とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     コロナ禍の今オフの新外国人補強はどうなるのか―。

     9月末までの補強期間は巨人や楽天を筆頭にトレードが中心だった。2月以降は6件が成立し、助っ人勢ではウィーラーが池田駿との交換で楽天から巨人へ、DJ・ジョンソンも金銭で広島から楽天に移籍。新規契約の外国人選手獲得は、新型コロナウイルス感染拡大の影響から9月上旬に政府がプロスポーツ選手の入国を特例的に許可してから、元・中日で米大リーグ・マリナーズを自由契約になっていたチェンがロッテに加入しただけに終わった。

     当然、来季に向けた補強戦略に新助っ人獲りは不可欠なポイントだが、あるパ・リーグの国際渉外部門の関係者は「このオフは本当に難しいと思います」と嘆く。主なマーケットとなっていた米マイナーリーグが中止となり、メジャーも無観客試合のままレギュラーシーズン終了。編成トップや渉外担当の渡米による視察はおろか、駐米スカウトも球場に立ち入れず、調査がままならない状況が響いている。

     「そもそも、マイナー選手は公式戦がない状況でどこまでプレーできるのか。新たに獲得するとなっても、映像やデータに対するウェートが大きくなる。それに、感染予防を考えると、ドミニカのウインターリーグなどを視察することも厳しい」と同関係者。それだけに、近隣の韓国プロ野球に熱視線を送る球団が多く、現有戦力の見極めもより重要になってくるという。

     逆に「売り手」はどう考えるのか。米球界の大手エージェント会社関係者は「難しい部分はあるが、これまでの各球団との信頼関係、実績も関係してくる。あとはこれまでと変わらないことだが、そのチームのウィークポイントを分析して提案していく」と話す。そして、一つのプランとして挙げたのがクライアントの選手を直接チェックする機会の提供だ。

     「例えば、駐米スカウトを練習施設に呼び、興味を持った選手の投球練習や打撃練習などを見てもらう。そうすれば、より評価してもらいやすいのではないか」

     果たして、未曾有の事態に陥った今年のオフの助っ人市場は活発化していくのか。いずれにせよ、各球団フロントがこれまで培ってきた補強ルート、目利き、決断力がより問われることになりそうだ。

    (阪神担当・小松 真也)




    記事を見るとカープの場合、駐米スカウトのシュール達が選手をチェック出来れば、ってところか コロナ禍の今オフの新助っ人補強はどうなる? 買い手と売り手の苦悩は…「本当に難しい」(スポーツ報知) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/50677293d25c4b2cd84dfd1b57d9981a80cbb5f7 



    コロナ禍の今オフの新助っ人補強はどうなる? 買い手と売り手の苦悩は…「本当に難しい」 : スポーツ報知 2.3年は難しいだろうな… ウェインも来年までを見越してるだろうし… あと来季も契約するメンバーはどうするかも迷いどころ  https://hochi.news/articles/20201014-OHT1T50135.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神陽川尚将内野手が2軍練習に合流し、チーム内のコロナ禍で離脱していた11選手全員が復帰した。

    核酸増幅法検査で2度の陰性判定が出たため、この日から鳴尾浜で練習を再開。「社会人としてルールを破ってしまったことは反省しています。やってしまったことは野球で何とか取り返すしかないと思っている。今後は自覚を強く持って、やっていきたいと思います」。2軍本隊とは別メニューで、キャッチボールや室内練習場での打撃練習で汗を流した。




    11名全員が、無事にグラウンドに戻ってくることができました。 阪神陽川が2軍練習合流、コロナ離脱の全11人復帰  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010130000735.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の矢野燿大監督(51)が、8月の広島遠征で球団の内規に違反する5人以上による会食をしていたことが12日、夕刊フジによって報じられたが、球団は、会食があったことを認めた上で事前に球団本部の責任者が相談を受け許可したもので内規違反にはならないとの見解を示すコメントを発表した。

     球団は、外食許可日かつ比較的感染者数の少ない広島での開催であり、監督のチームマネジメント、チーム力強化に資する内容と判断して会食を許可したという。阪神は新型コロナウイルスの感染を予防するために遠征中の外食可能日を設定した上で「4人以下」「同ポジションを避ける」「個室利用」などの細かい内規を定めていた。だが、9月19日に、その内規に違反した会食が行われ、選手、スタッフら7人(最終的に9人)の“集団感染“を引き起こす遠因となったため、8人での会食など内規に違反した選手にレポートを提出させ面談した上で11日に福留、糸原、岩貞ら10選手とスタッフ1人に制裁金というペナルティを科していた。

     3月には藤浪ら球界初の新型コロナ感染者を出したが、その際、プライベートな会食に参加しており、球団の管理の甘さが指摘されていた。そして、9月に再び感染者を出したため、一連の不始末の責任を取る形で9日に揚塩球団社長が今季限りの辞任を表明している。

     球団の内規は公表されておらず、「球団の許可を得た場合は除く」との特例事項があるのかどうかも定かではない。だが、球団の矢野監督を特例扱いにしたダブルスタンダードともとれる今回の判断にネット上では批判の声が殺到している。
    「矢野監督は辞任すべきだ」、「監督も情けないし球団も情けない」、「これはアウト」、「監督だけを何とか守りたかったのだろうが、もっとマシな言い訳が出来ないものか」、「自主性とか言いながら、この監督は責任者としてすべきことを放棄している」、「選手を連れて大人数で会食しようとする監督もそれを許可する球団もどちらも意識が低すぎる」
     どれもが的を射た意見だ。

    ▼記事全文はこちら



    NPBが定めた事ならともかく、社内の決め事を会社が許可した事に対し、外部の人間が何故そんなに躍起になるのか…。 阪神・矢野監督の大人数会食を奇妙理屈で「内規違反ではない」と擁護した球団姿勢にネットは批判炎上…「監督は辞任すべき」の声も(THE PAGE) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1bb01dacf58b85c7a440feab086afdcc7fafa95b 



    阪神・矢野監督の大人数会食を奇妙理屈で「内規違反ではない」と擁護した球団姿勢にネットは批判炎上…「監督は辞任すべき」の声も(THE PAGE) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1bb01dacf58b85c7a440feab086afdcc7fafa95b   どうしたら阪神球団が強くなるか‥との議論をもっとした方が良い。足の引っ張り合いを優先する球団ではいけない。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は12日、福留孝介外野手(43)、岩貞祐太投手(29)、岩崎優投手(29)、糸原健斗内野手(27)、江越大賀外野手(27)、小林慶祐投手(27)、木浪聖也内野手(26)、馬場皐輔投手(25)、小川一平投手(23)、浜地真澄(22)、およびスタッフ1人に制裁金を課したことを発表した。

     福留、岩貞ら7選手とスタッフ1人は名古屋遠征中の9月19日に「最大4人」という球団内規に違反する8人で会食。岩崎、馬場ら4選手も同日に「同ポジション禁止」というルールを破って会食し、どちらからも新型コロナウイルス感染者が出ていた。

     球団はこの日までにリポートを提出させ、面談を実施。その内容を鑑み、制裁金を課すことを決めた。徴収した制裁金は後日、慈善団体へ寄付する予定。寄付には球団の責任者も参加する。面談が終了していない陽川尚将内野手(29)については、後日処分を行う予定。




    \阪神 福留や糸原らに制裁金の処分/ ✅コロナ大量感染、会食ルールを破り 詳細はこちら👇  https://sportsbull.jp/p/855607/ 



    制裁金で済ませるのはさておき、そもそもあの8人だけでいいでしょ。 感染したこと自体じゃ無くてチームで決めていたルールを破った事が問題 阪神 福留や糸原らに制裁金の処分 コロナ大量感染、会食ルールを破り/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/10/11/0013774771.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神タイガースの揚塩健治球団社長(60)が9日、辞任する意向を固め、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を開いた。球団内で新型コロナウイルス感染者が相次いだことなどによる引責辞任で「3月に続いて今回、2度にわたって球界全体にご迷惑をかけた事実は否めません」と頭を下げた。

     阪神では3月に藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手らが、新型コロナウイルスに感染。当該選手らは大阪市内で食事会に参加していたことが、結果的に大量感染につながった。

     9月には糸原健斗内野手ら複数の選手と、スタッフ計9人が感染。同19日に遠征先の名古屋で球団が定めていた内規を破り、8人での外食や同一ポジションの選手同士での外食などが判明した。

     揚塩社長は今後の新たな対策として「まずは遠征における外食は一切、禁止しました。それから、従前から進めている感染予防対策、これについては再度見直し徹底して、ベンチ内でのマスク着用とかロッカールーム内でも必ず着用するなど、今までやってきた対策をさらに徹底して行うように指示しております」とした。

     また、コロナ感染者らにはリポート提出と、球団幹部による個別面談を実施。「それぞれの反省の度合いを確認し、厳しく社会人、野球人としての今後の行動を注意しています」とし、具体的な処分については明らかにされなかった。




    #阪神タイガース #揚塩球団社長 虎の再起を応援してます! 阪神 遠征先では一切外食禁止に コロナ対策「再度見直し徹底して」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201009-00000096-dal-base 



    阪神 遠征先では一切外食禁止に コロナ対策「再度見直し徹底して」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/10/09/0013769370.shtml  @Daily_Onlineより リポート提出だけじゃなくて、中心だった福留さんが然るべきときに会見なり開いて説明するべきでしょうよ…


    続きを読む

    このページのトップヘ