とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    2018年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    267: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)21:41:38 ID:ZFm
    <ヤクルト7-15阪神>◇30日◇神宮

    阪神糸井嘉男外野手は死球にも余裕の表情だった。
    1回に右翼線適時二塁打を記録。 8回は先頭で右膝付近に死球を受けて、代走を送られた。状態が心配される中、試合後は「病院やな(笑い)」と冗談めかす余裕があった。


    1-2フィードバック

     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00254680-nksports-base

    糸井「^^」

    引用元: ・【虎専】いろんな話するところ668【阪神】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    167: ヤ7-15神(9回裏) 2018/06/30(土)20:36:43 ID:QM1

    引用元: ・【虎専】いろんな話するところ668【阪神】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    635: どうですか解説の名無しさん 2018/06/30(土) 16:17:22.47 ID:59gni3cn0

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1530281522/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/06/30(土) 07:47:01.53 ID:/XzmklkV0
    不可解な判定で黒星の苦みは強くなった。一気にまくし立てたのは金本監督だ。「納得いかない。終わったから済んだというものじゃない」。3連勝で止まり、ヤクルト戦の連勝も4でストップ。
    「流れというか、それが決勝点だから」と怒りを向けたのは、7回のジャッジだった。

     同点で迎えた1死二塁。代打・荒木の三塁ゴロを捕球した北條が、二塁走者の藤井にタッチを試みた。藤井はタッチを避けようと大きく走路を外れ、体勢を崩しながら三塁へたどり着いた。
    原則的に走路から左右3フィート(約91センチ)を超えればアウトだが、判定はセーフ(記録は野選)。指揮官はベンチを飛び出し、「タッチに行ってるでしょ」と猛抗議した。


    1 - コピー





    3: 風吹けば名無し 2018/06/30(土) 07:48:39.82 ID:/XzmklkV0
    試合後は谷本球団本部長も「到底、納得できない。少なくとも意見書は出さないといけない」と語気を強めた。新外国人のナバーロが初打席初安打初打点を記録し、
    3位を守ったのがせめてもの救いだが、明らかに北條はタッチを試みたように見えた。のちのち、尾を引きかねない敗戦だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000028-sph-base

    引用元: ・金本監督「納得いかない。どう見てもタッチに行ってるでしょ」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2018/06/29(金) 22:43:09.23 ID:CAP_USER9
     「ヤクルト10-9阪神」(29日、神宮球場)

     阪神が判定に泣いて競り負け、連勝は3でストップした。

     阪神にとって納得のいかない判定が飛び出したのは8-8で迎えた七回だ。1死二塁から代打・荒木は三塁前へのゴロ。打球をキャッチした三塁手・
    北條が三塁へ進もうとした二走・藤井にタッチを試みたように見えた。走者が北條を避けるように走路から大きく反れ、倒れ込みながら三塁ベースに進んだ。

     野球規則には「走者が、野手の触球を避けて、走者のベースパス(走路)から3フィート以上離れてしまった場合」には、アウトにするというルールがあるが、
    目測では藤井は三塁アンツーカーの緑の芝部分を踏んでいた。

     金本監督はすぐにベンチを出て、飯塚三塁審判に猛抗議したが、判定は覆らず。責任審判を務める飯塚審判は「金本監督よりラインアウトで、
    アウトではないかという抗議がありましたが、北條選手にタグ行為がなかったので。インプレーとしてゲームを続行、再開します」とアナウンス。
    審判の解釈上では、同野球規則の「ただし、走者が打球を処理している野手を妨げないための行為であれば、これの限りではない」という項を適用したと
    説明した。

     試合は1死一、三塁で再開。代わった桑原が二盗を許し、二、三塁とすると、西浦に2点中前適時打を浴び、結局、これが決勝点となった。

     試合後、阪神・谷本球団本部長は七回の判定について意見書を提出する意志を示した。「タッチをしにいっていないという結論でしたが、それはありえない。
    映像を見ていただいたら、北條選手は(走者を)追っかけていっていましたし、記録を見て確認したら記録は野選になっていた。タッチをかけてないというなら
    そのままヒットになりますし、明らかに矛盾がある。3フィートも明らかに外れている。きちんと検証していただかないと納得がいかない。少なくとも
    意見書は出さないといけない。ルールに則ってやっていただかないと野球にならない」と話した。

    1 - コピー


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000159-dal-base

    引用元: ・【野球】阪神、判定に泣く 納得いかず意見書提出へ 谷本本部長「野球にならない」

    続きを読む

    このページのトップヘ