とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    鳥谷 敬

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)15:32:58 ID:mc4
    no title

    引用元: ・鳥谷イケメン

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/02/27(月) 08:31:22.63 ID:cNJHq+bQ0
    今季初の対外試合出場予定だった阪神鳥谷を遊撃、前日25日の日本ハム戦で2本塁打の北條を指名打者で起用する予定だった26日の中日戦は、雨天中止。
    鳥谷は早ければ3月3日、侍の強化試合で仕切り直す。室内練習場でフリー打撃を行うなど、精力的に汗を流した鳥谷は、雨天中止にも「残念じゃないですよ。
    試合にたくさん出ているので、ウズウズしていない」と笑みを浮かべて話した。
    ss

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-01784746-nksports-base

    引用元: ・【悲報】阪神鳥谷3・3侍戦で遊撃アピール 北條はDH起用

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 20:30:56.53 ID:bjD/2OZD0
    鳥谷、ついに本気になる

    no title

    <プロ野球>「走力」を新たな武器に 阪神・鳥谷
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000076-mai-base

    引用元: ・https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1486207856/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/25(水)09:07:12 ID:JBk
    阪神・鳥谷敬内野手(35)が24日、引退覚悟で今季に挑む覚悟を明かした。
    甲子園室内で自主トレ。5年契約の3年目だが「「ここでしっかり踏ん張れるかが
    野球人生のポイントになる。駄目なら辞めるしかない。(復活)できればまだ何年も
    できる」と、悲壮な決意を明かした。



    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6228184
    no title

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1485302832/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/30(金)08:46:54 ID:ASe
    昨季まで阪神に在籍したマット・マートン外野手(35)=カブスからFA=が29日、サンケイスポーツの取材に応じ、今季大不振に陥った鳥谷敬内野手(35)の来季復活へ檄を飛ばした。
    人一倍の練習量や我慢強さに感銘を受けたことを明かし、12年ぶりのリーグ優勝へ、キープレーヤーになることを力説した。

    海の向こうから、熱いエールを送った。今季の悔しさを必ずやバネにしてくれる。鳥谷に届けとばかりに、マートンが言葉を紡いだ。

    「トリタニさんはすばらしい野球選手で一生懸命練習をする。彼は自分が模範となることでチームメートを率いるタイプだ。私は彼(鳥谷)が、みんなが期待するような選手として復活すると予想する。誰よりも一生懸命練習しているからだ」

    阪神に移籍した2010年からの6年間。左翼手と遊撃手、クリーンアップを組んだが、それだけの間柄ではなかった。
    M砲がストライク判定にイライラを募らせた際、すぐに近寄ってきてくれたのが鳥谷だった。左翼の定位置近くまで背走する献身的な守備に、確かな打撃。ナインを背中で引っ張る姿は、これまでのメジャーリーガーになかった日本人の魂だった。
    気がつけば子供たちは鳥谷のレプリカユニホームを着るようになっていた。


    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000503-sanspo-base

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1483055214/

    続きを読む

    このページのトップヘ