とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    梅野隆太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は1日、来季の背番号変更を発表し、梅野隆太郎捕手(29)が2014年の入団以来、背負ってきた「44」から「2」に変更となった。代わって北條史也内野手(26)が「26」を付ける。

     阪神の2番の捕手といえば、2010年から3年間、在籍した城島健司氏(44)=現ソフトバンク球団会長付特別アドバイザー=が思い浮かぶ。福岡出身の梅野にとって、城島氏は幼少の頃からのスーパースター。強肩強打の系譜を継ぐためにも、打ってつけの番号だ。

     中継ぎエースに定着した岩崎優投手(29)も「67」から「13」に変更。1002試合のプロ野球最多登板を誇った中日・岩瀬仁紀氏(46)のように、球界を代表するリリーバーとして期待される。また、尾仲祐哉投手(25)が「27」から「40」、長坂拳弥捕手(26)が「39」から「50」に変わる。




    阪神梅野背番号44→2 個人的に44が好きやけど  https://twitter.com/kyuji22fujikawa/status/1333651890995744768 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・梅野隆太郎(29)が25日、甲子園での秋季練習で盗塁阻止の練習に取り組んだ。今季の盗塁阻止率・333はリーグ4位だっただけに「梅ちゃんバズーカ」の“復肩”へ決意新た。投手との信頼関係を強めて、走られないバッテリーを目指していく。

     悔しさの込められた力強い送球が次々と“発射”される。梅野は、動画を撮影しながら二塁送球に取り組み、体の流れなどをチェック。今季・333でリーグ4位に沈んだ盗塁阻止率向上へ、精度を高めていくつもりだ。

     「(送球練習では)力みすぎない、そのワンポイントだけ。一番スムーズに投げられることを意識して」

     盗塁阻止はクイックモーションなど投手との共同作業で、昨年の同・370から悪化した原因がすべて捕手にあるとは言い難い。「今年はギャンブルとかも含めてやられることも多かったし、スローできない状態で企図されたところもある。お互いベストを尽くして企図されないように」。理想はバッテリーとして、スタートすらも切らせないこと。「自然と数字は上がってくる」とけん制、投球の間合いなども駆使しながら、目の前の1個を防いでいくつもりでいる。

     藤井バッテリーコーチは「単独で一塁と一、三塁で走られるのは違う。それ以外にワンバウンドだったりすごいやってくれてる」と数字には表れない貢献度を評価した。その上で「いって欲しい」と4割超えをノルマに設定。「刺したらビッグプレー。相手の野球が止まる」と続け、今季5度企図されて一度も刺せなかった巨人・増田大へのリベンジにも期待した。

     「共同作業でスチールに関しては頑張っていきたい。お互いにピッチャーと寄り添ってやっていきたい。本当にそれだけ」。正捕手には、まだまだ進化できる余地がある。(遠藤 礼)




    阪神・梅野、脱力バズーカ習得や 来季盗塁阻止率4割超えへ制球力に磨きかけた - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201126/tig20112605030002-n1.html  @sanspocomから



    阪神・梅野 バズーカ“復肩”だ!今季盗塁阻止率悔しリーグ4位に進化誓う― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/26/kiji/20201126s00001173136000c.html  完全なる梅ちゃんバズ-カを取り戻す! 盗塁阻止率リーグ4位は悔しい😟🐯 進化を誓う梅ちゃんなのであった😌🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     秋晴れの甲子園でミットを手に白球を追った。藤川も福留も能見もいない来季へ、梅野が頼りになる“兄貴分”となるべく、思いを語った。

     「ここまで上の人が急にいなくなるのは初めて。選手会長であり、捕手というポジションである中で、経験をしているからこそ、チームの状態が悪い時に、底上げを変わらずやっていきたい」

     2018年から選手会長を務め、今季もチーム最多の86試合でスタメンマスクを被った。来季は30歳シーズンで名実ともに中堅となる。しかも、これまで投打の精神的支柱だった3人が抜けたとあれば、背負うべき責任はより大きくなる。

     特に能見とは2016年のオフから自主トレを行い、多くを学ばせてもらった。「アドバイスだったり、プレーでというか、言葉でもすごく重みのある感じだった」。投手から見て、信頼に値する捕手とは。成長の糧としたノウハウは、数え知れない。

     「先輩たちにもらった言葉を、後輩たちにという思いは強い」。今度は自分が後輩に伝えていく番。転換期にあるチームを、引っ張っていく。

     「『しっかりとした準備』。その言葉をずっと言ってきている。準備を怠らず、新たなシーズンを先輩、後輩たちと迎えて、いい年にできるように」

     完敗の2位だった2020年はもう終わり。その目は、早くも2021年シーズンをにらんでいる。(菊地峻太朗)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神1-0DeNA(2020年11月11日 甲子園)

     今季限りで阪神を退団する能見篤史投手(41)がタテジマのユニホームでは最後の登板に臨み、1―0の9回を無失点に抑えて818日ぶりのセーブで締めくくった。

     猛虎での最後の勇姿にオフの自主トレで“チーム能見”としてともに過ごしてきた梅野は涙を浮かべ、勝利投手になった岩貞からはウイニングボールが手渡された。最後はベンチ前でハグをして別れを惜しんだ。




    泣けてきます😢 阪神・能見のラスト登板に梅野が涙 岩貞はウイニングボール手渡す― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/11/kiji/20201111s00001173437000c.html 



    能見投手、阪神のユニフォームを着ての最後の登板、素敵でした。あのきれいなフォーム、いつまでも見ていたい。ファンの方々の大声援に応えてグラウンドを一周していました。終始優しい笑顔で。愛されてますね。梅野捕手の涙が印象的でした。次のチームでの活躍も楽しみにしています。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神-DeNA>◇11日◇甲子園

    阪神大山悠輔内野手(25)が今季限りでの退団が決まっている能見篤史投手(41)のテーマソングで登場した。

    この日も打順は2戦連続の1番。打席に向かう際、GReeeeNの「刹那」が甲子園に流れた。この日がチームの今季最終戦。能見にとってタテジマラストゲームになる一戦で、主砲自ら粋な演出だ。大山は今年、ここまで28本塁打を放って、セ・リーグの本塁打王争いを展開する。1打席目は空振り三振だった。

    また、梅野隆太郎捕手(29)も2回の第1打席に入る際、能見の登場曲を用いた。正捕手定着前からバッテリーを組み、ベテラン左腕から多くを学んだ。感謝を込めて盛り上げた。




    大山第1打席 GReeeeN 刹那 「能見信じて」 #能見篤史 #大山悠輔 #能見信じて #hanshin https://t.co/Wf1VqyptTj



    大山と梅ちゃんの登場曲が能見さんで泣いた😭😭😭


    続きを読む

    このページのトップヘ