とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    岩貞祐太

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神先発の岩貞祐太投手が15日の巨人戦で同カード連勝を目指す。約4カ月ぶり登板となった1日の対戦(甲子園)では6回無失点で勝利。

    今回は東京ドームで「狭い球場なので低めを意識するのは大前提です」。優勝へ近づく巨人相手にも「僕らが相手の優勝を意識して投球することはないので、1つ1つ丁寧にアウトを取っていければと」と冷静だった。




    明日9月15日14:00より東京ドームにて読売ジャイアンツ戦!予告先発は阪神・岩貞祐太投手!巨人は菅野智之投手です。躍動する左腕・岩貞投手!敵地・東京ドームで快投を演じて白星を掴んでいただきましょう! #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル pic.twitter.com/detU2zlQ8R



    @TigersDreamlink 今日負けたから頑張ってくれ



    @TigersDreamlink まず打線がヒットを打ちましょう!



    @TigersDreamlink ○×○×○×… あ、これ明日勝つやつやん pic.twitter.com/boI1JC3feE



    @TigersDreamlink 岩貞。打線はわからないから、明日は自分がノーヒットノーランやるつもりで頑張って。



    @TigersDreamlink 岩貞 頑張れ💥👊😃 勝ってくれ😤



    @TigersDreamlink 菅野だぁ~❓また引きずり下ろしてやらぁ~🐯❗岩貞頼むぜ❗


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神2―0巨人(2019年9月1日 甲子園)

     阪神・岩貞が6回無失点で2勝目。巨人打線をわずか3安打に抑え、お立ち台で虎党の大歓声を浴びた。

     5月にインフルエンザで登録抹消され、その後右脇腹の肉離れを発症。これが4月28日の中日戦以来、4カ月ぶりの1軍マウンドだった。「甲子園のお客さんの前で投げるために必死にリハビリをした。時間はかかったけど、戻ってこれて本当に良かった」。

     3月30日ヤクルト戦以来、5カ月ぶりの白星に「シーズン通して投げられていない悔しさが強い。残り試合は気合を入れて投げたい」。逆転でのCS進出へ頼もしい左腕が帰ってきた。




    すえきちの“虎“から目線(2019.9.1#575) 試合はこのままタイガースが勝利! 岩貞、何と155日ぶりの復活星となりました😊✨ 広島が昨日DeNAに敗れ、ゲーム差が2となりました✨✨✨ pic.twitter.com/lbjULh1Zqd



    4ヶ月ぶり!嬉しかったでしょうね〜。 阪神・岩貞が復活星 4カ月ぶり1軍マウンドでG斬り「戻ってこれて本当に良かった」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/01/kiji/20190901s00001173447000c.html 



    10勝した年の148キロ辺りをバンバン放り込んで力で抑え込む岩貞から、昨日は140前後のキレのあるストレートをコースに決めて行く玄人好みの岩貞に変身した訳だけど、昨日のピッチングが出来れば普通にローテ守れますよ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
    2


     「阪神2-0巨人」(1日、甲子園球場)

     阪神が今季9度目の完封勝利で、巨人3連戦に勝ち越した。巨人戦での完封勝利は2018年5月25日以来。先発の岩貞祐太投手が、3月30日ヤクルト戦(京セラドーム)以来、155日ぶりの2勝目をつかんだ。

     4月にインフルエンザを発症し、その後は右脇腹肉離れに苦しみ、長い時間を2軍で過ごしていた岩貞がよみがえった。4月28日以来、126日ぶりとなる1軍マウンドで強力巨人打線を次々と抑え込んだ。

     初回、二回と先頭打者を出したものの、ともに後続を断って波に乗る。三回は三者連続の空振り三振。四、五回も三者凡退と危なげない投球を披露。6回71球3安打、無失点の復活ショーだった。岩貞の後を受けた岩崎、ションソン、藤川が完封リレーを完成させた。

     打線は岩貞をアシスト。四回に福留が今季初、通算50本目の三塁打で出塁。マルテの遊ゴロの間に1点を先制。五回には近本が今季133安打目、リードを広げる適時三塁打を放った。




    阪神 2-0 巨人 完封リレー 岩貞祐太2勝目!!! 球児完璧236セーブ目 https://t.co/5SP896qtb0



    阪神が巨人に完封勝ち 岩貞が155日ぶり復活星 3連戦勝ち越し/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/09/01/0012660847.shtml  @Daily_Onlineさんから



    とらほー。 ・よかった点 岩貞投手復帰戦勝利 福留、近本選手の三塁打で得点出来たこと ジョンソン投手の火消し登板 ・改善点 バントで送れなかったこと×2 ボール球を振りすぎていること 苦手な巨人戦でカード勝ち越し pic.twitter.com/xWFmgnDweA



    とらほー(^o^) 強い強い巨人に勝ち越し✌️ マルテゴロの間にランナー生還で先制🌟 5回には近ちゃんのスリーベースで追加点👏 先発岩貞くんは一軍復帰戦で見事なピッチング✨ 最高のゲームでした‼️ #hanshin #tigers #マルテ #近本光司 #岩貞祐太



    とらほー!岩貞ほー!PJほー!藤川ほー!近本ほー!岩貞2勝目!今カード巨人戦勝ち越し!PJの安心感よ! #hanshintigers #阪神タイガース #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神-巨人」(1日、甲子園球場)

     126日ぶりとなる1軍マウンドで、岩貞が強力巨人打線を次々と抑え込んでいった。4月28日の中日戦(ナゴヤドーム)以来となる先発。「首位にいるチーム。自分のできることをやるしかないので」と意気込んでこの日を迎えた。


     初回、二回と先頭打者を出したものの、ともに後続を断って波に乗る。三回は三者連続の空振り三振。四、五回も三者凡退と危なげないピッチングでスコアボードに「0」の数字を並べていく。

     結局、6回71球3安打、無失点。3月30日のヤクルト戦(京セラドーム)以来、155日ぶりとなる勝利投手の権利を手にし、マウンドをリリーフ陣に託した岩貞は「長期離脱をしてしまい、チームに迷惑をかけてしまいましたが、この甲子園で投げることを目標にやってきました。野手の方々も盛り立ててくれたので、テンポ良く投げ切ることができました」と胸を張った。

     4月にインフルエンザを発症し、その後は右脇腹肉離れに苦しみ、長い時間を2軍で過ごしていた。昇格前の8月24日にはファーム・オリックス戦で今季最長となる8回を投げ、4安打無失点、7奪三振。「かなり自分の中でもいいものがあったので良かった」と確かな手応えを得て上がった、この日の先発マウンドだった。




    え!? なんで岩貞変わってんの? 無失点やったのに何かあった?



    岩貞は巨人相手に6回無失点か〜好きな投手なので嬉しいな!



    岩貞6回無失点! 病み上がりで交代しちゃったけど次回登板も期待できる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神-巨人」(1日、甲子園球場)

     前夜、連敗を3でストップさせた矢野阪神。連勝をもぎ取り、9月の反撃に勢いをつけたい。

     マウンドには、帰ってきた岩貞が上がる。4月にインフルエンザを発症し、その後は右脇腹肉離れに苦しみ、長い時間を2軍で過ごしていた。4月28日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、126日ぶりの先発で、チームに勝利を呼び込みたい。「首位にいるチーム。自分のできることをやるしかないので」と意気込んだ。

     また、打線は3試合連続で大山がスタメン落ち。昨夜勝ち越し弾を放った中谷が「7番・右翼」で先発復帰した。昨夜のヒーローは「まだCSも狙える位置にいる。きょうの1勝が、大きな1勝になればいい」と話す。今日も劇的な一発で、カード勝ち越しを呼び込みたい。




    【阪神】 1木浪(遊) 2近本(中) 3福留(左) 4マルテ(一) 5糸原(ニ) 6北條(三) 7中谷(右) 8梅野(捕) 9岩貞(投)  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp 昨日の大山は酷かったからな。



    @hanshintigersjp 相手が左だからか



    @hanshintigersjp 中谷頼むぞ!!



    @hanshintigersjp 岩貞 頼むぞ 今日の試合は君次第や←


    続きを読む

    このページのトップヘ