とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    北條史也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の糸原健斗内野手(27)、北條史也内野手(25)が24日、東京都内で行われたファンクラブイベント「クリスマスパーティー」に参加した。

     昨年に続いての共演となった2人は冒頭から息ぴったり。2学年上の糸原が「(北條は普段)イトちゃんと呼んでくるので、“イトさんだろ”とツッコんであげてます」と関係性を明かせば、北條は「いや、糸原先輩と言ってます」とおどけて、集まった280人のファンを笑わせた。

     2人は開演前に報道陣の取材に応じた。2年連続全試合出場中の糸原は「僕自身も争いなので。争いに勝って、試合に出て、優勝できるようにがんばります」と定位置争いへ決意を新たに。北條は「全試合出たことないので。結果を出して、そういう選手になりたい」と目標を掲げていた。




    20191224 最初のご挨拶のときに北條くんが糸原さんの応援歌は長い!ってイジってたんだけど、最後期待される来季スタメン順の応援歌メドレーで糸原くんのときは途中カットされちゃって、「あれっ?🙄」ってどこか寂しそうな北條くん愛しすぎませんかぁぁぁ #北條史也 #糸原健斗 https://t.co/8vaaGZcFkk



    東京で行われたファンクラブのクリスマスパーティーには、糸原選手と北條選手が参加しています!年上の糸原選手が「糸ちゃんって呼んできます」と明かすと、北條選手が「いや、糸原先輩って呼んでます」と応戦。会場を盛り上げていました。 #阪神 #タイガース #糸原健斗 #北條史也 pic.twitter.com/9OgPIvIMLo


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎の4番から侍の4番へはばたく!ドラフト2位の井上広大外野手(18=履正社)が14日に大阪市内のホテルで東大阪リトルシニアの激励会に参加し、現役中学生や父兄約160人の前で飛躍を誓った。「是非、阪神タイガースの4番になって!」と声が飛ぶ中、期待の長距離砲は将来的な日本代表の4番奪取へ意気込んだ。

     「これだけ大勢の方が自分のことを祝ってくれたので、とてもビックリした気持ちです。周りの方からの期待を感じるので、皆さんの期待に応えられるように、一日一日頑張っていきたいです」

     六甲おろしの音楽とともにさっそうと姿を現すと、大歓声に包まれた。集まる視線、寄せられる期待の大きさをヒシヒシと感じると、背筋をピンと伸ばした。「小中高と主軸という形で3番や4番を打たせてもらってきたので、プロでも4番バッターを目指して頑張りたいです」。中軸の理想像に挙げるのが履正社の先輩でもあるヤクルト・山田哲だ。

     11月に開催されたプレミア12。韓国との決勝戦で世界一へ導く決勝3ランを放った勇姿がまぶしかった。「期待されている場面で結果を残されたので、やはり一流の選手だと感じましたし、自分も一打で試合を決められるような選手になりたい」。昨年12月末には茨木市内の履正社グラウンドで激励も受けた。「大きいな。プロでも通用するから頑張れよ」――。そのひと言は今も支えだ。

     「高校時代はU18に選ばれなかったので、日本代表としてプレーすることがまだできていません。何としても、何年先になるか分からないですけど、自分の力を十分発揮できる時に日の丸を背負って世界一に輝きたい」

     いずれは虎の4番、そして侍の4番へ。大志を抱いてプロの荒波へ飛び込む。(吉仲 博幸)




    🐯北條... 決めゼリフある!👍 来季お立ち台で公開!ww #阪神タイガース #北條史也 記事デイリーさん pic.twitter.com/LMPnOBh464



    めっちゃ楽しみー😍 #阪神タイガース #北條史也 #決めゼリフ 阪神・北條 お立ち台の決めセリフ「考えます」梅野の“勝つばい”に対抗!?(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000118-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の梅野隆太郎捕手、北條史也内野手が14日、大阪市にある「なんばパークス」の2階、キャニオンコートでトークショーを行った。今回は着用契約する「コラントッテ」と、「スーパースポーツゼビオ なんばパークス店」の主催イベント。優先席は発売と同時に即日完売し、当日の整理券200枚も朝5時前から列に並ぶファンも出るなど、即完売の人気イベントとなった。


     イベント内ではシーズン中の秘話や、来場者の質問に答えるコーナーも。お互いの呼び名を問われると、3学年下の北條が「梅ちゃん!!」と答えて笑わせる場面も。お互いの好きなところを聞かれると、梅野が「北條の髪型」と陳回答で爆笑を呼んだ。これに、北條は「(捕手)マスクを取ったらの甘いマスクです」と応じるなど、軽妙なやり取りで場を盛り上げいた。

     今回は着用契約する「コラントッテ(https://www.colantotte.jp/)」主催のイベント。2人は試合中もネックレスや、腕ループを着用している。この効果について梅野は「(効果を)感じるか感じないかというより、まずオシャレじゃないですか。すごく目立ちますし、ネックレスだけじゃなく、いろんなものを身に付けています」と説明。

     北條は「血流がよくなりました。体が温まります。パジャマもあるので、それを毎日着て寝ています」と効果を明かす。2人とも同社が開発した「スイッチングシャツ」を絶賛。梅野は「遠征でも、家でも同じものを着ています。変えたくないんです」と続けた。

     トークイベント後には写真撮影や、色紙のプレゼント、抽選会。最後には会場のファンと、梅野がお立ち台の決めゼリフにしている「勝つバイ!!」の合唱で締めるなど、大盛況のイベントになった。




    梅野&北條 笑顔でトークイベント  よく食事に行く選手や 互いの呼び名は… 北條 「梅ちゃん」「バズーカ」 冗談を飛ばした後 「梅野さん」と回答 梅野 「ジョー」と呼んでます (スポーツ報知)  https://hochi.news/articles/20191214-OHT1T50161.html 



    🐯 梅野&北條が爆笑トークショー  お互いの好きな所は… 「髪型」「甘いマスク」ww #阪神タイガース #梅野隆太郎 #北條史也 記事デイリーさん pic.twitter.com/1O5IXEc5Go


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神北條史也内野手(25)が13日、漢字1文字で表す来季目標を「打」と定めた。大阪・和泉市の大阪母子医療センターを慰問し、クリスマスパーティーに参加。

    “北條サンタ”は入院する子どもたちとゲームなどで触れ合う中で、来季は木浪や植田らとの激しい遊撃争いに打ち勝つ意気込みを明かした。球場に足を運べない子どもたちのためにレギュラーで活躍し、メディアを通して勇気を届ける。

       ◇   ◇   ◇

    北條は阪神に入団した13年から毎年、障がい児入所施設や母子医療センターを訪問するなど、社会貢献活動を継続している。この日訪れた大阪・和泉市の大阪母子医療センターは故郷の堺市に隣接し、今年で4年連続。クリスマスパーティーに参加し、病気やケガと闘う子どもたち約200人と触れ合った。

    ステージ上で来季の意気込みを示す漢字1文字を聞かれると、「打」と書き込んだ。「打たないと試合に出れない。来年はしっかり、いっぱい(試合に)出て目立ちたいなと思います」。今季は82試合に出場も、スタメン出場は47試合。新人木浪が優勢で、レギュラー定着はならなかった。来季はここに植田ら若手も加わり、激しいポジション争いが予想される。ライバルに打ち勝ち、グラウンドに立ち続けるために「打」のアピールは必須だ。秋季キャンプでも打撃練習に比重を置き、右打ちの技術や長打力の向上を図ってきた。

    試合に出られなかった時間も、決してムダにはしない。悔しい思いをした今季を振り返った漢字は「学」と答えた。控えに回れば、矢野監督が名前を挙げるほど人一倍、声を出してベンチを盛り上げた。その中で、試合に出て活躍するためのヒントを学ぶことができたという。「野球の見方や(捕手の)配球とか、いろいろ考えながら(試合を)見れた。自分ができることをしっかりやって、自分にプラスになるように」。シーズン終盤は起用も増え、DeNAとのCSファーストステージでは1試合5打点の活躍をみせるなど存在感をアピール。「結果を出したら、出場機会も増える」。本人が一番、「打」の重要性を理解している。

    子どもたちを前にして、言葉にした「目立ちたい」という言葉。そこには特別な理由があった。「病気の子たちはなかなか、外に出て(試合を)見れないと思う。試合に出て、活躍してる姿をテレビで見てもらって、勇気を与えれたらいいなと」。子どもたちが病気やけがに打ち勝てるパワーをグラウンドから届ける。心優しき北條サンタは1年中、子どもたちのサンタになる。【奥田隼人】

    ◆今季の北條 開幕1軍も新人木浪に遊撃を譲ることが多く、昨年56試合だったスタメンは今季47試合(遊撃37、三塁10試合)に減少。だが出場機会に恵まれない中、ベンチでの盛り上げ役や代打でバントをこなすなど地道な貢献を続けた。だが終盤は勝負強い打撃で何度もチームを救った。負ければCS進出が完全消滅した9月21日広島戦では、途中出場で5号決勝2ラン。DeNAとのCSファーストステージでは、全3試合にスタメン出場。10月5日第1戦では5打点を挙げ、CS史上最大の6点差をひっくり返す逆転劇を呼び込んだ。




    #阪神 #望月惇志 投手 来年の漢字1字は「勝」 #北條#大阪母子医療センター を慰問 初めての参加でゲームや病室を回って交流 今季 先発プロ初勝利を挙げ1軍登板8試合(先発5試合) #望月「自分が投げて勝ちたい 自分に対しても勝ちたい」 何事にも勝ち病気やケガと戦う子供達に勇気を届ける pic.twitter.com/hwxNq5LBby



    今季の漢字『学』、 来季の漢字『打』だそうです😊 阪神北條サンタ、病気と闘う子どもに遊撃奪取誓う  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912130000805.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の北條史也内野手(25)が10日、西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季年俸2600万円から200万円増の2800万円(金額は推定)でサインした。

     「自分自身、納得のいっていない成績だったので、悔しいシーズンでした。バッティングにまだまだムラがあるので、1年間通して成績を残していきたい」

     今季は同い年の木浪の飛躍もあり82試合の出場で打率・247、5本塁打、20打点だった。レギュラー定着に向けて、今オフもヤクルトの山田哲らと松山で5年連続となる自主トレを行う。まずは打撃向上へ「規定打席はいきたい」と目標を定めて2020年シーズンへの準備を整えていく。




    阪神北條200万円増「来年は自分が」遊撃奪取誓う 木浪んと切磋琢磨してレベルの高いレギュラー争い期待してるよ😊  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912100000315.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神・北條が200万円アップの2800万円で更改「試合に出て活躍するのが僕の目標」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191210/npb19121015120009-n1.html  @sanspocomから CS手当てかな?(笑) 来年はガツンと上げてもらえよ!


    続きを読む

    このページのトップヘ