とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    岩田 稔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「広島10-5阪神」(4日、マツダスタジアム)

     阪神は今季8度目の2桁失点で大敗した。

     先発・岩田が2回7失点。プロ14年目で、自己最短の2回KOとなった。初回1死から4連打で2点を失うと、なおも1死一、二塁からメヒアに甘いスライダーを左翼越えに運ばれる3ランで立ち上がりに一挙5点を失った。

     二回も1死から二塁・ソラーテの失策から2死一、三塁とされ、鈴木、バティスタの連続適時打で2点を失い、2回8安打7失点(自責点5)でKOとなった。

     岩田は前回登板の7月28日・巨人戦でも3回9失点。2戦連続の大炎上となった。

     矢野監督は「あそこからの奮起を期待したんだけど、同じだったので抹消します」と2軍での再調整を明言。「岩田にも今日何とか頑張ってもらって、チームの安定というところをしてほしかったんだけど」と、落胆の表情を浮かべた。





    岩田、登録抹消か。



    岩田抹消。当然ですねこれでまた来週とか言ったら発狂するわ



    【阪神】 岩田 2回7失点 今季初の不振で二軍降格へ  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/04/kiji/20190804s00001173459000c.html  「いやいや、それはもう結果が出なかったら一緒なのでね。あそこからの奮起を期待したんだけど、同じだったので抹消します」 (スポニチ)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「広島-阪神」(4日、マツダスタジアム)

     阪神の先発・岩田稔投手が立ち上がりから乱れ、2回7失点で早々に降板。プロ14年目で、自己最短の2回KOとなった。

     初回、1死から菊池涼、バティスタの連打でピンチを招くと4番・鈴木の適時打で先制点を献上。続く会沢にも適時打を浴びると、なおも1死一、二塁からメヒアに甘いスライダーを完璧に運ばれる、左翼越えへの3ランで立ち上がりに一挙5点を失った。

     立ち直りたい二回だったが、精彩を欠く。1死から二塁・ソラーテの失策で西川を出塁させると、菊池涼に左前打でつながれ、2死一、三塁から鈴木、バティスタの連続適時打で2点を失い、2回8安打7失点(自責点5)でKO。三回の攻撃で代打を送られて、早々に降板した。

     岩田は前回登板した7月28日の巨人戦(東京ドーム)で3回9失点(自責点8)。初回に一挙7点を失い、名誉挽回の先発マウンドだったが、2試合続けて初回に大量失点。カード勝ち越しを狙う敵地での3戦目だが、ベテラン左腕の乱調で試合は一方的な展開となってしまった。





    もう次はないな、この調子では…。 阪神岩田2戦16失点 暑さ歓迎も今季最短2回KO(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-08040818-nksports-base 



    【日刊スポ】阪神岩田2戦16失点 暑さ歓迎も今季最短2回KO  https://ift.tt/31gt7mM  #hanshin #tigers #阪神タイガース



    また負けてる。なんでまた岩田先発にさせるねん。この前と同じKOやんか。



    前回KOのベテラン岩田を酷暑のズムスタで投げさすなんて無謀すぎやろ。 #hanshin



    阪神・岩田、2戦連続で大炎上 初回に5失点を喫するなど2回7失点KO(Full-Count)  https://ift.tt/2MM17nd 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「広島-阪神」(4日、マツダスタジアム)

     3カード連続勝ち越しを狙う阪神だったが、先発マウンドを任された岩田稔投手が初回から大量5失点を許した。

     前回登板の7月28日・巨人戦(東京ド)で3回9失点と炎上した岩田。「終わったことですし、気持ちを切り替えて」と名誉挽回を狙ったが、今回も厳しい立ち上がりとなった。

     先頭の西川こそ中飛に打ち取ったが、続く菊池涼から連打を浴びる。1死一、二塁で迎えた4番・鈴木は併殺コースともいえる打球だったが、遊撃・糸原の捕球直前にバウンドが変わり、左前に抜けるアンラッキーな適時打となった。直後に会沢に右前適時打で1点追加されると、6番・メヒアには125キロのスライダーを完璧に捉えられ、左翼へ特大3ランを被弾。

     初回打者8人に対し、球数は22球ながら5連打で5点を失った。





    岩田、毎週日曜日に初回炎上ってヘイト物凄い溜めてそうだな....



    @hanshintigersjp 岩田もう1軍で投げるな、初回にこんなに取られたら跳ね返す力なんかなくなるだろ



    悲しいけど初回から岩田を代えて5点差の逆転を狙うより、岩田に無理させてでも長いイニング投げてもらってリリーフ温存する方が阪神のダメージとしては少ないからな



    岩田君はアカンやつやん‼️ 前回も初回やったよな。同じ事やってては上ではアカンよ。矢野監督も厳しくいかな。この暑い中、ファンに申し訳ないで😡  https://twitter.com/abc_toraban/status/1157947246903623686 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/29(月) 06:48:59.70 ID:ontjRnNap
     (セ・リーグ、巨人16-4阪神、16回戦、巨人10勝6敗、28日、東京D)何度も何度も自らの太ももをたたいた。必死に冷静さを取り戻そうとした。だが、状況は悪化するばかり…。
    先発の岩田が一回にいきなり7失点するなど、自己ワーストの9失点。制球が定まらず、何とか投げたストライクは、簡単に外野にはじき飛ばされた。

     「自分をコントロールすることができず、ただただ、情けないです」

     プロ14年のキャリアの中でも、経験のない大炎上だった。一回1死二塁から丸の先制打を含む3連打。さらに満塁から岡本に押し出し四球を与えると、ゲレーロにはトドメの満弾を献上だ。

     一回から6安打2四球に2暴投も絡んで、7失点。あまりに悲惨な内容に、二回2死一塁の攻撃でそのまま打席に立つと、左翼席を埋めた虎党からは、激しい怒号が飛び交うほどだった。

     三回に炭谷に2ランを浴び、結局3回78球、8被安打で壮絶KOだ。前日は延長11回、8投手での執念リレーで接戦を制し、2連勝。この日は先発が踏ん張らなければいけない状況だったが…。ベテランの乱調は“歴史的投壊”に直結した。

     救援登板した3投手も全員失点し、5年ぶり、巨人戦では18年ぶりとなる16失点。3番手の浜地が六回に炭谷に満弾を浴び、伝統の一戦で1試合に2本のグランドスラムを許すのは、球団史上初の屈辱となった。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190729/tig19072905030005-n1.html

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/29(月) 06:52:26.89 ID:YAWXvD2up
    18年ぶりって2001年の開幕戦か

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/29(月) 06:53:19.15 ID:ZR/e3sBO0
    負けるときはこれくらい派手に負けたほうがすっきりする

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1564350539/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/29(月) 00:01:49.39 ID:pcC/uDs70
    <巨人16-4阪神>◇28日◇東京ドーム

    4位阪神にとってこの3連戦は、負ければ優勝が現実的に厳しくなる重要な位置付けだった。
    間に2チームいることを考えれば、3連勝が必須と思っていた。

    残り48試合で首位巨人と8・5ゲーム差。
    2位につけているならまだしも、4位からの逆転優勝はもう苦しい。
    チーム事情を考慮しての続投だったかもしれないが、この試合の大事さを考えれば、3回まで岩田を引っ張ったのは疑問が残る。
    逆に巨人にとっては、ここから連勝するためのキーポイントになりうる快勝だった。



    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/29(月) 00:03:40.42 ID:DB01ew/K0
    やってしまいましたなあって試合

    27: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/29(月) 00:07:13.26 ID:cVg2zuh20
    岡本に四球出したとこで変えるべきだった

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1564326109/

    続きを読む

    このページのトップヘ