とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    狩野恵輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     今年からショートに戻って勝負をかける阪神・鳥谷敬内野手(37)を、デイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏が直撃インタビュー。今年の漢字一文字に「挑」を掲げ、遊撃復帰にかける熱い思いをにじませた。現役生活最後ともいえる大勝負に臨むベテランが、レギュラー奪取への自信、そして引退後の理想像まで語り尽くした。

      ◇  ◇

     狩野「かといってショートしかしません、ということではないですよね」

     鳥谷「自分が一番勝負できるポジションはショートだということで、ショートで勝負したいと。例えばケガ人が出たりとか、チーム状況によってサードに行ってくれと言われれば行くし。ショート以外をやらないということではなくて、自分が一番勝負したいポジションを聞いていただいたから、それはショートで勝負したいと。他のポジションはやりませんよということじゃなくてね」

     狩野「そこは結構、間違えて捉えられている。ショート一本で勝負をかけるということではないですよね。選手は駒ですし」

     鳥谷「勝つために必要な選手でポジションを埋めていくのが野球だし、そういう意味では勝つために自分がセカンドとかサードに入ったりとかはある。シーズンは長いんで、全員が元気でやれるわけではない。一つの駒としてポジションが変わるってことに関しては全然、嫌だとかはない。選手はグラウンドに立たないと意味がないので、ショート争いで負ければ違うポジションを探さないといけない」

     狩野「これまで十分な実績がありますが、今後のモチベーションは」

     鳥谷「今は自分がどういうふうに野球人生を終えていくか」

     狩野「やっぱり終わっていく方のことを考えていると」

     鳥谷「当然、ここから10年先を見てできるわけじゃないので、自分がどういうふうに終わっていくかと考えたときに、チャレンジしないで今までやってきたことに満足することはない。2000本も目指してやってきたわけじゃないしね。最後は勝負して終わりたいなというのはある」

     狩野「じゃあ、ここから質問のテイスト変えていいですか?なんか硬いなあと思って」

     鳥谷「おまえが硬い質問してるんだろ(笑)」

     狩野「引退後の鳥谷敬は何をしていますか」

     鳥谷「理想は何もしない(笑)。あいつはどこにいるんだというぐらい。でも子供がまだちっちゃいからね」

     狩野「子供に野球を指導してみたいというのは」

     鳥谷「野球を教えるなら子供がいいかなとは思う。プロとか野球を仕事にしている人に教えるというのは、そこまで技術もないし、責任持てるかなあというのもある」

     狩野「お子さんから“ショートがいい”とは言われないですか」

     鳥谷「子供は試合に出ればいい。子供からすると(父親が)試合に出てるのが当たり前だったから。いつ球場行ってもお父さんが試合に出てるっていう状態だったのが、出ないかもしれないから行くのやめておこうかなとなってしまう。いつでも来られるような状態にしようかなと思いますね」

     狩野「単純な目標としては全試合出場ですか」

     鳥谷「全試合出るというのが毎年の目標。今年はもしかしたら今までで一番ハードルが高いかもしれないけど、それを目標にしていきたい」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000010-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     今年からショートに戻って勝負をかける阪神・鳥谷敬内野手(37)を、デイリー評論家の狩野恵輔氏が直撃インタビュー。今年の漢字一文字に「挑」を掲げ、遊撃復帰にかける熱い思いをにじませた。現役生活最後ともいえる大勝負に臨むベテランが、レギュラー奪取への自信、そして引退後の理想像まで語り尽くした。

      ◇  ◇

     狩野恵輔氏(以下、狩野)「今年からショートに戻りましたが、サードやセカンドとの違いは?」

     鳥谷敬内野手(以下、鳥谷)「ショートは自分にとって意識せずに動けるポジションだと思っている。サードにはサードの難しさがあるけど、(試合中の)運動量としては“違うスポーツ”ぐらい違いますね」

     狩野「ショートで調整していれば、単純に考えてサードもできるものですか?」

     鳥谷「ショートとして本当に動ける人は、逆にサードの方が難しいと思う。自分がボールを追い越してしまうこともありえるから」

     狩野「自身が描くショートの理想像とは」

     鳥谷「センターラインだし中心なので、チームが苦しいときにはプレーで引っ張るというのはもちろん、内野手だけで何かを選択しなきゃいけないときにしっかりとアドバイスできるような選手がショートにいるべきだと思う。それができるのが理想かなと」

     狩野「若い選手では難しい部分もある」

     鳥谷「この場面はこうした方がいいなとかいう選択肢というのは、経験すればするだけあると自分自身では思ってる。(若手選手には1軍でショートを)1年間守った選手がいないわけだから、そこが勝負の一つのポイントになってくるんじゃないかと思う」

     狩野「今、チームでショートを守っている選手の中では負けないと」

     鳥谷「決めるのは自分じゃない。監督、コーチがどの選手を使うと決めるわけだけど、自分としては持ってるものからすれば、勝てるとは思ってる」

    チームとしても

     狩野「となると、今年一年を漢字一文字で表すとしたら」

     鳥谷「やっぱり“挑”じゃないかな。野球やってきてポジションをずっと守るっていうことを考えてきたのが、ポジションがなくなってね。プロ野球に入って初めてかもしれない。本当の意味での挑戦というのは。ショートもそうだし、チームとしても。今はね。変わるかもしれないけど」

     狩野「オフの自主トレで何か変えてきたものは」

     鳥谷「ショートをやるっていうことで、体重を落としたこともそうだし、ランニングでは細かい動きを多く入れながら内野手としてしっかり動ける準備はしてきた」

     狩野「ハマさん(浜中打撃コーチ)は、鳥谷選手から“これが最後”という覚悟を感じると」

     鳥谷「自分が思うようなパフォーマンスができなければ“明日やめてもいい”ぐらいの気持ちで、プロに入ってきたころから生活してきている。やめる怖さとか、絶対にやめたくないというのはない」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000011-dal-base
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神OBでデイリースポーツ評論家の狩野恵輔氏(35)が25日、大阪市内で行われた「第8回大阪マラソン」に参加し、初挑戦のフルマラソンを5時間00分08秒で完走した。

    ゴールでは足を引きずり、苦しそうな表情をみせたが「沿道で500メートルおきくらいに阪神ファンの人がいて、声援のおかげで最後まで力が出せた」と感謝した。ランナーの中には阪神のユニホームを着たファンらしき人も大勢おり「途中、話しながら走ったりしてうれしかった」と振り返った。

    初マラソンに「精神的プレッシャーは野球のほうが比べものにならないほど大きいが、体力でいうと、マラソンのほうが断然しんどかった。沿道の声援のおかげで走り切れた」と達成感をにじませた。


    1


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/25/0011850461.shtml


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★@\(^o^)/  2017/09/18(月) 19:24:05.12 ID:CAP_USER9
     阪神・狩野恵輔外野手(34)が18日、西宮市内で引退会見を行った。狩野は群馬県出身。前橋工高から2000年にドラフト3位で入団。
    07年4月20日の巨人戦(甲子園)でプロ初安打となるサヨナラ打を放ち、翌日の同戦には初本塁打を放った。09年には捕手として127試合に
    出場しブレーク。しかし、今季は若手の台頭もあり、出場5試合にとどまっていた。一問一答は以下の通り。

     (代表質問)

     「本日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。私、狩野恵輔は今シーズンをもって、引退を決意したことを報告いたします」

     --今の心境

     「そうですね。今はスッキリしています」

     --決意するまでは葛藤があった

     「やっぱり決める前までは、いろいろ葛藤はありましたけど、決めてからは思い切って野球ができていると思います」

     --引退を決めた一番の要因は

     「やっぱり自分の実力というか、そういうのがだいぶ落ちてきたなっていうのが。そのときにそろそろ引き際かなと」

     --いつごろに決めた

     「引退というか、今年のシーズンに入る前に覚悟を決めて、なるべく1軍の戦力としてできるようにと思ってやってきましたけど、開幕してすぐ
    ファームに落ちて、なかなか上がらなかったので、その辺でも自分の中で駄目なのかなと」

     --自分で決めたのか、誰かに相談したのか

     「決意は自分の中だけですね」

     --いつごろ、その決意が大きくなったのか

     「7月の終わりですね、最後ですね。そのときには引退しようかな、という気持ちになりました」

     --その後も1軍出場があったが

     「少し(気持ちが)固まりつつありましたけど、そこでできればまだできるかな、という気持ちもありましたけど、結果、3打席立って凡退して
    ヒットを打てなかったので。最後、三振したときにもう無理かなと」

    中略

     --金本監督には

     「僕がファームに落ちた後(9月4日)広島との3連戦があったんですけど、3連戦が終わった夜に電話しました」

     --どんな言葉を

     「お疲れさま、と。いずれ時間があったら飯でもいこうと」

     --17年間の思い出は

     「思い出はいろいろありますけど、普段のみんなとの会話だったり、会話が一番印象に残ってるというか、楽しかったです」

     --プロ初安打、サヨナラ安打を思い浮かべるファンも多い

     「あのシーンは本当に、まだ僕の実家に飾ってありますし、印象に残る一打でしたけど。他にもいろいろ思い出深い一打だったり、キャッチャーとしても
    思い出深いシーンもあるので、これっていうのは難しいですけど、サヨナラは自分の中でも大事な思い出ですね」 

     --翌日は初ホームラン

     「手応えもありますし、あのときはできすぎやったなと今でも思いますね」

     --波瀾万丈な野球人生

     「なかなか普通の野球選手じゃ経験できないようなことをいっぱいしてきたので。それは自分の財産で。これからも胸に刻んでいきたいです」

     --けがや育成経験もあった

     「辛い時期も長かったですけど、それを超える楽しいこともいっぱいあったので。僕は本当に幸せな17年間でした」

     --一番の支え

     「やっぱり仲間とか家族とか。僕も周りの支えてくれる人に支えられたと思います」

     --育成からもはい上がった

     「野球が好きで、野球しかできなかったので、それができたというか。復活と言われますけど、僕は大好きな野球をやってきただけです」

     --野球が嫌になることもあったか

     「もちろんけがしてるときは嫌というか、しんどかったけど、好きな野球なので我慢できました」

     --狩野選手にとって甲子園球場とは

     「世界一です。それ以外の言葉はないです」

     --いろんなファンからの声援があった

     「それで僕はすごい助けられました。チームメートもそうですけど。いろんな先輩もいますけど、阪神でこれだけ愛された人間はいないと思います」

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000551-sanspo-base
    引退会見に臨む阪神・狩野=兵庫県西宮市の球団事務所(撮影・村本聡)(写真:サンケイスポーツ)
    no title

    引用元: ・【引退会見一問一答】阪神・狩野「阪神でこれだけ愛された人間はいないと思います」

    続きを読む

    このページのトップヘ