とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    元阪神

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

     現場にはいなかった。でもテレビ画面を通して“感動”は十分に伝わってきた。6月4日、千葉のZOZOマリン。今年の阪神の交流戦スタートはロッテ戦。9回、そこで感動の瞬間が訪れた。

     球場のザワつきはなんだ。敵も味方もない。みんながこの時を待っていた。「代打・原口」――。この瞬間、大きな拍手が起きた。

     オレが阪神の監督をやめてから入団してきた選手で、直接、話したことはない。それでも気になる若者やった。それが原口文仁。関係者、マスコミの人から、よく聞かされた。とにかくマジメで、素晴らしい人間性。彼のことを悪く言う人間はいない……。さすが東京の伝統校・帝京高出身である。厳しく育てられたんだろう。しっかりとした“シン”を持っている若者という印象を、オレは彼から受けていた。

     ケガもあり育成となって背番号は3ケタ。数年前のキャンプで、その3ケタの背番号が躍動し、が然注目される存在となり、その後は着実な歩みを示してきた。でも今年、自ら明かした大腸ガンの病……。経験がないから軽々しく言えないけど、肉体的、精神的な落ち込みは相当なものやったと思う。

     ただ、原口は歩みを止めなかった。手術し、リハビリを続け、再びユニフォームを着るまでにもってきた。この歩みがスゴいのに、6月4日、ついに一軍に戻ってきて、タイムリーを放った。

     不屈の闘志というのかな。彼を支えたのは戦う心やったに違いない。負けたくない、支えてくれる人々のためにも、そして何より野球が好きだ。それらの思いが、彼を突き動かしたんやろうね。

     野球にはドラマがある。それもシナリオのない本物のドラマよ。たった1本のヒットの裏に秘められたドラマ。まさにこの夜の打球は、野球ならではの人間ドラマやったとオレは今でも感動、感激している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00000002-baseballos-base



    #岡田彰布のそらそうよ 】 岡田彰布コラム「阪神の原口の復帰といきなりのタイムリーには感動したわ。この流れで阪神はチャンスをつかめ」 今回の原口のカムバックといい、“何かが起きる”そんな予感がするタイガース #原口文仁 #阪神 #tigers #交流戦 #岡田彰布  https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=078-20190624-01 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    関西学院大学から社会人野球の大阪ガスを経て、2018年のドラフト1位で阪神に入団した近本光司。開幕スタメンを掴み取り、6月10日時点で打率.304、16盗塁と、見事にリードオフマンの役目を果たしている。

     50m5秒8と抜群の走力を誇る左の一番打者、ポジションも同じセンターということで、かつての不動のリードオフマンである赤星憲広氏と比較されることが多くなっているが、赤星氏本人はどう評価しているのか。選手としての特長や、今後に向けての課題などを聞いた。

    ――近本選手が周囲から「赤星二世」と呼ばれていることについて、赤星さんはどう思っていますか?

    「近本が入団会見で『赤星さんを目標にしています』と口にしたので、これまでになく取材が殺到しましたよ(笑)。でも、大阪ガス時代に見た時には、彼は主に五番打者として活躍していましたし、私とは少しタイプが違う選手なんじゃないかなという印象がありました」

    ――その違いとは?

    「打撃面で長打力があることが決定的に違いますね。私はプロ通算のホームランが3本でしたが、彼は1年目ですでに5本も打っています。投手側の足を上げる、彼であれば右足を高く上げて打つフォームは、ボールの質が上がるプロではタイミングがうまく取れなくなる選手も多いんですけど、そんな心配など関係なく結果を出しています。

     長打力があるかないかでは、相手バッテリーの攻め方にも差が生まれるんです。私には長打がなかったので、四球で塁に出さないことを最優先にストライクゾーンで勝負されることが多かった。一方、近本にはホームランを打たれるリスクがありますから、簡単にはストライクを投げられなくなります。打ち取るまでの配球により工夫が必要なので、すごく嫌な存在でしょうね」

    ――赤星さんから見て、現役選手の中でタイプが似ている選手はいますか?

    「バッティングフォームや体格も含め、やはり左打者であるヤクルトの青木宣親に近い。近本は彼を目指すべきなんじゃないか、と思っています。青木は入団2年目で202安打を放つなど、どちらかといえば"打つ選手"のイメージが強かったんですが、翌年に41盗塁して私の"6年連続盗塁王"を阻止しました。その年から本塁打も増えましたし、2人はイメージが被る部分が多いです。違うのは、利き腕くらいでしょうか」

    続き▼
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00862340-sportiva-base



    赤星憲広がルーキー近本光司を分析。 「私との決定的な違いがある」(webスポルティーバ) 近本の活躍が他の若虎達にめっちゃ大きな刺激を与えてると思う。これからの夏場を上手く乗り切れば両タイトルいけるで!頑張って!  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00862340-sportiva-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <日本生命セ・パ交流戦:阪神4-3日本ハム>◇9日◇甲子園

    最後に原口がサヨナラ勝ちを決めたのは、まさに代打の“神髄”といえる一打だった。わたしも経験しているが、代打というポジションは、「1球」で仕留めることが宿命づけられている(シーズン代打30打点のセ・リーグ記録保持者)。

    9回2死二、三塁。日本ハム秋吉が1-1から投じた外角球はぎりぎりのコースで、狙っていないと打てなかった。インコースはボールになると読んでいたはずで、3球目になった「その1球」を待った結末だったといえる。

    チームとしても粘り強く戦ったが、大きかったのは梅野の三盗だ。7回裏に1点差に詰め寄って、なおも1死二塁。北條の打席で二塁走者梅野がスタートを切ったのは、逆に日本ハムとすれば不意を突かれた。

    捕手清水の三塁悪送球を誘って、梅野がまんまと同点のホームを踏むことができた。リードを許している場面での思い切った策が功を奏し、競った展開に持ち込めたのが、最後につながったといえる。

    途中まで劣勢だっただけに、ここで踏ん張ったのは大きい。これで交流戦は5割に戻した。今後も粘り強く戦っていくことで勝機を見いだしたい。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-06090885-nksports-base



    お早う~ございます🤣 🐯原口さん~劇的~🐯 🐅サヨナラ~虎ほー🐅 🐯原口さん甲子園での~ 復活ほー🐯 🐅原口さん~克服~執念~ 外角打ちほー🐅 🐯㊗️おめでとう~ほー🎊🐅 🐅矢野監督~男泣き~ 矢野ガッツほー🐯 昨日は 原口さん病の克服🔥魂打ちに 感動しました~! 今週も宜しくです🙇 pic.twitter.com/KNs6plYNo5



    2アウト13塁!!! 北條、打ちよった! 彼、ついに覚醒したか??? そして原口いいいいいいいいい!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    <日本生命セ・パ交流戦:ロッテ3-11阪神>◇4日◇ZOZOマリン

    大腸がんからの再起を目指してきた阪神原口文仁捕手(27)が9回に代打で出場。左越えの適時二塁打を放った。昨年10月13日の中日戦以来となる1軍戦出場。鮮やかな復活打でチームの大勝発進に貢献。日刊スポーツ客員評論家の吉田義男氏が解説した。

        ◇    ◇    ◇

    交流戦初戦ということで両チームとも手探りだったが、ゲームの流れをつかんだのは阪神だった。そのポイントになったプレーは4回のピンチを乗り切った場面にある。

    4回裏1死一、三塁からロッテ9番吉田がセーフティースクイズを試みた。これが成功につながっていれば一気に流れはロッテに傾いただろうが、まんまとアウトに仕留めることができた。

    メッセンジャーの心理とすれば、先制の援護を受けながら同点に追いつかれていたから非常に苦しい局面だったはず。ここを抑えたのが次の5回表に勝ち越しとなる梅野の本塁打の流れをつくったといえる。

    阪神は立ち上がりからロッテ内野陣のスキにつけ込んでいた。1回に2点、2回に1点を奪うことができた裏には、記録に表れていない部分でも守りの甘さがあったと言わざるを得なかった。

    また1軍復帰を果たしたばかりの原口までが結果を残したのだから言うことなしだ。個人的にも2日ウエスタンリーグ、ソフトバンク戦(兵庫・丹波)の現場で激励したかいがあったというものだ。

    打で勝負ができる原口がここで戦力になることを証明したのは大きい。「DH」という手もある。だが一言いわせてもらうと、マルテ、中谷らと一塁のポジション争いをさせるべきだろう。(日刊スポーツ客員評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-06041265-nksports-base



    原口DHスタメンで使いたいくらいやわ 実力的にも一番打ちそうやもん



    阪神原口の戦力証明打で交流戦DHの手も/吉田義男  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201906040001265.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  キャンプ不参加、病み上がり、人工芝 4打席観たいけど、まだ無理せんといて下さい。



    原口DHで糸井に守備してもらいたいけどないかぁ… 矢野監督ならやってくれそうな気もするけど…


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/04(火) 11:29:23.61 ID:gT+rnz6K0
     前阪神監督の金本知憲氏(51)、昨季限りで現役を引退した新井貴浩氏(42)=いずれもデイリースポーツ評論家=がスペシャル対談を行った。ともに名球会入りしている両者が熱く打撃論を交わし、培ってきた野球観などについて語り尽くした。以下は対談その2。

      ◇  ◇

     -昨季までは敵同士の監督と選手の関係だった。今までこれは言ってなかったというのはあるか?

     新井「話す内容が変わりましたよね。金本さんが現役の時は、自分もタイガースにいてバッティングの話しか聞いてなかった」

     金本「俺も監督になって、ケース打撃とか状況判断とか、試合の流れとか。そういう話が多くなっていたかな。俺が監督になる前は、評論家時代はバッティングの話が多かったよね。でも良うなったよ。カープに帰ってから。穴がなくなった。阪神の時はスウェーしまくるから、インサイドしか打てない時期、アウトコースしか打てない時期が丸見えで分かるんよ。ちょっとコントロールのいいピッチャーが来ると確実に打てなくなる。コーナーどちらかにちゃんとしたピッチングされると打てない。だからチャンスに弱かったんよ。カープに帰ったら穴がなくなって幅も広がったし。打席での余裕も出ていた」

     新井「それが割り切りですね。割り切る勇気が出てきたって言うか。それまでは、このカウントでたぶん変化球なんだけど、もし甘い真っすぐが来て、見送ったらもったいないとか思ってましたもん」

     金本「見送ったら2ストライクになるとかのう。追い込まれるしとか。でもそれは俺の強みやった。追い込まれてから結構、粘っていたから。よう言っとったよ。2ストライク追い込まれてもいいや、追い込まれてからの方が集中力が出るから。このケースは三振さえしなかったらいいんでしょって。余裕があったよ。だから2ストライクまで割り切れたんよ」

     -打席の中での決め事を徹底していた印象もある。

     金本「そう。きょうはこの(右)ピッチャーはシュート系が多いから逆方向に打つとかね。このケースは絶対に右方向とか。絶対に何かは打席入る前に決めとったよね。打つ方向か、球種か、コースかな」

     新井「広島に戻ってから技術的にも変わったんですね。ちょっと良くなったんで、そういうことも考えられるようになりました。年齢も重ねてきたんで、そうやらないといけないと思ったのが良かったかもしれません。ケースによって、カウントによって考えながらやっていくうちに、割り切る勇気が出てきた。これ次は絶対、チェンジアップという時があれば、それだけを待って。それまではひたすら真っすぐを待って、真っすぐを待って、チェンジアップに豪快に空振りしてしまってたんですけど…。自分が打てないピッチャー、対戦成績が良くないピッチャーに対してはそれをやりだしたんですよね」

     金本「俺が若いときから持っていた感覚が、やっと引退前にできたんよ(笑)。決して深い話ではないよ。俺には技術がないから、しっかり配球を読んで、キャッチャーのクセとか傾向を完璧に把握して、狙った球を確実に打とうというスタイル。追い込まれてからは、とにかく粘っていれば四球を取れるかもしれないとかね。若いときは追い込まれてからヒットを打とうなんて思ってもいない。とにかく粘って粘って。打つことなんか考えなかったもん。それで技術がついてくると打て始めたんだけどね」

     新井「逆に若いときの自分を考えると、ようあんな感じで打ってきたなって(笑)。あんな反応だけで…」

     金本「バカじゃけえの(笑)」

     新井「いや本当ですよ。今振り返ってみると。あんな真っすぐ狙いだけで、反応だけでめちゃくちゃな打ち方をしていたなと。考えるだけで恐ろしくなってくる…」

     -2人とも名球会に入っているバッターだが…。技術がないとか、若いときが恐ろしいとか。かなり意外すぎる発言にも取れる。

     新井「だから自分のものがほとんど何もなく、反応だけでやってきたってことなんですよ(笑)」

     金本「お前は2000何本打った?」

     新井「確か2200くらい(2203本)ですね」

     金本「じゃあ昔の試合数でも2000本行ってるわな。今は昔よりも1割、試合数が増えとるから」

     新井「でも本当によう打ってたなと思いますよ。金本さんからは若いときから『状況によっては考えろよ』って言われてたけど。でもそんなの必死じゃったから、とにかく追い込まれたくないって」

     金本「バカじゃけえの!!」

     新井「もう追い込まれたら負けだと思ってたくらいなんで。とにかく甘いボールが来てくれ~って(笑)」

     -2005年の本塁打王争いについて。あの当時を振り返って。

     新井「僕の打ち方は金本さんに教えてもらったあの年がベースとしてありますよ。『基本、真っすぐ立って真っすぐ回りなさい』って。それがベースにあります。でもそこから自分でああだ、こうだ考えながらやってきて、金本さんからも『アホじゃ、バカじゃ』と言われながらやってきて…こうやっとけばいいって言うのがだんだん分かり始めた時期だったんです。でも引き出しが自分の中にはなかった」

     金本「この頃はよう打ち方を変えとったよ。すぐ浮気するんよ。こっちの方が簡単に打てるかもしれんと。ここをこうしたら、もっと簡単に打てるかもしれんと。俺みたいに一途な男としての信念が欲しいな!!だから“バッティングはこうだ”という信念があって、相手ピッチャーによってタイミングを少し変えようとか」

     (続けて)

     金本「一言で言うと、新井のバッティングは動きすぎなんよ。要は動きすぎ、開きすぎ、突っ込みすぎ。キャッチャーに聞いたら、やっぱり動かないバッターが怖いって言うもんな」

     新井「動かない、ポイントが体に近いバッターが一番、怖いって言いますよね。キャッチャーは『よし詰まるだろう』というところから、いきなりバットが出てきて直球をライト方向に放り込まれると、何を投げさせたらいいんやって思うみたいですね。ポイントが近くて打てるバッターはイヤみたい。でもポイントが近くて詰まって打てないバッターはもちろん、違いますけど」

     金本「まあ新井の話に戻ると、カープに戻った時に俺が評論家でキャンプに行って見たときに、だいぶ前には突っ込まなくなったなという話はした。例えばステップしたときに重心を真ん中に置くとか、後ろに残すとか、人によって色んな表現があるんだけど。落合さんは後ろの足に9:1という意識でちょうどいいという話をしていた。俺は7:3くらいでちょうどいい。それが自分では合う。でも実際には前の足にだいぶ体重はかかっているんだけどね。これはイメージの話であって、五分五分にしちゃうと体が前に行ってしまう。俺は7:3、落合さんは9:1。水谷(実雄)さんもそうやのう。10:0か9:1って言ってた。それくらいの感覚だったけど、調子が悪いときはもう10:0くらいの感覚で打席に立つ。そういうイメージがあって、俺は(スランプを)克服してきたけど、新井はもうステップした時に前足に7割くらい行ってた。でもそれがカープに戻った時に行かなくなった。43本打ったときは、たまたま前に行ったところにボールが来て43本打ったという話でな」

     (続けて)

     金本「だからその43本が長続きしないんよ。次の年も25本とか落ちたでしょ?阪神に来て甲子園では20本も打てないとか。そういう偶然ってあるんよ。そういう年って」

     新井「ありますね~」

     金本「43本打った年のオフにアスリート(広島のトレーニングジム)でティー打撃を見たんやけど、『その打ち方だったら来年、間違いなく30本打てないよ』って言ったもん。保証するって」

     新井「確かに25本でしたね」

     金本「ステップとスイングであれだけ骨盤が動いたら、絶対に捉えることは難しい。打球に角度をつけることもできない。骨盤が動いてる中でたまたまそこにボールが来れば、行くことはあるんよ。新井は力があるから。要は腰の据わりが悪い」

     新井「でも骨盤の使い方ってすごく大事ですよ。横の動きしかできない人に、縦に使えと言っても無理ですもん」

     -金本氏は現役時代、腰の位置がほとんど動かなかった。

     金本「そうそう。(腰の位置に手を当てながら)ここで回るから。これだと体の強さがバットに伝わりやすいんよね。例えば石臼みたいに、下はドンとしているから回転力を増すことができる。腰をドンと置いたまま、体の反動を使わずに、その場で回転させようとしたらやっぱり足を使わないといけない。新井は動きながら、反動で打つタイプだったから。それが広島に帰ってから良くなったんだよね。だから真っすぐ一本で打ちに行っても、割とチェンジアップを寸前で見極められたり。そういうことができるようになってきた。あとは上体が前に突っ込まなくなったら長打が出だすよって言った。だからすごく成長したんだよね。俺がメシ食ってる時に電話がかかってきたから、その場で30分くらい話をしたの。あの時は理解できたでしょ?」

     新井「そうです」

     金本「ただ最後まで上半身が突っ込むのは直らなかった。だから本塁打が少なかった」

     新井「正直言うと、タイガースで最後の年、2014年だったかな。あれくらいから、ちょっと感じが出てきた。ゴメちゃん(ゴメス)が来て出番が少なくなった時。あの時くらいから『あっ!?』というのがちょっとずつ出始めた。だからすごく試合に出たかった。色んなモノが重なって自由契約になりますっていう形になったんですけどね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000036-dal-base


    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/04(火) 11:31:34.70 ID:yL+Mf3rA0
    面白い話やな

    16: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/04(火) 11:34:13.64 ID:+yc26Oj6M
    金本バカバカ言いすぎやろ
    仲ええな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1559615363/

    続きを読む

    このページのトップヘ