とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    2019年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神の矢野燿大監督(50)ら、首脳陣、スタッフが31日、2月1日から始まるキャンプを前に、沖縄・宜野座村の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」を視察した。

     同施設は大規模にリニューアルされ、ブルペン観覧席の整備やサインスペースの敷設など、総工費5億4000万円の大変身。那覇空港から同球場に直行した指揮官は、施設見学後に改修された食堂で昼食もとり「すごくよくしてもらった。選手も使いやすいですし、ファンの方も見やすい場所になったと思います」と感謝した。

     ブルペンの投球練習スペースは、6レーンと変更点はないが、面積は昨年までの約1・5倍。多くのファンのために見学スペースを広げ、約120人が選手たちの投げ込みを間近で見られるように整備した。指揮官は捕手目線として「これぐらい間を取ってもらえれば、自分のペースで投げることができる。集中しやすいんじゃないかな」と効果を口にする。

     また、新トレーニングルームにはストレッチができるスペースが設けられ、2階にはミーティングルームも作られた。これまで投手陣の待機場所は簡易テントだったが、大改修に伴い、動線も整った。指揮官は「本当にありがたいこと。ファンの人にも、来てよかったと思ってもらえる。選手とより近づけるように。より快適になると思う」と、ファンファーストの思いで完成した施設に感謝していた。

     あす2月1日から、12球団一斉にキャンプイン。充実したハード面の力を受けて、矢野阪神が最下位からの逆襲を狙う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000073-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    193: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/31(木) 18:05:28.17 ID:h4tDiIMo0
     大腸がんを患っていることを公表した阪神・原口文仁捕手が31日、自身のツイッターを更新。手術が無事に終わったことを報告した。

     「先日、無事に手術終えました。順調に回復しています」とつづった。

     原口は24日、ツイッターアカウントを開設。直筆メッセージで大腸がんであることを公表し、近日中に手術を受けることを明かしていた。

     昨季は右の代打として活躍。今季も貴重な戦力として期待されていたが、2月1日から始まるキャンプには参加せず、治療に専念する。24日のツイートでは「同じガン患者の方々、またそのご家族の方々にとって少しでも夢や希望となれるよう精一杯、治療に励みたいと思っています」と記述している。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/01/31/0012026657.shtml 




    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1548857765/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    じっくりと相棒を見極めます。阪神近本光司外野手(24=大阪ガス)が30日、沖縄・宜野座キャンプに9種類のバットを持ち込んでいることを明かした。

    「同じメープルでも、質が違うと全然打感も変わってくる。そこは好みなので、どれが(自分に)合うかですね」

    長さは85センチで統一しており、最重量が950グラムのバット。そこから20グラムずつ減らして930グラムが2種類、910グラムを2種類、890グラムも2種類を用意。材質も異なっている。練習用の800グラムのバットと短尺バットも加え、計9種類を用意した。「社会人のときは(試合用バットが)895グラムでした。5グラム違うだけで(感覚が)全然変わってくる。自分が好きなのは硬いバット。(インパクトしたときに)高い音がします」。

    繊細な感覚の持ち主で、試行錯誤の末にプロで勝負するバットを決める。「バットを決めるのは実戦が入ってきてからですね。練習と試合は違うので、打ってみて実際にどうかを試してみたい。自分が『これだ』というものを探したい」。この日はシートノックで左翼の位置にも就いた。「貪欲に、求められたところで出られるようにしたい」とキャンプインを目前に決意を明かした。

    【真柴健】

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神矢野燿大監督(50)ら首脳陣が31日、春季キャンプ地の沖縄に入った。那覇空港では歓迎セレモニーが行われ、矢野監督が花束を受け取った。多くのファンも集まり、サインを求められるなど熱烈な歓迎を受けた。

    オリックスからFA移籍した西勇輝投手(28)、中日から新加入したオネルキ・ガルシア投手(29)、メジャー通算30発のジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルス)ら新戦力も多く、注目を集めるキャンプになりそうだ。キャンプ期間は2月1日から27日まで、沖縄・宜野座のかりゆしホテルズボールパーク宜野座で行われる。休日は4、8、13、18、22日。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00465150-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神糸原健斗内野手、島田海吏外野手、植田海内野手、望月惇志投手、才木浩人投手の5選手が30日、練習後に沖縄・宜野座中学校を訪問した。

    生徒たちと交流した糸原は「宜野座中学校の生徒の皆さんに元気とパワーをもらったので、優勝を目指して2月1日から元気いっぱいに充実したキャンプを送りたいと思います」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00464760-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ