とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神春季キャンプ」(16日、宜野座)

     阪神に新加入したピアース・ジョンソン投手(27)=前ジャイアンツ=が、今キャンプ初めて打者相手に実戦登板した。

     ケース打撃で、アウトカウントや状況を指定した中での投球。最速149キロの直球を軸にカーブ、スライダーを織り交ぜ、糸原、木浪、北條、近本、坂本と打者5人を相手に25球を投げた。木浪からは空振り三振を奪うなど、無安打と上々の投球内容を披露。セットポジション、クイックなど、細かい動きでも器用さを見せた。

     ジョンソンはキャンプ2日目に、助っ人選手としては異例の早さでブルペン入り。11日には風邪の症状を訴え、練習を欠席したこともあった。それでも打者を相手にした投球で元気な姿を披露。順調な調整をうかがわせた。

     矢野監督は「勝ちパターンで投げてもらうために来てもらっている」と、方程式の一角として勝ちパターンで起用する構想を描く。期待の新戦力が強力なブルペンを、さらに厚くしてくれそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000069-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    「阪神春季キャンプ」(15日、宜野座)

     17日に行われる練習試合・日本ハム戦で、復活を目指す阪神の藤浪晋太郎投手(24)が3イニングの登板を予定していることが15日、分かった。相手は清宮幸太郎内野手(19)、王柏融外野手(25)=前ラミゴ=らの出場が見込まれており、宜野座でファン注目の対決が実現する可能性が高まった。また上本博紀内野手(32)と鳥谷敬内野手(37)で二遊間を組むことも明らかになった。

     ただでさえ大勢のファンが集まり、いつも以上に熱気が増す日曜日の対外試合。17日の宜野座が激アツの一日になりそうだ。

     矢野阪神の対外試合2戦目となる日本ハム戦。阪神は藤浪が3イニングの登板を予定している。完全復活を期す甲子園春夏連覇の右腕と対する日本ハム打線は、2年目を迎えた清宮の出場が濃厚だ。甲子園でフィーバーを巻き起こした2人の初対戦。藤浪が剛速球で先輩の意地を見せるのか、あるいは清宮が打ち返すのか。ファン必見の対決となる。

     それだけではない。日本ハムは王柏融も出場する見込み。台湾プロ野球で2年連続打率4割をマークし、17年には同球界史上初の三冠王を達成した注目の新助っ人だ。“台湾の大王”の異名を持つ最強打者との対戦は藤浪だけでなく、阪神投手陣にとっては格好の腕試しとなる。

     藤浪は15日、前日に続きブルペンでクイックでの投球を確認するように37球を投じた。前回11日の紅白戦では2回2安打1失点。2死球を与えており、「クイックだけでなく、変化球など、対バッターへの配球も確認してやりたい。ブルペンでは自分本位のピッチングなので」と課題を持って実戦に臨む。

     阪神は藤浪の他に小野も登板を予定。こちらは11日の紅白戦では2回7安打6失点と乱れただけに、しっかり立て直したいところだ。ここまでの実戦では活発な打線の方が目立っている矢野阪神。日本ハム戦では、投手陣が強力打線を抑え込む奮闘が期待される。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/02/16/0012069465.shtml

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇阪神・春季キャンプ(2019年2月15日)

     阪神・才木が“死んだふり投法”で進化を期した。16日のシート打撃登板を前に「明日はちょっと新しいことを試そうかな思ってますね」と小さくうなずいた。テーマは「脱力」だという。

     「100%の力じゃなく、6割とかで投げて打者に“来ていないな”と思わせて、次に力を入れて投げたり。打者のタイミングを外すとか。たまに力を抜いたりして。先発でずっと100%だとバテますし、打者も球に慣れてくるので」。

     1軍に定着した昨季は先発で7回以上投げたのは1度のみ。初球から全力投球で腕を振り、中盤以降につかまって失速するケースも目立った。そんな課題を踏まえ、頼れる先輩から助言を得た。

     「西さんにもアドバイスをいただいて。長い間、パ・リーグで投げてきた方なので、自分でもすごく参考になる意見が多かった」

     キャンプ中の会食などで野球談議を交わした中、行き着いたのが投球の強弱を付けることの重要性。「(1試合の中で)メリハリをしっかりやっていくことが大事だと思った」と方向性が定まった。

     「先発は長いイニングを投げることも重要なんで。試したいですね」。7日の紅白戦は2回無失点。開幕ローテーション争いを順調に滑り出した。新たな一面を見せ、ライバルたちを一気に引き離したい。(遠藤 礼)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000047-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    昨季左肩不調などに苦しんだ阪神高橋遥人投手が15日、2軍安芸キャンプ中に実戦復帰する可能性が高くなった。

    シート打撃に登板し、打者7人に33球を投げて被安打2、1四球。バットを押し込む直球は健在だった。「真っすぐは良くなっている。あとは変化球とかコントロールの精度です」。

    左肩の経過が順調であれば、キャンプ最終クールでの実戦復帰が見えてくる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-50000840-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/15(金)21:51:00 ID:als



    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550235060/

    続きを読む

    このページのトップヘ