とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    11日DeNA戦に先発する阪神西勇輝投手が2勝目を目指す。今季の甲子園初登板は、有観客2戦目。「どんな人数でも観に来てくれるファンの方々のために、チームのためにもいいパフォーマンスを出したい」。

    開幕から安定した投球を続け、5日の敵地広島戦で今季初勝利。「ここまでクオリティースタートを続けられたことはいいことですし、これを今後も続けていけるように自分の調整をするだけ」と力強く話した。




    7月11日18:00より甲子園球場にて横浜DeNAベイスターズ戦!予告先発はタイガースが西勇輝投手!ベイスターズは今永昇太投手です。開幕から安定感抜群のピッチングを続ける西投手!相手エースにも投げ勝ち、チームを5連勝へ導いてもらいましょう! #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル pic.twitter.com/qQQL1kGClK



    @TigersDreamlink 5連勝といきましょうか!



    @TigersDreamlink がんばれ、西!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-2DeNA>◇10日◇甲子園

    女房役の阪神梅野隆太郎捕手も青柳をもりたてた。

    「無駄な四球をがんがん出さなかったのが良かった。ゴロを打たせながら」と奮闘した右腕の投球を振り返った。青柳は天候不良で登板日がずれることが多いが「いやあ『雨柳』ってね(笑い)。この時期余計ね。ネタにしながら」といじる場面も。選手会長として有観客試合について「ホームで相手も嫌だろうな、と球場の雰囲気がさせてくれた」と語り、ファンの存在に感謝していた。




    阪神梅野、先発青柳「もう『雨柳』この時期余計ね」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007100001067.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  雨柳☔️😅 本当に雨に泣かされる青柳君ですが 青柳&梅ちゃんバッテリーがDeNA打線に仕事をさせませんでした!😁🐯



    “雨柳”が本領発揮・・・!? 阪神梅野、先発青柳「もう『雨柳』この時期余計ね」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007100001067.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神3―2DeNA(2020年7月10日 甲子園)

     阪神の青柳晃洋投手(26)が5回2失点の粘投で今季2勝目を挙げた。

     試合途中から雨脚が強まり、ぬかるんだマウンドに何度も足をすべらせながら執念で15個のアウトを奪取。試合後は「(阪神)園芸さんが砂入れて頑張ってくれたですけど…。足がすべりながら投げたり、本当に苦しいとこもありました。前足も後ろ足も全部すべって」と苦笑い。

     1点差に迫られた5回2死一塁でソトを外角へのスライダーで空振り三振に仕留めてピンチを脱出。5回裏無死の場面で中断に入り、コールドゲームとなって、白星が転がり込んだ。

     内野ゴロ10個と持ち味全開の投球には「雨の中、野手には(ゴロは)やめてくれと言われてたんですけど、僕はそういうスタイルなので貫いた」と笑顔。チームは4連勝で一時は「8」あった負け越しを「4」まで減らした。




    阪神園芸さんにも感謝ですね! 阪神・青柳「園芸さんも頑張って砂入れてくれて」雨にも負けず声援に応える白星― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/10/kiji/20200710s00001173432000c.html 



    映像を見たが凄い雨だったな 青柳も園芸さんも乙>阪神・青柳を好リードの梅野「雨のヤギがね…」 悪条件での粘投たたえる/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/07/10/0013498865.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神3-2DeNA」(10日、甲子園球場)

     雨脚が強まる中で、粘り強く投げ抜いた。コロナ禍後初の有観客試合で先発した阪神・青柳晃洋投手(26)が5回2失点で今季2勝目。83球の熱投で、甲子園に詰めかけた約5000人のファンを笑顔にさせた。

     いきなり被弾したが、決して崩れることはなかった。初回は梶谷に先頭打者本塁打を打たれたが、後続のソト、オースティン、佐野をピシャリと抑え、完全にDeNAペースにはさせなかった。

     その踏ん張りに応え、近本の先頭打者弾で同点に。大山の左越えソロなども生まれ、一転して2点リードへとなった。二回、三回は無失点投球を続けた右腕だったが、特に圧巻だったのは四回の投球だった。

     先頭の佐野を123キロスライダーで見逃し三振に取ると、続くロペスも121キロの同球で見逃し三振。宮崎は140キロツーシームで遊ゴロに抑え、全く的を絞らせなかった。

     一番苦しかったのは五回。2死二塁から梶谷に左前適時打を打たれ、次打者がソト。大きな雨粒が落ちる中でも、球場の虎党はメガホンをたたいて青柳の応援を続ける。8球を要したが、最後は121キロスライダーで空振り三振。球場はこの日一番の盛り上がりを見せていた。

     2失点はしたが、この日を終わっても防御率は1・59。いずれの試合も少ない失点にまとめ、抜群の安定感を見せている。




    青柳:雨男スタイルを貫いてがんばりたいと思います pic.twitter.com/V5aCkC0jhr



    青柳くん🐯インタビュー🎤 笑顔がいいですね(。•௰•。)💕 改めて2勝目✨✨✨ (ノ´∀`)ノおめでとう✩.*˚☆ ✨✨✨✨✨✨✨✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神2-1巨人(2020年7月9日 甲子園)

     阪神は今季初めての甲子園で20年版「勝利の方程式」の面々がそろい踏みした。0―0で迎えた7回。力投のガルシアからバトンを受けた岩崎が、瞬く間に仕事を果たし流れを呼んだ。

     「ガルシアが頑張ってくれていましたし、ゼロで次につなぐことができて良かった」

     大城、増田大を1球で仕留めるなど3人をわずか7球で料理。開幕戦で吉川尚に逆転2ランを被弾して以来となる巨人戦登板でやり返すと、直後の攻撃でボーアの先制2ランが飛び出し今季初勝利が転がり込んできた。

     そして、自慢の直球で出色のパフォーマンスを披露したのは8回に登板したスアレスだ。先頭・吉川尚に対して157キロを計測すると、2死から岡本への3球目に160キロをマーク。17年のドリス以来、球団3人目となる大台に到達した。その後、宿敵の4番を最後は144キロのスプリットで空を切らせて3球三振。打たれる気配は皆無で2番からの3人を圧倒し「前のピッチャーがみんな頑張っていたし、勝っている展開でつないでくれて気合も入った。コントロール良く抑えることができた」と振り返った。

     9回、つないできたバトンを受け取ったのは藤川。今季から本拠地での登板時に流れる日米通算250セーブへの演出映像に送り出されマウンドへ。2死一、三塁から亀井に右前適時打を浴びて1点差に詰め寄られるも、最後は石川を右飛で今季2セーブ目。節目の記録へあと5と一歩進んだ。「内容が本当に良くないですが良くなるように努めていきたい」と前を見据えた。

     今季初めて勝ちパターンの3人が勝利、ホールド、セーブをそろって記録。有観客試合に臨むにあたって、藤川は最後に言った。「現状で自分も含めて、ファンの方々を納得させられる投球ができていませんが、必ず納得させられるような投球ができることを約束してやっていきたい」。虎党の声援も追い風に、ギアを上げる。(遠藤 礼)




    トミージョン手術後3年経過してちょうど完全な状態に戻ったころに獲得できたのかな。思ってた以上にえぐい球投げてる。 阪神・スアレス160キロ&岩崎3人斬り 盤石投球で藤川につないだ  https://news.yahoo.co.jp/articles/c982f059cbcda5f60fb07a46e13834d6b38feb5d 



    7回小川or望月 8回岩崎優 9回スアレス 今の状況なら藤川は岩崎とスアレスの控え


    続きを読む