とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「オープン戦、阪神-DeNA」(19日、横浜スタジアム)

     阪神先発のガルシアが右足股関節周りの張りで、予定の5回を前に降板した。

     順当なら開幕2カード目の初戦、4月2日の巨人戦(東京ドーム)先発が予想される左腕が異変を訴えたのは二回。マウンド上で右足付け根を気にするそぶりを見せ、何度か右足を振る動作を繰り返した。その後は2球の投球練習を行うと、周りにOKサインを送って続投。続く三回の先頭桑原に右翼ポール直撃のソロホームランを打たれて、同点に追いつかれた。

     結局、5回を投げる予定だったが、3回3安打1失点で降板。「自分としては状態は良かったが、あの1球を投げた後に変な感覚があった。だから念のためにやめたんだ」と降板後のガルシア。

     次回は1週間後、26日に行われるウエスタンリーグのオリックス戦に登板を予定。「次回については全然問題ない。今日はシーズンへ向けていい収穫もあった」と、シーズン前のラストマウンドに予定通り上がる意思を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000091-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     2軍再調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(24)が18日、再出発への強い覚悟を明かした。「とにかく(フォームを)固めていきたい。キャッチボールも大事にして、ブルペン、試合とステップを踏んで」。当面は実戦登板せず、フォーム固めに専念することも示唆し、一からの出直しを期した。

     わずかに残る悔しさを押し込めて前を向いた。先発した12日の中日戦では4回無安打無失点ながら4四死球。課題の制球面を克服できず、矢野監督に自ら2軍降格を申し出た。“次”に期待する自分もいたことは確かだった。それでも…。簡単でなかった決断の裏には、人知れない大きな葛藤があった。

     「ごまかしながら結果を出すことはできたかもしれないですけど、メッキははがれたと思う。確かに1軍にしがみつきたかった思いもあります。でも(中日戦で)これでは1軍では無理だと思った。仮に1軍で開幕を迎えても3、4試合で落とされてると思う」

     15日から2軍に合流。焦点となる登板日については首を振った。

     「決まってないです。(2軍首脳陣には)自分から言ってきてくれ、と言われてるので。そこまで配慮していただいてるので。思ったボールを7、8割ぐらいの割合で投げられるようにしたい」

     7年目で初めて開幕を2軍で迎える。動かぬ厳しい現実にも向き合い、一歩前へ出た。

     「それ(開幕2軍)覚悟で自分から矢野監督にも“2軍に行かせて欲しい”と言いました。開幕1軍に入りたかったですし、本当に悔しいですけど…。ただ、急がば回れじゃないですけど、今年1年を考えた時、次に1軍に上がった時は、最後まで上で投げられるようにしたいので」。

     その目は死んでいない。はい上がる。(遠藤 礼)

     ▼阪神・香田2軍投手コーチ(藤浪の今後について)晋太郎が“これでいけます”というのを待ちたい。そこから(実戦の)予定を組むことになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000106-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神オネルキ・ガルシア投手が19日DeNA戦(横浜)の先発に向けてダッシュメニューなどで調整した。

    同一リーグとの対戦に「1回からしっかりと自分のピッチングが出来て、いろんなところに投げ分けられるようにやりたい」と闘志を燃やした。開幕2カード目の初戦となる4月2日巨人戦(東京ドーム)での先発が決定的となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-03180683-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神の開幕ローテを懸けた争いが、いよいよ最終章に入った。既にメッセンジャー、岩貞、西、ガルシア、青柳の5人は内定。残り1枠を巡り、秋山が19日のウエスタン・中日戦、馬場と浜地が21日のロッテとのオープン戦に登板する。

     キャンプ、オープン戦と2カ月にわたるサバイバルも、ようやく決着の時を迎えそうだ。最終候補は3人。現在、1軍に帯同中の馬場、浜地は21日のロッテ戦に登板する。先発は馬場の予定。「持っている力以上は出せない」と冷静に臨むスタンスを示し、浜地は気を引き締めた。

     「課題と収穫は見えている。ローテ候補に入れてもらっているので意識しながら。結果だけじゃなく、内容も求めていきいたいです」

     この2カ月、1軍を“完走”した2人に優先権はあるが、結果が乏しければ、秋山が控える。19日のウエスタン・中日戦に先発し、5イニングを投げる予定。右膝クリーニング手術からのリハビリ期間を終え、問題がなければトレーナー管轄から外れる。オープン戦登板なしのぶっつけ本番になるが、経験は3人の中では一番ある。

     「足は大丈夫なので、しっかり5回を投げきりたい。開幕に間に合うよう準備してきた。(ローテに)入れるような内容が出せたら」

     金村投手コーチは6番手について「内容次第。秋山ももちろん候補になる」と説明した。状況次第では開幕戦に先発するメッセンジャーを中5日で4月4日の巨人戦に起用し、6人目を5日からの広島3連戦に回すプランもある。いずれにせよ、次戦の3人の結果と内容が答えを導き出す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000022-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神青柳晃洋投手は20日にオープン戦のヤクルト戦(神宮)に先発する。

    前回13日の中日戦で5回1失点と好投し、開幕ローテ5番手の座をゲット。それでも「開幕の日にちを言われるまでは確定だと思っていない。試されていると思って、やってきたことを出したい」と冷静に結果を求めにいく。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903180000452.html

    続きを読む

    このページのトップヘ