とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    2018年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/11/02(金) 12:45:29.82 ID:L2HCCsG+p
    0b4ad42ac61a99d575cc6a92bcc5b12b


    阪神タイガース生え抜き野手安打数
    1位 鳥谷 2066本
    2位 俊介 307本
    3位 梅野 252本
    4位 高山 240本
    5位 北條 228本
    6位 糸原 194本
    7位 中谷 193本
    8位 原口 172本
    9位 伊藤 154本
    10位 大山 142本 





    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541130329/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/11/02(金) 10:51:01.71 ID:7Ord2Tk8p
    no title

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541123461/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/11/02(金) 09:55:53.38 ID:xUcJDmpHH
     阪神安芸秋季C(1日、安芸タイガース球場)阪神・谷川昌希投手(26)が1日、ベースランニングのメニュー中に左足首を負傷。松葉杖姿で球場を後にした。香南市内の病院を受診し「左足首の靱帯損傷」と診断された。2日に帰阪する。ウオーミングアップ直後のアクシデントに矢野監督は「秒殺やったね。
    1ラウンド持ってない」と苦笑いも、「この秋はギリギリのところまでは追い込みながらやってもらうのは必要なところ。それを怖がってブレーキをかけるよりかはね」と話した。


    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000526-sanspo-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541120153/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/11/02(金) 05:38:07.65 ID:HiNfeOKD0
    no title

    no title


    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541104687/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/02(金) 06:56:19.64 ID:CAP_USER9
    no title


    今季リーグ最下位に沈んだプロ野球・阪神タイガース。金本知憲監督がチームを去り、新たに矢野燿大新監督が就任。来季の巻き返しを狙っている。

    新監督就任を前にJタウンネット研究所は2018年10月14日から31日まで、「どの阪神監督が好きでしたか?」と題してアンケート調査(総得票数626票)を行った。

    果たして、その結果は――。

    あの闘将を抑えて1位を獲得したのは?
    「どの阪神監督が好きでしたか?」順位表(Jタウンネット調べ)
    今回の調査では85年に就任した吉田義男氏から18年シーズンをもって退任した金本氏までの10人。
    その間に阪神は85年、03年、05年の3度リーグ優勝をしているが、優勝時の監督(吉田氏、故・星野仙一氏、岡田彰布氏)を抑え、見事1位に輝いたのは野村克也監督だ。

    ほかの監督を突き放してぶっちぎりの1位。割合も全体の37.2%を獲得した。都道府県別のデータを見ても35の地域で1位、特に広島県では16の得票全てが野村氏に投票され100%となった。

    2位は03年歓喜の優勝を果たした星野仙一氏。東京都、神奈川県などで1位を獲得したほか、地元・岡山県で野村氏を大きく離して10票を獲った。
    しかし、阪神ファンが多くいる大阪府では10票を得た野村氏と岡田彰布氏に比べて得票が伸ばせず、5票止まりとなった。

    3位は二代目「ミスタータイガース」の異名をとる故・村山実氏がランクイン。石川県と山形県で首位に立った。

    85年の優勝監督の吉田氏は6位、05年の優勝監督の岡田氏は5位とそれぞれ中位に食い込んだ。
    残念ながら最下位となった藤田平氏はわずか2票、東京都と神奈川県で1票を得たのみであった。

    2010年代の監督が軒並み下位の中で唯一、真弓氏が善戦。青森県で野村氏と同率で1位に並んでいる。
    ちなみに、甲子園を擁する地元・兵庫では、1位が野村氏、2位が星野氏、3位が吉田氏の順。大阪では、野村氏と岡田氏が同率1位という結果だった。

    僅か10票に留まった金本前監督(Cake6さん撮影、WikimediaCommonsより)

    以上が得票の結果だが野村氏、村山氏、中村氏と成績悪化で退任した監督がそれぞれ上位に入り込んでいる。
    中村氏は92年に2位を記録しているものの、1位の野村氏にいたっては在任していた3年間すべてが最下位だ。

    とはいえ、赤星やジョージ・アリアス、藤本ら03年の優勝の主軸となるメンバーは野村氏の在任期間中に入団した。
    また、パワーヒッターがいない中「F1セブン」に代表される機動力重視の選手起用やあまりの投手層の薄さに悩んだ挙句考案された「遠山・葛西スペシャル」など結果に残らずとも記憶に残る戦略を見せた。

    各スポーツ紙の報道によると、金本氏は退任の際「この世界は結果がすべて」と語った。
    しかし、弱くても何故かファンがついてくる阪神において、このランキングはある意味妥当なのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1555927/
    2018.11.02 06:00 Jタウンネット

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541109379/

    続きを読む