とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    テレビ・雑誌・新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    7月30日、今シーズン2度目の先発マウンドに上がった阪神の藤浪晋太郎。

     この登板に、特別な思いを持って見ていたのが、山本昌さん。去年1勝もできず、逆境から這い上がろうとする藤浪をキャンプ中、臨時コーチとして近くで見てきました。

    山本昌さん:
    「(今季初の1軍戦では)2軍戦に比べると、ちょっとコントロールが乱れていました。当然1軍なのでいいバッターがいて意識すると思うんですけど、そのへんが課題ですね。1軍でやるということは“勝つピッチング”をしないといけないので、それはもう自分の中でやっていかないといけないと思います」

     復活へのきっかけは、藤浪自身が掴み取るしかない…昌さんはそう感じていたのです。

     ヤクルトを相手に、2年ぶりの勝利を目指した藤浪のピッチング。先頭バッターに対し、藤浪は4球すべてストレートを投げこみます。

     序盤2回までは、36球のうち、何と33球がストレート。

    山本昌さん:
    「真っすぐでストライクが入れば余裕を持って投げられますので、捕手の梅野がストレートの感覚を藤浪につかんでほしいと考えているのかもしれません」

     藤浪の課題の一つ、フォアボールを減らすためには、ストレートの間隔を序盤につかむこと。梅野の願いのこもったリードは与四球わずか1という数字にも現れました。

     慎重197cmと恵まれた身体から繰り出される魅力的なストレート。
    かつては、160キロを誇る、豪速球でした。

    山本昌さん:
    「本人はまだ6割くらいじゃないですか?ストレートの質は全盛期と比べると良くないんですよ。質という意味でまだ6割ですね」

     1点は失ったものの、序盤でコントロールを乱さなかった藤浪。
    3回からは変化球も交え、復活に向け素晴らしいピッチングを見せます。

     1点リードを許し、迎えた6回、藤浪にとって正念場がやってきます。先頭バッターに甘く入った変化球をとらえられ、ノーアウト2塁のピンチ。

     今季初の1軍登板となった広島戦でも、力みが出始めたのは同じ6回。変化球のコントロールが定まらなくなったところ、ストレートを狙い打たれて痛恨の逆転満塁ホームランを浴びました。ピンチで力みが出た藤浪に課題があったと、昌さんは見ていました。

    山本昌さん:
    「当然1軍なので全力で投げるんですけど、(結果を出していた)2軍の時は9割とか8割5分の力で投げていたんです。力を抜いて投げて欲しいですね」

     力の抜けた藤浪を見てみたい。しかし、30日、その昌さんの予想とは違い、マウンドには闘志むき出しで投げ込む藤浪の姿がありました。

     コントロールを制御しようとしていた藤浪から、荒々しい藤浪へ…。6回2アウト、ランナー三塁。変化球の投げミスが、すぐに失点につながる場面でも、しっかりと前を向きバッターに向かっていきます。

    山本昌さん:
    「躍動感がホント出てきた、この回。全然違いますよ!」

     暴投を恐れず、躍動感を持って投げ込む藤浪がそこにはいました。結果は見事、変化球で空振り三振。この日一番のガッツポーズを見せます。

     今季2度目の先発登板は、7回を投げ4失点ながら、自責点は1。今後に期待を持たせるピッチングを披露しました。

    山本昌さん:
    「まだまだ上があるんです。藤浪には。かなり上がある。このピッチングが出来たということは、次も先発のチャンスをもらえるはずなので、今回は勝てなかったですけど、こういうピッチングをしていれば必ず野球というのは勝ちがつきます。良く投げました。負けたのは仕方ない!」


    (関西テレビ8月1日(土)午後5時から放送『こやぶるSPORTS』より)




    2020/8/1 ストレート系平均球速(min 30Pitches) 藤浪晋太郎、どう考えても球界の至宝なんだよな pic.twitter.com/kbFFEUksHD



    @bluetiger_bb しかも球速はたぶん抑え気味でこれ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    現在5試合に登板し、チームトップの4勝を挙げるのが、阪神タイガース・青柳晃洋投手。

     去年は、25試合で9勝だった右腕が、なぜここまでハイペースに勝ち星を重ねることができるのか…。今年球界屈指のサイドスローへと劇的な変貌を遂げたプロ5年目の秘密に迫ります。

     大学を卒業しドラフト5位で入団した青柳投手。代名詞はサイドスローですが、憧れの選手は少し違うようで…。

    青柳投手:
    「西武の松坂さんみたいに上からすごいボールを投げたいなって気持ちはありました。でも、上投げだったらプロにはなれなかったなっていうのもあったので、それはよかったと思いますね」

     小学校6年生の時から、憧れの投球フォームを諦め、サイドスローに専念したからこそ入れたプロの世界。去年先発ローテーションに定着し9勝を挙げるも、ある明確な改善点が浮き彫りに。

     左右打者別の対戦成績を見ると、右バッターを1割台に抑えてるのに対し、左バッターには3割以上と打たれていたのです。

    青柳投手:
    「左打者をどう抑えるかってところで、もちろん僕に対して左バッターが多くなるのも分かってますし、どう抑えたらいいかっていうのをずっと考えていました」

     そんな青柳選手の転機となったのが、昨シーズン終了後の秋季キャンプ。ある思い切った行動に出ます。

    青柳投手(秋季キャンプのブルペンで山本昌さんに対し):
    「高津さんのシンカーの投げ方を昌さんが知ってるって聞いて。教えてもらえますか?」

    山本昌さん:
    「知ってる知ってる。うん、いいよ」

     臨時投手コーチで来ていた山本昌さんに自ら頼み込み、教えてもらったのが、現ヤクルト監督・高津投手のシンカー。

     日米通算313セーブを挙げた球界のレジェンド。左バッターの外側に逃げながら落ちるシンカーを青柳投手は自分の武器にしようと、この日から新球シンカー習得に励んできました。

     そして、迎えた今シーズン。このボールが、最も生きたシーンがありました。昨季の対戦打率が4割と苦手にしていたDeNAの4番・佐野選手に対し、第一打席で新球シンカーを繰り出して見事空振り三振!

     そして、続く第二打席は、スライダーで2打席連続三振。一打席目で外に落ちるシンカーを意識させ、今度は外から入ってくるスライダー。佐野選手、全く手が出せません。

     データで見ても、左打者の被打率が昨季の3割3分2厘から今季1割8分と、明らかに変化。シンカーを覚えたことで、苦手としていた左打者を完全に克服したのです。

    青柳投手:
    「投球の幅も、もちろん広がりましたし、結構空振りがとれたり、打者のタイミングを外せたり、左打者に対してすごい武器になっているので、本当に覚えてよかったボールです」

     今年目標に掲げる13勝へ…。覚醒した新エースのピッチングに、今後も期待が高まります。


    (関西テレビ8月1日(土)午後5時から放送『こやぶるSPORTS』より)




    青柳って 覚醒したなー。 いい投手に、なってってる





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    今季2度目先発の藤浪は7回115球10三振と力投したが、味方の援護がなく、逆に守備の乱れで足を引っ張られた。阪神は連敗

    ■藤浪が全力疾走
    (0-1とリードされた阪神は3回、一死から8番植田が死球で出塁し、9番藤浪が送りバントを決めた)
     
    広澤氏「藤浪、1塁まで全力疾走したんです。最後まで走ったところに、今シーズンに懸ける、この試合に懸ける心意気を感じましたね」
     
    (続く陽川が凡退し得点ならず。藤浪は6回にもライトフライで1塁へ全力疾走した)
     
    ■ミスをカバーするスポーツ
    (4回、藤浪はヤクルト先頭の山崎を0ボール2ストライクと追い込みながら、3球目のストレートを打たれてヒットに)
     
    広澤氏 「もったいないですね。その前のフォークがあんなに落ちたのに…もったいない」
     
    (しかし次打者の初球、2塁に走った山崎をキャッチャー梅野が刺した)
     
    橋本アナ「梅野が藤浪を助けます!」
     
    広澤氏「これで、3球目のもったいないストレートが帳消しになりましたね」
     
    橋本アナ「助け合いと言いますか…」
     
    広澤氏「野球ってミスの多いスポーツなんですけど、”ミスしてはいけない“ではなくて、誰かがチームメイトのミスをカバーする、そういうスポーツだと僕は最近よく思うんです」

    ■藤浪、必死の形相
    (ヤクルトは7回、ショート北條のエラーと内野安打で二死1塁3塁。続く1番坂口は藤浪への強いゴロ。藤浪が弾き1塁へ悪送球する間に3塁ランナーが生還し2点目)
     
    広澤氏「藤浪を責められないですね」
     
    (リプレイ映像では、藤浪が体勢を崩しながら必死の形相で1塁に投げる姿が映し出された)
     
    橋本アナ「どうにかしたかった…」
     
    広澤氏「気持ちが表れてますよね」
     
    (藤浪は続く上田をフライに打ち取ったが…)
     
    橋本アナ「センター近本かショート北條か、どちらだ、あー、ボールが落ちている!」
     
    (近本と北條が激突し落球の間に2者が生還しヤクルト2点追加。記録は北條のエラー)
     
    広澤氏「近本のスタートが遅い。北條はセンター(近本)が来てないので自分で取りに行ってぶつかった。ぶつかっても落としちゃいかん」
     
    ・・・・・・・・・・・・・・
    試合が終わって広澤氏は「藤浪は言うことないんじゃないですかね。内容は素晴らしかった。今後の彼の活躍を期待したい」と讃えた。
     
    次回のサンテレビボックス席は8月1日の阪神-DeNA戦を甲子園から生中継する。
    (浮田信明)




    今日の藤浪はよかったですよ。こういう野球をしてれば近いうちに勝ちはつくでしょ(野球って書いたのは送りバントでも全力で走ってたのを広澤が誉めてたから)



    下柳みたいに藤浪もキレてええんやで・・ ほとんどワンサイドやったけどモヤモヤする負けやわ。 広澤はあれば難しいと言ってたけどあの内野安打も北條が取らないとあかんやろ。 #阪神 #藤浪


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/22(水) 07:29:46.57 ID:CAP_USER9
    7月19日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)では、プロ野球のセ・リーグについて出演者が持論を展開。しかし司会の関口宏が阪神ファンを敵に回すような発言をしてしまい、批判の声が上がっていた。

    19日時点のセ・リーグは、読売ジャイアンツが首位を独走。絶好調の巨人を、東京ヤクルトスワローズと阪神タイガースが追いかける構図だった。これを見た張本勲は、「やっぱり巨人ですね」「これで不調な丸とか坂本が良くなったら、巨人がぶっちぎりのトップで行く」と熱弁。今シーズンの巨人を高く評価していた。

    一方で元阪神の川藤幸三は、「ジャイアンツの勢いを止めてくれるのはタイガースしかない」とコメント。番組内でも熱い戦い繰り広げられていたが、川藤の持論を聞いた関口は「またまたまた~」と苦笑していた。そんな関口の態度が、阪神ファンを怒らせてしまった様子。というのも今後阪神が巨人を猛追する展開になるのは、十分考えられるからである。

    関口宏に阪神ファンから怒りの声が…

    「確かに今シーズンが始まった当初の阪神はかなり負けこんでおり、最大で8の借金を抱えていました。しかし19日の中日戦で阪神は今季2度目の4連勝を達成し、見事に借金を完済。数字で見ても阪神に波が来ているのは明らかです。しかし番組内での関口は、〝阪神が巨人に食らいつくのは無理〟とでも言いたげな表情。ファンは不調な時でも阪神を信じて応援してきたので、怒るのは当たり前だと思います」(スポーツ誌記者)

    実際にSNSなどでは、

    《ちゃんと成績を見てたら、そんな反応は出来ないと思うけど》
    《阪神は今めっちゃ強いのに、なんで「やれやれ」みたいな反応なの?》
    《ろくに試合も見てない人に阪神を貶められるのは不快》
    《日に日に嫌なお年寄りになってる。失礼な態度しか取れないのか!》
    《阪神を舐めるな! こんなおっさん見返してやれ!》

    などの声が。良くも悪くもチームへの愛が深すぎることで知られている阪神ファンだが、いつもより一層荒れていたようだ。

    阪神には是非とも今の勢いを維持して、巨人を猛追してもらいたい。

    2020.07.21 11:01 まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/126002

    9: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/22(水) 07:35:47.33 ID:8B/WlD2/0
    サンモニもハリーが実はまともだと分かったら関口に注目が集まるようになったな

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1595370586/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神2-1DeNA(7月12日/阪神甲子園球場)
    サンテレビボックス席 実況:木内亮アナウンサー (左) 解説:福本豊氏(右)

    大山がタイムリー2本。岩貞が8回無失点の好投を見せ、“新守護神“スアレスで逃げ切った。

    ■岩貞、今季に懸ける思い
    (立ち上がりから好調な岩貞。今季はピッチングフォームを変えた)

    木内アナ「上げた足を1回、スッと降ろしてから投げるという…」

    福本氏「岩貞のタイミング、リズムですよね」

    ベンチリポート湯浅明彦アナ「岩貞は、秋につかんだいい感覚を忘れないために、ピッチングの量が今までのオフの中で一番多かったそうなんですね。去年はわずか2勝でしたから今シーズンに懸ける思いは強いですね」

    ■見逃し方がいい
    (0-0で迎えた6回。2死2塁で4番大山が登場する)

    福本氏「来ましたね。一番いいところ。下手に歩かせても後ろ(ボーア)いますからね。勝負するでしょう」

    (大山はレフト前にタイムリーヒットを放ち阪神が1点先制)

    福本氏「インコースのシュートしてくるようなボールですけど、上手く打ちました。やっぱり調子のええバッターですね」

    (8回、2死2塁で再び大山が打席に。1ボール2ストライクから外角の際どい球を見送り、判定はボール)

    福本氏「大丈夫です。打てるような雰囲気です。見逃し方もいい」

    木内アナ「いやぁ、福本さんの話、聞いてますと、本当にこの打席、期待持てそうですね」

    (次の球を大山はライトに運び阪神が1点追加)

    木内アナ「福本さんがホラねと」

    福本氏「そういうタイミングになってる。いい感じやわね」

    ■雨は味方にも敵にもなる
    前週から阪神の試合は雨に見舞われ続けた。7/3の広島戦が雨で中止。7/6の代替試合も雨中止。更に7/7、7/8と甲子園での巨人戦が連続中止となった。
    観客が入った7/10は降雨コールド。前日7/11は雨で試合開始が遅れた。

    福本氏「負けてる時は雨、嬉しいんですよ。流れも変わりますからね」

    木内アナ「タイガースの潮目が変わったのが7/3の試合中止から…」

    福本氏「あれはね、本当に助かりました」

    (しかし福本氏は「雨は味方になってくれる時と、敵になる時がある」と続けた。来週の週間予報は傘マークが見られる)

    福本氏「このまま調子に乗って行きたいんですけど、敵がいます。雨。乗りかけたときの雨は辛いね」

    サンテレビボックス席、次回は7/15(水)リレー中継。そのあと7/17(金)からの阪神×中日3連戦を全て中継する。
    (浮田信明)




    よくみておくれ、サンテレビの解説者世界の盗塁王福本豊氏のネクタイの柄がスヌーピー!きゃー!^o^ 岩貞祐太万歳!大山悠輔万歳!勝利に万歳🙌 #阪神タイガース pic.twitter.com/SYy5tQew9N



    阪神-De戦の解説の福本豊さん 大山の三盗について、宮崎(サード)が知らん顔してるからセーフでしょ クソワロタ


    続きを読む