とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西岡剛

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    野村氏からは「失敗は経験になり経験は自分自身の強さになる」
     元阪神、ロッテの西岡剛内野手が14日、自身のインスタグラムを更新。11日に急逝した野村克也氏に「感謝この一言に尽きます」と追悼のコメントを綴り2ショット写真を公開した。

     西岡は自身のインスタで「感謝この一言に尽きます」とコメントを添え、ロッテ時代の西岡が楽天・野村監督に髪を掴まれる様子、ベンチで談笑する2ショット写真を公開。幼い頃にヤクルトファンだった西岡は野村氏から「試合で会うたびに髪の毛を切れ! と声をかけて頂きました!」と当時を振り返った。

     野村氏からは「失敗は経験になり経験は自分自身の強さになる! 人生若い間に数多くの経験をしなさい! どうせ人間皆歳をとり経験したくても経験できなくなるんだから!」と言葉をかけてもらったようで「ほんといろんな言葉を頂き勉強させてもらいました。ありがとうございました! 心よりご冥福をお祈り致します」と名将との別れを惜しんでいた。

     西岡は野村氏、沙知代夫人とも度々、食事をする仲で野球の話題が尽きなかった。阪神時代には当時、悩んでいた梅野を「ノムさんと一回会ったらどう?」と誘い、野村氏と会食する機会を作ったという。名捕手、名将からの言葉に梅野は何度もうなずきペンを走らせた。数々の思い出を胸に西岡は今後も現役選手として挑戦を続けていく。

    Full-Count編集部



    View this post on Instagram

    感謝この一言に尽きます。 僕は小さい頃ヤクルトファンだったと何かの取材で答えて、その記事を見て頂き、試合で会うたびに髪の毛を切れ!と声をかけて頂きました! プライベートで何度も誘って頂き人生論、生き様! 『失敗は経験になり経験は自分自身の強さになる! 人生若い間に数多くの経験をしなさい! どうせ人間皆歳をとり経験したくても経験できなくなるんだから!』 ほんといろんな言葉を頂き勉強させてもらいました。 ありがとうございました! 心よりご冥福をお祈り致します。 #野村克也 様 #野村監督 #ノムさん #西岡剛

    A post shared by Tsuyoshi Nishioka1 (@tsuyoshinishioka_official) on




    元阪神・西岡、急逝した野村氏を追悼 2S公開で思い出綴る「感謝この一言に尽きます」 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト― > 幼い頃にヤクルトファンだった西岡は 知らなかった  https://full-count.jp/2020/02/14/post689514/ 



    元ロッテ、阪神の西岡選手のインスタより。 ノムさん本当深い言葉だなぁ…。音楽界もコンクール年齢制限あるのが多い。挑戦せずに終わることなくできる時に色んなものに挑戦していきたい。そして経験していきたい。 pic.twitter.com/LSne1MXm9V


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/09(日) 12:03:27.56 ID:/9Nj3c8p9
    史上初となる2度目の春夏連覇を果たした最強軍団の常勝の魂は果たしてどのように受け継がれてきたのか。
    黎明期を支えた西岡剛、全国にその名を轟かせた中田翔、王者の宿命を背負った根尾昂が大阪桐蔭での日々を追想する。
    Number983号(2019年7月25日発売)の特集を全文掲載します! 

    西岡剛はもうスポーツカーに乗っていない。ネオンの光からもしばらく遠ざかっている。その代わり、8時間の睡眠、目覚めの散歩とストレッチ、半身浴、そして白球とバットで一日を満たしている。

     「5台くらい乗ってましたが、再婚と同時に手放しました。20代は派手な車に乗って、飲み屋で遊びましたけど、結局、見栄の張り合いなんですよ。僕、頭良くないので、あの頃はわからなかったんです」

     21歳でゴールデングラブ、ベストナインに輝いたスピードスターはそのまま日の丸をつけ、アメリカへと突っ走ったが、やがて減速し、3年前にアキレス腱を断裂し、1年前、阪神を自由契約となった。彼はついに止まった。そこで大切なものが何かということに気づいた。

     独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブス。今、西岡が汗を流しているのは、とてもフェラーリでは入れない北関東の農道の奥にある、ロッカー室もない地方球場である。自らの練習が終われば、不揃いなユニホームの若者たちに「テンション低いんちゃうかあ!」と関西弁とノックを浴びせる。

     野球人生の黄昏。ここに至って無性に思い返されるのが、あの生駒山の坂道をがむしゃらに駆け抜けた3年間だという。

    「やめさせたいんなら、殺してみろ!」

     2000年、西岡が入学した頃の大阪桐蔭は群雄割拠の中のひとつに過ぎなかった。西岡も王者PL学園のセレクションに落ちて入学してきた選手だった。

     「僕らの代はみんな中学の卒業式で特攻服を着ていたような奴らの集まりでした。入ってすぐに監督から『今までで最低の学年だ』と言われたんです。だからかもしれないですが、バットを振れなくなっても振る。捕れない打球に本気で飛びつく。そういう精神的に追い込むような練習が多かったんです。特にあの坂道ダッシュは……」

     とんがりまくった原石たちに、坂を走れと命じたのは当時30歳の青年監督・西谷浩一である。中でも、とびきりのゴン太だった西岡とは真っ向からぶつかり合った。

     「少しでも気を抜いたプレーをしたら、今すぐ野球辞めろと言われ、突き放されました。でも僕も反抗するし、向かっていった」

    2/9(日) 11:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200209-00842448-number-base

    16: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/09(日) 12:22:23.68 ID:92LoBF+C0
    >>1
    西岡と中田翔はリアル野球BAN出演経験ありか。

    51: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/10(月) 07:32:26.69 ID:ofR8RSxl0
    >>1
    坂道を駆け抜けた大阪桐蔭の3年間を経験した西岡さんの現在がロッテのキャンプに雑用係で参加とか、プロ野球選手の現役引退を考える時期に思い切り坂道から転げ落ちましたねー

    52: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/10(月) 07:44:30.45 ID:YWj2qDJ10
    >>1
    いいなー8時間の睡眠・・・心底うらやましい

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581217407/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ロッテ春季キャンプ」(1日、石垣島)

     キャンプ初日を迎え、注目のドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=らも参加した。

     元阪神で現在は独立リーグ、BCリーグ栃木に所属している西岡剛内野手(35)が古巣のキャンプ地に登場した。ロッテでは例年、キャンプ地にBCリーグの選手が練習のサポートをするために参加してきた。同内野手は他の“練習補助員”とともに午前8時過ぎのチームの球場入り前にベンチで待機。練習中は、用具の片付けも行うなど精力的に動いていた。




    西岡剛さん帽子やユニはやっぱりロッテのが似合うけど選手としては必要ないから戻りたいならこういう球拾いから地道にやり直してくれたらなあと思う



    僕の永遠のスター西岡剛が選手じゃなくて球拾いなんて…。



    西岡剛さん本当にお手伝いしてる😳 このまま補助員で終わる…のか? #chibalotte


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/01(土) 00:17:24.87 ID:mIW4OFXy9
    プロ野球12球団は2月1日、一斉に春季キャンプインする。大型新人のロッテ・佐々木朗希(大船渡高)、ヤクルト・奥川恭伸(星稜高)らに注目が集まる中、球春到来に取り残された大物がいる。2169試合、2085安打など数々の球団記録を塗り替え、昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)だ。球団側が用意した花道を固辞し、現役続行の道を選んだが新天地は決まらないまま。一方で、移籍先の有力候補とされたロッテのキャンプには、OBで2年前に阪神を退団した西岡剛内野手(35)の“参加”が決定した。鳥谷を差し置いて復帰はあるのか。

     「カツさんがおってくれたらなぁ…」

     そう述懐するのは阪神の古株OBだ。中村勝広GMはシーズン中の2015年9月、遠征先の都内で66歳で急逝した。鳥谷にとって早大の先輩でもあり、「カツさんがGMのままだったら、鳥谷にしっかりした形で肩たたきができたはず。監督までやった人と、現場経験のない今の背広組ではやっぱり違う」と話す。

     大功労者を阪神一筋で引退させられなかったのは、球団フロントの不手際とみる向きも多い。「それまで何も話し合いがないまま、シーズン終盤に突然呼び出して『ユニホームを脱いでくれ。引退試合はやってあげるから』だけではね…」というわけだ。現役続行を望んでいた巨人・阿部に昨季終盤、2軍監督就任を打診するなど引退後の明確なビジョンを示した上で、引導を渡した原監督とは明白な違いがある。

     鳥谷は愛着のある縦縞のユニホームに別れを告げ、他球団でプレーすることを決断。プロ入り前から親交があり、同じマネジメント会社に所属する井口監督率いるロッテが、早くから新天地の最有力候補とされてきた。

     だが、いまだロッテには動きなし。DeNA、中日、さらには古巣復帰などの観測が流れては消え、中ぶらりんのままで2カ月間のオフシーズンは終了となった。

     これまでも松中信彦、中村紀洋、村田修一、西岡ら、日本代表クラスの大物が不本意な形で球団を去り、年が明けても移籍先が決まらないままキャンプインの時期を迎えた。中村には中日、DeNAと2度も救いの手が差し伸べられたが、2月以降にNPB復帰を果たすケースはまれだ。

     鳥谷に手を挙げる可能性が残っている球団は、もう存在しないのか。球界関係者は「広島の線はまだ消えていない」と指摘。「緒方体制が続いていれば、『チームカラーに合わない』と無理だったが、佐々岡監督に替わり可能性が出てきた」という。キーマンは早大で鳥谷と同期だった、広島元選手の比嘉寿光氏だ。

     現在は球団編成部に籍を置く幹部候補生。鳥谷とは慈善活動を行う一般社団法人で共同理事を務める仲だ。ただ、「すべては松田オーナー次第。東出コーチも同じ松坂世代の村田を獲ってくれないかと頼んだが、うまくいかなかった」(同)。

     鳥谷が評価されるとすれば、単なる戦力としてだけでなく指導者の適性だろう。同じく名球会入りの功労者でありながら横浜(現DeNA)と訣別して広島に拾われ、コーチとしても近年の黄金時代に大きく寄与した、石井琢朗(現巨人打撃コーチ)の例もある。

     さらにキャンプイン直前になって、ロッテに気になる動きがあった。かつて村田も“浪人期間”にプレーしたBCリーグ・栃木から、ロッテの春季キャンプ地の沖縄・石垣島に派遣される練習補助員の中に、OBの西岡がいることが分かった。

     球団関係者は「補助員のリストに西岡が入っていると知ったときは『さすがにそれは…』となったが、本人の強い希望があったようだ。こちらはあくまで練習を手伝ってもらうアルバイトとして迎えるが、今の現場やフロントに真摯な姿勢とまだ動けることを、どんな形でもアピールしたいという気持ちの表れではないか」と話す。

     西岡は「最後はロッテのユニホームで終わりたい」と公言。栃木でプレーした昨年も2年連続で12球団トライアウトに参加したが、いまだ吉報は届いていない。前出関係者は「わらにもすがる思いなのだろうけど、獲得につながることは99%ないよ」とくぎを刺すのだが、見方を変えると別の思惑の可能性もある。

     ロッテの2度の日本一に貢献した西岡の熱烈な復帰希望には目もくれず、これまで何の縁もない鳥谷を優先して入団テストをすれば、OBやファンの反発は必至。形だけでも西岡にチャンスを与えた後なら、晴れて舞台が整うともいえる。令和の時代も球界の一寸先は闇。鳥谷に春は訪れるか。

    1/31(金) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00000017-ykf-spo

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/02/01(土) 00:35:17.93 ID:7VsCIVMZ0
    ここまで来てどこも取らないってことはそういうことだよ
    大引みたいに潔く去年で区切りつけるべきだった

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580483844

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/30(木) 06:45:12.73 ID:XpcRF/jR9
    独立リーグのBC栃木に所属する西岡剛内野手(35)が、石垣島で行われるロッテ春季キャンプに補助員として“参加”することが29日、分かった。

    例年、ロッテのキャンプにはBCリーグから選手が派遣され、アルバイトの「補助員」としてグラウンド整備や球拾い、打撃マシンの調整などを手伝っている。
    関係者によると、今回、西岡もそのメンバーに登録されているという。

    西岡は、02年ドラフト1巡目でロッテに入団。
    走攻守そろったスイッチヒッターとして、ポスティングシステムでメジャーに移籍する10年までロッテの中心選手として活躍した。
    日本球界復帰後は、阪神、BC栃木でプレー。
    昨年11月にはNPB復帰を目指して12球団合同トライアウトに参加。
    4打数無安打だったが「自分の中ではチャレンジし続けている人生」と現役続行に意欲を見せていた。

    今回のキャンプ参加はテスト生でも練習生でもなく、あくまでも「補助員」。
    選手として入団につながるものではないが、かつての看板選手が、違った形で古巣をサポートすることになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01290300-sph-base

    no title


    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/30(木) 06:50:51.63 ID:OUixULjF0
    >>1
    補助員のアルバイトって、ほぼ用具係の仕事じゃん....。

    ロッテでは用具係を雇用していないの?

    12: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/30(木) 07:15:44.08 ID:zjQvgvLy0
    >>5
    キャンプでは足りんからバイト雇ったり、
    プロ野球キャンブ体験と称し中学生野球部員呼んだりする。

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580334312/

    続きを読む

    このページのトップヘ