とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    金と茶を復活させたパドレス、パダックが着用した写真をインスタで公開

     パドレスは29日(日本時間30日)、阪神似と話題の新ユニホームを着用した男前ルーキー右腕の写真を公開。ファンが喜びの声を上げている。

     パドレスは来季から球団創設当初に使っていた金と茶を復活させ、これに“タテジマ”が入ったデザインを採用。今季まで青と白がチームカラーだったが、ガラリと変わる予定で、NPBの阪神によく似たユニホームとなっている。

     29日に球団公式インスタグラムで公開した写真は、今季メジャーデビューを果たしたクリス・パダック投手がガッツポーズを作って叫ぶ瞬間を捉えたもの。「シェリフ」の愛称を持ち、1年目の今季26試合登板で9勝7敗、防御率3.33と上々の成績を残した男前右腕にもよく似合っている。

     この写真を見たファンは「ゴー、パドレス」「みんなクリス・パダックが大好き!」「シェリフ(パダックの愛称)はピンストライプも良く似合うね」「パダックの背番号59のユニフォームはMLBショップのどこで見つかるかな?」などと興奮のコメント。新シーズン、パドレスは“タテジマ”のユニホームで躍進できるだろうか。

    Full-Count編集部






    パドレスがタイガースになったw pic.twitter.com/JTMnUXF7Ba



    パドレスの新ユニが思ったより阪神で笑う pic.twitter.com/i9vBUEh7iz


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/22(金) 13:01:10.15 ID:Skj3JyFB0

    米CBSスポーツ(電子版)は21日(同22日)、「過去25年のヤンキースのひどいフリーエージェント(FA)契約」との見出しで、
    「ヤンキースはFA選手獲得が常に成功しているわけではない」とし過去の例を取り上げ、その中に06年にポスティング制度を利用してヤンキースに入団した元阪神の井川慶氏(40)の契約が含まれた。

    CBSは「2006年、ヤンキースは日本の投手、ケイ・イガワと交渉するために2600万ドルのポスティング費を払って大きなチャンスを得た。
    最終的にチームは5年総額2000万ドル(約22億円)の契約を結んだが、それは全くもって機能しなかった」とし、
    「イガワはヤンキース通算16試合の登板で2勝4敗、防御率6・66で日本のプロ野球では功績を残したが、それがなにひとつMLBでは生かされなかった。
    08年、イガワはスプリングトレーニングのあとメジャーに残ることができなかった」と厳しい意見を述べた。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/22(金) 13:01:56.91 ID:mXF7el0da
    井川なんて投げられるだけマシやで

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/22(金) 13:02:59.67 ID:fvdwcQeJM
    阪神のエースがアメリカ史上に残る大契約にカウントされるなんて光栄なんだ🤗

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/22(金) 13:03:59.25 ID:jctwyHnK0
    なんか毎年言ってない?しつこすぎる

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1574395270/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/10(日) 14:40:22.40 ID:fySRvcn5p

    no title




    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/10(日) 14:40:50.95 ID:gJqcfaOn0
    阪神やんけ!

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/10(日) 14:40:58.28 ID:fySRvcn5p
    猛虎魂を感じる
    no title

    13: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/10(日) 14:43:50.68 ID:jJoX8+N1d
    >>3
    Marines is youみたいなキャッチフレーズ

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/10(日) 14:42:27.20 ID:fySRvcn5p
    発表会の様子
    no title

    42: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/10(日) 14:49:35.90 ID:nTzpD3umM
    >>7
    Vやねん!

    16: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/11/10(日) 14:44:23.82 ID:9DGfDPOS0
    思った以上に阪神で草

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1573364422/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     今季、ア・リーグ優勝決定シリーズでアストロズに敗れたヤンキース。悲願のワールドシリーズ制覇を来季目指すことになる名門はラリー・ロスチャイルド投手コーチの解任を発表した。2011年シーズンからヤンキースの投手コーチを務め、黒田博樹投手、田中将大投手らを指導した恩師はテコ入れの対象となったが、米メディアでは65歳の名伯楽を擁護。「ケイ・イガワをサンディ・コーファクスに変貌させる手立てはなかった」と、ヤンキースで不振の日々を過ごした日本人左腕が引き合いに出されている。

    「なぜ、ラリー・ロスチャイルドがヤンキースのポストシーズンの失敗の責任を取らなければいけないのか」と題して特集したのは米ヤフースポーツだった。ヤンキース番の名物コラムニスト、ウォレス・マシューズ氏が9年間ヤンキースで手腕を振るったロスチャイルド氏を擁護。歴代監督はピッチャー問題について報道陣から質問を受けた際、「ラリーに聞いてみないと」が口癖だったほど信頼が厚かったエピソードなどを紹介している。

     その一方で、特集ではメジャーのコーチ陣が選手のパフォーマンスにどれほどの影響を与えているのかは未知数と指摘。そして、日本人左腕の名前が登場した。

    「ヤフーの編集担当が私をF・スコット・フィッツジェラルドへと変えることができないのと同様に、ラリー・ロスチャイルドにはケイ・イガワをサンディ・コーファックスへと変身させることはできなかったことだろう」

     フィッツジェラルドは米国を代表する小説家の1人。ヤンキース番記者が伝説の作家に変貌する可能性と並び、実現困難な事例として井川慶氏とレジェンド左腕の名前が登場している。コーファックスはドジャースでサイ・ヤング賞3度、シーズンMVP1度、ワールドシリーズMVP2度、ノーヒットノーラン3度(完全試合1度を含む)などの偉大なキャリアを誇る名左腕だ。

     井川氏は2006年12月に2600万ドル(約28億円)のポスティング費に加え、5年2000万ドル(約21億6000万円)の大型契約で阪神からヤンキースに移籍した。期待の補強だったが、メジャーではわずか16試合(先発は13試合)登板で2勝4敗、防御率6.66。最後の3年間はメジャーが登板なく、マイナーで過ごした。ニューヨークメディアの特集でヤンキース史上最悪の補強の1位に選出されたこともある。

     退団からすでに8年の月日が経っているが、辛辣なNYメディアにとっても忘れがたい補強のようだ。





     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00594704-fullcount-base  永遠に許されないケイ・イガワ アイツらほんとイガワのこと好きだな



    【MLB】解任されたヤ軍投手コーチを米記者が擁護 なぜか「ケイ・イガワ」の名前が登場!?(Full-Count) - Yahoo!ニュース ヤンキースファンのニューヨーカー、井川に親殺されすぎ問題  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00594704-fullcount-base 



    ある意味田中より黒田よりケイ・イガワの方がニューヨーカーだろ



    何かとケイ・イガワをネタに使うのほんと草 pic.twitter.com/5THpuPu6z7


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/18(木) 16:25:06.77 ID:FwmVhsKx0
    元阪神のロッキーズ呉昇桓投手が右肘手術のため今季絶望となることが分かった。地元メディア「デンバーポスト」が伝えている。

     記事では「ロッキーズの救援投手スンファン・オがシーズン終了となる右肘のクリーニング手術を受けることになる」との見出しで呉昇桓の手術を伝えている。関節鏡視下手術は韓国で行われる予定となっている。

     昨季途中にブルージェイズからロッキーズに移籍した呉昇桓は、ロッキーズでの25試合で8ホールド、防御率2.53と活躍。記事では「ポストシーズンに進出したロッキーズの後半戦(の活躍)に貢献した」と称賛している。

    しかし今季は21試合で防御率9.33と絶不調。6月10日から腹部の張りでIL(故障者リスト)入りしていた。

     MLB公式のロッキーズ番、トーマス・ハーディング記者がツイッターで呉昇桓の手術に言及すると、今オフにはFAとなる呉昇桓の幸運を祈るファンの声で溢れた。

    「残念だ。オの(ロッキーズへの)貢献に感謝しているよ。そして彼の幸運を祈っている」

    「こんな終わり方じゃなければよかったのに。けど私が思うに、この手術の後にもし彼がまだプレーするなら、KBOだろうね」

    「来年は幸運を祈るよ、スンファン」

    「マジかよ、彼の幸運を願っているよ」

     7月15日に37歳を迎えた呉昇桓。阪神で2年連続セーブ王に輝き、2016年にカージナルスに移籍すると、メジャー4年で通算232試合登板、16勝13敗42セーブ45ホールド、防御率3.31という好成績を残していた。

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/18(木) 16:25:23.49 ID:FwmVhsKx0

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/18(木) 16:25:55.29 ID:B61u6RJNa
    まだ投げれてたのか

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/18(木) 16:27:19.17 ID:KH2ol1dhM
    結構投げてたんだな

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/18(木) 16:27:31.38 ID:ha/WApZA0
    232試合
    そら壊れますわ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1563434706/

    続きを読む

    このページのトップヘ