とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    能見篤史

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神一筋16年の能見篤史投手(41)が事実上の“戦力外通告”を受け、縦縞のユニホームを脱いだ。

     大阪ガスから2005年にドラフト自由枠で入団。一軍定着は09年、30歳になってからと遅咲きだった。この年に13勝を挙げて以降、先発の柱となり、開幕投手も3度務めた。

    「14年から3年連続でリーグ最多となる2ケタ敗戦を記録しましたが、防御率は3点台をキープ。打線の援護に恵まれない“不運”なエースでした」(番記者)

     18年に中継ぎに転向したが、矢野燿大監督体制となった19年からはブルペン内の序列が下がっていく。

    「昨オフ、1500万円減の推定9500万円で契約更改した際に、自ら『便利屋でいい』と宣言。すると今季は敗戦処理ばかりさせられ、後輩たちは『まだ投げられるのに気の毒だ……』と同情していた」(同前)

     厳しい立場に追いやられたのは8月14日のこと。

    「先発で結果が出ない左腕の岩貞祐太を矢野監督は中継ぎに配置転換。それは同じ立ち位置の能見を見限ったことを意味していた。さらに不調で二軍落ちする9月半ばまで“さらし者”のような形で一軍に帯同させるなど、半ば無言の圧力で現役引退を悟らせようとしていました」(球団OB)

     そうした冷遇にも腐ることなく淡々と練習し、自分の役割をこなし続けた。

    「後輩が気遣って話しかけても『俺は頑張るだけだよ』と笑って返していた。むしろ自主トレを一緒にしていた『チーム能見』の岩貞、梅野隆太郎、大山悠輔らの調子をずっと気にかけていたのも彼らしい」(同前)

    移籍先の有力候補は?
     この球界最年長左腕を他球団も戦力として注視する。

    「長身左腕は貴重だし、制球力も抜群なので短いイニングならまだいける。移籍先として有力なのはオリックスで、調査も始めたようです」(パ・リーグ球団幹部)

     今季リーグ最下位のオリックスは中継ぎ陣が弱く、年長者のまとめ役もいない。

    「プロの厳しさを若手に伝えるのに打ってつけの人材。梅野を構え方から教えて一人前にしたように、捕手の育成も期待できる」(同前)

     阪神での最終登板となった11月11日のDeNA戦では最速149キロの直球で打者を翻弄。9回を締めて自身2個目のセーブを挙げた。試合後には予定になかった甲子園の場内一周でファンの声援に応えた。

    「能見さんの人柄ゆえ、球団も許可した精一杯の送り出しでした。『チーム能見』の3人は号泣していましたね」(球団関係者)

     最終戦の記念球は「僕の意志とともに」と岩貞にプレゼントした能見。「まだまだもう少し、納得いくところまでやりたい」と涙は流さず、甲子園を去った。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年11月26日号




    ノウミサンには来季新天地で大活躍してもらって阪神球団を見返してもらいたい/「俺は頑張るだけだよ」遅咲き、不運、敗戦処理……「戦力外通告」阪神・能見篤史の“行き先”  https://bunshun.jp/articles/-/41676 



    泣ける。・°°・(>_<)・°°・。 「俺は頑張るだけだよ」遅咲き、不運、敗戦処理……「戦力外通告」阪神・能見篤史の“行き先” | 文春オンライン  https://bunshun.jp/articles/-/41676 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/16(月) 11:07:53.12 ID:CGgvGfO10
    時は残酷や

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/16(月) 11:12:22.04 ID:tGHZTpV00
    藤浪がいますよ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1605492473/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今季限りで阪神を退団した能見篤史投手(41)が14日、16年間のタテジマ生活を振り返りながら、現在の心境、残る後輩たちに向けた思いなどを独白した。「チーム能見」として自主トレを共にし、最終戦で涙した梅野、岩貞、大山らに向けた“ラストメッセージ”。「かなわぬ夢」の続きを、愛するチームメートに託した。

     まだ別れの悲しさが胸を締める。劇的なシーズン最終戦から3日。目を閉じれば浮かぶ光景を、能見は現実として受け入れる最中だった。「今はさみしい思いが強いな」。阪神一筋16年。現役続行の意志を固め、退団の道を選んだ。ただ、愛着が消えることはない。

     「16年、着続けたユニホーム。もう着ることがないと思うとね。最後は球場の雰囲気に後押ししてもらった」

     阪神で過ごした16年間を振り返れば、優勝は初年度の2005年が最後。この間、長くエースとしてチームを支えた能見が心残りを明かす。「中心選手として優勝したかった。それでどれだけの人が幸せになれたか…」。届けたかった、届かなかった悲願。「かなわぬ夢」の続きは、残るチームメートに託す。

     最終戦では梅野、岩貞、大山が涙を流した。特に3人は「チーム能見」として、自主トレを共にしてきた仲間だ。「リュウには一度、厳しいことを言ったことがある」。構え方やボールを受ける姿勢、投手との接し方。物足りない姿が歯がゆかった。誰よりも素質を認めるからこそ、あえて厳しく接してきた。

     「今年は少し出番も減った。それをどう捉えるかは本人次第。日本一の捕手になってほしいし、その素質は十分にある。でも、まだまだ。もっとやれる」

     また、岩貞はシーズン途中、リリーフに配置転換された。先発と中継ぎ、両方できるメリットがある一方、便利屋になる危険性もある。「どっちの役割をしたいか。その気持ちを大切にしてほしい。元々、視野が広い子。うまく乗せてあげると、いい働きは絶対にする」。最終戦の記念球はプレゼントした。「僕の意志とともに」。

     岩貞の号泣は予想通りだったが、「一番ビックリした」のは大山の涙だ。「悠輔一人にチームを背負わせたらダメ。岡本くんだって、前後を打つ打者がしっかりしている。みんなで4番を支えてほしい」。巨人の主砲にも負けず劣らぬ存在だ。だからこそ打線として相乗効果を期待する。

     「この世代は必ず中心になっていく選手たち。それは間違いない」。来季16年ぶりの優勝に投打、攻守で成長が欠かせない。涙に暮れる3人に向けた“ラストメッセージ”だった。「後輩たちがやってくれると信じている」。夢の続きを託し、別れを告げる。猛虎の系譜はつながれていく。




    阪神退団の能見ラストメッセージ 最終戦で涙した梅野、岩貞、大山らへ悲願V託した(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8928b58e437717e21d8e949478e1ae779a066928  ノウミサンのメッセージめっちゃグッとくるわ。いい関係を築いてきたんやろな。次の場所でもまた輝いて欲しい。



    チーム能見😢 阪神退団の能見ラストメッセージ 最終戦で涙した梅野、岩貞、大山らへ悲願V託した  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/15/0013865676.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1




    公式YouTubeチャンネルにて、選手たちから、お世話になった能見選手へのサプライズに密着しました。後輩たちからのサプライズに能見選手の反応は・・・ そしてタテジマのユニフォームを着た最後のマウンド、試合後の能見選手を追いかけました。  https://youtu.be/e9tWWPFC8Sk  pic.twitter.com/5QodD0czq0



    @TigersDreamlink 人数が限られているので戦力、戦力外の線引きは難しいですが…育成枠というものがあるならば、ベテラン枠というものも作って…ある程度の貢献をしてきた選手の"引き際"というものも考えてあげたいですね(^_^ゞ



    @TigersDreamlink 能見、お疲れ様。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ ファンへの感謝を込めた“ワインドアップ”

     いつもと違う“姿”に、スタンドが少しだけざわつく。

    ☆【番記者コラム】ファンに届けたい、とっておきの裏話

     「振りかぶってる!」「ワインドアップや」──。

     阪神タイガース・能見篤史の“原点回帰”に、誰もが胸を熱くした。


     11月11日、甲子園で行われたDeNAとのシーズン最終戦。1点リードの9回に名前がコールされた。みんな分かっていた。タテジマの背番号14を目にできるのは今夜限りであることを…。

     虎党にはお馴染みの登場曲、GReeeeN「刹那」を締めくくるフレーズ『能見信じて』に聖地のファンが声を合わせた。


     「それはもう決めてたんで。ブルペンではちょっとタイミング合わなかったんですけど。恩返しというか、元々テレビとか、映る姿もそこをアップにして撮ってくれたり。そういう代名詞と浸透してたんで、何とかそれを実現しようと」

     2018年途中に中継ぎに転向して以来、2年間も封印していたワインドアップ投法を解禁した。


     来季の構想外が決まり、タイガースでは最後となるマウンド。後輩投手から「芸術」とも評される美麗なフォームで腕を振った。

     先頭で対峙した細川に中前打。わずか4球でセットポジションを余儀なくされたものの、続くソトを遊撃への併殺に仕留めて再び「幸せな時間」がやってきた。


     「ちょっと先頭が出てヒヤヒヤしたんですけど、何とか運良くゲッツーになったので、もう一度ワインドアップできるなということで最後は楽しませてもらいました」

     最後は柴田を148キロの直球で空を切らせ、プロ2セーブ目で阪神での16年間を締めくくった。


    ◆ 「自分のできることを全うして頑張ってほしい」

     「まさか大山まで泣いてるとは思わなかった。梅野もマウンド来た時からもう泣いてたので、嬉しいなと思いながらね」

     梅野は涙で頬を濡らしながらミットを構え、大山や岩貞も感極まっていた。沖縄で「チーム能見」として、ともに汗を流してきたメンバーだ。後輩たちにとっていかに大きな存在だったか、言うまでも無い。


     先発マウンドで5回無失点の快投を披露した藤浪もそのひとり。

     「練習に対する姿勢、取り組み方、投手の考え方…投手観、野球観で、すごく影響を与えてくださった方でした。なんとか能見さんまで良い形で繋ぎたいと思っていたので、0点で抑えることができて良かった」。

     馬場から伊藤和、岩貞と、2番手以降の3投手は1本のヒットも許さなかった。

     「能見さんにつなぐ」…。心で誓った合言葉を力に変え、仲間はバトンをつないでいった。


     エースとして長年戦ってきた先発の座を離れ、2018年からはブルペンへ働きの場を移してフル回転。

     「個人のことを追いかけるのはもう終わってるから。チームのために。走者を背負ってる場面とか、しんどいところを自分が投げれば。自分には経験がはある」

     常にチームのために身を削ってきた。そんな“歴史”を誰もが目にしてきた。


     最後のマウンド。先発時代を彷彿とさせるフォームで、ずっとこだわり続けた直球を投げ込む姿は、後輩たちへのメッセージになった。

     信念と献身の16年──。試合前にはナインへ向かって「時代は流れていくと思いますので、本当に悔いなく、自分のできることを全うして頑張ってほしいなと思います」と、投げかけていた。

     「能見篤史」という男の生き様を目に焼き付けた、尊い時間。次の世代を担う選手が受け取ったものは少なくない。



    BASEBALL KING




    甲子園で最後のワインドアップ👏(・ω・) 恩返しを込めた“原点回帰” 阪神・能見篤史が最後のマウンドで見せた雄姿(ベースボールキング)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201113-00255273-baseballk-base 



    あらためて、あの夜のことを俯瞰して書きました。ベースボールキングさん@BaseballkingJP での定期コラムです! 【書きました】恩返しを込めた“原点回帰” 阪神・能見篤史が最後のマウンドで見せた雄姿 https://baseballking.jp/ns/column/255273 


    続きを読む

    このページのトップヘ