とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/10/16(月) 07:19:37.11 ID:6Pa6ASADH
    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000012-sanspo-base

     阪神・藤浪晋太郎投手(23)が15日、参加していたフェニックス・リーグから帰阪し、1軍に合流した。18日からの広島とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(マツダ)に進出した場合、先発する可能性が出てきた。

     藤浪が1軍に合流。広島とのCSファイナルステージに進出することを見越して、先発要員に加わった。

     「正直、声をかけられると思っていなかった。ビックリしたのが一番ですね。きのう(14日)の練習中に『大阪に帰ってこい』と言われました」

    2: 風吹けば名無し 2017/10/16(月) 07:19:46.17 ID:6Pa6ASADH
     当初は来年を見すえて宮崎で調整を重ねる見通しだった。だが、9月28日のウエスタン最終戦・広島戦(甲子園)の5回1失点に続き、前回登板の12日の西武戦(南郷)でも7回1安打11奪三振無失点と好投。安定感を取り戻したことから、1軍に呼ばれた。

     香田投手コーチは招集理由を「2回結果が出ている」と説明。CSの先発ローテーションに加える考えを明かし「選択肢の1つに入れたい。何が起こるかわからない。こちらで状態を把握しておきたい」と話した。

     現状、CSの先発陣はメッセンジャー、秋山、能見、岩貞、岩田の5人だが、そこに藤浪が加わる。ファイナルステージ序盤にも先発する可能性があり、23歳は「前回、前々回とよかったけど、ファームなので。すごくいい状態ではないですけど、呼ばれたからにはとは思っています」と気を引き締めていた。

    引用元: ・阪神・藤浪、ファイナルS先発の可能性「ビックリした」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/15(日) 23:39:32.08 ID:CAP_USER9
    <セCSファーストステージ:阪神6-13DeNA>◇第2戦◇15日◇甲子園

    阪神桑原謙太??投手(31)がまさかの乱調で、敗戦投手になった。

    同点の7回、先頭の梶谷をボテボテのゴロに打ち取るも、ぬかるんだグラウンドで打球が転がらずに内野安打。
    これをきっかけに被安打7、6失点と打ち込まれた。
    雨で投げづらい環境でだったが、「それはないです。やられただけです」と言い訳にしなかった。

    4回からリリーフ陣を投入も、5回に岩崎がピンチを招いて降板し、後を受けた石崎が2走者の生還を許した。
    9回から7番手としてマウンドに上がったマテオは3失点と、自慢の中継ぎ陣が機能しなかった。
    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00029063-nksports-base
    10/15(日) 21:33配信

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2017/cl2017101501.html
    試合スコア

    引用元: ・【野球】阪神桑原6失点「やられただけ」中継ぎ陣機能せず 0 1/3回 7安打 6失点 防御率40.50

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2017/10/13(金) 09:07:31.77 ID:CAP_USER9
    ◇フェニックス・リーグ 阪神1―0西武(2017年10月12日 南郷)

     阪神・藤浪が12日、「みやざきフェニックス・リーグ」の西武戦(南郷)に先発し、
    7回1安打11奪三振の快投を見せた。右打者へ死球を与えても崩れることなく、
    復調ぶりを披露。CSファイナルSでの登板に望みをつないだ。

     「バランスも良かったですし、悪くなかった。結果どうこうよりも、課題を持っていたので、
    それができたことが良かった」

     2回までのすべてのアウトを三振で奪うなど格の違いを見せつけた。唯一の被安打は3回先頭。
    8番・藤沢を詰まらせた二遊間へのゴロが二塁内野安打になっただけだ。150キロ前後の速球と
    140キロ弱のカットボールを軸に西武打線に何もさせなかった。

     “課題”も乗り越えた。7回2死無走者から初球直球がすっぽ抜けて駒月の背中を直撃。
    今季は死球がきっかけに崩れることが多かったが、続く右打者の熊代に対して制球を乱すことなく
    見逃し三振。「感覚が良かったので」と意に介さず、7回を103球でまとめた。

     今後について高橋2軍投手コーチは「1軍の戦力として見てもらってると思うし、
    こちらでしっかり調整してほしい」と同リーグでの再度の登板予定を明かした。ただ、
    山田2軍監督代行は「いつ呼ばれるか分からないからね」と緊急招集の余地に言及。
    好調を維持していれば、1軍投手陣の状況次第で広島とのファイナルSで投げる可能性も
    わずかに残る。苦しんだプロ5年目。秋の決戦のマウンドに上がる日は来るのか。(巻木 周平)

    3


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000029-spnannex-base

    引用元: ・【野球】藤浪 課題クリア デッドボール与えても崩れない「バランス良かった」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/10/08(日) 23:28:07.42 ID:Sipakslf0
    no title

    no title

    引用元: ・【悲報】阪神・メンドーサ&マテオ、映画の主人公2人組みたいになる

    続きを読む

    このページのトップヘ