう思いますね。彼は責任感が強すぎて。同点には追いつかれましたけど。今日の試合は球児が一番、ホッとしていると思います。

     -関東で3カード戦いに行く

     金本監督 このスタイルで、イケイケでね。とにかく失敗を恐れずにやってほしいと思います。

     -いやあ、面白い野球

     金本監督 こっちはヒヤヒヤです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000171-nksports-base




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/03/27(日) 17:40:13.04 ID:
    中日 0 0 0  2 2 0  0 0 0  4
    阪神 1 2 1  0 0 1  0 0 x  5

    バッテリー
    阪神:藤川、榎田、歳内、高橋、福原- 梅野
    中日:ネイラー、岡田、田島、福谷- 桂、武山

    本塁打
    中日:ビシエド 4回表 3号ソロ
    阪神:福留 3回裏 1号ソロ

    試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20160327-02.html
    http://live.baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2016032702/score

    ※藤川は13年ぶりの先発登板

    110:2016/03/27(日) 18:14:03.04 ID:
    >>1
    マテオ投げんかったん?
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/03/27(日)12:59:47 ID:
    一体誰なんだ

    人工知能 りんな
    http://rinna.jp/rinna/

    3:2016/03/27(日)13:01:15 ID:
    人工無脳を作ったってことは理系の大学出とる選手やろか
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/03/26(土)20:49:16 ID:


    五月人形?も阪神カラーやいうてウキウキで買ったらしい

    3:2016/03/26(土)20:51:21 ID:
    ゴメちゃんもメッセも可愛い ヘイグも仲間入りやね
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     ◇セ・リーグ 阪神7―3中日(2016年3月26日 京セラD)

     11安打と打線がつながった阪神が中日に快勝し、開幕2戦目で初勝利。金本監督にとって初の白星となった。

     セ・リーグの新人監督唯一で黒星スタートとなった金本阪神。負けはしたものの、開幕戦で初打席初安打を放つなど存在感を見せたドラフト1位の高山がこの日も躍動した。

     0-0で迎えた3回1死一塁、山井の139キロ直球を叩き、右中間を深々と割る先制適時二塁打。ルーキーのプロ初打点がチームに流れを引き寄せると、さらに2死二塁からヘイグの中越え二塁打でさらに1点を追加。5回には2死一、三塁から、開幕からここまで無安打のゴメスが左越え3ラン。さらに岡崎の左前適時打でこの回4点を追加し、試合を優位に進めた。

     先発の能見は走者を出しながらも要所を締め、6回7安打2失点(自責1)。11年の広島との開幕戦での登板以来5年ぶりとなるシーズン初登板での勝利を挙げた。

     中日は先発の山井が5回6失点と試合をつくれず、これで阪神戦は自身5連敗。打線も好機で畳み掛けることができなかった。
     http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/03/26/kiji/K20160326012286990.html

    続きを読む

    このページのトップヘ