とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◆ア・リーグ ブルージェイズ5―4オリオールズ(28日、セーレン・フィールド)

     前阪神でブルージェイズのラファエロ・ドリス投手(32)が、28日(日本時間29日)、本拠地でのオリオールズ戦で、カブス時代の2012年5月6日のドジャース戦以来となる今季初勝利を挙げた。

     3―3で迎えた延長10回に5番手として登板、1点を失ったものの、その裏、グリチャクの2ランで逆転サヨナラ勝ち、白星が転がり込んだ。モントーヨ監督は「今日のように、とてもエキサイティングな試合が続いている。ここまで(30試合で16勝14敗)とても、いい野球が出来ている」と話した。

     殊勲のグリチャクが生還すると、ジャッキー・ロビンソンの背番号「42」を着た仲間と共にベンチを飛び出し、歓喜の輪に加わったドリス。最後のメジャー勝利から、実に8年の歳月が流れていた。日本球界を経て復帰した舞台で、3036日ぶりの白星をつかんだ。

     4年間在籍した阪神では96セーブを挙げ、昨オフ、年俸100万ドル(2年目は球団オプション)の単年でブ軍と契約。メジャーに返り咲いた。19日のオリオールズ戦で8年ぶりのセーブを挙げ、23日にオンライン会見に対応。開幕序盤は直球の制球に苦しんだが、「低く投げすぎていたので、高めを心がけている」と、修正したことを明かすと同時に、「自分は最後のチャンスだと思って日本に行き、そこで、たくさんのことを学ぶことができた。今は過去を顧みず、新しいピッチャーになったつもりでプレーしている」と充実した表情で語った。

     中継ぎ陣には、26日にメジャー初勝利を挙げた山口俊投手(33)もいる。「ブルペンには、才能ある投手がそろっている。連投で疲れもあるが、皆がカバーしあっているし、雰囲気はとてもいい」とドリス。日本球界コンビが、ブ軍の大きな戦力となっている。(一村 順子)




    ドリスが勝ち投手になってる



    前阪神のドリスがメジャー8年ぶり勝利投手 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20200829-OHT1T50221.html  ブルージェイズがやっと延長で勝てたのかよかおめ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/24(月) 12:52:22.65 ID:CAP_USER9
    真ん中高めの甘い1球に、なぜか球審の手は上がらず

     ここ最近、波紋を呼んでいる米大リーグでの審判の“謎の判定”。23日(24日)のアスレチックス―エンゼルス戦でも明らかなストライクがボールと判定されるケースが発生。実際の動画を米メディアが公開しているのだが、米ファンからは「球審はお金を貰っているだろ!」「審判を解雇しろ!」などとブーイングが起きている。



    「間違いなくひどい判定」
    「この球審はお金を貰っているだろ!」
    「ストライクゾーンなのだが…」
    「ロボット審判を早く」
    「今年の審判は特にひどいような気がする」
    「週に数回どころじゃない」
    「審判を解雇しろ!」
    「冗談だろ」
    「史上2番目にひどい判定だ。最もひどい判定は数日前に起きた」

     先日の試合でもツインズ―ロイヤルズ戦や、ドジャース―ロッキーズ戦でも発生した明らかなストライクボールをめぐる“誤審”。度重なる判定のミスに米ファンは怒りを募らせている。なお試合はアスレチックスが5-4でサヨナラ勝ちしている。

    1


    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9e6a650a21a5ff66b05ac543a6f9be889a5d907
    no title

    https://the-ans.jp/news/124492/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=124492_6

    33: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/24(月) 13:28:42.25 ID:oyvU9zCA0
    >>1
    誤審で勝ってもモヤモヤして心から喜べない。
    誤審で負けたら悔しくて納得出来ない。
    もはや人間がジャッジするのは害悪でしかないと思う。
    今の時代でも数十台のカメラ/モニターと数十ヶ所のセンサーで人間より遥かに正確なジャッジが出来るだろうに。

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/24(月) 12:53:54.25 ID:KeENv+sc0
    バッテリーは淡々としてるな
    納得の判定ってことか

    引用元: https://twitter.com/NBCSAthletics/status/1297679823062458368

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/24(月) 18:08:01.35 ID:SjvD6Vofp
    no title

    no title

    no title

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/24(月) 18:08:21.95 ID:SjvD6Vofp
    福留ブチ切れてて草

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1598260081/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆ア・リーグ レイズ5―6ブルージェイズ(20日=トロピカーナ・フィールド)

     5連勝の首位レイズを延長10回、タイブレークの末に下して、ブルージェイズが2016年7月以来の6連勝を達成した。

     試合の鍵となったのが、ウェンデルの2点適時打で4―4の同点に追いつかれ、なおも無死一、三塁となった6回。2番手左腕・ブルッキに対して、レイズが筒香に右打ちの代打マーゴットを送ると、前阪神のドリスを投入。マーゴットを二飛、レンフローを中飛、キーアマイヤーには四球を出したが、ペレスを空振り三振に仕留め、絶体絶命のピンチを救った。

     「ブルペンは皆、よく頑張ったが、中でもドリスが大きかった。彼が今日の試合のMVPだ。素晴らしいピッチングだった」とモントーヨ監督。守護神・ジャイルズが負傷者リスト入りしている中、19日のオリオールズ戦では、メジャーでは自身8年ぶりとなる今季初セーブも上げた。

     2月に100万ドル(約1億円)で1年契約。新型コロナウイルス感染拡大で遅れたペナントレースに入っても、12試合、4ホールドはともにチーム2位(0勝1敗1セーブ)とセットアッパーとして重要な戦力となっている。

     前日のフィリーズ戦で2回2/3無安打投球だった山口俊を含め、ブルペン陣の調子が上向きだ。「我々の連勝の大きな要因はブルペン陣の踏ん張りだ。皆グレイトな仕事をしている」と指揮官。首位ヤンキースに2・5ゲーム差に迫った。(一村 順子)




    ドリスといい、鳥谷といい辞めさせた選手は活躍するねぇ〜 それに比べて優遇してる『お気に入り』は… ブルージェイズ6連勝 指揮官は「(前阪神の)ドリスがMVPだ」と絶賛 #SmartNews  https://hochi.news/articles/20200822-OHT1T50096.html 



    ブルージェイズ6連勝 指揮官は「(前阪神の)ドリスがMVPだ」と絶賛(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース ドリスはうちが育てた  https://news.yahoo.co.jp/articles/8ef58da88ccbfd1cbf796966783d3041eb1e8d17 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    doris


    米名物セレブが元阪神ドリスの156キロの勝負球に注目「いやらしいほど素晴らしい」

    ■レイズ 3-2 ブルージェイズ(日本時間17日・バッファロー)

     元阪神でブルージェイズのラファエル・ドリス投手は16日(日本時間17日)、ニューヨーク州バッファローで行われたレイズとのダブルヘッダー第1試合で救援登板。7回途中から5番手として登板し、1回1/3を3奪三振、無安打無失点に抑えた。米投球研究家は97マイル(約156キロ)のツーシームに注目している。

     ドリスは2-2で出迎えた7回1死満塁の大ピンチで救援。まずは左打者のウェンドルを外角低めへ決まる156キロの球で空振り三振に仕留めた。この投球に「ピッチング・ニンジャ」の愛称で高度な分析を行い、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏も注目。「いやらしいほど素晴らしい97マイル(約156キロ)のツーシーム」と決め球を動画で紹介した。

     ファンからも驚きのコメントが多く集まった。「10回見たけど、まだ見えない」「史上最もリラックスした97マイル」「なんでこれが公平なのかわからないよ」「彼は野手みたいに見えるけど、突然いともたやすく97マイルを投げてしまう」「この力感のない投げ方だと私は35マイル(約56キロ)も出せないだろう。それなのに彼は97マイルを記録するなんて」「このリリースだと手からボールが離れるところはほとんど見えないだろう」などとコメントされた。

     7年ぶりにメジャー復帰したドリスは今季9試合登板し、0勝1敗、防御率4.00。計9イニングで10三振を奪っている。次はどんな球を見せてくれるのか。元阪神の助っ人右腕が投じる“極上球”に今後も注目だ。




    Rafael Dolis, Filthy 97mph Two Seamer. 😷 https://t.co/rTDUjnHtfi



    @PitchingNinja @tanaka19960727 猛虎魂を感じる


    続きを読む

    このページのトップヘ