とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    内野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、オリックス-阪神」(11日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

     8日のウエスタン・広島戦(由宇)で顔に自打球が直撃し、鼻骨骨折した阪神・小幡竜平内野手(19)が3試合ぶりにスタメン復帰。試合前は17年に鳥谷(現ロッテ)が同じく鼻骨骨折した際に付けていたフェースガードを着用して打撃練習を行っており、試合でも着用すると見られる。

     黒いフェースガードで患部を固定し、ティー打撃とフリー打撃を行った。前日の同オリックス戦では守備から出場し、打席に立って四球を選んでいた。打撃練習も難なくこなすなど経過も良好。

     17年5月24日の巨人戦で鳥谷が顔面に死球を受けた。その翌日にフェースガードを着用して練習し、その後は試合にも着用して打席に立っていた。小幡もこの試合で“鳥谷フェースガード”を身に着け、試合に臨むことになりそうだ。

     試合開始は13時を予定。スタメンは以下の通り。

     【阪  神】

     1番・左翼 板山

     2番・一塁 片山

     3番・中堅 島田

     4番・右翼 井上

     5番・DH 伊藤隼

     6番・捕手 長坂

     7番・遊撃 小幡

     8番・一塁 藤谷

     9番・二塁 遠藤

        投手 牧

     【オリックス】

     1番・左翼 佐藤優

     2番・遊撃 岡崎

     3番・三塁 西野

     4番・DH モヤ

     5番・一塁 白崎

     6番・二塁 小嶋

     7番・右翼 後藤

     8番・捕手 山崎勝

     9番・中堅 根本

        投手 竹安

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA6-4阪神>◇10日◇横浜

    阪神がDeNAのオープナー継投に敗れ、再び借金3となった。

    矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

    -4回、岩貞が国吉に打たれた

    痛いというか。3連戦の頭で、9連戦の途中で、(岩貞は)中7日。あそこで投手に、しかも初球。あまりにも残念というか。なにか工夫であったり、自覚というのかな、若手というレベルじゃないんだからさ。9連戦でみんな移動して来ているとか、そういうのも含めて、何か体からにじみ出るというか、そういうのがチームとしてほしいと思うし。あの点の取られ方ってチームの士気が上がらんよな。打撃練習なんかほとんどしてない選手でしょ。それを初球、コンと打たれるんだから。結果2点差、あの2点ということだから、そのへんの自覚っていうか…ねえ(ため息)。えいやって投げて、その答え、あとは任せたじゃなくて、やっぱり自分の考えと気持ちと、なんかチームのことも含めて投げてもらわないと。ちょっとチームに申し訳ないよね。

    -長いイニングを投げ切れていない。今後は

    いやあ、ちょっと考えようかなと思ってる。まだ決めてないけど。

    -大和に打たれている

    そうやな、5割くらい。打たれてるよな。工夫がほしいよな。オレらもそうやし。相性というのはどうしてもあるし。でも何かこちらから仕掛けていかないといけないとダメな部分というのはあると思う。何か違うことをやって。チームとしてもバッテリーとしてもやっていかないと。

    -打線は大山がいいだけに

    やっぱりJB(ボーア)やろな。JBはやっぱり凡打が上がらんからな。ゴロの凡打がすごく多いやろ? やっぱりフライ打っての選手やから。そういうところではやっぱりJBが上がってこないことには、チームとしては上がりきらない。今の現状のキーマンにはなってるのかな。

    -相手はオープナーでやりにくさは

    それはねえ。まあもちろん。武藤のところでも、もうちょっと点取りたかったし。それでもやっぱり岩貞じゃないの。今日は。野手も移動してさ。

    -高山が昇格即結果を出した

    ファームでもしっかりいい結果出していたし。もともと気持ちの部分というのは「やってやる」という気持ちが出てきているのは、いつも感じていた。やっぱり戻ってきて最初に1本出たというのはもちろんそうだけど、最後もいい当たりやったし、もう1本出たというのもあいつの中で「よし!また行くぞ!」という気持ちになれると思うんでね。そういうところでは起爆剤というか、ラッキーボーイというか、そういう存在になってくれたらなと思う。




    矢野監督にとって悩みどころの多いチーム状況です。 矢野監督、ボーアは「フライ打っての選手」一問一答  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008100001141.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神ボーア GB/FB 0.98(2020シーズン) ここ一週間に限ると GB/FB 2.20 (GB% 68.8)😱😱😱 矢野監督の談話で最近のボーアはゴロ率が高いとあったけど、正しい。ただBABIPが.313あるので、そこまで悲観することもないのかなと🤔


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    oyama


     「DeNA-阪神」(10日、横浜スタジアム)

     阪神4番の大山が先制11号ソロを放った。

     二回、DeNA先発の武藤から、右翼席にはじき返した。

     大山の本塁打は3試合連発。今季のDeNA戦は試合前の時点で、打率・417(24打数10安打)1本塁打5打点と得意にしていた。




    【一軍】阪神1-0DeNA 2回表 大山のバットが止まらない!3試合連発や! 投手:武藤 打者:大山 結果:ライト第11号先制ソロホームラン!! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp はい復活



    @hanshintigersjp ハマスタの大山は世界最強打者です


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    左ふくらはぎの張りを再発した阪神ジェフリー・マルテ内野手が、鳴尾浜で治療に努めた。

    9日、球団広報が説明。8日のウエスタン・リーグ広島戦(由宇)で35日ぶりに実戦復帰したが、4回の第2打席で中前へ運びながらも一塁到達前にアウト(記録は中ゴロ)。患部の張りを再び訴え、途中交代していた。




    阪神マルテは治療専念 8日左ふくらはぎの張り再発 (日刊スポーツ) - LINE NEWS  https://news.line.me/articles/oa-nikkansports/4596c5a7fa9a?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none  #linenews @news_line_meから 昨年から頑張ってくれてるけど、ふくらはぎとか脚まわりの故障に悩まされてるなあ😣



    今は、治療に専念して下さい。 🐯👍😊📣🙏🙏🙏 #マルテさん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「広島1-5阪神」(9日、マツダスタジアム)

     これぞ4番のバッティングやで!!阪神は大山悠輔内野手(25)が3年連続の2桁本塁打となる10号ソロを含む、3安打2打点の大暴れ。全安打が先制、勝ち越し、ダメ押しに直結し、チームを連敗阻止へ導いた。この日は構えた際に、頭上でバットのヘッドをクルクル回しながらタイミングを取る打法にアレンジ。14打席連続無安打の不振から、鮮やかに復活を遂げた。

     前夜までの嫌な流れを4番が断った。同一カード3連敗阻止へ、ムードを変えたのは大山のバットだ。決勝打を含む3安打2打点と主軸の役割を果たし、今季3度目の2試合連続本塁打-。試した新打法で復活の兆しを見せた背番号3がマツダの主役に君臨した。

     「勝ったことが一番。本当にチームの流れが良くなかったですけど、流れが変わるというか、そういう大事な仕事ができたと思う」

     打った瞬間、大山は確信した。1点リードの八回2死走者なしで迎えた第4打席。追加点がほしい場面で一岡が投じた初球、123キロスライダーを完璧に捉え、左翼席へたたきこんだ。3年連続2ケタ本塁打となるダメ押しの10号ソロ。今季広島戦では6発目と好相性を発揮する。

     構えた際、頭上でバットのヘッドをクルクルと回しながらタイミングを取るフォームをこの日初めて試した。これがピタリとハマり、二回の第1打席は遠藤から先制の起点となる左中間二塁打。同点の三回2死三塁の第2打席では、浮いたカーブを捉えた。前進してきた左翼・長野も、鋭い打球に捕球できず決勝の適時三塁打。3安打すべてが得点に結びつき、これぞ4番のバッティングだ。

     5日の巨人戦の第1打席から7日・広島戦まで14打席無安打と極度の打撃不振に陥った。8日の試合前に矢野監督や井上、新井両打撃コーチが指導。第1打席に大瀬良から9号ソロを放ち、この日は試行錯誤を続ける中でチョイスした新打法で好結果を残した。

     助言を送った矢野監督も安どの表情だ。「スイングの形も良くなっている。(新打法も)本人も何かこういう形というのは練習でやって試合で確認というかね。まだまだシーズンが続くんで(打撃の)波を小さくしてやってくれたら」

     ただ大山は視線を10日から始まるDeNA3連戦(横浜)に向ける。「出ている以上はタイガースの代表として出ている。3年連続(2桁)本塁打だろうが打てる所で打てないと意味がないんで、しっかり頑張ります」。輝きを取り戻しつつある大山のバットが、真夏の反攻に欠かせない。




    ベテラン糸井、福留がそろって不調続きの中、 四番大山、二・三・本塁打で猛打賞と打撃復活! 3タテ阻止してハマスタへ https://t.co/jn1svGEkQy



    大山復活ですな👏👏👏


    続きを読む