とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    原口 文仁

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018_11_28_14.33.57

    阪神・原口文仁捕手(26)が10日、デイリースポーツ制定「2018年猛虎感動大賞奨励賞」を受賞。神戸市内での表彰後、正捕手争いを制するため、ソフトバンク・甲斐の送球技術研究に意欲を示した。

    10年目を迎える来季。チームの勝利に貢献しての「猛虎感動大賞」受賞を目標に掲げた。 毎年が勝負の年と考えて臨んでいる。今季は代打の切り札として存在感を輝かせたが、求めるのは捕手としての試合出場。原口は来季の正捕手争いへ向けて静かに闘志を燃やしている。

    「与えられたところで結果を残せたのはよかったと思いますけど、捕手として試合にあまり出ていないので。来年はスタメンで数多く試合に出て、最後までマスクをかぶって勝つことができればいい。そこにプラスで打てればさらにいい」

    今シーズンは82試合に出場し、代打として57打数23安打の打率・404。球団のシーズン代打安打記録に並ぶ勝負強い打撃でチームの勝利に貢献してきた。一方、捕手としてスタメンマスクを託されたのはわずか9試合だった。 打撃面は申し分ない原口が、正捕手の座を奪うために取り組むのは守備の強化。「同じ捕手なので、見て勉強していますし、盗めるところは盗んでやっていきたい」と参考にするのがソフトバンク・甲斐。日本シリーズでセ・リーグトップの盗塁数を誇った広島の盗塁を6連続で阻止し、日本一に貢献した“甲斐キャノン”を研究する。

    捕球後、素早い動作から二塁への正確な送球で足を封じた甲斐。「肩(の強さ)はどうにもならない。その前で勝負をしていかないといけない」と冷静に自らの能力と比較。ステップなどに注目し、分析している。

    手応えはつかみつつある。秋季キャンプでは鋭い送球で首脳陣にもアピールした。「すごく手応えがあったので、打撃や守備は続けていく」と来春へ向けて確かなものへと築き上げていく。

    「猛虎感動大賞奨励賞」に輝いたが、狙うは2010年にシーズン最多安打記録を樹立したマートン以来となる大賞。「もっといい賞をもらえるように。個人としてもチームとしても。来年は大賞をもらえるようにしたい」と原口。2年連続受賞を誓い、飛躍を遂げる。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/12/11/0011894116.shtml

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/05(水) 16:07:18.77 ID:7BccwppC0
    2

    阪神・原口文仁捕手(26)が5日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季2000万円から1000万円増の3000万円でサインした。

    「いい評価をしてもらった」と笑みも浮かんだ。

    今季は代打での出場が多かったが、起用された場面で神懸かった勝負強さを発揮。08年の桧山進次郎が持つ球団シーズン代打安打記録の23本に並んだ。「出場したところで結果を出せたってことは、自分の中でも良かったですけど、やっぱりスタメンで多く出れなかったというのは悔しい1年」と振り返った。 今季82試合で、打率3割1分5厘、2本塁打、19打点。「1試合でも多くスタメンで出たい」と来季に向けて気持ちを新たにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000089-sph-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543993638/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ミキハウス特別賞「勝負強かったで賞」を受賞した阪神・原口文仁捕手(26)が21日、正捕手奪取を目指す来季へ“福留流かけ引き術”の習得を進めていることを明かした。

    シーズン代打安打「23」で球団記録に並んだが、出番を待つベンチで福留の打席を凝視して得るものがあったという。「これは絶対、今後の僕の野球人生に生きていく」と力強く言い切った。 あんなにも1打席に懸けていた男が、1打席に懸けない術を学ぶ!?

    最高のお手本はすぐ“お隣”にいた。驚異の代打成功率で特別賞「勝負強かったで賞」に輝いた原口は、壇上に並び立った福留の打席に目を光らせていたことを明かした。


    「ベンチから見る時間がすごく多くて。『なんで孝介さん、糸井さんはストレートに強いのか』とか、そういうのをずっと考えながら見ていたんです。やっぱり、捕手とも投手とも駆け引きをしているし“カウントを自分で作っていく”というのはすごく感じた。これは絶対、今後の僕の野球人生に生きていく、と感じた1年でした」


    主戦場は試合終盤。だがベンチで過ごした序盤も、1分1秒も無駄にしなかった。最高の教材でもある先輩らに目をこらし、ヒントを得た。「はっきり打ちに行くときと、我慢してストライクでも待ったり、追い込まれても、大事な場面ではしっかり狙い球を絞って打ちにいっていた」と見立てた。この“発見”を、当事者の福留が壇上で、真横で解説した。

    「ここはボールからくるなとか、とりあえずここは仕方がないなとか。僕はゲームに最初から出ていて、4打席ある。1試合4打席をどうやって作るか。だから、1打席目に三振しても、その三振の仕方、アウトのなり方とか、そういうところで2打席目にカウントを作るとか」

    スタメンを張り続けてきた一流打者の思考が、夢中で1打席に懸けてきた原口の「打」を、さらに強くする。代打で放った23安打は「神様」と呼ばれた桧山進次郎氏に並んで球団記録。代打打率・404。得点圏打率・455。代打での得点圏打率は・700。だが、先発出場した試合では打率・143。壁を突き破るカギは、数多くある福留の引き出しの中に、間違いなくある。

    3


    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181122/tig18112205030006-n1.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「阪神紅白戦、紅組4-2白組」(11日、安芸市営球場) 新政権“第1号”や!!阪神の原口文仁捕手(26)が、キャンプ初の紅白戦で120メートルの特大弾を放った。六回にも左前打でチャンスメーク。守っても植田の二盗を阻止するなど、攻守で猛アピールに成功した。

    矢野新監督も「競争には間違いなく入ってくる」と絶賛。ゴールデングラブ賞を獲得した梅野を筆頭に、来季の正捕手争いが白熱している。 今キャンプ最多4500人が詰め掛けた球場。静寂のグラウンドに乾いた打球音が響いた。少し間を置き、原口がゆっくりと走りだす。白球は左翼上空へ高々と上がり、通称「ディアーネット」の最上部ではずんだ。
    推定120メートルの特大弾。代打の切り札が正捕手取りに名乗りを上げた。
    「練習していることが出せたので。しっかりと打てたことはよかった」。

    ハイライトは二回、1死走者なしだ。マウンドに今季7勝の小野。2ボール1ストライクからの4球目、直球勝負にフルスイングで対抗した。打った瞬間、フェンス越えを確信した一発。矢野政権“第1号”だ。 紅組の5番・捕手で出場。見せ場はこれだけじゃない。六回には1死一塁から左前打。3得点につなげた。さらに守備では三回、青柳とのコンビで、俊足植田の二盗を封じた。「練習で、少しずつやっていることが試合で出せたので。いい傾向です」。

    藤井バッテリーコーチと二人三脚で改善に取り組む日々。同コーチも評価する。
    「スローイング=キャッチング。びっくりするくらい成長している。練習ではずっとよかった。実戦で結果が出ると自信にもなる」 取り組んできたのは体重移動の方法。足の使い方を重点に素早く、正確なスローを求めてきた。捕手に再転向した今季は主に、代打の切り札として82試合に出場。打率・315の好成績を残し、桧山氏が持つ代打安打の球団記録「23」に並んだ。一方で、捕手としての出場は32試合、スタメンでは9試合だった。

    来季も代打の神様に…甘んじる気はない。 「打てなくても(試合に)勝てればいい。勝てるよう、試合に出られるようにしたい」 痛みから不安のあった右肩について、矢野監督は良化している現状を評価。「競争に間違いなく入ってくる」と、正捕手争いの重要候補に位置づけた。梅野を筆頭に、坂本や長坂ら、サバイバルは激しさを増す。「今年もなかなか試合に出られなかった。来年につながるようにしたい」と原口。安芸の地で実り迎える秋。必死のパッチで定位置を奪い取る。


    1


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/12/0011812377.shtml

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    858: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/11(日) 13:18:46.98 ID:a0jSc7Vu0
    hara

    阪神の原口文仁捕手(26)が、今キャンプ初の紅白戦で推定120メートルの特大弾を放った。 二回、1死走者なしで打席に立つと、小野に対して2ボール1ストライクから4球目、真ん中高めの142キロ直球をフルスイングした。打球は防球ネットの最上部に突き刺さる特大弾。矢野新監督がネット後方で見守る中、新政権“第1号”で正捕手獲りに向け、猛アピールに成功した。




    原口キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    859: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/11(日) 13:18:48.89 ID:bQ/KAtDV0
    原口さく越え

    862: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/11(日) 13:18:57.30 ID:GqqB9X4o0
    打てる捕手ですわ

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1541847656/

    続きを読む

    このページのトップヘ