とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・青柳が6日、自身のインスタグラム上で“推しソング”を募集した。質問機能があるストーリーズで「練習の時に聞く曲に飽きてきた!みんなのモチベーション上がる曲を教えてください」と呼びかけた。

     右腕は、同僚や他球団の選手たちのオススメを紹介。アニメ「鬼滅の刃」のテーマ曲「紅蓮華」を薦めてきた帝京大の同期である日本ハム・西村には「メチャクチャ流行りのできたな!笑」とツッコみ、トイストーリーの挿入歌「すべてがストレンジ」をピックアップした先輩の岩貞には「これでモチベーション上げてるのは渋すぎる!笑」と驚いた。

     大喜利の空気感も漂ってきた中で巨人・パーラがメジャー時代から打席登場曲に使用する「ベイビーシャーク」をプッシュしてきた後輩の高橋には「これでモチベーション上がるか?やっぱり人と違うな!笑」と返答。フォロワー2万人以上を誇るだけに多くのファンからアクションがあったことが予想され、最後は「いろいろ紹介ありがとうございました!知らない曲がいっぱいあったのでいろいろ採用させてもらいました!」と感謝した。(遠藤 礼)




    現役選手とのやり取りがおもしろかったです笑。もはや大喜利でした。 阪神・青柳 インスタで“推しソング”募集「練習の時に聞く曲に飽きてきた!」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/04/07/kiji/20200407s00001173067000c.html 



    @sponichi_endo 板山さんのサムライソウルのとこも盛り込んで記事書いて欲しかったですー。。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神藤浪晋太郎投手と長坂拳弥捕手の2選手は、依然として入院生活が続いている。この日、球団関係者は2選手の退院は7日以降になるとした。

    藤浪、長坂、伊藤隼の3選手は新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けて3月27日に入院。伊藤隼は前日5日に退院していた。




    藤浪もはやたも長坂も十分反省してるやろしもう追求すんのやめーや。 他山の石として戒めにする位で結構。 人を非難してる暇あったら毎朝検温して飯食うとき味覚と嗅覚に気を配りせっせと手を洗え!!



    そんなに誰か叩きたかったらタイガースのタニマチ忖度を遠慮なく叩けよ。 選手が変わっても体質が変わらないこっちの方が大問題だぞ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は5日、新型コロナウイルスに感染して大阪府内の病院に入院していた伊藤隼太外野手(30)が退院したと発表した。

     藤浪、長坂の2人については、松尾広報部次長は「退院していない」と説明した。それでも嗅覚異常などの症状はともにほとんどなくなっているようで、すでに退院に向けたPCR検査に臨んでいる。また、この日の時点で球団内から新たな体調不良者の報告もなかったという。










    陰性の結果が出るのを待っている状態かな。焦らずゆっくり休んでください🙏 阪神・藤浪&長坂、ほぼ無症状(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00000002-sanspo-base 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     自宅待機の続く阪神の若手選手の間でインスタグラムを活用した「絵しりとり」の企画が進行し、ファンの間では若虎の絵心を垣間見る貴重な機会になっているようだ。

     「絵しりとり」は言葉ではなく自筆のイラストでつなげるのが条件。インスタグラムのストーリーズ機能を使って指名された選手は絵を描き、次に複数選手を指名する。18年まで阪神に在籍したオリックス・竹安の「車」からバトンを託された高橋は4日に赤の背景に黄色のMで「マクドナルド」、次の湯浅はたこ焼き!?にも見える「ドーナツ」を描いた。

     高野の「ツイッター」を挟み、目を引いたのは岩貞の記した「タンポポ」だ。花びらまで丁寧に表現した逸品にファンから「画力強すぎ」「岩貞くんタンポポ上手すぎてわろた」と称賛の声が相次いだ。驚くことに岩貞は次の描き手として谷川、江越らとともに本紙虎番を指名。絵心に自信はなく苦心の末に「ポンタ」を何とか完成させると“岩貞画伯”からは「ボチボチですね」とメッセージが届いた。

     以降も北條が「ポケットモンスター」、江越が「たんこぶ」、新人の西純も参戦して「月」を書くなど個性あふれる作品が次々に登場。チームは活動休止でも選手同士の「つながり」や「関係性」がうかがえる“猛虎ギャラリー”は大盛況だった。(遠藤 礼)




    あれ。よく見たら岩貞さんから北條さんに繋がったのもなんなんやろ…勝手に「モンスターボール」って思ってたけど ついったー ↓ たんぽぽ ↓ ポケモン(??) で、江越さんのは…??? 「もんく」………かな???



    @SUN_smile061GO ポケットモンスター→たんこぶ じゃないですかね…🤔🤔



    岩貞くんタンポポ上手すぎてわろた


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     若虎の中で評価を上げてきたのはドラフト6位の小川一平だ。横須賀工高から東海大九州キャンパスを経てプロ入りした右腕は「一軍で1試合でも多く投げたい」と1年目から勝負をかける。

     一軍に帯同した3月24日のDeNA戦(横浜)では、5回から2イニングを投げて1安打無失点に抑えた。高3夏の神奈川県大会以来のハマスタでのマウンドで「プロとしての実感が沸いた」と言葉に力がこもった。

     高校時代は甲子園のマウンドに立つことなく無名。最速149キロの真っすぐとチェンジアップを操る右腕は「隠し玉」に。球団の支配下指名では唯一の大卒新人だった。

     金村投手コーチも「ボールは一級品で面白い。カットボール、チェンジアップの変化球も非常に魅力がある」とレベルの高い逸材であることを認めている。

     大学に入学直後の2016年4月。熊本地震で阿蘇キャンパス、寮は被災した。グラウンドは使用できず他市の球場を借りての練習を続けてきた。その粘り強さもプロの世界で生きるはずだ。

     父親の影響で巨人ファン。だが小川本人があこがれるのは藤川球児。06年オールスターでカブレラに「炎のストレート」で真っ向勝負を挑んだシーンが脳裏に焼き付いている。

     その球児から「一平ちゃん」とあだ名を決められて恐縮。小川本人も「プロで1年でも長く投げたい」と一軍入りの生き残りをかける。

    週刊ベースボール




    球児「一平ちゃん!」 阪神 小川一平 球種すべてが一級品。評価急上昇中のドラ6/飛び出せ! イチ推しルーキー | 週刊ベースボールONLINE  http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20200413-10 



    66小川一平 ドラフト6位で入団した大卒の投手 オープン戦、開幕前の練習試合で好投しただけに開幕一軍の可能性が大だ 即戦力として期待大の投手だ‼️ pic.twitter.com/S2hYJUM0ss


    続きを読む