とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ファーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    【内田雅也の追球 特別編】
    見つかった幻のジャガー・マーク 伝説のデザイナー早川源一氏の原作を復元


     【幻の「ジャガー・マーク」を発掘、復元】阪神2軍が「阪神ジャガーズ」と改称した1954(昭和29)年ごろ、ペットマークとして描かれた「ジャガー・マーク」が見つかった。大阪市内のスポーツ用品卸売・製造会社「シウラスポーツ」にモノクロ写真で残っていた。球団創設時、「トラ・マーク」をデザインした名手、阪神電鉄宣伝課の早川源一氏(1906―76年)の作品とみられる。実際は使用されなかった「幻のマーク」を発見者の会社員がこのほど復元した。

     幻のジャガー・マークを見つけたのは芦屋市の会社員(鉄道設計技士)、大森正樹さん(53)でデザインやブランドに関心を抱いた阪神ファンだ。大学でデザインを専攻し、日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)、日本デザイン学会の会員でもある。

     特に球団創設初年度の1936(昭和11)年から今も使い続けるトラ・マーク、球団旗、Tigersロゴなどを描いた当時阪神電鉄宣伝課の早川源一氏に注目し、個人的に研究を続けている。

     その過程で知り合った早川氏の孫、早川恵さんから「祖父の作品が残っている」と聞き、昨年11月、そろって大阪市天王寺区のシウラスポーツ用品を訪ねた。数あるデザインやイラストで目にとまったのがジャガー・マークだった。モノクロ写真で残されていた。

     「瞬間的に阪神ジャガーズだ!と思いました」と大森さんは言う。早川作品だと直感した。「目、鼻、ひげ、牙のパーツ、コントラストの境界の引き方、画角(どの視点からみているか)も斜め前からで、完璧にトラ・マークと共通している。トラをデザインした人自らが弟分として描いたとしか思えない」

     阪神ジャガーズはセ・リーグ2軍が新日本リーグを結成した1954(昭和29)年に定めた2軍独自の名称。神戸市民球場を本拠地とした。胸にJaguarsとロゴの入ったユニホームが作られた。そのペットマークに違いないが、実際には使用されなかった。

     また、阪神1軍ビジター用ユニホームのOSAKAロゴの3種類の原案も見つかった。1つに鉛筆で「合格」と書かれている。54―57年と実際に使用されたものだ。

     シウラスポーツ用品会長の志浦宏一さん(78)によると、同社は阪神と取引があり、ユニホームも納めていた。早川氏とも交友があった。「ユニホームの素材はウールで、阪神からのオーダーがなくなった時、生地でブレザーを仕立てて、社員が着ていました」

     父親の創業者、志浦外二(そとじ)氏(1913―2008年)は富山県高岡市生まれ。スポーツ用品卸売のイシイカジヤマに勤めて独立、38年3月15日、大阪・お初天神で創業。戦災にあい、心斎橋に店を構えた。

     藤本勝巳、藤井栄治、大津淳ら選手とも親交が深かった。三宅秀史と個人契約しスパイクなど用具を納めた。自宅に泊まりに来る間柄だったコーチ・藤井勇の紹介でマイク・ラインバック、ハル・ブリーデンと契約し、宣伝用下敷きもあった。

     ジャガー・マークの原画を手にした大森さんは「白黒写真しかないのはあまりに残念で、自分の手で復元したくなった。トラ・マークと兄弟で並べてみたいという欲求は抑えられなかった」と、自ら色づけした。試行錯誤の末、ジャガー・マークを復元してみせた。

     「早川氏がどのような思いでデザインしたかをなぞる作業は素晴らしい追体験だった。直感的にこれは大発見だと思ったが、カラーで再現することでよりリアルなインパクトとなった」

     偉大なデザイナーが描いたトラとジャガーの兄弟をよみがえらせたのだった。(編集委員)

    ▼記事全文はこちら



    幻の阪神ジャガーズのペットマークらしい なかなかカッコいいやん  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/16/kiji/20200116s00001173046000c.html  pic.twitter.com/qKPxSxdfmk



    【阪神ジャガーズ】 内田雅也編集委員による『追球 特別編』。タイガースの歴史を知るに外せない濃密な情報です。ぜひ。 pic.twitter.com/W0qnNdAm33


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の二軍キャンプ地である高知・安芸市が喜びに沸いている。昨年のドラフト会議で、阪神は西純(創志学園)、井上(履正社)、及川(横浜)ら高校野球のスタープレーヤーを一気に5人も指名。ファンの間でも話題のドラフトとなった。矢野監督は「焦らせたくない」とこれらの高卒選手たちの二軍スタートを明言している。

     甲子園を沸かせたルーキーたちを一軍キャンプで見られないのは残念だが、その一方でこの判断に沸き上がるのが安芸市関係者だ。「西純選手ら高卒ルーキーの皆さんにはぜひ、春の安芸キャンプにも来てほしいと思っていた。高校野球ファンの来場も期待できますしね」と集客効果に期待を寄せている。

     昨年の秋季キャンプも大盛況だった。日曜日だった11月3日と10日にはキャンプ最多となる6000人のギャラリーが安芸市営球場に殺到。安芸市役所の担当者は「近年では記憶にないほどの大盛況。6000人という数字は正直想定外でした。春の一軍キャンプを行っていた時以来ではないでしょうか。週末には(キャンプ地、安芸市営球場の)駐車場もあっという間に満車になってしまいましたので、新たに近隣の公共施設の駐車場を100台確保しました。誘導員の数も1・5倍に増やした」と対応に大わらわになっていたと証言する。

     そんな大フィーバーの背景を「昨季いきなりブレークした近本、木浪の両ルーキーコンビが参加してくれたことが大きかった」と分析。人気選手の集客力はやはり大きいと実感したようだ。そのため西純ら金の卵の安芸スタートに大喜び。一軍春季キャンプが沖縄・宜野座に移ってから、ややにぎわいに欠けていた安芸市だが、今春はこれまでとは違った風景が見られるかもしれない。




    虎二軍キャンプ地 高校野球のスター集合で早くもウハウハ!? 確かに🐯! 安芸キャンプ「推し」や高校野球野球マニアの方々にとっては、垂涎の的かもしれないな?  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000021-tospoweb-base  #Yahooニュースアプリ



    高卒ルーキー全員安芸で対外試合にも出さないというの、例年ならマスコミに色々言われかねないけど来年は外人追っかけるのに忙しいだろうからちょうどいいな バースの再来やディアーネット超えにPJの再来とか虎の秘密兵器は元教師とか虎の100マイル男とか外人だけで日替わりで一面埋めれるだろうし


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     新・虎の穴、浮上や! 阪神が2軍本拠地の移転先として、兵庫・尼崎市の大物(だいもつ)を有力候補としていることが1日、分かった。1994年から使用する西宮市鳴尾浜の「タイガース・デン」に代わる新施設建設は、虎の課題であり悲願。阪神本線と同なんば線の“合流地点”に位置する「小田南公園」をひとつの候補地としていることが判明した。夢プロジェクトの実現から、若手が躍動する常勝の虎になる。

     矢野虎の劇的Aクラス躍進と時を同じくして、壮大なプロジェクトが進行していた。夢と希望にあふれた新たな虎の穴の輪郭が、徐々に浮かび上がる。鳴尾浜に代わる2軍本拠地の移転先に、尼崎市の大物が浮上していることが分かった。

     前日9月30日にレギュラーシーズン全日程を終えた阪神は、6連勝フィニッシュの大逆転を成し遂げ、3位でクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。宿敵の王者巨人に再度挑戦できる道が見えてくる一方、2005年を最後に14年連続でリーグ優勝を逸した事実は、重たく残った。

     頂点への挑戦を絶えず続けるために、足元を固める作業も必要。2015年ごろから継続して進めてきた悲願ともいえる「ファーム本拠地移転」を、より具体的な計画として進行させていた。構想段階ながら、複数の候補地の中でも有力となっているのが、大物駅近くの「小田南公園」だ。

     1994年から鳴尾浜に構える「タイガース・デン」は、施設の老朽化に加えて室内練習場も手狭。バックネット裏のスタンドも小さく、500人も入れば入場規制が必要。横田の引退試合となった9月26日のウエスタン・ソフトバンク戦も、右翼フェンス後方を開放して対応した。敷地の都合上、これ以上の拡充も難しい状況だ。

     球団幹部はこれまでにソフトバンクが福岡・筑後市に開設した「HAWKSベースボールパーク筑後」などを視察。新たな虎の穴を築くためのビジョンを描いてきた。虎の新施設も、球場と選手寮、屋内練習場などを併設した案の実現を目指すとみられる。過去にいくつかの候補地が浮上したが、現在も2面の野球場がある「小田南公園」案が現実となれば、敷地の広さも十分。徒歩5分ほどの最寄り駅となる大物は阪神本線、同なんば線の駅で、利便性も非の打ち所がない。故障者が出ても3軍や育成枠から次々と有望選手が現れ、毎年優勝争いを繰り広げるソフトバンクに、勝るとも劣らないファーム施設を目指す。

     故障によりシーズン終盤は糸井を欠き、長年に渡って大黒柱だったメッセンジャーは涙とともに引退。鳥谷もレギュラーシーズンでの本拠地・甲子園での戦いを終え、間違いなく1つの時代が去った。そんな状況でも怒とうの追い上げを見せられたのは、生え抜き選手らの躍動が大きかった。「若手が育たない」と言われた状況は、金本虎を経て矢野虎となり、確かに変わりつつある。

     盗塁王を確定させたルーキー近本。投で躍動した青柳、高橋遥、島本、岩崎、守屋。そして扇の要の梅野、キャプテン糸原。たくましくなりつつある今の若虎に続く逸材を“大物”へ育てられれば、虎の未来は明るい。




    行きやすくなるからありがたい 【新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース】  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000506-sanspo-base 



    新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000506-sanspo-base  「おおもの」だと思ったら「だいもつ」なんだよね。阪神の本線となんば線が分かれるところだ



    設備、ハード面だけではなく、指導者などソフト面も充実を! #tigers 新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000506-sanspo-base 



    鳴尾浜の前も尼崎の浜田球場だったから仮に移転したら里帰り... 新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000506-sanspo-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



    <ウエスタン・リーグ:阪神4-2ソフトバンク>◇26日◇鳴尾浜

    試合終了後に、今季限りでの現役引退を表明した横田慎太郎外野手(24)の現役引退セレモニーが行われた。

    一塁側にはソフトバンクの選手たちが並び、三塁側には阪神の選手たちが整列。福留、鳥谷、梅野、糸原といった1軍の主力選手たちも多数駆けつけた。

    セレモニーが始まると、横田は一目散にセンターへダッシュした。愛着のあるポジションにたどり着くと、梅野、北條、高山、中谷が駆けつけ、4人が作った騎馬に乗ってマウンド付近までゆっくり近づいた。

    あいさつでは涙ながらに自身の思い、感謝の思いを語った。

    「最後、まさかこんなに素晴らしい思いが出来るとは夢にも思いませんでした。今までつらい思いをしてきたこともありましたが、自分に負けず、自分を信じて、自分なりに練習をして。本当に神様は見ていると思いました」

    横田のあいさつを聞くうちに、平田2軍監督を始め梅野、植田ら選手たちも涙を拭った。

    鳴尾浜のバックスクリーンには「1番高山、2番横田…」の文字。横田がスタメンに名を連ねた、16年開幕戦のオーダーが表示されていた。

    セレモニーが終わると、横田はかけつけたファン1人1人を握手で見送った。




    横田選手の引退セレモニーが行われました。もっと、もっとプレーを見たかった。見ていたかった。 #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/5r47eeiymt



    @TigersDreamlink これからも がんばれ よこたそ



    @TigersDreamlink 第2の人生。応援してます。



    @TigersDreamlink 横田くん、泣かないで(。ŏ﹏ŏ) ありがとー! ありがとー!! ありがとー!!!



    @TigersDreamlink 阪神タイガースファン感謝デーの紅白戦でファンの皆様の前で 横田慎太郎選手に甲子園の打席を立たせてあげてください。 引退選手も集めて今年のファン感謝デーを盛り上げてください。



    @TigersDreamlink 阪神に入団してくれてありがとう!



    @TigersDreamlink 横田選手の人柄が出たセレモニーですね!! 本当に本当に最後までかっこよすぎです!! 横田選手阪神に来てくれてありがとうございました! これからも応援していきますね!!



    @TigersDreamlink 横田さん最後までタイガースでプレーしてくれてありがとう!!現役生活お疲れ様でした。これからも頑張ってください!!



    @TigersDreamlink 24着てる❗ よこぉー


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     26日のウエスタン・リーグのソフトバンク戦(鳴尾浜球場)で引退試合に臨む阪神・横田慎太郎外野手が、試合前練習に参加して汗を流した。

     午前9時からのウオーミングアップ開始時には、チームのはからいで脳腫瘍の闘病時に勇気をもらい、18年から1軍での本拠地登場曲にしていたゆずの「栄光の架橋」が流れて感無量の表情。その後、センターの位置で外野ノックを受けた後はフリー打撃に参加し、再び流れた「栄光の架橋」をバックに快音を奏でた。横田は試合終盤でセンターの守備につく予定でファンに最後のプレーを披露する。




    栄光の架橋が流れる中で打撃練習をする横田。 色々な想いを巡らせながらバットを振ってたんだろうね #ありがとうヨコ https://t.co/dxrt14fn0G



    【練習開始】 球場のBGMで栄光の架橋が流れました。横田選手、良い表情です。 #横田慎太郎 #ありがとう #おつかれさま pic.twitter.com/7mOLh44254



    鳴尾浜に響き渡る栄光の架橋。 横田くんはみんなに愛されてるな〜! 1人でも多くの横田くんファンが、横田くんのユニフォーム姿を目に焼き付けれますように! 横田くん、阪神に来てくれてありがとう!😌 #ありがとうヨコ



    横田がゲージに入ったら 栄光の架橋w



    鳴尾浜球場 横田フリーバッティング BGM 栄光の架橋 球場全体 しんみり 隣で熊谷フリーバッティング かーーん! 『うぇーーーーい!!!!』


    続きを読む