とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    鳥谷 敬

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    もしオレが監督だったら、今年、鳥谷をスタメンで使っていたと思う。もちろん、ショートで。単純に力があるヤツを使うという観点でいっても、鳥谷より総合力の高いショートって誰がおるの? この2、3年、鳥谷を押しのけるだけの力を持った選手は出てきてないでしょ? 若手も「鳥谷を越えていない」と感じているはずよ。

     開幕からスタメンで使っていたら、2割8分ぐらいは打ったと思うよ。さっきも言ったけど、鳥谷はじっくり見ながら勝負するタイプだし、代打には向いてない。4打席のなかで勝負するタイプで、四球を選べるから打数も少なくなる。トータル的に判断しても、ベンチに置いておく理由がない。

     世代交代は、追われる側のベテランがはっきり負けたと思えたらスムーズにいくんよ。鳥谷に代わってショートを守った選手が、不動のレギュラーになったのなら、納得できた部分はあったと思う。でも、選手というのは毎日一緒に練習しているから、「まだあいつには負けていない」とか、そういうのはわかるもんなんよ。だから、現役を続けたくなる気持ちは理解できる。

     ただ、引退勧告からの退団という流れになってしまったのは残念。いまさらどうしようもないけど、もっと違うやり方があったんちゃうかと思ってしまうよね。昔から阪神の歴史を知っている人は、「またか」と思っているかもしれんけど......(笑)。

     いずれにしても、鳥谷を欲しいという球団はあると思うよ。野球と向き合う姿勢がすばらしいし、ゲーム以外の影響力も大きい。今でも、誰よりも早くグラウンドに来るし、とにかくストイック。チームにとって絶対プラスになる無形の財産を持ってる。

     どこに行こうが、自分が納得するまでやり続けてほしい。そして、まだまだできるというところをファンに見せてほしい。オレはまだやれると思ってる。絶対やれるよ。

    ▼記事の全文はこちら




    岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base  岡田さんの話を聞くと改めてすごい監督だったなって思えるね。これだけ鳥谷のことわかってる人ってなかなかいないでしょ。



    岡田に全くもって同意。 今の阪神に鳥谷を超えてるショートストップはいない。だから普通に今年も鳥谷スタメンだった。 打撃なんぞ二の次だし、打撃でも鳥谷を超えてる若手はいない。 岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base 



    鳥さんは改めてすごいなと思いました。ありがとう。阪神に来てくれて。新天地で活躍期待します。ずっと応援します。 岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base 



    岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ) どんでん、ありがとう😢 ほとんど講演会で聴いた話やけど…(笑) まだまだ隠しネタ持ってそうやけど…🐶クンカクンカ 「実力主義」これからもブレずにずっと支え続けてくださいねえ  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base&p=3 



    岡田さんの意見に激しく同意 岡田彰布から鳥谷敬へエール。 「チームを強くする無形の財産がある」(webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00874240-sportiva-base&p=1 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神が、退団が決まっている鳥谷敬内野手(38)が付けてきた背番号1を当面は空き番号とする方針であることが14日、分かった。プロ野球歴代2位の1939試合連続出場、球団史上最多安打記録などの輝かしい実績とチームへの多大な貢献に敬意を表し、ふさわしい選手が現れるまでは“準永久欠番”扱いとする方向だ。

     近年、聖地・甲子園球場のショートストップには、常に「内野の華」が咲いていた。いつもそこには「1」がいた。その軽快かつ華麗なプレーに、どれだけのファンが酔いしれたことだろうか。16年間の長きにわたって、阪神の背番号1と言えば、「球団の顔」と言えば、鳥谷だった。

     その鳥谷が13日の終戦をもって、タテジマのユニホームに別れを告げた。来季からは「1」を背負う選手がいなくなる。それなら違う選手が背負えばいい……とはいかない。では誰が背負えるというのか。今はあまりにも鳥谷のイメージが強い。受け継ぐ選手には相応の「実力」と「格」が必要となり、背番号が人を選んでしまう。そこで、球団幹部が方針を示した。

     「背番号1にふさわしい選手が出てくるまでは、空き番号になると思います」

     プロ野球史上2位の1939試合連続出場を筆頭に、同4位の667試合連続フルイニング出場、同15人目の1000四球到達、球団史上最多2085安打など、その実績を数え上げれば、キリがない。それらの数字を、心身の負担が大きい遊撃手というポジションで打ち立てた。まさに阪神では球団史上最高の遊撃手と言える。その鳥谷が背負い続けた「1」は、やすやすと次の選手に引き継げるものではない。だから球団は暫定的に空き番号とする方針を固め、“準永久欠番”とも言える扱いで、後継者の出現を待つ構えだ。

     阪神では過去、藤村富美男の「10」、村山実の「11」、吉田義男の「23」が永久欠番とされている。いずれも生え抜きスターたちの番号だ。加えて金本知憲前監督が現役、監督時代を通じて背負った「6」も現在は“準永久欠番”の扱いで空き番号とされている。長らく「球団の顔」を担った鳥谷の「1」も当面、「6」と同等の扱いとなる見込みだ。

     たとえ来季から他球団でプレーすることになっても、「阪神・鳥谷」の実績に対する敬意と、背番号1の重みに変わりはない。新たなスターが現れるその日まで、「1」は、しばしの眠りにつく。

     ▽阪神の背番号「1」 球団初年度の1936年からの番号で、伊賀上の2度(良平→潤伍に改名)を含む延べ20人が使用。ポジションの内訳は投手5、内野手10、外野手3、監督とコーチが各1。最長は鳥谷の16年間。ちなみに初代の伊賀上は名前の「いろは順」で決まり、コーチで復帰した際にも使用した。




    スター選手。オーラのある。 そんな選手が出てきてほしい。 背番号1は あなたしかいません。 鳥谷級スター現れるまで…阪神、背番「1」準永久欠番に 16年間「球団の顔」に敬意― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/15/kiji/20191015s00001173098000c.html 



    鳥谷級スター現れるまで…阪神、背番「1」準永久欠番に 16年間「球団の顔」に敬意(スポニチアネックス.. -  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000078-spnannex-base  そこまでの選手なのに戦力外にしちゃうの?



    鳥谷級スター現れるまで…阪神、背番「1」準永久欠番に  16年間「球団の顔」に敬意(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000078-spnannex-base  敬意の払い方が違う気がします。



    戦力外にした人の番号を準永久欠番とは  https://twitter.com/ht__no1/status/1183846933200134149 



    背番号1は準永久欠番か! 鳥谷が何かしら阪神に帰ってくることがあれば鳥谷が付けるやろうね。 現役選手で付けるなら俺的には北條がいいかな!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    ロッテ井口資仁監督(44)が14日、阪神を退団する鳥谷の獲得について、ドラフト会議後に話し合う可能性を示唆した。ZOZOマリン室内で秋季練習を行った後「ドラフトの状況も含めてこれから。その話はまだしてないので。これからそういう(鳥谷の)話も出てくると思う」と説明した。

    ドラフトでの補強ポイントは投手。野手は活きのいい若手の台頭を心待ちにするが「若手だけじゃ勝てないですし、ここという時にベテランが打ってくれないと勝てない」とも話しており、鳥谷獲得もプランの1つとみられる。

    一方、国内FA権を取得した鈴木、荻野、益田については「当然残ってやってほしいのはある。宣言してから残れるような状態をつくっておきたい」と、宣言残留OKの姿勢を示した。






    井口監督が口説いたら鳥谷さんイチコロ



    ロッテ鳥谷はとりあえずドラフト後ということね



    井口はもう頭の中ではロッテ鳥谷をイメージしてるよね。でなきゃこんなこと言えないよ。ロッテ鳥谷が一番自然な流れだと思うし、そうなってほしい。セはちょっと嫌だわ。 特に横浜笑  https://twitter.com/ht__no1/status/1183682696548978692 



    ロッテ 鳥谷ってま?



    もし鳥谷”タカシ”さんがロッテに入団したら ”タカシ”が2人になるぢゃん ヤバイ興奮してきたゎ………/// pic.twitter.com/CvU4lQv4Vi


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 11:15:00.31 ID:eU7fh6e99
    女優の本田望結(15歳)が10月13日、自身のInstagramで、13日の試合が最後の阪神タイガースのユニフォーム姿となった鳥谷敬内野手(38歳)との
    ツーショットを披露している。

    本田はこの日、「スポーツが好き、野球が好き、鳥谷さんが好き。これからも1野球ファンとして、応援してます!!」とのコメントと共に、鳥谷選手との
    ツーショットを投稿。この写真は、本田がアシスタントを務めているスポーツ番組「コヤぶるッ!SPORTS」(関西テレビ)の2017年大みそかスペシャルの企画で、
    小籔千豊、シャンプーハットこいでと共に鳥谷選手と対談したときに撮られた一枚だ。

    本田家は家族全員が阪神ファンで、望結は中でも鳥谷選手の「大ファン」と公言している。

    2003年のドラフト自由枠で阪神に入団した鳥谷選手は、1年目から活躍。球団歴代1位の通算2085安打を放つなど、人気・実績ともに“レジェンド”となったが、
    今シーズン終盤に球団から引退勧告を受け、これを拒否。阪神を退団して他球団での現役続行を明言しているため、13日の試合が阪神での最後のプレーとなった。

    ナリナリドットコム
    https://www.narinari.com/smart/news/2019/10/56703/all#more
    no title

    12: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 11:18:42.14 ID:OS4ThhFp0
    >>1
    なんか鳥谷が香取とキムタク混ぜたような感じになってる
    いや、決して誉めてるわけではなく

    14: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 11:19:12.57 ID:iTyRLK230
    >>1
    ちょっとくいだおれ太郎っぽい

    35: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 11:24:53.06 ID:MJLV19dT0
    >>1
    鳥谷さん、なんかお笑い芸人みたいw

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 11:15:51.18 ID:oZruskrY0
    もっと鳥谷っぽい写真あったろ

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 11:18:40.66 ID:hY/kIVkT0
    何で野球選手ってファッションが独特なの?
    鳥谷でもかなりまともな方だよな

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571019300/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 05:20:42.55 ID:NVkmIqTE0
    横浜DeNA鳥谷爆誕!!
    no title

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 05:23:19.15 ID:fv5Wa1ixa
    ロッテがんばれ

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 05:23:46.53 ID:0xMA6ynA0
    パ・リーグ行けや

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/14(月) 05:25:34.89 ID:NVkmIqTE0
    西武も調査しとるみたいやで

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1570998042/

    続きを読む

    このページのトップヘ