とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    2019年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ◆阪神6―3中日(29日・甲子園)

     負ければ終わりの“剣が峰”で、阪神が驚異的な粘り腰を発揮した。「同点でもCSに行けないんでね。勝たないと行けないんでね」と言ったのは矢野監督だ。5連勝で7月8日以来の勝率5割に復帰し、残り1試合で3位・広島とゲーム差なし。勝負手を決め、逆転CSへ王手をかけた。

     引退登板だったメッセンジャーからバトンを受けた2番手・高橋遥が今ひとつと判断。2回2死一、二塁で代打・原口を送った。ここは無得点と空転しても、迷いなく攻め抜いた。5回2死で「長打を期待した」とさらに動いた。打率1割に満たなかった代打・陽川が、値千金の3号ソロで先制点を運んでくれた。

     ベンチの期待に選手が応える好循環。矢野監督が「後々、楽になった」とガルシアの好リリーフに感謝した。3回からの3イニングを無失点。22日のDeNA戦(甲子園)からプルペンに加わり、登板した3試合とも勝ち投手になる強運ぶり。9回に藤川が3失点したが、2リーグ制後で球団新の42イニング連続無失点。先行逃げ切り、勝ちパターンがあるのも頼もしい。

     最下位に沈んだ昨季は21勝39敗2分けだった本拠地・甲子園の戦績も好転させ、30日の1試合を残して31勝29敗1分けと勝ち越しを決めた。指揮官が「すごくいい雰囲気になっている。やるしかない。楽しみ」と目を向けた最終戦は大野雄が相手。最優秀防御率のタイトルと10勝をかけるだけでなく、前回対戦でノーヒットノーランを食らった難敵左腕だ。最後の最後に歯ごたえバツグンの大一番。乗り越えた先には格別の喜びが待っている。(長田 亨)




    【阪神】球団新42イニング連続無失点で5連勝 CS王手 矢野監督「やるしかない」(スポーツ報知) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000361-sph-base  カープ70勝70敗3分け 阪神68勝68敗6分け 勝っても勝ち数では下回るが勝率では上回るという引き分けといて良かったAクラス入りなるか



    何気に42イニング連続無失点やったもんな そら連勝するわ



    連続無失点は42イニングで止まったけど 3試合連続完封したことは本当に凄いこと 42イニング連続無失点だって 早々出来ることじゃない 本当にうちのピッチャー陣は頼もしい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     10~12年に阪神・メッセンジャーの初代通訳を務めた永田俊紘氏(36=現ヤクルトアナリスト)がエースに登り詰めるまでの秘話を明かした。

     ランディと初めて会ったのは、10年1月に伊丹空港に初来日した時でした。その場で部屋を借りて記者会見をして帰りに寿司を食べに行きました。ランディは食べたことのないネタもすごく食べて。一緒に来日したフォッサムは食べられなかった生きた白魚も平気で食べてましたから。食事に関しては、何でも挑戦してましたよね。

     1年目は中継ぎで開幕からなかなか結果が出ませんでした。印象的だったのは4月中旬の東京ドームの巨人戦。坂本選手に満塁本塁打を浴びてフォッサムの白星を消してしまってね。次の日が横浜への移動日でランディがヘコんでるから食事に誘って行ったのが「吉村家」なんです。そこから10年間通い詰めた、一番大好きなラーメン屋になりましたね。おそらく、打ちひしがれた心にあの吉村家の濃いスープがしみたんじゃないかなと…。

     一度2軍降格になって、もう先発しか生きる道がなかったと思います。当時2軍にいた久保コーチに教えられたことをやって、1軍に上がってきた時に笑顔で合流してきたんです。ふてくされて来ると思っていたのでこれはいけると感じました。

     通訳として、最も印象に残ってるエピソードが先発に転向して2年目だった11年。前半戦から成績が良かったのに、7月の球宴明けのローテーションでは最後の順番で…今だから言えますが、完全にキレてました(笑い)。そんな時、7月30日の横浜戦の試合前のブルペンで受けていた捕手の藤井さんが、ランディの気持ちを察知していて。

     胸をポンと叩いて“お前、悔しいんやろ?それをマウンドで全部見せてやれ”と激励されて。あれは訳しがいがある言葉でしたよね。その試合で7回無失点で三浦(大輔)さんに投げ勝って。それまでも6回70球で交代させられたり、まだ信頼がなかったんです。悔しさをかみしめながらヒーローインタビューを受けていたのも通訳として知っていたので。

     ここまで日本で活躍できた要因は間違いなく研究心です。僕がランディの家に招かれて食事をしたことがあったんですが、自分の投げない試合でもずっと相手の打者を見てるんですよ。それもテレビに食らいつくように。だから、2軍から昇格したばかりの選手の顔と名前を全部覚えてるんです。試合前のミーティングでも僕が知らないような選手でも“この前打っていたな”とか頭に入ってましたね。野球に対する記憶力が尋常じゃない。

     ランディから「メジャー」という言葉は聞いたことないですし、本当に日本が好きだったんだと思います。引退会見で泣くとは思わなかったですけどね。それだけ甲子園のマウンドは彼にとって重要だったんだなと。

     引退を発表してすぐにランディからメールが届いたんです。ベネッサ(夫人)と寿司屋に行ってたみたいで、ウニの写真が送られてきたんですよ。僕もしんみりするのは嫌なんで“めっちゃ食べたいわ”と軽い感じで返したんですけど、次に来た返信に“本当に今までありがとう。トシがいなかったらうまくアジャストできなかった。いろんなところに行って楽しかったぜ”と書いていて。今までそんなこと言ってこなかったので驚きました。

     最後は中継ぎに戻って1イニング全力でやって欲しいという気持ちもありましたが、潔かったですね。今は本当にお疲れさまと言いたいですね。また、いつかランディとじっくり野球の話をしたいです。(談)

     ◆永田 俊紘(ながた・としひろ)1983年(昭58)3月25日生まれ、東京都生まれ、鳥取県倉吉市出身の36歳。09年から阪神で通訳、国際スカウト、戦略分析担当を経て今季からヤクルトでアナリストを務める。




    阪神メッセ、初代通訳が明かす成功秘話 驚異の探究心「本当に日本が好きだった」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/30/kiji/20190930s00001173100000c.html  永田通訳懐かしい!!!



    メッセ、今までありがとう! 今年は2回メッセの先発試合を見ることができ、ホントに嬉しかった。 阪神、そして日本を好きになってくれてありがとう。 #阪神タイガース #メッセ54 #ランディメッセンジャー pic.twitter.com/niq2CCpHeZ



    異国の地でこれだけやることがどれだけ大変か メッセは日本大好きやったし他球団やけど好きな選手やったわ お疲れさまでした


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <阪神6-3中日>◇29日◇甲子園

    阪神守護神の藤川球児投手は調整登板した。24日巨人戦以来登板機会がなかったため、6点リードの9回に中4日のマウンドへ。被安打4で3失点したが「点差もありましたしね。相手打者も若かった。結果、勝てたので」と余裕の表情。

    勝てば逆転CSが決まる30日最終戦に向けて「それが大事」と力を込めた。通算防御率は1度1点台に突入したが、3失点で2・02となった。





    球児の3失点はそこまで問題じゃないけど球数の方が30超えてなかったっけ?



    球児、3失点で0.5も防御率落ちるのか



    月間3失点以上は4月以来なんやね。球児ヤバすぎんか。



    #阪神タイガース あれま!球児3失点ですか… まぁこんな時もあるわ!



    連続無失点記録は42イニングでストップしましたが正直よくここまで続いたなと😭 メッセ→遥人君→ガルシアたん→岩崎さん→ドリスたん→PJによる無失点リレーで8回までは無失点で進みましたがまさかの藤川さんが3失点😭 球数も多く引っ張ってしまったので明日登板出来るか不安ですね🥺 秋の風物詩😭


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ◇29日 阪神6-3中日(甲子園)

     今季限りで現役引退する阪神・メッセンジャーは、最後の登板を空振り三振で締めくくった。先発で打者1人。先頭の中日・大島を最速147キロのオール直球で仕留めた。

     外国人投手最多記録を更新する通算1475奪三振。会見では笑みを浮かべて「アリガトー、オオシマサン」と日本語で感謝。クラブハウスには大島から花束が届いたそうで、その配慮にも「感謝します」と話した。

     試合後は引退セレモニーで別れのスピーチ。言葉を詰まらせるシーンもあり、チームや家族への感謝とともに「タイガースファンは世界一番。めっちゃアリガトー」と日本語で伝えた。そのあとにチームメートから胴上げ。巨漢だけに「体を持ち上げてくれるかどうか不安だったけど、気持ち良かった」。そして逆転CS進出へ「これまで通りに自分を見失わなければ、いい結果が待っていると思う」とエールを送った。




    引退メッセ「アリガトー、オオシマサン」現役最後は全直球勝負、大島から花束も届いた:プロ野球:中日スポーツ(CHUNICHI Web)  https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/npb/news/CK2019092902100077.html  大島ありがとう・・・



    ほんま有難う大島選手!ええ人や 引退メッセ「アリガトー、オオシマサン」現役最後は全直球勝負、大島から花束も届いた(中日スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010033-chuspo-base  #hanshin



    引退メッセ「アリガトー、オオシマサン」現役最後は全直球勝負、大島から花束も届いた(中日スポーツ) 大島さーん😭😭😭  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010033-chuspo-base 



    大島の今日の一打席目見て これまで嫌いだーとかさんざん悪口言ってきたけど、もう言えない あれがメッセに花を持たせるために わざと三振したんだとしたら なんて気づかいができる素晴らしい人なんだろうって、 すごく大事な試合なはずなのに 大島さんありがとう。感動しました



    大島も首位打者には届かなそうだし、最多安打は坂本に抜かれなかったし。 とはいえ、メッセに花を持たせたのは嬉しい。 公式戦の引退試合は賛否両論あるけど、公式戦の中で工夫して忖度する感じが好きだなぁ。 何もかもメジャーの真似をしなくてもいいと思う。 メッセンジャー投手お疲れさま😊  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1178174095646576640 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     ◇セ・リーグ 阪神6―3中日(2019年9月29日 甲子園)

     阪神・陽川が29日、中日戦で5回に代打で出場。今季3号となる先制アーチを放ち、チームの5連勝に貢献した。

     両チーム無得点で迎えた5回、代打の陽川は相手先発右腕・柳の直球を捉えると、打球はそのまま左翼席へ飛び込む今季3号ソロとなった。試合後、陽川は「久々に甲子園でホームランを打てて、すごい声援でダイヤモンドを回れて気持ち良かった。どんな形でも塁に出ようという気持ちが最高の結果になってくれた」と振り返った。

     チームは逆転CS進出へ負けられない一戦。大事な場面での一発に「感触は良かった。走っている時に『なんとか入ってくれ』と思った」と思いを語った。

     代打に起用した矢野監督も「長打も期待して(代打)陽川ってことになったが、本当に見事に素晴らしいバッティングをしてくれた」と称賛していた。





    阪神打線4回までは正直点を取れる気配がなかったのですが5回に代打で登場した陽川君がまさかのHRで見事先制😭 二死ランナーなしなら一発にかけての大砲を起用する采配がばちあたりしましたね🙌 陽川君の大きく上がった打球がスタンドに突き刺さる光景を現地で見れて感動でした😭😭 お仕事出来たね😭😭



    陽川の代打HRの後に岩崎が登板した時に流れたアイキャントライ普段の30倍カッコよかったし何故か勝ちを確信した



    今日遥人を瞬時に下ろしてチャンスで代打原口起用 からの好調ガルシアに3イニング行かせて2アウトランナーなしから守備使えないけど1発はある陽川を代打で起用し的中 この流れは感動した


    続きを読む