とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    岩田 稔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <ヤクルト5-13阪神>◇18日◇神宮

    564日ぶりの歓喜に声が震えた。「涙が出そうです」。阪神岩田稔投手(35)が今季初先発で17年10月1日、巨人戦(東京ドーム)以来の白星。完投勝利は15年6月16日日本ハム戦(甲子園)以来、実に1402日ぶりだった。普段は冷静な男が、両手を突き上げてガッツポーズを連発。我を忘れて喜んだ。

    必死に腕を振った。序盤こそボールが高めに浮く場面もあったが、27アウトのうち16個がゴロアウト。持ち味を存分に発揮した。中継ぎ6人を注ぎ込んだ延長12回引き分けから一夜。お疲れのリリーフ陣も助ける“救い投げ”に、矢野監督も「本当に助かりました。ファームで頑張ってくれていた選手ががんばってくれるのは、すごくうれしい」と最敬礼だ。

    昨季はわずか6試合先発で0勝4敗、防御率3・23に終わった。昨年12月の契約更改では1200万円減の年俸3800万円でサインし、「正直、今年で終わると思っていた部分もあった。(戦力外の覚悟は)ありましたよ」と明かした。夏も冬も10歳近く年下の選手と鳴尾浜で汗を流す。くじけそうになる自分を奮い立たせてくれたのは、病と闘う子どもたちだ。

    魂の118球を投げた岩田は自ら切り出した。「体もピンピンしてます。全然いける。中途半端では辞められない。1型の子どもたちが見ているんで」。あらためて自身と同じ1型糖尿病患者を投球で勇気づける覚悟を宣言。がむしゃらに、最後の最後まで戦い続ける。35歳ベテランの復活ショーが、矢野阪神にはずみをつけた。【桝井聡】

    ▼岩田の勝利は17年10月1日巨人戦以来、564日ぶり。完投勝利となると、15年6月16日の日本ハム戦以来、1402日ぶり。また岩田が4月までにシーズン初登板したのは、16年3月30日ヤクルト戦以来、3年ぶり。今年は通年で活躍できるか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-04181061-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <ヤクルト5-13阪神>◇18日◇神宮

    阪神岩田稔投手(35)がヤクルト戦に今季初先発し、5失点完投で2年ぶりの勝利を挙げた。

    試合後のヒーローインタビューは以下の通り。

    -2017年10月1日以来、2年ぶりの白星。勝利の味、いかがですか。

    岩田 忘れてましたね。うれしいです。

    -そしてきょうは、ゴロアウトが非常に多かった。そんな印象があります。どのような気持ちでマウンドに向いましたか

    岩田 ヤクルト打線はすごく強力なので、そこで引いてしまったら負けなので、自分のスタイル、そういうのも前面に出していった結果、ゴロアウトが多かったっていうことですね。

    -完投勝利でいいますと、2015年6月16日以来、4年ぶりという完投勝利になります。それについてはいかがですか

    岩田 そんな前でしたっけ。あんまり昔すぎて、あんまり覚えてないんで、結構前ですね。恥ずかしいですね。

    -終盤のマウンドは、やはり強力なヤクルト打線をどうしても封じ込めようという、そういう思いだったんでしょうか

    岩田 やっぱりちょっとでも、甘く高くなったら、ホームランていうのがここは考えられる球場なので、すごく気をつけながら、投げました。

    -そしてやはり、きょうは阪神打線ものすごかったですね。16安打5ホーマーの13得点というものすごい数字になりました。岩田さんの目からどのように映っていましたか

    岩田 めっちゃすごかったですね。うわーっ、うわーって何回言わすねん、みたいになってました。

    -7回も近本選手が1本打って、中谷選手2本打って、大山選手2本打ってという、この3選手にどのような言葉かけたいですか

    岩田 いやもう本当にうれしいですね。ほんまありがとう!

    -シーズンも始まったばかりです。これだけ多くのタイガースファンの皆さんが集まっています。ファンの皆様に大きな一言をお願いします

    岩田 まだまだここからです。みんな頑張っていくんで、タイガースよろしくお願いします。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-04181001-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ 阪神13―5ヤクルト(2019年4月18日 神宮)

     阪神の岩田稔投手(35)が首位ヤクルトを相手に敵地で118球完投。今季初登板を2017年10月1日の巨人戦以来564日ぶりとなる勝利、2015年6月16日の日本ハム戦以来1402日ぶりとなる完投勝利で飾った。

     2シーズンぶりの勝利に「忘れてましたね。うれしいです」と噛み締めるように振り返った岩田は「ヤクルト打線はすごい強力なので、そこで引いてしまったら負けなので、自分のスタイルを全面に出していった結果がゴロアウトが多かったっていうことですね」と試合を振り返り、4シーズンぶりの完投勝利には「そんな前でしたっけ?あんまり昔すぎてあんま覚えてないんで。結構前ですね。恥ずかしいですね」と冗談めかしつつ控えめな笑みを浮かべた。

     打線は4番・大山と6番・中谷がともに2打席連続アーチを放ち、7回にはドラフト1位ルーキーの近本も3号ソロをバックスクリーン左に叩き込んでともに今季最多の16安打&13得点で首位チームに圧勝。

     「メッチャすごかったですね。うわぁ、うわぁって何回言わすねん!みたいなってました」と独特の表現で打線に感謝した35歳は「ホントうれしいですね。ほんまありがとう!」と声を張り上げていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000195-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「ヤクルト5-13阪神」(18日、神宮球場)

     阪神・岩田稔投手が9安打5失点の完投で、今季初登板初勝利を飾った。

     九回に2失点したが、最後までマウンドは譲らなかった。強打のヤクルト打線を相手に、粘り強く、低めをついて118球を投げ切った。白星は17年10月1日巨人戦以来、564日ぶり。ヒーローは「(勝利の喜びは)忘れてましたね。うれしいです。自分のスタイルを前面に出した結果、ゴロアウトが多くなりました」と振り返った。

     完投勝利は2015年6月16日・日本ハム戦(甲子園)以来、実に1402日ぶりとなった。「そんな前でしたか。昔すぎて覚えてない。恥ずかしいです」と照れ笑い。「甘く高くなったらホームラン。気をつけながら投げました」と、再び投球内容について語った。

     打線が初回から4得点。味方打線の大量援護については「すごかった。うわーうわーって、何回言わすねん、と思ってました。ほんま、ありがとう!」と仲間に感謝した。

     虎党の大歓声に笑顔がはじけたベテラン左腕。「まだまだここからです。みんな頑張っていくんでよろしくお願いします!」と、岩田コールに両手を突き上げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000139-dal-base 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神岩田はヤクルト戦で今季初登板初先発  18日のプロ野球公示で、阪神は尾仲祐哉投手を抹消し、この日のヤクルト戦に先発する岩田稔投手を今季初昇格させた。

    【公示一覧】NPB出場選手登録および登録抹消一覧

    【セ・リーグ】
    ■出場選手登録

    阪神
    投手 岩田稔

    ■出場選手登録抹消

    巨人
    内野手 若林晃弘

    阪神
    投手 尾仲祐哉


    【パ・リーグ】
    ■出場選手登録

    ソフトバンク
    内野手 三森大貴

    ■出場選手登録抹消

    ソフトバンク
    外野手 長谷川勇也

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00349407-fullcount-base

    続きを読む

    このページのトップヘ