とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    外野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ここまで3勝10敗と巨人相手に大きく負け越している阪神。今季は近本光司外野手(25)のG戦での不振が敗因の一つとなっている。15日からの3連戦。2番に梅野を置く新打線においてはより一層、虎のリードオフマンが勝敗を分けるキーマンとなる。

     今季の巨人戦成績を調べると、特に打撃面で目を覆いたくなるような数字が並ぶ。中日戦で5・33得点を誇るなど、他の4球団との対戦ではいずれも1試合平均4得点以上となっているが、巨人戦では2・23得点。

     11得点で大勝した試合(8月6日の甲子園、野手の増田大が登板したあの一戦)も含めての数字だけに、いかに点が取れていないかが分かるだろう。

     巨人戦のチーム打率は・196。ちなみに他球団は巨人戦打率がいずれも2割を超えている。投手陣が踏ん張っても、この数字ではなかなか巨人相手に勝利を手にすることはできないはずだ。

     その要因の一つと考えられるのが近本の不振である。巨人戦での打率、出塁率ともに・115。他球団との対戦時に比べると極端に数字を落としており、レギュラー選手の中でも打率は最下位である。

     特に東京ドームでは25打数2安打で打率・080とひどい。昨季も当地ではセ・リーグ本拠地で最低となる打率だったが、それでも・214だ。数字はさらに悪化している。

     矢野監督は「チカがまず塁に出て、というのがウチの野球」と常々、口にする。それを証明するこんなデータがある。今季、近本が無安打、あるいは1安打に終わった試合は21勝28敗4分けで勝率・429。一方、マルチ安打を記録すれば、15勝4敗で勝率は・789まで跳ね上がる。

     11日の広島戦から犠打を決める器用さを持ち、つなぐ打撃に長打も期待できる梅野を2番に置き、阪神は3連勝を決めた。近本も2度のマルチ安打で貢献。5度の出塁はすべて得点につながった。勝負の巨人3連戦。いまこそ虎のリードオフマンの逆襲が求められる時だ。(デイリースポーツ・和田剛)

    ※データは共同通信デジタル




    今日もキーマンは近本



    近本梅野って2人とも巨人戦打ってないんだよな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/09/14(月)21:29:44 ID:7tJ
    長打率.590(1位) OPS .989(2位)  得点圏.434(1位)

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 20/09/14(月)21:30:54 ID:7tJ
    すごい

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 20/09/14(月)21:31:49 ID:zlQ
    神宮なら30本打ってそう

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1600086584/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神7-6広島>◇13日◇甲子園

    阪神糸井嘉男外野手が10年ぶりの7番先発で気を吐いた。

    3回、勝ち越した直後の1死一、三塁。詰まった飛球は左翼線に落ちる加点適時打になった。5回は左中間二塁打でマルチ安打。7番は阪神加入後初で、日本ハム時代の10年4月4日西武戦(札幌ドーム)以来3815日ぶりだった。

    矢野監督は「そこを打つ違和感はあるだろうけど、そんなことを言ってやる気持ちは持っていないと思う。目の前の試合、打席に精いっぱいいってくれている」と話した。




    へぇ~、糸井さんは10年ぶりの7番なのね。#阪神タイガース #hanshin



    糸井さん10年ぶりに7番やって #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    tika




    キナチカで同点に追いつき試合は振り出しに! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/0ldhbZATO2



    @TigersDreamlink 福留には絶対にできないことやな



    @TigersDreamlink 木浪ナイスバッティング&ナイスラン!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (セ・リーグ、阪神3-1広島、16回戦、阪神9勝5敗2分け、12日、甲子園)

     電光石火の先制も、“チカウメ”の成功も、すべてはリードオフマンしだいだ。流れるような3度のチャンスメーク。エンジン全開の1番、阪神・近本が3連勝への道を作った。

     「しっかり先頭で(塁に)出られているというのが一番いいのかなと思っています。内容よりも、しっかり出て得点にもなっているので」

     一回先頭で左前へ。2番・梅野の投前犠打で生まれた好機から大山の先制3ランにつながった。五回に遊撃内野安打。七回は右前打。先頭で迎えた3打席で安打を放った。今季7度目の猛打賞。5試合連続安打は、特に第1打席の活躍が光る。

     「1打席目に出塁することが一番の仕事。1打席目に出たら、その日の仕事は終わりでもいいという気持ち。他の打席もですが、より集中して入ることができていると思います」

     最近5試合で4度の一回の先制は、すべて自身の安打が起点だ。データなどの研究も「1打席目を想定しながら。1球は何を投げやすいか。球場の形や風もある。どういうふうに攻めてくるか、球場によっても違う」と力を注ぐチームの最初の打席。自覚と成果が攻撃の勢いに直結した。

     前日11日から梅野が2番に座る。前夜は連打で先制機を演出し、この日は近本の3安打の後に3犠打を決めた。新コンビに手応え十分の矢野監督は「やっぱりチカ(近本)が出ると、相手にとってすごく嫌な状況になる。まずチカが出て、というのがうちの野球」。梅野については「もともとバントがうまいし、他の作戦もできる選手」と期待した。

     責任重大な1番打者は練習法も工夫する。まずスローボールを打つことが日課。「スローボールでも速い球でも同じ打ち方をするのがいい打者。スローボールだから大きく振るとか大きくテークバックを取るのではなく、どの球も自分のフォームで打てるように」。好調を維持し、今季初の甲子園でのデーゲームで誰よりも駆け回った。

     「まだ暑いと思う。明日もデーゲームなので、しっかりご飯を食べて寝て備えたいと思います」

     新1、2番コンビは虎の新たな武器。切り込み隊長が勝利への扉も、大逆転Vへの突破口も開く。(安藤理)




    梅ちゃん2番はええ感じ 新1、2番エエやん!! 阪神・近本が3安打「しっかり出て得点にもなっている」  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200912-00000620-sanspo-base 



    巨人以外になんぼ勝っても巨人が負けんから差が詰まらん 何より巨人独走の原因の大部分は阪神の大負越しやから 今度こそ自ら巨人を叩け 新1、2番エエやん!! 阪神・近本が3安打「しっかり出て得点にもなっている」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200912/tig20091221090022-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

    このページのトップヘ