とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    2019年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/31(木) 17:17:15.42 ID:3aAJBnuSa
    阪神、ガンダムと夢コラボ!球団別色違いガンプラ…虎はグッズ付きチケット発売

     阪神は30日、大人気アニメ「機動戦士ガンダム」とのコラボイベントを実施すると発表した。初回放送から40周年を迎える伝説的アニメと、プロ野球12球団との“合体”プロジェクトで、阪神はコラボイベントやグッズ付きチケットなどを企画。発表と同時に問い合わせが殺到した。

     キャンプインを目前に控え、まさに「猛虎、行きまーす!」という企画が発表された。プロ野球12球団と「機動戦士ガンダム」コラボイベント。その詳細が世に出ると、阪神の球団事務所も電話が鳴り響いた。

     
    「問い合わせが殺到しています」

     球団の担当者が明かした。大人気アニメ「機動戦士ガンダム」が、1979年の初回放送から40周年を迎えたことで、球界との“合体”が実現。阪神ではまず5月17日の広島戦(甲子園)で「機動戦士ガンダム」コラボナイターを開催。虎党にもガンダムファンにも楽しい企画・演出で、球場がガンダム一色になる。

     そして、その5月17日を皮切りに、3塁アルプス席で各試合500席限定、6試合計3000席の「ガンプラ付き企画チケット」を発売する。5月17日の広島戦は税込4200円で。5月29、30日、7月8、9、10日の巨人戦は同4400円の入場券で、限定のガンプラ(ガンダムシリーズのプラモデルの総称)を1体、受け取ることができる。

     虎はもちろん、黄色と黒のモビルスーツだ。他球団では、3連覇中の真っ赤な“C専用機”も、たくましく補強を重ねた因縁のオレンジ色モビルスーツも登場する。伝説の戦士たちとのコラボで、球界の戦いもさらに燃え上がる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000012-sanspo-base


    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1548922635/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神矢野燿大監督が31日、沖縄・読谷村にあるチーム宿舎で開かれた全体ミーティングで選手たちに訓示した。2月1日のキャンプインに「すごく楽しみです。どれだけ成長するか。能力のある選手が多いので」と胸を躍らせた。

    全体ミーティングでは選手たちに伝えたい思いを語った。「まずは自分を信じること。あとは、どうありたいか。みんなやり方ばかり気にするけど、自分はどんな選手になりたいのか。どうやって試合に出て行くとか。例えば3割打つと決めたら、そこに向けての練習が出てくる」と内容を明かした。

    新助っ人のジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルス)やピアース・ジョンソン投手(27=ジャイアンツ)らは初対面。「そんなに僕も英語をペラペラしゃべれないんで。あいさつ程度ですけど。すごく笑顔で、みんなすごくいい表情で来てくれたので。頼もしい」と第一印象を語った。

    <阪神新監督のキャンプイン前日のゲキ>

    ▼99年野村克也=弱者のが勝つために 当たり前のことを当たり前にやっていく。弱いチームが強いチームと同じことをやっていちゃ、永久に勝てないんだ。

    ▼02年星野仙一=野球に恋しろ オレは勝つために来たんだ。4年連続最下位というのも今日を最後に言うな。野球に恋し、愛したんだから中途半端はダメ。もっとタイガースを愛せ、野球に恋しろ。

    ▼04年岡田彰布=みんな競争 ポジション当てはめるとかの問題やない。自分で勝ち取らなアカンのや。でもその分、みんなにチャンスがあるんや。

    ▼09年真弓明信=基本こそ大事 キャンプの前半には特に単純なメニューが多い。野球の動きからするとつまらない練習になるかもしれないが、それが一番大事なこと。

    ▼12年和田豊=熱さこそ大事 チームスローガン(「熱くなれ!!」)を胸にたたき込んで、1年間やっていこう。時間がたつと忘れることが多い。今、一番必要なことだから。

    ▼16年金本知憲=日本一を狙える 戦力的にはマイナス要素が多いけど、冷静に考えたら優勝を狙える。日本一を目指せる!

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00465821-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


     昨季まで阪神の監督を務めた金本知憲氏(50)が先日、ABCテレビの人気バラエティー「探偵!ナイトスクープ」(関西地区は金曜・後11時17分)の収録に参加した。退任後、ほとんど公の場に姿を見せていなかったが、収録後の取材では、現在の心境や今後について多く語ってくれた。当日の原稿からこぼれた“アニキ”の現在をお伝えしたい。

     やはり、監督業は激務だったのだろうか。昨年は阪神を取材する機会がほとんどなかったが、久々に姿を見た「鉄人」の顔はツヤツヤしていた。「やせましたね」とほほ笑む表情は、最下位に沈んで退任した当時の険しいものとは全く違っていた。

     やりたいことを聞かれると「時間はたっぷりあります。全国を食べ歩きしたいですね。実際やってますね。おいしければどこでも何でも」とニヤリ。「近畿圏内で。(好物は)魚介類です。この前、おいしい中華を見つけました。大阪ですね。(具体的な場所は)内緒ではないですよ。いくつかね」と、充実の時間を過ごしているようだった。

     収録では、おじいちゃんと孫娘の仲むつまじいシーンのロケの映像に見入った。そして「僕もいち早く孫がほしくなりました。娘に早く作らせないといかんですね」といたずらっぽく笑った。とはいえ、2012年の引退試合で花束を渡した一人娘が当時11歳だったことを考えれば、ちょっと気の早い話かもしれない。

     それでも、まだ見ぬ孫への“妄想”は止まらない。「自分に息子はいないんですけどね。(野球は)孫ぐらいなら、やらしてもいいかなと。(現役時代の影響で)僕が肩があれ(痛めている)なんで、孫に投げてもらってね。素振りしとかなあかんですね」と、早くも「鬼コーチ宣言」まで飛び出した。

     ちなみに、今季限りで引退した元広島の新井貴浩氏(42)との関係は変わらない様子。「年末年始は会ってないですけど、こっち(関西)では会いましたよ。つい2、3日前にも」とも明かしてくれた。

     なお、金本氏出演の「探偵!ナイトスクープ」は、2月8日に放送される。

    (阪神担当・嶋田 直人)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000136-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


     阪神が31日、コミュニケーションアプリ「LINE」において、LINE公式アカウントを開設したことを発表した。

     このアカウントを通して、さまざまな球団情報や試合結果、お得な情報を届けていく予定。また2月1日から、阪神主催 甲子園球場開催のオープン戦の入場券(巨人戦の一塁アルプス席のみ)を、LINEチケットが発売される。あわせて阪神タイガースオンラインショップ「TーSHOP」ではLINE Pay決済を導入。「LINE」で楽しめるコンテンツが導入された。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/01/31/0012026224.shtml 


    阪神タイガースLINE公式アカウントの開設について(阪神タイガース公式サイト)
    https://hanshintigers.jp/news/topics/info_6048.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神は31日、恒例となった夏イベント「ウル虎の夏2019」で着用するサードユニホームを発表した。梅野隆太郎捕手(27)ら選手が選んだユニホームで、チームカラーのイエローを基調としながら、全体に炎をまとわせたデザインとなっている。

     発表会に出席した梅野は「着心地がしっくりきている。デザインが華やかで明るい感じがして、1番これがいいなと思った」と率直な感想を話した。

     また、同じく発表会に登場した新主将の糸原は胸にキャプテンマークの「C」が刺しゅうされたユニホームを着用。「(キャプテンマークは)重いです。去年とやることは変わらないと思うので、去年同様に1年間、戦えるように頑張ります」と気持ちを高ぶらせた。

     「ウル虎の夏2019」の開催日は、7月23日から25日の対DeNA3連戦と、同月30日から8月1日の対中日3連戦の計6試合となっている。当日の入場者全員に、同じデザインのジャージーをプレゼントするサービスを行っている。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/01/31/0012026167.shtml 




    続きを読む

    このページのトップヘ