とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    外野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神8-0DeNA>◇20日◇京セラドーム大阪

    2カ月半ぶりに1軍に昇格した阪神中谷将大外野手が、5回に左翼線二塁打を放ってチャンス拡大に貢献した。

    「自分の中でも1本出たのは、次につながる。毎日、結果を出せるようにやっていきたい」。7番右翼で昇格即スタメン起用され、首脳陣の期待に応えた。





    中谷1軍復帰でいきなりツーベースヒット←ここめっちゃ大事 こーちゃん、阪神の満塁で得点できない病を吹き飛ばすタイムリー←ここも大事 ホームラン3発はいつ以来? 8得点以上は7/6以来←先発青柳 完封は7/7以来 イベントやのに勝てた いつもの阪神と違ったぞww



    めっちゃ頑張ってほしい!応援してます👏 阪神中谷2カ月半ぶり1軍で二塁打「次につながる」(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08201117-nksports-base 



    とりあえず安心😄 阪神中谷2カ月半ぶり1軍で二塁打「次につながる」(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08201117-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2019年8月20日 京セラD)

     阪神は5回、2者連続でスクイズを失敗した。

     両軍スコアレスで迎えた5回。1軍昇格即先発出場を果たした中谷は無死一塁から浜口のチェンジアップをとらえ、左翼線へ二塁打を放った。この日は「7番・右翼」で先発。先発は実に6月4日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来だった。

     この中谷の一撃で無死二、三塁と好機を広げたが、梅野は2ボールからの3球目にスクイズ失敗(ファウル)。結局二飛に倒れた。続く青柳も2球目にスクイズを試みたが、ファウルに。その後、空振り三振に倒れた。

     球場には重い空気が充満したが、近本の申告敬遠で満塁とすると、続く木浪がストレートの四球を選び、1点を先制した。さらに満塁の絶好機で福留が右中間へ走者一掃の二塁打を放ち、リードを広げた。




    【一軍】公式戦【阪神4-0DeNA】 5回裏 やった!ここから突き放していくで!ベイスターズは2番手藤岡がマウンドへ 投手:濱口 打者:福留 結果:右中間へ走者一掃のタイムリーツーベースヒット!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #孝介がヤル



    @hanshintigersjp これだよ!これぇ!!



    @hanshintigersjp ドメさんナイスです



    @hanshintigersjp 久方ぶりのスカッと。



    @hanshintigersjp 珍しく満塁からヒット出たと思ったら横浜戦やったな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神-DeNA」(20日、京セラドーム大阪)

     阪神・矢野燿大監督はDeNA戦を前に6人の入れ替えを断行した。ソラーテ、陽川、谷川を抹消し、ドリス、中谷、江越を登録。残り30試合、一戦必勝で臨む。

     3連敗中の阪神は青柳が先発する。「連敗していても、連勝していても、自分の仕事は自分の仕事。チームは交っていない状況ですけど、その中で僕が勝つことができたら、チームにいい流れになると思う」。あと38回1/3を投げれば、自身初の規定投球回に到達する。DeNAとは、今季3度の対戦で1勝2敗ながら、対戦防御率率2・33と抑えている。連敗ストップでチーム単独トップとなる6勝目を狙う。

     打線はドリスとの入れ替えで、途中加入したソラーテを抹消。「2番・遊撃」には木浪が入った。また、18日の巨人戦(東京ドーム)で左胸付近の痛みを訴え、途中交代していたマルテは、特に違和感もなくなったようで「4番・一塁」でスタメン出場する。さらに中谷が昇格即、「7番・右翼」で先発出場する。






    7番、ライト中谷 昇格即スタメン😆😆



    昇格&即スタメン最高か!! 久々の中谷期待してます!!



    中谷さん昇格即スタメン!!!!! 期待されてる証拠やね!頑張れ🌟🌟


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神は20日からDeNA(京セラドーム)との3連戦に臨む。今季は残り30試合でクライマックス・シリーズ(CS)圏内である3位・広島とは5ゲーム差。大幅な巻き返しが必要な今、現主将の糸原健斗内野手(26)と、前主将の福留孝介外野手(42)が逆襲への決意を口にした。

     残り30試合で3位・広島と5ゲーム差。貧打にあえぐ、チームの現状を考えれば逆転は容易ではない。その事実を受け入れた上で、きょうからはDeNA3連戦。まずは糸原が、現主将としての責任感がにじむ悲壮な決意を口にした。

     「こういう時こそ前を向いて、チーム一丸となって戦っていかないといけないと思う。去年はこういうところからズルズルいったので、このままズルズルいかないように、残り試合、全員で全力で戦います」

     昨年の同時期。8月20日以降(試合は21日から)は14勝27敗1分けと負け越した。順位を左右するシーズン終盤に失速した先に待っていたのは、単独最下位という屈辱だった。2年目で全試合出場し、その屈辱を体感した糸原はここが踏ん張りどころと見る。最近10試合中5試合でベンチスタートだが、ポジションが被っていたソラーテは登録抹消された。これにより、20日から二塁で先発起用される可能性は高まり、粘り強い打撃が打線の活力となる。

     一方、前主将の福留は、逆襲のカギを“先手攻撃”とした。「それはみんなが思っているところなのでね。つないでいく意識でやっていくしかない」。3連敗した先週末の巨人戦。5回までに奪った得点は3戦で計1点だけだった。先行逃げ切りが必勝パターンだけに、後手に回っては勝ちきれない。そんな中でも福留は10打数5安打1本塁打2打点と発奮した。清水ヘッドコーチは今後について「頑張ってもらう」と休養日を設けず先発起用を続ける方針を示唆。福留がポイントゲッターとして打線のキーマンになりそうだ。

     昨年、不動のレギュラーとして屈辱を味わった現主将。中日時代にリーグ優勝3度と日本一の味も知る前主将。逆転CSへ「新旧キャンプテン」が矢野阪神をけん引する。(巻木 周平)




    おはようございます🌞 8月20日 DeNA戦 50勝57敗6分 本日のスポニチの〝表情〟です 🐯阪神は〝藤浪級〟の逸材である星稜・奥川投手を甲子園決勝まで密着マーク🐯福留&糸原選手!新旧キャプテンが苦境のチームを鼓舞🐯近本選手!あと3本赤星超えへ気合 #スポーツ新聞をアップデートする pic.twitter.com/TQmYQqhGl8



    阪神 逆転 CSへ 新旧キャプテン悲壮決意  糸原「前を向いて一丸で」 福留「つないでいく意識で」 (スポニチアネックス) 頼むで‼️🤝  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000006-spnannex-base 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     一気の“赤星超え”で、チームを再加速させる。阪神・近本が開幕から積み重ねてきた安打は125本。憧れの大先輩である赤星憲広氏(スポニチ本紙評論家)が1年目にマークした128本に、あと「3」まで迫った。20日からは京セラドームでのDeNA3連戦。地元での達成が現実味を帯びてきた。

     「(最近は)自分の仕事が全然できていないので、しっかりできるようにやりたいです」

     前カードの巨人3連戦は苦しんだ。3試合で13打数1安打の打率・077。不動の1番打者の足並みにそろえるように、チームは3連敗した。18日の3戦目には、中堅守備でもミス。攻守で精彩を欠いた借りは、早めに返したい。

     DeNA戦の舞台となる京セラドームでは今季37打数4安打、打率・108と、数字の上では芳しくない。だが、シーズンも残り30試合となり終盤戦に突入。今こそ、負のデータを一掃するほどの、大活躍が期待される。現に6月には月間打率・179と極度の不振に苦しんだが、7月は同・295と復調。8月も19日時点で同・294と安定しており、鬼門突破も決して難題ではない。

     常々「数字にはこだわらない」と話すルーキーだが、目標は赤星氏が達成した「新人王と盗塁王」にある。16年の高山が持つ球団記録の136安打も、十分に更新可能だ。CS圏内へ浮上するためには、切り込み隊長のラストスパートが必要不可欠。不退転の決意で再スタートを切る。(長谷川 凡記)






    近本選手も赤星さんの記録まであと3本か #hanshin #tigers #阪神タイガース



    赤星式でも近本の盗塁は+1


    続きを読む

    このページのトップヘ