とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    内野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 23:27:50.10 ID:RMd1Zrup0
     「ここ、ビジター球場だよね?」。阪神の新外国人選手・ロジャースは、来日初本塁打を放った際、驚いた。
    「1周している間、声援がすごくて『ホーム球場みたい』と思ったよ」。
    ほぼ360度、本拠地のファンで埋まる米国とは、異なる光景だった。

     場面は、1点リードの四回1死二塁。ヤクルト・ブキャナンのカーブを、阪神ファンが待つ左中間席に運んだ。
    第1打席では、同じカーブで二ゴロに打ち取られていただけに「来るかな、と頭にあった」。狙った上での強振だった。

     この一振りが、第3打席への伏線にもなる。

     六回1死一塁。高めの148キロをバックスクリーンにたたき込んだ。「前の打席で変化球を打ったから、速い球で勝負してくるんじゃないか」という読み通り。
    七回も左前適時打を放ち、計5打点の荒稼ぎだ。

     185センチ、117キロの巨体だが、勤勉な選手だ。今季途中に大リーグ・パイレーツ傘下の3Aから、阪神へ移籍が決まると、親会社や球団の歴史、金本監督の経歴などを調べた。
    野球に対する真摯(しんし)で謙虚な姿勢が、この夜の2本塁打を生んだと言える。

     米国時代、チームメートから「パンダ」と呼ばれていた。「体が大きくて、横たわっている感じが似ているのかな」と本人。愛称はかわいいが、打球はかわいくない。
    チームが再び上昇気流をつかむために、カギを握る男が出現した。(井上翔太)


    ebe4a8474ae52bfb5a9affc36480809f

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000122-asahi-spo

    引用元: ・阪神ロジャース「凡打の打席は変化球だから狙った」→HR、「変化球を打ったからストレート待ち」→HR

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/07/21(金) 11:06:45.20 ID:Y9kfwlrR0
    ここでやらなきゃ、いつやる!

    阪神・北條史也内野手(22)が20日、1軍に合流。
    再昇格となる21日のヤクルト戦(神宮)に向け、東上した。

    遊撃のライバル、ドラフト5位・糸原健斗内野手(24)=JX-ENEOS=は同日、右膝の内側側副靱帯損傷で登録抹消。チームの危機に、金本野球の秘蔵っ子が燃える。

    “繰り上げ当選”であることはわかっている。同時に、今こそやらなきゃいけないことも、わかっている。チームのためにも、自身のためにも。北條はこのチャンスを、必ずつかみとる。

    「いつでも(1軍から)声をかけられてもいいように準備はしていました。こういう形(仲間の故障)ですけど、自分にできることをしっかりやっていきたいです」

    こんがりと日焼けした肌が鍛錬を物語る。鳴尾浜からタクシーに乗り込む際、熱い言葉をつむぎ、東京へ出発した。
    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000012-sanspo-base




    うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

    引用元: ・【朗報】阪神タイガース、ついにあの男が帰ってくる!!!!!!

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★@\(^o^)/  2017/07/20(木) 18:27:06.54 ID:CAP_USER9
     阪神は20日、前日19日の広島戦(甲子園)で守備の際に負傷したドラフト5位・
    糸原健斗内野手(24)=JX-ENEOS=が大阪市内で診察を受け、
    右膝の内側側副靱帯(じんたい)損傷と診断されたことを発表した。

     全治は未定。糸原は同日、出場選手登録を抹消された。

     今後はファームにて治療、リハビリを行う。

    3


    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000548-sanspo-base

    引用元: ・【野球】阪神・糸原、右膝内側側副靱帯損傷と診断 出場選手登録を抹消

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 00:32:46.55 ID:P9w8XP57a
     ◇セ・リーグ 阪神3―14広島(2017年7月19日 甲子園)

     阪神・西岡が1点を追う7回に、一時、同点となる適時打を放った。
    一塁ベースを回ったところで派手にガッツポーズ。
    その後、カープサイドに向かって吠えたような様子が映ったが、その理由を本人が試合後に明かした。

     「“もう1球、足元いったれ”と聞こえた。売られたケンカは買ったつもり。なめられたくないから。
    結果として、やり返した。(雄叫びやガッツポーズは)ピッチャーに言ったわけじゃないよ。感情的にはなったけど」。

     初球は一岡の内角いっぱいの直球でストライク。2球目は、避けなければ当たっていたであろう内角球だった。
    立て続けの厳しい攻めの後、外角の見せ球を挟んで4球目を弾き返した同点打だった。

    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000153-spnannex-base


    引用元: ・【阪神】西岡、一時同点の適時打“激怒”の真相は「なめられたくない」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    136: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/19(水) 21:05:55.55 ID:TFTuJEIha
    3


    ボコボコさらに糸原負傷

    引用元: ・とらせん11  

    続きを読む

    このページのトップヘ