とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    髙橋聡文

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の高橋聡文投手(36)が25日、西宮市内球団事務所で会見し、今季限りでの現役引退を発表した。涙のない10分間の引退会見。中継ぎだけで突き進んだプロ18年間に、「野球は自分の人生そのもの。野球が全てでした」と晴れ晴れとした表情で締めくくった。

     中日と阪神で、貴重な中継ぎ投手として活躍した左腕だった。だが、左肩のコンディショニング不良に悩まされたこともあって、今季はここまで1軍登板なし。2軍戦での登板数も減少していた。「引退を決めたのは1週間以内のこと。来年もやろうかな、やめようかなとずっと迷っていた」とここ最近の胸中を明かした。

     数々の修羅場をくぐり抜けてきた男が、現役生活に終止符を打つことになった。中日と阪神でブルペンを支えた高橋聡。強気なマウンド度胸を兼ね備えた左腕は、高岡第一高から01年度ドラフト8巡目で中日に入団。4年目の05年に61試合登板を果たすと、以降は浅尾とともに絶対的守護神・岩瀬につなぐセットアッパーを任される存在となった。

     10年には自己最多の63試合に登板し、4勝1敗、31ホールドで防御率1・61の好成績を残してリーグ優勝を支えた。15年オフにFA宣言し、当時の金本監督から熱烈なラブコールを受けて阪神入り。阪神1年目の16年は54試合、17年は61試合に登板するなど、新天地でもいきなり、猛虎ブルペン陣の一角として存在感を発揮した。

     プロ18年間で、531試合に登板。全てが厳しい場面、中継ぎでの起用だった。「荒れたマウンドがよかった」と中継ぎ魂をのぞかせ、記憶に残る対戦には阪神・金本、同じく今季限りでの引退を表明した巨人・阿部を挙げた。「チームを代表する左打者を抑えること…周りから見たらただの1球でも、でもものすごく考えて投げた1球でした」と誇らしげだった。

     最後に少し悩みながら、「悔いはない」と話した左腕。チームを陰で支え続けた男が、静かに…そして笑顔でユニホームを脱ぐ。




    🐯高橋聡、引退会見は涙なし... 「野球は人生そのもの」 晴れ晴れ表情で...👏🏻😄 お疲れ様でした。🙇 #阪神タイガース #高橋聡文 記事デイリーさん つづく pic.twitter.com/q2U8ab7c9X



    セレモニーはいつやるの? 阪神・高橋聡、引退会見は涙なし「野球は人生そのもの」晴れ晴れ表情で(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000043-dal-base 



    お疲れ様でした🐯 引退を決めるときってそれぞれだし、周りがまだやれるって思ったところで、自分の体のコンディションは自分にしかわからないし。 新しいフィールドでもご活躍されますように🥰 高橋聡、引退会見は涙なし「野球は人生そのもの」晴れ晴れ表情で  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/09/25/0012731796.shtml 



    阪神・高橋聡、引退会見は涙なし「野球は人生そのもの」晴れ晴れ表情で(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000043-dal-base  ドラゴンズ時代の浅尾高橋の並びは手強かったし阪神に来てくれてからは心強かった。投げっぷりの良さが好きでした!お疲れ様でした


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神の高橋聡文投手(36)が今季限りで現役を引退することが23日、分かった。24日にも球団から発表される。中日、阪神で531試合に登板した百戦錬磨も今季は肩のコンディション不良もあり、1軍未登板。熟考を重ねた末、中継ぎ一筋18年のプロ生活にピリオドを打つ決意を固めた。

     富山・高岡第一から01年ドラフト8位で中日に入団。下位指名で、投手では小柄ながらも、投げっぷりの良さとマウンド度胸を武器にリーグを代表する中継ぎ左腕にまで上り詰めた。10年には浅尾との最強のセットアッパーコンビを結成。63試合の登板で4勝1敗31ホールド、防御率1・61の圧巻の成績で優勝に貢献した。

     15年オフに国内FA権を行使して阪神に移籍。現役時代に対戦し、その投球に惚れ込んでいた金本前監督からラブコールを受け、同年12月の入団会見では「阪神が優勝するために自分の持っている全て出したい」と意気込みを口にした。阪神でも16、17年と2年連続で50試合以上登板。17年は61試合で6勝20ホールド、防御率1・70の活躍で強力ブルペン陣の一角を担った。

     一方で、全身を目いっぱい使う力投型だけに中日時代から相次ぐケガに悩まされた。左肩の不安で昨季の1軍戦は15試合。今季も2軍戦16試合に止まり、2年連続でチームに貢献できなかったことで決意を固めた。球界の功労者だけに球団は引退セレモニーも検討。いぶし銀の左腕がついにグラブを置く。




    高橋聡文引退か、2017は筒香抑えまくってるイメージしかないw来た時はやれるんか?と思ってたけど凄い仕事をしてくれましたお疲れ様



    高橋聡文やっぱり引退か。 引退試合してあげて欲しい。 今までお疲れ様でした(_ _)



    おはようございます😃 高橋聡文投手引退 思えば金本前監督のラブコールを受けて要所、要所でええピッチングしてくれたよなぁ 去年、今年は悔しい思いしたけど、中継ぎのシンドイところ よく頑張ってくれました お疲れ様でした! さて、今日から新しい週の方が殆ど 気合い入れて頑張りましょう! pic.twitter.com/bLaJn52JyJ



    ええ高橋聡文引退???!??



    高橋聡文も引退かぁ… 2016.7と金本阪神を支えてくれたのは忘れないぞ😭



    高橋聡文で引退試合をするなら昨日の永川みたいな形が良いかな。けどオープナーのように大瀬良の役割を担う先発が阪神には居ないので、やるならブルベンデーか。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    阪神・高橋聡文投手(35)が6日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季の年俸7000万円から1500万円減の5500万円(金額は推定)でサインした。

    阪神に移籍して3年目の今季は15試合、防御率3・95。「今季は1軍であまり投げることができなかった。(球団からは)もうちょっと投げて欲しかったと言われました」。昨季は61試合、防御率1・70と強力リリーフ陣の一角を担ったが、左肩のコンディション不良もあり大きく成績を落とした。 来季に向け「阪神に来て優勝していないので、まずは優勝したいというのが一番の目標。自分はその力にちょっとでも加われたら」と意気込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000125-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2017/12/06(水) 17:01:14.10 ID:Z2tpwYefa
    阪神・高橋は7000万円で契約を更改「真っすぐを自信を持って投げられました」

    阪神・高橋聡文投手(34)が6日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万増の7000万円でサインした。(金額は推定)

    今季は61試合に登板して防御率1・70。「真っすぐを自信を持って投げられました」。
    26ホールドポイントを獲得するなど、抜群の安定感で虎が誇る鉄壁リリーフ陣を支えた。

    15年オフにFAで阪神に移籍し、来季は3年契約の最終年。悲願の日本一へ「そこ(勝利の方程式)で任せてもらえるのはうれしいですけど、優勝するために上手にサポートできればいいなと。助け合ってしっかりやっていきたいと思います」と闘志を燃やした。


    10


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000085-dal-base

    引用元: ・阪神高橋聡文2000万up7000万でサイン

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/03(土)02:46:39 ID:gpt
    阪神・高橋聡文投手(33)が2日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、
    5000万円でサインした。昨オフ、中日からFA宣言し、阪神と3年総額1億5000万円で契約しており、
    来季は2年目となる(金額は推定)。
    今季はチーム最多となる54試合に登板し、3勝1敗、防御率3・76。
    「内容的には満足できるものではないが、1年間やれたということは自分の中でも自信となった」と手応えを口にした。

    no title

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1480700799/

    続きを読む

    このページのトップヘ