とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ドラフト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2017/10/09(月) 09:25:36.65 ID:CAP_USER9
    早実・清宮の受け入れ態勢も着実に進めていく。阪神は8日、兵庫県西宮市内の2軍本拠地・鳴尾浜球場敷地内にあるウエートトレーニングルームの改築を発表した。1位指名を公表している早実・清宮は2日に都内の同校で実施されたプロ10球団との面談で練習環境を重視する旨を示したともいわれる。獲得に成功すれば、現在よりも一層、充実した環境に「ダイヤの原石」を迎え入れることになる。

     同一敷地内に鳴尾浜球場、室内練習場、ウエートルームを完備し、現時点でも練習環境は申し分ない合宿所・虎風荘。若虎たちが日々の生活を送る「虎の穴」が清宮の阪神入りを歓迎するかのように、さらなる進化を遂げる。近日中に改築に着工し、シーズンオフ期間中の竣工を目指している。詳細は明かされていないが、トレーニングルームの敷地面積は現行から倍近くに拡張される見込みという。そこに新たなトレーニング機器が運び込まれ、同時使用できる定員も増加することが確実。より一層、恵まれた環境で練習することが可能になる。

     はからずも、清宮側の思惑に合致する行動となった。面談に臨んだ清宮は、特に練習環境を重視。たとえば西武との面談の席上では、老朽化が進む選手寮などの施設面に関して父・克幸さんから「改善されていますか?」と質問するひと幕もあったという。その面から見れば、阪神は「合格」だろう。

     球団関係者は「今回の改築は、ウエートトレーニングを重視する金本監督の方針をくんでの措置です」と説明した。工事が順調に進めば、今秋ドラフトで獲得する新人選手たちは来年1月の入寮即、新トレーニングルームを使用できる可能性もあるという。タイミングも申し分なしだ。

    doris


    10/9(月) 8:09配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000056-spnannex-base

    引用元: ・【野球】<阪神>1位指名公表の清宮受け入れへ“虎の穴”強化! トレーニングルーム改築

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2017/10/02(月) 18:16:16.09 ID:CAP_USER9
     26日に開催されるNPBドラフト会議の目玉、早実の清宮幸太郎内野手(18)と
    国内プロ球団との面談が2日、都内で行われ、午後には阪神が清宮らと面談を行った。

     午後2時45分に佐野アマ統括スカウト、畑山チーフスカウト、永吉スカウトディレクターが
    学校に到着。それから約55分後に再び校外に姿を現した。

     佐野アマ統括スカウトは「ウチとしては、1位で指名させていただくということを伝えました」
    と本人に直接熱意を伝えたことを明かした。

     この日は午前9時30分前のオリックスを皮切りに、各球団が続々訪問。面談に臨んだ
    各球団はそれぞれに球団の長所などをアピール、本人はもちろん、同席したラグビー・
    ヤマハ発動機監督で父の克幸氏、母にも熱く思いを訴えかけた。

    デイリースポーツ
    doris

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000094-dal-base

    引用元: ・【野球】清宮詣で 阪神は1位指名を伝える、佐野アマ統括スカウトが明かす

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/  2017/09/27(水) 08:00:40.59 ID:CAP_USER9
    阪神が今秋ドラフトで1位指名を表明している早実・清宮幸太郎内野手(18)に対し、10月上旬に行われる見込みの面談で提示する育成プランを作成することが26日、分かった。
    近日中に会議を開く方針で、トレーニング面だけでなくバックアップ体制なども協議する予定。
    12年度ドラフトで藤浪を引き当てた際に専属広報をつけた経験を踏まえながら、検討を重ねていく。

    12球団最速でドラフト1カ月前に1位指名を表明したからこそ、責任がある。
    どんな形で育成していくのか、どんな形で清宮のプロ野球人生を支えていくのか-。
    10月上旬の面談で提示する育成プランを練るために、虎のフロントは近日中にも会議を開き、検討を重ねる方針だ。

    球団関係者は「求められるモノが何なのか、慎重に検討していきたい。当然、しっかりやっていくことになると思う。
    (清宮側に)提出する内容をしっかりと考えて、話し合っていきたい」と語る。

    18歳の高校生にとって、ドラフト前は憧れの部分と現実的な不安が混在する。
    高校通算111本塁打の実力もさることながら、西東京大会で神宮球場を満員にするほどの注目を浴びる清宮。
    阪神は球界屈指の人気球団だけに、マスコミやファンへの対応を含めてバックアップ体制を整える必要がある。

    そこで前例となるのが大阪桐蔭を春夏連覇へ導き、12年度ドラフト会議で競合の末にくじを引き当てた藤浪への対応だ。
    入団1年目は選手経験のある専属広報を起用し、キャンプから付き添わせた。
    慣れない環境、常に注目を浴びる中で戸惑う場面も多い中、的確なアドバイスを送ることで練習やプレーに集中できる環境を整えた。

    「ウチは藤浪の時にもそういう体制を整えてきた経験がある」と同関係者。
    10月上旬にも実施される清宮との面談には、畑山チーフスカウトを中心に臨む予定だ。
    同スカウトも藤浪の担当スカウトとして、寮での生活面などさまざまなところでバックアップしてきた実績がある。

    25日に行われたスカウト会議で清宮を1位指名する方針を確認。
    佐野アマ統括スカウトも「(面談の内容や出席者などは)これから考えます。
    1年生のころから甲子園で活躍して知名度のある選手ですから」と語っていた。

    ドラフトを前に、少しでもプロ入りへの不安や疑問点を取り除いてあげられるように-。
    フロントが検討を重ね、最善のプランを考えていく。

    doris


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000019-dal-base
    9/27(水) 6:08配信

    引用元: ・【野球】阪神「清宮育成プラン」10月上旬面談で提出へ 藤浪のようにバックアップ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★@\(^o^)/  2017/09/22(金) 14:41:32.12 ID:CAP_USER9
     阪神四藤球団社長が22日、兵庫県西宮市の球団事務所で取材に応じ、
    プロ入りを表明した早実・清宮のドラフト1位指名を明言した。

     「くじ引きになると思うが、1位で指名させてもらいます。ぜひとも。
    ずばぬけた存在なので。将来性、スケールの大きさ。大砲は大きな補強ポイントなので」。
    すでに金本監督とも話し合い、1位指名で意見は一致しているという。阪神は
    15年の明大・高山、16年の白鴎大・大山に続き、3年連続で野手を
    1位指名することが確実になった。

    3


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00009594-nksports-base

    引用元: ・【野球】阪神球団社長「ずばぬけた存在」清宮1位指名を明言 

    続きを読む

    このページのトップヘ