とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    内野手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ 新チームの救世主候補は…?

     2020年の年明けから早くも2週間が経過。1月もあっという間に折り返し地点を迎え、2月1日の“球春到来”がいよいよ近づいてきた。

    ☆高校球界のスターたちが再び聖地へ 12球団・ルーキー名鑑2020【阪神】

     新シーズンに向けて様々な準備を行ってきた各球団。なかでも大きな注目を集めるのが、“新加入選手”たちの動向だ。前年の反省、さらにはオフの動きを踏まえたうえで、足りない部分を埋める存在として期待を受けてやってくる男たち。期待に応えてチームの救世主となることができるのか、彼らの働きぶりがシーズンを左右すると言っても過言ではない。

     そこで今回は、“球春到来”を前に各球団の新加入選手をピックアップ。ここでは、矢野体制の1年目からクライマックスシリーズ進出を果たした阪神を取り上げる。


    ◆ 大砲と打点王で得点力アップを

     シーズン最終盤はまさに“負けたら終わり”の状況から破竹の6連勝。3連覇王者・広島をギリギリのところで交わし、3位に滑り込んだ阪神。矢野燿大新監督の下、明るく活気に満ちたチームに生まれ変わったものの、一度つまずくと立て直すのに時間がかかり、浮き沈みの激しい1年となった。

     昨年も課題となったのは得点力。長らく打線の迫力不足が泣き所として指摘されていたが、チーム打率.251はリーグ4位、本塁打94も5位で、総得点538はリーグワースト。貧打を解消すべく、このオフは2名の大砲候補を獲得した。

     目玉は昨季もメジャーで52試合に出場し、8本塁打を放っている左のジャスティン・ボーア。エンゼルスでは大谷翔平とチームメイトで、「日本の野球に関する情報を色々と教えてもらい、日本でプレーすることを真剣に考えていました」と、かねてから日本の野球に興味を示していたことも口にしており、待望の大砲候補として大きな期待がかかる。

     また、メジャーの実績では劣るものの、昨季は韓国リーグで打点王に輝いたジェリー・サンズも見逃せない。異国で結果を残してきたという経験は大きく、新天地・日本でも勝負強さを発揮することができるか。この2人が打線の軸としてハマれば、一気に長年の課題解決が近づいてくる。


     さらに、強みだった投手陣ではピアース・ジョンソンが退団することになったが、メジャーでリリーフをメインに戦ってきたジョン・エドワーズを補強。加えてソフトバンク時代にリリーフとして実績を残しているロベルト・スアレスも獲得するなど、ブルペン陣の補強もバッチリ。先発候補としてジョー・ガンケルも押さえ、どこかが欠ければすぐに白羽の矢が立つ体制を整えている。

     あとはこの手札をどのように生かすのか。残留する3名も含め、助っ人8名体制で挑む新シーズン。2年目を迎える矢野監督の手腕が問われる。





    大砲ボーアと打点王サンズは救世主になるか 12球団・“新加入”名鑑2020【阪神】(ベースボールキング)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00215088-baseballk-base  ボーアとサンズのどちらかがダメでもマルテがいるのは大きい。しかし共倒れだけは勘弁。 #hanshin



    大砲ボーアと打点王サンズは救世主になるか 12球団・“新加入”名鑑2020【阪神】(ベースボールキング) - Y!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00215088-baseballk-base  期待するのはまだ早いわ キャンプ・オープン戦が終わってからだな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神小幡竜平内野手は“風呂トレ”で初の1軍昇格を目指す。16日は鳴尾浜で自主トレを行った。

    「(寮には)湯舟とサウナがちゃんとあるので」と1日3回、風呂に入り、交代浴で日々の疲れを取っている。

    昨季は1年目で、毎日試合がある生活を「きつかったです」と振り返る。「風呂では『NARTO』を読んでいた。しっかり全部読みました」と全72巻の漫画を読みながら、疲労回復に努めている。

    年末年始は地元大分県で自主トレを行い、家族で別府市の温泉に入ってリフレッシュ。実家で「カニ鍋」を食べ、英気を養った。今季は糸原、北條、木浪ら二遊間争いが激化するが「常に競争意識はある。絶対チャンスはくると思うので、そこでしっかり思い切ったプレーができるように」。万全なコンディションで、スタメン奪取を狙う。




    新人選手に負けじと、先輩も頑張っています!自主トレをする近本選手はグラウンドでノックを受けていました。左は小幡選手、右は陽川選手です。 #阪神 #タイガース #近本光司 #小幡竜平 #陽川尚将 pic.twitter.com/s3pOa0qqXU


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ リーグ優勝の可能性「十分あると思う」

     元阪神の赤星憲広氏が16日、都内でインターネット銀行「じぶん銀行」が主催するトークイベント『じぶん銀行・臼井社長×赤星憲広 特別対談 “教えて!臼井社長”』に登場。熱烈な“虎党”だというじぶん銀行の臼井社長とともに、古巣・阪神にまつわるトークを展開した。

    ☆ウィークポイントは助っ人獲得でカバー 阪神・2019年内の「IN/OUT」まとめ


     いよいよ2月1日の“球春到来”が近づいてきたなか、ファンとして気になるのはやはり『優勝』の行方。臼井社長も熱心に耳を傾けるなか、赤星氏は「キャンプ前で判断材料が少ない」段階であることは踏まえつつも、昨季の戦いぶりと今オフの補強を見た上で、「リーグ1位の可能性が十分あると思う」と、15年ぶりのリーグ制覇に期待を込める。

     「阪神の投手陣はセ・リーグでダントツ1位だと思う」と語った赤星氏。一方で、「昨年は大山選手に負担がかかりすぎて、他の選手がバックアップできなかったというのもあると思うので、今年獲った助っ人外国人がひとりでもふたりでも活躍してくれれば、優勝する可能性が十分あると思う」と打線を課題に挙げ、新たに獲得したボーア、サンズら4番候補の新助っ人をリーグ制覇のキーマンに挙げた。


    ◆ 侍ジャパンの「4番」を引き合いに…

     また、得点力不足に苦しんだチームの中では、昨季4番に座った大山悠輔についても言及。「大山くんがブレークするためには、特にボーアが4番に君臨してくれれば負担が軽減できるんですよ」と、助っ人の活躍が与える相乗効果への期待も口にする。

     大山は全143試合に出場して打率.258(538-139)、14本塁打と76打点はともにチームトップという数字を残したが、ファンからは“4番”としての働きぶりに疑問を投げかける声も少なくなかった。

     それでも、赤星氏は「阪神ファンからは厳しい評価を受けているかもしれないけど、周りがあれだけ援護できないなかよく頑張ったと思う」と昨年の奮闘ぶりを評価。

     つづけて、「4番が育つかどうかは前後にいい打者がいるかどうかが大きいと思う。カープの鈴木誠也選手がすごい打者になりましたけど、あれは前に“タナキクマル”がいたり、後ろに僕の同級生の新井くんがいたからこそ、鈴木誠也という選手が成長できたと思う」と熱弁。日本代表の4番も務める侍戦士を引き合いに出し、周囲のサポートが大砲育成のカギを握るとコメント。

     「今年はやってくれると思う。彼の負担が減ればもっと成長することができる」。

     阪神優勝のカギを握る新助っ人とともに、期待を背負う若き主砲へエールを送った。

    BASEBALL KING




    📰阪神🐯 OB赤星氏からタイガースファンへ 「大山くんはよくやってる」 👉  https://baseballking.jp/ns/215018  ✅ 侍ジャパンでも“4番”に座った広島・鈴木誠也を引き合いに出し、大砲育成のカギを語りました。 #tigers pic.twitter.com/zb7sUoNT7k



    よくやったと思うよ。 文句言う人は、3割30本打っても、チャンスにたった一度の凡打も許せない性格の人。 阪神OB・赤星氏からタイガースファンへ「大山くんはよくやってる」(ベースボールキング)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00215018-baseballk-base 



    赤星さん「大山くんはよくやってる」 (これは後世に語り継ぎたい名言🤔)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    DraKqfYV4AI6gjA



     阪神がおにぎり好きの新4番候補・ジャスティン・ボーア内野手(31)に食事面でも万全のサポート体制を敷くことが14日、分かった。球団関係者は「おにぎりが好物な情報は把握しています。2月から本人の要望に応える味を検討したい」と、沖縄・宜野座キャンプから新助っ人の具材リクエストにOKサインを出した。

     イチローと神戸市内で合同自主トレを行ったこともあるボーアは入団が発表された12月14日に「来日したらすぐにコンビニに立ち寄って、ツナや照り焼きチキン入りのおにぎりを買っていると思います」と親日家の一面をのぞかせた。選手が練習の合間や試合前に口にするケータリングでは、おにぎりは定番だが、好みの種類が増えれば何よりの“兵糧米”となる。

     すでに球団は駐米スカウトのシーツ氏、ウィリアムス氏を助っ人とチームのパイプ役としてキャンプ中に帯同させる方針を固めている。谷本球団本部長も「習慣とか、いろんな戸惑う部分があるでしょうから」と説明するように、日本文化に溶け込むことが成功への秘けつとなることは間違いない。ボーアだけでなく、球団史上最多の開幕助っ人8人体制で臨む今季は「おもてなし」がカギを握りそうだ。(表 洋介)




    ボーア、知ってるか!?阪神歴代外国人はラーメンが大好きでないとダメなんだぞ!!🍜(笑) #阪神タイガース #ラーメン大好きメッセンジャー🍜 pic.twitter.com/4Fnv9yV1pj



    【阪神】新4番候補ボーアに食事面でも万全サポート 好物はおにぎり  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-01140213-sph-base  #Yahooニュースアプリ 野性爆弾くっきーにしか見えないw


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・陽川尚将内野手(28)が14日、今月11日に打ち上げた和歌山県上富田町での自主トレ期間中に食用で捕獲された野生の鳥獣を調理した「ジビエ料理」の中でも貴重な「鹿肉」を食したことを明かした。

     「鹿肉は昨年食べられなかった。2年越しに食べられたのは何かの巡り合わせだと思うので、いいようにとらえたいですね。やっぱりおいしかった」

     和歌山自主トレにおける、毎年恒例の「ジビエ」でひと際輝きを放ったのが、赤身が鮮やかな鹿肉だった。高たんぱく、低カロリー、鉄分やミネラルも豊富で食材としても申し分ない上、陽川にとっては“吉兆メニュー”と言えた。18年1月に初めて振る舞われると、シーズンでは75試合出場で48打点をマークするなどキャリアハイの一年を過ごした。

     鹿肉は鮮度が落ちやすく、猟銃で捕獲したものは傷がつき傷みが極めて早い。そんな事情もあり昨年1月はタイミングが合わず、お目にかかれなかった。偶然とはいえ、結果的に打率・109と大不振にあえぎ2軍暮らしが続く苦しいシーズンとなった。

     今年は18年の流れを知る関係者が「何とか食べさせたい」と傷が付きにくい猟犬による捕獲で鹿肉を調達。6日にイノシシ肉を使った「ぼたん鍋」とともに「鹿肉しゃぶしゃぶ」を堪能した。

     「験担ぎじゃないですけど、鹿肉を食べて、いい方向に今年は向いていけばいい。一昨年以上の成績は出したいと思っている」

     一塁、三塁、外野と守れるポジション全てに助っ人がおり、レギュラー奪取への道のりは険しい。2年ぶりの鹿肉も追い風に意地を見せる一年にしたい。(遠藤 礼)




    鹿パワーでホームラン量産!? 阪神・陽川 打つシカない!レギュラー奪取へ吉兆メニュー「ジビエ」食い― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/15/kiji/20200115s00001173048000c.html 



    阪神・陽川 打つシカない!レギュラー奪取へ吉兆メニュー「ジビエ」食い― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/15/kiji/20200115s00001173048000c.html  打つシカない! 陽川君は追い込まれてしまっている立場。だが道は必ず開けるはずだ!😐🐯輝け!甲子園のゴジラよ!


    続きを読む

    このページのトップヘ