とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2


◆練習試合 阪神5―3西武(16日・安芸市営)=9回裏までの特別ルール=

 阪神のドラフト2位・小幡竜平内野手(18)=延岡学園高=が、西武2軍との今季初の対外試合に5回から代打で途中出場した。7回に遊撃内野安打で“プロ初安打”をマーク。3打数1安打2三振で、遊撃で3度の守備機会も無難にこなした。

 視察した阪神の藤原崇起オーナー(66)は「若手がみんなハツラツとやっていた。何よりも勝ったのが良かったですな。どんな試合でも勝たなあきません。(小幡は)楽しみですね」と、ご満悦だった。

 対外試合で初采配となった西武の松井稼頭央2軍監督(43)も印象に残った敵軍の選手として「岩田(稔)君にしてもうまい投球といいますか、うまく打者をかわしてましたし、伊藤(隼太)君にしても、陽川(尚将)選手にしても、ルーキーの小幡君も楽しみ」と、新人の名前を挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000260-sph-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2


遊撃に再挑戦するベテランの阪神鳥谷敬内野手が今季初の対外試合となる17日の日本ハム戦に3番で先発する。

矢野監督が「トリは3番でいこうかなと」と明言。19年初実戦だった11日紅白戦は二ゴロ2本の2打数無安打だった。北條が充実し、新人木浪も定位置を巡って猛アピールしており、プロ16年目の存在感を示したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-60000866-nksports-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2


阪神上本博紀内野手が復活弾を放った。実戦形式のケース打撃に先頭打者で登場。右腕才木浩人投手の初球をフルスイングし、左翼芝生席に突き刺した。

昨季は左膝のケガで苦しんだ男が存在感を発揮。矢野燿大監督は17日の日本ハム戦(宜野座)で1番に起用することを明かした。

   ◇   ◇   ◇

沖縄の空に復活ののろしを上げた。午後から行われたケース打撃。先頭で打席に立った上本は、才木の1球目を見逃さなかった。「いつも初球からと思っているので」。内角137キロをフルスイング。快音を残した打球が左翼芝生に飛び込んだ。突然の出来事に週末で埋まった宜野座のスタンドは一瞬の静寂。直後にどよめきが起こった。

練習でしか対戦することのない自軍のピッチャー。その初球をしっかり捉える技術と心構えが上本にはあった。矢野監督は「なあ…、すごいなあ」と感嘆。「初球、打とうという気持ちがありながらじゃないと、あれは振れない。しかも、才木も2段モーションやから。結構タイミングも、難しいと思うんだけど」と高く評価した。

決意がにじむ。昨年5月5日の中日戦(甲子園)で、左膝前十字靱帯(じんたい)を損傷。同年6月に再建術を受けた。リハビリをへて、7日の紅白戦では約9カ月ぶりに「1番二塁」で実戦復帰し、左前打をマーク。故障明けながら、キャンプ1軍スタートを決断した矢野監督の思いに応える躍動だ。

ポジション争いが熱くなってきた。本職である二塁には昨季チームで唯一全試合に出場したキャプテン糸原がいる。ルーキー木浪も結果でアピールを続ける。17日には日本ハムとの練習試合が予定されており、矢野監督は「明日も1番でいこうかなと思っている」と明言。俊足でパンチ力のある上本がリードオフマンで力を発揮すれば、打線にも厚みが増す。復活の男は「次は次でしっかりとやります」と静かに闘志を燃やした。【桝井聡】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-60000764-nksports-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/16(土) 19:14:29.48 ID:K49PnoNH0
阪神・福留が15日、沖縄・宜野座キャンプで名物球場アルバイトにダッシュ勝負を挑んだ。競争相手は糸井も“ライバル視”する巨漢の球拾いアルバイト大学生。約20メートルのハンディをつけてスタートしながら余裕の逆転勝ち。息も絶え絶えの大学生に41歳の大ベテランは「あと4キロ痩せてこい!」と声をかけていた。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20190215/tig19021519470022-n1.html

3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/16(土) 19:14:58.44 ID:K49PnoNH0
no title

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1550312069/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2


 「阪神春季キャンプ」(16日、宜野座)

 阪神に新加入したピアース・ジョンソン投手(27)=前ジャイアンツ=が、今キャンプ初めて打者相手に実戦登板した。

 ケース打撃で、アウトカウントや状況を指定した中での投球。最速149キロの直球を軸にカーブ、スライダーを織り交ぜ、糸原、木浪、北條、近本、坂本と打者5人を相手に25球を投げた。木浪からは空振り三振を奪うなど、無安打と上々の投球内容を披露。セットポジション、クイックなど、細かい動きでも器用さを見せた。

 ジョンソンはキャンプ2日目に、助っ人選手としては異例の早さでブルペン入り。11日には風邪の症状を訴え、練習を欠席したこともあった。それでも打者を相手にした投球で元気な姿を披露。順調な調整をうかがわせた。

 矢野監督は「勝ちパターンで投げてもらうために来てもらっている」と、方程式の一角として勝ちパターンで起用する構想を描く。期待の新戦力が強力なブルペンを、さらに厚くしてくれそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000069-dal-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1


「阪神春季キャンプ」(15日、宜野座)

 17日に行われる練習試合・日本ハム戦で、復活を目指す阪神の藤浪晋太郎投手(24)が3イニングの登板を予定していることが15日、分かった。相手は清宮幸太郎内野手(19)、王柏融外野手(25)=前ラミゴ=らの出場が見込まれており、宜野座でファン注目の対決が実現する可能性が高まった。また上本博紀内野手(32)と鳥谷敬内野手(37)で二遊間を組むことも明らかになった。

 ただでさえ大勢のファンが集まり、いつも以上に熱気が増す日曜日の対外試合。17日の宜野座が激アツの一日になりそうだ。

 矢野阪神の対外試合2戦目となる日本ハム戦。阪神は藤浪が3イニングの登板を予定している。完全復活を期す甲子園春夏連覇の右腕と対する日本ハム打線は、2年目を迎えた清宮の出場が濃厚だ。甲子園でフィーバーを巻き起こした2人の初対戦。藤浪が剛速球で先輩の意地を見せるのか、あるいは清宮が打ち返すのか。ファン必見の対決となる。

 それだけではない。日本ハムは王柏融も出場する見込み。台湾プロ野球で2年連続打率4割をマークし、17年には同球界史上初の三冠王を達成した注目の新助っ人だ。“台湾の大王”の異名を持つ最強打者との対戦は藤浪だけでなく、阪神投手陣にとっては格好の腕試しとなる。

 藤浪は15日、前日に続きブルペンでクイックでの投球を確認するように37球を投じた。前回11日の紅白戦では2回2安打1失点。2死球を与えており、「クイックだけでなく、変化球など、対バッターへの配球も確認してやりたい。ブルペンでは自分本位のピッチングなので」と課題を持って実戦に臨む。

 阪神は藤浪の他に小野も登板を予定。こちらは11日の紅白戦では2回7安打6失点と乱れただけに、しっかり立て直したいところだ。ここまでの実戦では活発な打線の方が目立っている矢野阪神。日本ハム戦では、投手陣が強力打線を抑え込む奮闘が期待される。

https://www.daily.co.jp/tigers/2019/02/16/0012069465.shtml

続きを読む

このページのトップヘ