とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    守屋功輝

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     楽天に競り負け、1分けを挟んで4連敗となった阪神・矢野監督は近年は年に1度となっている倉敷での敗戦を悔やんだ。

     「岡山は僕らにとって熱い声援を送ってくれる地域なんでね。勝てなくて申し訳なかったですけどね。この悔しさを明日以降につなげていきたいですね」

     3―3の8回から2番手として送り込んだ地元・倉敷工出身の守屋が誤算。先頭からの連打で1死二、三塁とするとウィーラーに決勝の右邪犠飛を浴びた。昨年の2軍監督時代から期待をかけてきたプロ5年目右腕を責めることはせず「勝負の場面で投げられるところまで来たのは、守屋の成長だと思う。そこからさらにステップアップするところでは、あそこで抑えていくのが必要になってくる。また大きなところをクリアしていってもらいたい」と熱い言葉を口にした。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/06/18/kiji/20190618s00001173409000c.html



    今日は矢野監督の優しさというか親心が出てしまったな 本来は球児の場面で地元の守屋やからね



    @HTno1_ まあこれも優勝に繋がる大事な1敗ですね



    @HTno1_ 守屋の場面は、高山が変なとこに守ってたのと打球の反応が悪すぎたのが原因やろ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「交流戦、阪神3-5楽天」(18日、倉敷マスカットスタジアム)

     阪神が痛恨の逆転負けで、引き分けを挟んで今季3度目の4連敗。凱旋登板となった守屋が同点の八回、2点を失って今季初黒星を喫した。

     試合は初回、2死一塁から大山、マルテの連打で1点を先制した。二回、遊撃・北條の送球ミスで同点に追い付かれたが、三回に近本の右越え6号ソロで勝ち越しに成功した。実に4試合、23打席ぶりの安打が本塁打になった。

     カウント2-2から左腕・塩見が投じた8球目。内角寄り119キロのスライダーをコンパクトなスイングで捉えた。鋭い打球は失速することなく一直線に右翼席へ到達。5月26日のDeNA戦以来となるアーチで、一時勝ち越しの一発となった。

     「先頭だったので、自分の仕事をしようと意識して打席に入りました。ここのところ打つことができていなかったので、何とかヒットでチームに勢いを付けたいと思っていましたが、最高の結果になりました」

     この試合前まで最近10試合で打率・067と苦戦していたルーキー。「見つめ直してやっていきたい。相手に合わせて考えながらやっていければいいと思う」と必死に模索していたが、ようやく復調へのきっかけとなる一発を放った。

     それでも続く四回、メッセンジャーがウィーラーに節目の100号2ランを浴びて逆転された。続く裏の攻撃で、塩見の暴投の間に同点に追い付いたが、同点で迎えた八回だった。倉敷市出身の守屋が凱旋登板。温かい拍手でマウンドに上がったが、浅村、ブラッシュに連打を浴びると、1死二、三塁からウィーラーの右犠飛で勝ち越しを許した。

     さらに2死三塁から、代わった島本が辰己に左前適時打を浴びると、続く山下に頭部死球を与えて危険球退場。守屋は29試合目の登板で、今季初黒星となった。逆転負けは今季7度目。4連敗中3度の逆転負けと、接戦に競り負ける形が続いている。

     19日は甲子園に場所を移し、チームトップの5勝を挙げる青柳が先発する。4位・DeNAとはまだ3ゲーム差あるが、早めに連敗を止めておきたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000617-san-bus_all



    阪神 3 - 5 楽天 [負] 守屋2勝1敗0S [ホームラン] 近本 ソロ6号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20190618.html  pic.twitter.com/VJeA9hE3rk






    @TigersDreamlink 北條選手、もう7年目なんだから、少しは守備向上させてや。呆れて言葉がでないです。



    @TigersDreamlink 倉敷遠足お疲れさんでした〜


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     (セ・リーグ、広島5-7阪神、12回戦、広島7勝5敗、2日、マツダ)阪神は守屋が好救援。六回にガルシアが5点を失い、ピンチの場面で、2番手で登板した。4番鈴木を148キロの直球で見逃し三振に仕留め「絶対に抑えようという気持ちで行った」と誇らしげだった。

     七回からは藤川、ジョンソン、ドリスが得点を許さなかった。矢野監督は「すごく難しい場面であいつ(守屋)の良さが出た。しっかりうちらしいつなぎをしてくれた」とねぎらった。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190602/tig19060219440018-n1.html



    広島二死 一塁、二塁 阪神 ガルシアに変わり守屋 4番 鈴木 vs 守屋 よく頑張った守屋😆 https://t.co/eHu1W2kvkM



    よーしよし、勝てた勝てた👍✌️ しかし、 負けるにしてもこれぞカープって 感じの負け方よな。 改めて阪神のリリーフの偉大さに 気付いた。 守屋もあそこのワンポイントよく 抑えてくれました!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     (セ・リーグ、阪神2-10広島、7回戦、阪神4勝3敗、17日、甲子園)九回途中から登板した守屋は、ピンチをしのぐことができず猛省した。「申し訳ないです。次は絶対にやり返します」。2死二塁の場面でマウンドに上がると、いきなり代打・磯村に左前打。続く野間に四球を与えると、そこから3連打を浴びて5失点。代わった石崎も勢いにのった打線を止められず、「今日は今日、明日は明日で切り替えてやっていきます」と次に向けて気持ちを切り替えた。


    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190518/tig19051805010011-n1.html


    昨夜の阪神、結果的に大敗のようやけど 相手先発を交代させたことは、結構評価できると思う。 守屋投手も経験。相手の前王者の雰囲気にのまれただけやと思う。 序盤戦で経験できたのは、大きい。





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <巨人8-13阪神>◇15日◇東京ドーム

    阪神守屋功輝投手(25)がプロ5年目で、初勝利を挙げた。1点差に迫られた4回2死一塁から登板すると、4人を完璧に抑えた。好リリーフの右腕を、日刊スポーツ評論家の中西清起氏が解説した。

    【写真】巨人に連勝した阪神矢野監督は守屋の頭をたたきねぎらう

       ◇   ◇   ◇

    投手のヒーローは守屋だ。菅野の適時打で1点差に迫られた4回2死一塁で登板。直前の菅野の適時打は巨人のリクエストが成功したもので、球場全体のムードも完全に巨人に行っていた。さらに原監督は前の打席で本塁打を打った石川に代えて左の重信を代打起用。阪神ベンチも予想外の心理戦だったかも知れない中で、守屋は重信を力で内野ゴロにねじ伏せた。

    その力投に応えるように5回、福留が再び流れを呼び戻す千金の1発。これでペースは阪神に来たが、それを加速させたのが守屋だ。その裏は2番からの嫌な打順だったが、坂本勇を左飛に打ち取ると、丸は148キロで見逃し三振。岡本は150キロで空を切らせた。それが6回の菅野KOにつながっていった。

    一番の良さは打者に向かっていく気迫。そして150キロ台の真っすぐも変化球も腕を振って投げていたことだ。打者から見て、ストライクを置きにいく投手が一番怖くない。逆に腕を振ってくる投手が一番怖い。それも150キロ出ていたら、少々甘くなっても簡単には打たれない。一番大事なポイントを抑えてのプロ初勝利は自信になるだろうし、今後も楽しみだ。チームも前日は逆転、この日は菅野に打ち砕いての2連勝は大きい。6戦全敗のイヤな感じも払拭した。次の巨人戦は逆に優位に戦える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-05151190-nksports-base



    流れを強引に引き寄せた守屋のピッチングは、特筆に値する内容でした。 流れ呼び戻した阪神守屋、気迫で打者威圧/中西清起  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201905150001190.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから



    福留のホームランと守屋の力投で流れ呼び戻したね #hanshin #tigers


    続きを読む

    このページのトップヘ