とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/14(木) 05:02:33.69 ID:
     Cf8OQYHUIAI6F6_
    8:2016/04/14(木) 05:06:25.05 ID:
    イニング食えないで失点しまくるベテランってどうすんねんこれ
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/14(木)06:20:01 ID:

     阪神藤川球児投手(35)が14日に出場選手登録を抹消されることが13日、分かった。

     この日のDeNA戦(甲子園)が雨天中止となり、同戦に先発予定だった岩田が中10日で17日中日戦(ナゴヤドーム)に向かうことが決定。この先発ローテ再編によって、当初17日中日戦の先発が見込まれていた藤川に再調整する期間が生まれた。藤川は前回10日広島戦で5回途中7失点。今季初黒星を喫して「申し訳ないとしか言いようがない」と悔しさをにじませていた。

     最短10日間の抹消期間ならば、24日広島戦(マツダスタジアム)から再登録が可能となる。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000011-nksports-base


    2:2016/04/14(木)06:23:24 ID:
    謎のタイミングやけど残当 誰上がってくるんやろ
    4:2016/04/14(木)06:26:04 ID:
    ええんちゃうか、誰上げるんかな
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/13(水) 14:12:41.04 ID:

     (セ・リーグ、阪神4-3DeNA、4回戦、阪神3勝1敗、12日、甲子園)逆転されていれば、鳥谷は戦犯だった。

     3点リードの七回の守備だ。先頭ロペスの平凡なゴロを捕り損ねて、打球は左前へ(記録は失策)。ここから藤浪が崩れ、1点差に迫られた。「自分のミスです。勝ててよかったと思います」。バットでは一回に併殺打。六回に内野安打を1本放ったが、打率は・185。

     試合後は、神妙な表情でクラブハウスに引き揚げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000512-sanspo-base
    2015年1月23日

    鳥谷「生涯虎」宣言 5年20億円で契約
    http://www.daily.co.jp/tigers/2015/01/23/0007681443.shtml
    阪神・鳥谷敬内野手(33)が22日、兵庫県西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、
    年俸4億円の5年契約でサインした。
    3:2016/04/13(水) 14:13:10.33 ID:
    15年(34) 4億 143試合 .281 6 42 ops.747 
    16年(35) 4億 16試合 .185 0 5 ops.509 
    17年(36) 4億  
    18年(37) 4億  
    19年(38) 4億 
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    90f92f4d

    陽川尚将選手のYoutube動画です。

    最新投稿順 自動更新 Youtube動画 見たい画像をクリック(タップ)で再生します 
    全画面可能(表示動画の右下をタップまたはクリック)
    スマホタブレットでの視聴は横向きにしてご覧頂くほうが見やすいと思います。
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    超変革がタイトルまたは説明文に含まれるYoutube動画です。

    最新投稿順 自動更新 Youtube動画 各サムネイルをクリック(タップ)で再生します
    全画面可能(右下をタップまたはクリック)
    スマホタブレットでの視聴は横向きにしてご覧頂くほうが見やすいと思います。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/12(火)22:48:22 ID:
    hg

    もうこのパターンは無しで頼むわ、編成が遅れるンゴ
    当たりと思ってからのハズレは本当に一度喜んだ分メッチャ悲しい
    2:2016/04/12(火)22:48:53 ID:
    まだ序盤やんけ
    続きを読む

    このページのトップヘ