とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    TR2016030800414

    1:2016/03/30(水) 14:06:31.51 ID:
    ボール球スイング率
    5.1% (1位)

    空振り率
    0%

    なんやこいつ・・・

    4:2016/03/30(水) 14:07:55.60 ID:
    機械かな?
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/03/29(火)20:00:09 ID:

    header

    あと1つは?


    2
    :2016/03/29(火)20:05:12 ID:
    勝ったらヒーイン・監督談話まできっちり放送、最後のCM前にハイライトも見せてくれるが負けたら速攻で終わる。

     
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    1:2016/03/30(水)12:32:48 ID:
     
     

    六回悪送球により上田に出塁を許す鳥谷(C)日刊ゲンダイ

    「まだ4試合とはいえ、ちょっと気になるな」

     こう言って顔を曇らせたのは阪神OBだ。

     29日の阪神は、先発藤浪があと1人で完投こそ逃したが、ヤクルト打線を2失点に抑えチームは3連勝。ほとんどの選手がハツラツとしている中で、ひとり元気がないのが鳥谷敬(34)だ。この日は2つ四球を選ぶも2三振の3タコ。ここまでのヒットは、26日の中日戦での2本だけだ。

     昨秋就任したばかりの金本新監督から、「キャプテンのおまえが変わらなければチームは変わらない。今のままでは全部ダメだ」と言われ、当初は悩み苦しんだ。ところがキャンプインすると、シートノックで声を張り上げたり、特守に飛び入り参加するなど、苦手なムードメーカーを積極的にこなした。

    「ミスした若手をからかって場を盛り上げるなど、あんなに明るい鳥谷を見たのは初めてだ。だけど、本来はクールな男だからな。金本監督から苦言を呈され、無理に明るく振る舞っていたこともあったと思う。慣れないことをやれば誰でも疲れるし、ストレスもたまる。そのツケが出ているのかな。公式戦はムードメーカーではなく、自分の成績を優先するべき。自分のスタイルでやるのが一番だよ」(前出のOB)

     鳥谷が「開幕」したら、阪神はもっと強くなる。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000022-nkgendai-base

     


    2
    : :2016/03/30(水)12:34:06 ID:
    どうせ最速で.280に調整してくるやろ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/03/30(水)01:11:37 ID:

    高山の第一打席

    真中ぁ~真中ぁ~
    高山ええ振りしてるやろ~
    見てるかぁ~

    山田哲人第一打席
    山田ぁ~おまえの姉ちゃんよくお持ち帰りされてるぞ~
    おまえが責任取れ~

    今浪ネクスト
    大引~おまえの神社凶しか入ってへんやろ~
    今年もおまえんとこでクジ引いたら凶やったぞ~
    って左打席かい!
    おまえ誰や~

    他はよう聞こえなかったけど全員煽られてて糞ワロタ

     


    2
    : :2016/03/30(水)01:12:30 ID:
    >>1
    くじ引いたら凶で草
     
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     (セ・リーグ、ヤクルト2-6阪神、1回戦、阪神1勝、29日、神宮)今季初先発した阪神・藤浪晋太郎投手(21)が、8回2/3を149球の熱投。8安打4奪三振2失点で完投こそ逃したが、今季初勝利を挙げた。チームは女房役・梅野隆太郎捕手(24)が先制2点適時打、主砲マウロ・ゴメス内野手(31)が2号3ランを放つなど、若きエースを援護。チームは3連勝とした。

     藤浪が昨季6試合で4勝0敗、防御率は2・88の“お得意さま”ヤクルトを相手に、自身の“開幕”を迎えた。一回、先頭の坂口に右前打、一死から四球を献上し一、二塁とするも4番・畠山を150キロ直球で遊ゴロ併殺に打ち取ると、二回は3者凡退に仕留めた。

     三回に四球、死球などで二死一、三塁と自らピンチをつくったが、昨季トリプルスリーを達成した山田を二ゴロに斬った。これで波に乗りたかったが四回、味方の失策と安打などで一死一、三塁と再び窮地。上田へ直球を連投した4球目、145キロで遊ゴロに打ち取ったが、その間に三走が生還し、2-1と1点差に迫られた。

     その後も毎回走者を背負いながらゼロを積み重ねた藤浪は九回、一死から2四球などで二死一、二塁。この試合149球目を畠山に投じると、中前適時打で1失点。あと一死というところで金本新監督が交代を告げた。代わったマテオが四球で二死満塁にしながらも、最後は今浪を遊ゴロに打ち取って、チームは昨季のセ・リーグ王者との初戦を制した。

     今季初登板初勝利を決めた藤浪は、「完投できなくて悔しい」と大歓声の中、笑顔なくコメント。「チームが2連勝して東京に来たので、その流れに乗っかって。ただ、浮足立たないように大胆かつ慎重にマウンドに上がろうと思いました」と振り返った。

     梅野とのコンビについては、「試合前に配球とか話し合って、気持よくリードしてもらえた」と感謝した。リポーターから今季何勝するかと質問されてようやく笑みを見せた若きエースは、「そうです、去年が14勝なので最低15勝というのがノルマだと思う」と気持ちを早くも切り替えていた。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00000562-sanspo-base


    1:2016/03/29(火)23:09:48 ID:
    去年も投げ過ぎだったのに大丈夫か?
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     「ヤクルト2-6阪神」(29日、神宮球場)

     阪神ドラフト1位ルーキーの高山俊外野手(明大)が、新人では球団史上初となる開幕4試合連続安打を記録した。これまでの記録は01年に沖原佳典内野手がマークした3試合連続。

     この日の高山は、開幕シリーズの中日3連戦と同じく「1番・左翼」でスタメン出場。4打数無安打で迎えた八回の第5打席で、当たり損ねの打球が三塁への内野安打となった。

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00000102-dal-base





    続きを読む

    このページのトップヘ