とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ドラフト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/26(金) 18:00:08.51 ID:RaGcmwSyp
    阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)が絶好調モードに突入している。敗色濃厚だった25日のDeNA戦(横浜)で9回二死、守護神・山崎から左翼席に今季第4号の逆転3ラン。
    この日は自身7試合連続安打となる3打数3安打2四球3打点の活躍で、今季初のチーム3連勝&最下位脱出に貢献した。

    「大きいのを狙わずにしっかり叩く気持ちで(打席に)入れた。本当に良かったです」と満面の笑みだった近本に、矢野監督は「すごくうれしい! ホームランは想像してなかった。(対戦相手が)ふた回り目に入って、しっかりと対応力を見せてくれている」と最敬礼だ。

    ドラフトは外れ外れ1位での指名。球界の評価も脚力以外は高くはなかったが、開幕からスタメンを勝ち取り23試合に出場、打率3割1分3厘、4本塁打、13打点、3盗塁(25日現在)と堂々たるもの。
    ここまで順調に来た裏にはフロント陣の“自虐的育成術”が奏功している。

    「ウチは昔からドラフト1位の選手が大成しない。当時、どうしてうまくいかなかったのかの話を、何人か例を挙げて近本に伝えてある。
    大概がキャンプの時期から焦って故障し、ダメになるケースが多いので気をつけるように言い続けた。状況を見て『今はアピールする時期ではない』とかね」(球団幹部)

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/26(金) 18:00:23.00 ID:RaGcmwSyp
    いわば「虎のドラ1失敗列伝」。本来は成功例を指南したいところだが、あえて失敗例を主にしたところがミソ。もともとが読書家で賢い近本だけに理解するのも早かったのだろう。
    当の本人も「僕はもともと1位で選ばれるような選手じゃない。4、5位か下位で指名される選手ですよ。いつまでもうまくはいかないと思ってるんですが、今、心掛けているのは常に周囲に惑わされず“どっしり”した態度でいること。焦らずに頑張っていきたい」と応えている。

    再建を目指すチームにとって今や欠かせない存在になった近本。この男が阪神を面白くさせてくれそうだ。

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/26(金) 18:00:39.84 ID:RaGcmwSyp

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1556269208/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    虎も「令和元年ドラフト」の目玉選手を密着マークする。4月5日から行われるU18高校日本代表第1次候補選手の研修合宿を、阪神のスカウト陣が視察する予定。大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)らが一堂に会する機会で、ドラフト注目選手を早くからマークする。

    最速157キロ右腕の大船渡・佐々木は、3月31日の作新学院(栃木)との練習試合で日米18球団45人のスカウトが集結するなど、今秋ドラフトの超目玉選手。これまで甲子園に出場したことがなく、視察する機会は限られていた。今回の合宿には、全国トップレベルの高校生選手が集まり、佐々木の能力を評価するにはこれ以上ない場になりそうだ。

    第1次候補選手には「高校四天王」と呼ばれる大船渡・佐々木、横浜(神奈川)・及川雅貴、星稜(石川)・奥川恭伸、創志学園(岡山)・西純矢の3年生投手4人も選出された。最速150キロ超投手4人の“競演”は今回が初めて。今年のセンバツで及川は1回戦、奥川は2回戦敗退と早い段階で姿を消した。西はセンバツに出場できなかったこともあり、それぞれの選手を1度に視察できるまたとない機会だ。「令和元年ドラフト」を成功させるため、マークを続ける。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904010000473.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     今秋のドラフト指名候補、大商大・大西広樹投手(21)が15日、1軍クラスも出場した阪神2軍との練習試合(鳴尾浜)に先発し、5回2安打無失点と好投した。

     「うれしいです。(フォークでも空振りを奪ったが)1個、上に行くだけで持っていかれる。真っすぐもそう。真っすぐも悪くなかったが、変化球の反応が見たかった」

     スピードガンの最速は144キロ。自己最速148キロには届かなかったものの、キレのあるスライダーとフォークを駆使。内野安打2本のみに封じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000587-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    「高校生投手四天王」の創志学園(岡山)・西純矢投手が9日、香川・丸亀城西との練習試合で今季初先発した。5回を1安打8奪三振に抑え、最速は149キロをマーク。順調なスタートを切った。

    8日に高校野球の対外試合が解禁され、この日が西にとって今季初マウンド。初回、先頭打者を三振に取ると、そこから毎回の8奪三振。「力みなく投げられた」という直球に、2種類のスライダーやカーブなど変化球を試した。1四球と制球面でも安定感を見せた。

    初登板に「少しは緊張した」という西は「いいボールがいっていた。今日はストレートが良かったんで、カーブとかの変化球も生きてきたと思う」と振り返った。

    球速は意識せず、うまく力を抜いて投げていたというが、149キロをマークしたことには「ビックリです」と驚いていた。

    バックネット裏には8球団のスカウトが西の投球を見つめた。阪神の山本スカウトは「ストレートも速いし、変化球も切れる。腕の振りも速い。間違いなく上位候補」と高く評価した。

    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201903090000346.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/07(木)20:05:38 ID:7TL
    2018年 藤原恭大 辰己涼介
    2017年 清宮幸太郎 安田尚憲
    2016年 (単独)
    2015年 (単独)
    2014年 有原航平 山崎康晃
    2013年 大瀬良大地 柿田裕太
    2012年 (当たり:藤浪)
    2011年 (単独)
    2010年 大石達也
    2009年 菊池雄星

    ほぼ全員大当たり

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549537538/

    続きを読む

    このページのトップヘ