とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    北條史也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    今年1月にプレーヤー表彰で野球殿堂入りを果たした前阪神監督、金本知憲氏(50)の「野球殿堂入りを祝う会」が11日、大阪市内で開催され、阪神・矢野燿大監督(50)ら球界、財界関係者らが出席。

    教え子も金本氏に感謝した。北條は高卒4年目だった2016年に抜擢され、122試合とブレーク。「(金本)監督に出会ってなかったら、こんなに1軍の経験はしていない。2軍とは違う緊張感を経験できて、自分の財産になりました」と話した。2017年D5位で入団し、来季からキャプテンを務める糸原は今季チームで唯一の全試合出場。
    「出続けるすごさを感じた。(金本氏は)すごすぎます」。連続フルイニング出場1492試合の記録を持つ金本氏に感嘆していた。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/05(水)09:21:03 ID:UWI
    2018_11_28_14.33.57



    しかも打てるし

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543969263/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    阪神の北條史也内野手(24)が4日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸2000万円から600万円増の2600万円でサインした。
    「チームの中心になれるような選手になりたい」と意気込んだ。

    今季は62試合の出場で打率3割2分2厘、1本塁打、20打点。6月に初スタメンで出場すると、打撃好調で遊撃の定位置をつかんだ。しかし、9月14日のヤクルト戦(甲子園)の遊撃の守備で三遊間のゴロをダイビングキャッチを試みた際に負傷交代。左肩亜脱臼と診断され、以降の試合は欠場した。

    現在ではノックを受けるまでに回復。7年目の来季へ向けて「けがをしてしまって悔しいシーズン。(来季の目標は)全試合出ること。全試合出るということはいい成績で、周りからもチームの中心だと思われる」と宣言した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000094-sph-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/03(月)00:07:25 ID:jn3
    DraKqfYV4AI6gjA
    DraKqfYV4AI6gjA


    北條 .322 1本 20打点 OPS.747




    DraKqfYV4AI6gjA


    田村 .239 3本 35打点 OPS.636

    一体何だったのか?

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543763245/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    DraKqfYV4AI6gjA

    阪神の久慈照嘉内野守備走塁コーチ(49)が29日、左肩亜脱臼のリハビリに励む北條史也内野手(24)へ
    “飛び込み禁止令”を発した。来年2月の春季キャンプでは、患部も考慮し守備練習での際どい打球を飛び込んで捕球をさせない方針。足を使った正面での捕球を徹底させ、守備の技術向上を図る狙いだ。

    “ケガの功名”としたい。「飛び込まなくていい」。北條に向けた“飛び込み禁止令”。この日、所用で甲子園のクラブハウスを訪れた久慈コーチが意図を明かす。

    故障の再発防止だけが目的ではない。際どい打球を飛び込ませない狙いを久慈コーチは「足で捕れば良くなる」と説明。足を動かして打球の正面に入ることを意識させ、安定した捕球姿勢を体に染みこませたい考えだ。

    北條は9月14日のヤクルト戦(甲子園)で、三遊間への打球に飛びついた際に負傷。それからは主に鳴尾浜でリハビリに汗を流す。この日はキャッチボールやランニングを行い「2カ月半たってある程度のことはできている」と明るい表情。経過は良好だ。

    し烈きわまる遊撃の定位置争い。既に鳥谷がポジション再奪取を狙うと表明。植田や熊谷、ドラフト3位の木浪も候補の激戦区だ。今季は5月以降、主に二塁に就いた糸原も、残留を決めた上本が二塁に落ち着けば競争に加わってくる。

    着実に歩を進める。北條の1軍キャンプスタートについては年明けのスタッフ会議でトレーナー陣の報告を受け最終決定する方針。同時に「本人は『大丈夫です』と(言っていた)」と久慈コーチ。ケガしたことを無駄にはしない。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000021-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ