とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    藤川、岩崎、島本の3人が昨季は防御率1点台と活躍、新加入のエドワーズはジョンソンの穴を埋められるか
     昨季、リーグトップのチーム防御率3.46をマークし“投手王国”とも言われる阪神。特に中継ぎでは1点台をマークする投手が4人もおり、助っ人のピアース・ジョンソン投手も好成績を残した。ジョンソンはチーム2位の登板数(58試合)をマークしたが、今季はパドレスに移籍。また56試合に登板したラファエル・ドリス投手もブルージェイズと契約した。今季の中継ぎ陣はどうなるのだろうか。

     昨年、頭角を現したのはジョンソンの他、島本浩也投手、守屋功輝投手の2人だ。島本は自身最多かつ昨季チーム最多の63試合に登板し、4勝0敗、1セーブ11ホールド、防御率1.67と大活躍。育成2位でプロ入りし、長い2軍暮らしを経て、ついに9年目で飛躍を遂げた。

     守屋は昨季、チーム3位の57試合に登板し、防御率3.00と好成績を収めた。2018年には4試合に登板し、防御率11.57としていたが、そこから大きな飛躍となった。両者とも連投も多く、多い時では4連投もこなし、ワンポイントから回またぎまで様々な場面で結果を残し続けた。ジョンソンの抜けた今、2人の活躍なしには回らないだろう。

     島本、ジョンソンの他に防御率1点台をマークしたのは藤川球児投手、岩崎優投手だった。2人とも長く1軍で活躍する選手だが、昨季はずば抜けていた。藤川は昨季56試合に登板し、4勝1敗、16セーブ23ホールド、防御率1.77をマーク。39歳とは思えぬ成績で周囲の度肝を抜いた。また藤川より年上の40歳、能見篤史投手も51試合に登板した。

     岩崎も昨季は48試合に登板し防御率1.01と圧巻の成績で、3年連続、自身最多の26ホールドをマークした。3位滑り込みがかかったシーズン終盤には5連投と多用され、すべて無失点に抑えた。クライマックスシリーズ進出に大きく尽力したのは言うまでもない。

     また、新戦力として元ソフトバンクのロベルト・スアレス投手、前インディアンスのジョン・エドワーズ投手が加入。スアレスは2016年には58試合に中継ぎ登板し、26ホールドをマークしており実績は十分。エドワーズはジョンソンの後釜としてセットアッパーとして期待がかかる。昨季頭角を現した島本、守屋が成績を落とさず活躍できるか、また藤川、能美のベテラン陣がシーズンを通してどれだけ活躍できるのかは、今年の阪神の鍵となりそうだ。




    飛躍の島本、守屋や新助っ人は… リーグ最強投手陣、阪神の中継ぎは今季どうなる? | Full-count  https://full-count.jp/2020/01/29/post667494/  投手陣の多少の弱体化は計算に入れておかねばなるまい。 しかし、それ以上の課題は打線だ。 #阪神タイガース #hanshin #tigers



    阪神の中継ぎエースは島本か岩崎では?w


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    昨季の0勝から復活を期す阪神藤浪晋太郎投手は、キャンプ地でも最先端トレーニングを継続する。

    先乗り合同自主トレに参加するため、沖縄入り。昨年12月に米国のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」の講習を沖縄で中日藤嶋らと受講。その際使った重さの違うボールも「持ってきました。継続します」と肌身離さずだ。

    8年目のキャンプインに向け「2月1日に投げられるようにしている。自分のやることをやるだけです」と意気込んだ。




    阪神藤浪は最先端トレ継続「やることをやるだけ」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001280000820.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  最先端トレーニング継続🤔🐯 昨年の0勝からの大復活に向けて、やれる事は全てやる。 実戦登板楽しみにしてます☺️



    自分の信じる道を歩むのみ! 阪神藤浪は最先端トレ継続「やることをやるだけ」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001280000820.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神ドラフト1位の西純矢投手(18=創志学園)ら高校生ルーキー組は、早ければ2月の2軍安芸キャンプ第1クール終盤の5日前後でプロ入り初のブルペン投球を行う方向だ。

    西純はこの日、鳴尾浜で約70メートルの遠投を中心に汗を流した。権田トレーナーは「キャンプで投手コーチに確認していただいてからです。焦る必要はない。第1クール後半から第2クールくらいです」と説明。着実に強度を上げる方針だ。




    【精進】 焦る必要はありません。着実に段階を踏んでいって、3年後あたりに頭角をあらわしてください。さすがの阪神ファンも彼らには仏のような心で成長を見守りますよね? 阪神西純矢ら新人は第1クール終盤にもブルペン入り(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-01280762-nksports-base 



    鳴尾浜新人合同自主トレ④ 西純矢投手 #西純矢 創志学園 ドラフト1位 pic.twitter.com/QYtqKsiZ8u


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    今季3年目を迎える台湾出身の外国人左腕、阪神呂彦青投手が鳴尾浜で来日後、初めてブルペン投球を行った。

    1球1球感触を確かめながら投じ「だいぶ、いい状態に上がっている」と話した。台湾でもブルペン投球を重ねており、今年は1軍初登板を目指す。「シーズンでも安定した投球をして、監督やコーチにアピールしたい」。キャンプは2軍安芸スタートだが、存在感を示すつもりだ。




    呂彦青が来日「台湾でしっかり練習を積んだ」 ー アメブロを更新しました  https://ameblo.jp/toranews2013/entry-12570313430.html?timestamp=1580104680  pic.twitter.com/YsYsjUw3HU


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神新外国人のジョン・エドワーズ投手(32=インディアンス)とジョー・ガンケル投手(28=マーリンズ3A)が28日、西宮市内の球団事務所で入団会見を行った。

      ◇  ◇  ◇

    メジャー経験なしの虎新助っ人が、ジャパニーズドリームに挑む。先発として期待されるガンケルだ。「アメリカではMLBでプレーすることができなかった。でもアメリカで、日本で、というわけではなく、自分を求めてくれるチームのためにプレーできるのが一番と思った」。28歳の右腕は、海を渡る決断をそう振り返った。

    3Aの4シーズンで与四球率が1・19という制球力が最大の武器。「内、外に投げ分ける。ストライクゾーンからボールに、ボールからストライクゾーンに投げ分けることを意識したい。打者のタイミングを崩したり、ゴロを量産することができる」。制球力をフルに生かし、早めに打者を追い込む自分の形がある。毎試合6イニング以上を投げ、試合をつくれば「いい数字は結果としてついてくる」との自信をのぞかせた。

    単身での日本挑戦。メガン夫人は、中学校の数学教師で教壇を離れることができず「春休みと夏休みでこちらに来て、ともに時間を過ごすことになる」という。196センチの長身右腕が、日本球界での大きな成功を目指す。【松井周治】

    ◆ジョー・ガンケル 1991年12月30日、米フロリダ州生まれ。13年ドラフト18巡目(全体533位)でレッドソックス入団。オリオールズ、ドジャースを経て17年途中にマーリンズ移籍。メジャー出場なし。昨季は3Aで19試合(先発15)に登板し8勝2敗1セーブ、防御率3・80。196センチ、102キロ。右投げ右打ち。




    ガンケル君、阪神でゴロ打たせたらヒットになるで



    ガンケルがゴロを打たせれば成功すると言っていたが阪神はそんなに甘いもんじゃないぞ()


    続きを読む

    このページのトップヘ