とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    元阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: かばほ~るφ ★ 2018/04/03(火) 10:55:26.57 ID:CAP_USER9
    プロ野球から介護の世界へ転身 阪神、広島で元投手の江草さん


    プロ野球から介護の世界へ飛び込んだ元投手がいる。阪神や広島などで活躍し、
    昨季限りで引退した福山市出身の江草仁貴(ひろたか)さん(37)。
    現役最後の6年間を過ごした広島市でデイサービス施設の運営会社を立ち上げ、
    社長として第二の人生を歩んでいる。

    通りに面した窓際には胸に「Carp」の文字が入った背番号29のユニホームが掲げられていた。
    同市中区のビルの一室。江草さんが営む施設は主にお年寄りの歩行機能回復をサポートする。
    利用者は現在30人ほど。営業担当の自身を含め、スタッフ5人で切り盛りする。

    この業界で働くプロ野球出身者は珍しく、挑戦心をかき立てられた。
    デイサービスに通う祖母の姿も脳裏に刻まれていた。
    「人の役に立つ仕事をしたかった。資金の問題などしんどいことも多いが、やりがいは大きい」

    施設のオープンは、プロ最後のシーズンとなった昨年の夏。
    2013年に肘を手術して以降、出場機会が減り、引退を覚悟して計画的に準備を進めた。
    練習の合間に全国の施設を訪ねて回り、理想のビジネスモデルを模索した。
    元バレーボール女子の日本代表セッターで妻の竹下佳江さん(40)も背中を押してくれたという。

    盈進高から専修大を経て、03年に自由獲得枠で阪神に入団。
    西武、広島と3球団を渡り歩き、主に中継ぎとして通算349試合で22勝17敗、48ホールド、
    防御率3・15の成績を残した。

    阪神では05年のリーグ優勝に貢献。ウィリアムス、藤川、久保田の「JFK」が君臨する中、
    07年から3年連続で50試合以上に登板した。「1軍で投げていた投手が突然クビになる厳しい世界。
    必ず報われるわけではなくても、生き残るためにひたすら努力するしかなかった」。
    プロ15年で学んだ教訓を新たな道でも生かそうとしている。

    大学、高校で指導できる学生野球資格を取得し、今年2月に大阪電気通信大(阪神大学連盟2部)のコーチに就任。
    今の自分を築き上げた野球との関わりは今後も続けていく。

    自宅がある兵庫県姫路市と広島、大阪を行き来する日々。
    「僕の下で働いてくれる人たちやその家族の生活を守っていく責任がある。
    まずは事業を軌道に乗せ、拡大していきたい」。頭に描く未来は、かつての全盛期のように輝いている。
    (2018年04月03日 09時31分 更新)

    山陽新聞デジタル
    http://www.sanyonews.jp/article/693082/1/
    昨年引退し、デイサービス施設運営会社の社長に転身した江草さん=広島市中区
    no title

    引用元: ・【野球】プロ野球から介護の世界へ転身 阪神・西武・広島の元投手・江草仁貴さん、デイサービス施設の運営会社を立ち上げ社長に

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 久太郎 ★ 2018/03/20(火) 13:53:57.94 ID:CAP_USER9
     「ウォォォ~」。かつてお立ち台の絶叫が代名詞になった男は今その雄たけびを看板に、セカンドステージに花を咲かせている。オリックス、阪神OBの葛城育郎さん(40)は11年に現役引退後、兵庫県西宮市内に「酒美鶏(さけびどり)葛城」をオープン。地鶏居酒屋のオーナーとして厨房(ちゅうぼう)に立ち続け、13年夏の開業から5年目を迎える今年も店内は連夜、にぎわいを見せている。

     99年度ドラフトでオリックスを逆指名し、03年オフにトレードで阪神へ移籍。思い返せば金本(阪神監督)の連続フルイニング出場の世界記録が途切れた一戦で代役として先発した男。マルチな才かつ高度な打撃技術で記憶に残る選手だった。

     酒美…店名の由来は聞くまでもない。甲子園のヒーローインタビューで「勝利の雄たけびを」と注文され、ただ「叫んだ」選手は長いプロ野球史で葛城さんただ一人。仲間、ファンに愛されたキャラが現在の成功につながったのかもしれない。

     来客数は多い月で約1000人。年間で約1万人に及ぶ。多くの阪神OBから「別の畑へ移った、数少ない成功者」と言われる。それでも葛城さんは「まだ成功とは思ってませんよ。いろいろ攻めないと、すぐに飽きられる世界ですから…」。

     野球界に未練を残しながら、飲食の道へ進んだ理由…それは「もともと鶏(料理)が大好きで、鶏の味ならよく分かったから」。2年近く神戸と大阪で修業を積み、皿洗いから始めた。「元虎戦士」のアドバンテージは確かにあった。でも、それが「つかの間の下駄」である認識、冷静さを失わなかったことで店を軌道に乗せた。

     「元阪神の葛城が出した店…というだけで言葉は悪いですけど、味に関しては最初ナメられていたと思うんですよ。でも実際に『おいしかった』という言葉をいただけるようになって、それが自信にもなりましたし…」

     アイデアマンの葛城さんは既に次の一手を考えている。「今からちょっとおもしろいものを…。カレーを使った新しい食べ物なんですけど、お楽しみということで…」。常連客の金本監督から「お前の店の隣に地鶏の店を出してやろうか(笑)」などと“妨害”を受けながらも…第2章へ攻撃の手を緩めない。(デイリースポーツ・吉田 風)

    1 - コピー


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000038-dal-base

    引用元: ・【野球】元虎戦士・葛城育郎さん 地鶏居酒屋オーナーで成功 金本監督も“常連客”に

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/03/11(日) 17:16:01.93 ID:aZjG3mfj0
    1-2



    3.11を私は決して忘れません。今日、私は7年前の
    出来事を思い出しながら、日本のことを考えています。
    とても悲しい日でした。
    そして、あの日の痛みが今もなお続いている事を私は
    知っています。
    https://twitter.com/mmurton9/status/972658034521575424?s=19


    復興のために皆さんが心を一つにして働いていた姿は
    私の心に刻みこまれて忘れられませんが、悲劇を思い
    出すと未だに心の痛みを取り去ることは出来ません。
    これからも皆さんお一人お一人が前進していかれます
    よう私の思いと心を込めてお祈りしています。祝福が
    ありますように。

    https://twitter.com/mmurton9/status/972658098476285953?s=19

    引用元: ・【ぐう聖】元阪神マット・マートンさん、呟く

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/01/22(月) 18:22:49.01 ID:U2t0zmMo0
    「最も思い出に残っている瞬間は?」と問われると、しばらく黙り込んだ後、「二つあります」と言った。

    最初に挙げたのは、来日1年目の京セラドームで行われた横浜との開幕戦。
    試合前のセレモニーでベンチ前に整列した時だ。
    初めての公式戦、観客席を見渡しながら
    少年時代から今に至るまでの野球人生を思い返したという。


    もう一つは2014年、東京ドームで行われた巨人とのCSファイナル第4戦。
    マートンが初回に先制3ランを放ち、9年ぶりの日本シリーズ進出を決めた試合だ。
    「チームの勝利に貢献できた時の気持ちは格別。あの時感じたファンの歓喜とパッションは忘れられないですね」と興奮気味に話した。


    「チームが勝つことでファンは笑顔になり、涙を流す。
    外野の守備に就いた僕に向かって見せる表情から伝わってくる感情は、言葉では説明できない特別なものだと思う」と熱く語った。


    。「甲子園で週末に行われるデーゲームは最高でしたね。
    美しい青空に風船が打ち上げられ、大きな球団旗がはためいて…。
    あの光景は生涯忘れないです」。

    阪神での思い出が尽きることはない

    456


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/01/14/0010895156.shtml

    引用元: ・引退のマートン、阪神での思い出を語る

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2018/01/13(土) 16:22:24.53 ID:CAP_USER9
    阪神で6年間プレーし、10年に日本プロ野球のシーズン最多安打記録(当時)を塗り替える214安打を放つなど、チームの主力として活躍したマット・マートン外野手(35)が現役引退し、米大リーグ、カブスの編成部門補佐に就任することが12日(日本時間13日)、分かった。本人が本紙に明かした。

    マートンは03年ドラフトでレッドソックスから1巡目、全体32番目で指名されてプロ入り。04年7月にトレードでガルシアパーラらとカブスへ移籍、05年7月8日のマーリンズ戦でメジャーデビューを果たした。

    その後はアスレチックス、ロッキーズを渡り歩き、10年に阪神と契約。来日1年目でいきなりイチローのもつ年間最多安打記録を塗り替えるなど、シュアな打撃で3度のシーズン最多安打をマーク。14年には打率・338で首位打者を獲得した。チームの主力として4度のクライマックスシリーズ進出(10、13~15年)、14年には球団9年ぶりの日本シリーズ進出に貢献した。

    16年にカブスとマイナー契約を結んで米球界に復帰。76試合で打率・314と結果を残したが、7年ぶりのメジャー復帰の夢はかなわず。昨季はタイガースとマイナー契約を結び、再びメジャーの舞台を目指したが、3Aで7試合に出場した後、4月中旬に契約を解除された。

    メジャー通算成績は5シーズンで346試合、打率・286(952打数272安打)、29本塁打、112打点。日本での6年間の成績は832試合、打率・310(3287打数1020安打)、77本塁打、417打点。首位打者1回、シーズン最多安打3回、ベストナイン4回。通算安打数は阪神外国人歴代最多

    1/13(土) 16:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000073-dal-spo

    写真
    no title

    引用元: ・【野球】<元阪神マートン>現役引退表明! カブス編成部門補佐に就任 来日1年目にイチロー超え

    続きを読む

    このページのトップヘ