2

阪神・矢野燿大監督(49)が30日、サンテレビの「熱血!タイガース党」に生出演。

来季、遊撃再挑戦を訴えてきた鳥谷敬内野手(37)について「頼もしく聞きました」と語った。 矢野監督は10月の秋季練習開始時に鳥谷と面談。「もう一回ショートをするのは体力的にも大変ですし、元々練習する選手ですけれど、すごく練習してくると思う。気持ちを確認したかった」。そこで鳥谷から「ショートで」という思いを伝えられた指揮官は「頼もしく聞きました」とその気持ちを受け止めた。

鳥谷が再挑戦する予感はあったという。「ベテランなので妥協するより、チャレンジしたいという気持ちがどこかにあるんじゃないかなと思っていた」と話した。

17年に三塁にコンバートされた鳥谷は、大山の三塁起用が固まった今季は二塁に働きの場を移していた。矢野監督はこうも言う。「ベテランになったら自分の後悔のないようにわがままにやってくれたらいい。鳥がショートに挑戦するのを若い選手みんなが見ている。全員にプラスになる」とその効果を強調した。

https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/30/0011866058.shtml

続きを読む