とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    原口文仁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・原口が11日、東京都内のホテルで行われた「帝京高校野球部創部70周年と前田三夫監督の古希を祝う会」に参加した。

     現役時代の思い出について問われると、「よく怒られました」と笑顔。大腸がんと戦い、復活した昨年は同監督から定期的に電話でエールをもらっていたといい、「まだまだすごく元気なので、甲子園で采配しているところを何回でも見たいですね」と逆にエールを送った。会では、参加していた日本ハム・松本らと壇上に上がる場面があり、「もっともっと活躍して帝京をPRできるように」と誓っていた。




    高校野球界数多の名監督が存在するけど、個人的に一番の監督は帝京前田監督。残した実績より人間としての奥深さとしてね。 阪神 原口 帝京・前田監督の古希を祝う会に出席 「甲子園での采配が見たい」(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000198-spnannex-base 



    帝京、創部70周年にヤクルト・清水や阪神・原口らが出席  https://ift.tt/2sYDXCB 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     和歌山県すさみ町は、阪神タイガースの原口文仁選手(27)と18日に開催するチャリティーのリレーマラソン大会に、多くの観覧を呼び掛けている。参加者以外にも楽しんでもらえる催しを用意している。

     昨年、大腸がん手術を経験した原口選手は「自分にしかできない活動をしたい」と考え、療養中に訪れたすさみ町でのイベント開催を企画した。参加費の一部を、がん患者支援団体に寄付する。

     リレーマラソンは同町周参見の町総合運動公園が会場。正午にスタートし、1周約1キロのコースを3時間でどれだけ周回できるかをチームで競う。町によると、全国から168チーム(901人)が参加を申し込んでいる。

     会場には飲食物などを販売するブースができる。特設の舞台では午後1時から、男性Jポップグループ「ET―KING」のライブがある。3時半からは原口選手のトークショーもある。元阪神の狩野恵輔さんや、田辺市出身の浜中治さんも来場する。

     会場には車で入れない。国道42号沿いの下モ山(しもやま)造成地が駐車場になる。午前9時~11時半と午後3時10分~6時に、シャトルバスを運行する。参加者優先。

     会場に設ける募金箱に協力すると、賞品が当たる抽選に参加できる。募金は午後2時までで、先着500人。

     問い合わせは、町産業振興課内の大会事務局(0739・55・4805)へ。






    #和歌山県 #すさみ町 #阪神タイガース #原口文仁 選手と18日に開催するチャリティーのリレーマラソン大会に多くの観覧を呼び掛ける 参加者以外にも楽しんでもらえる催しを用意 #原口 選手「自分にしかできない活動をしたい」 療養中に訪れたすさみ町でのイベント開催を企画 pic.twitter.com/mdP3PjTJiv



    参加費の一部をがん患者支援団体に寄付 #リレーマラソン は町総合運動公園が会場 正午にスタート1周約1㌔のコースを3時間でどれだけ周回できるかをチームで競う 全国から168チーム(901人)が参加を申し込んでいる 会場には飲食物などを販売するブースができ特設の舞台では13 時から #ET-KING のライブ pic.twitter.com/fhZBibts9V



    チャリティーランフェスティバル ご参加お待ちしてます。 皆さんで一緒に走りましょう。 楽しみにしてます! https://t.co/eb4Nf2vKYx


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    #リアル野球BAN 原口文仁のリアル野球BANデビュー 三塁打! pic.twitter.com/DfZE3Ob0nE



    🐯原口、やった❗️ww🤣 #阪神タイガース #原口文仁 リアル野球BAN https://t.co/sORaEgXrAc



    @yakyuragu 山田普通に打つでしょって言うのなんか嬉しい笑



    @yakyuragu 流石、東武東上線沿い出身。



    @yakyuragu 流石、板橋区帝京高校。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2019年、大腸がんから復活を果たし、セ・リーグ特別賞を受賞した原口 文仁(阪神 帝京出身)の復活劇は大きな感動を呼んだ。

     原口は1991年世代。この世代はなんと12名の捕手がNPBの世界に飛び込んだ。

    原口 文仁(帝京-阪神)2009年ドラフト6位
    木下 拓哉(高知-法政大-トヨタ自動車-中日)2015年ドラフト3位
    河野 元貴(九州国際大付-元巨人)2009年育成ドラフト2位
    梅野 隆太郎(福岡工大城東ー福岡大ー阪神)2013年ドラフト4位
    小関 翔太(東筑紫学園-東北楽天-日本製鉄かずさマジック)2009年ドラフト3位
    嶺井 博希(沖縄尚学-亜細亜大-横浜DeNA)2013年ドラフト3位
    桂 依央利(太成学院大高-大商大-中日ドラゴンズ)2013年ドラフト3位
    吉田 裕太(日大三-立正大-千葉ロッテ)2013年ドラフト2位
    大村 孟(東筑 - 福岡教育大 - 九州三菱自動車 - BC石川-東京ヤクルト) 2016年育成ドラフト1位
    松崎 啄也(作新学院-作新学院大-日本製紙石巻-元読売ジャイアンツ)2015年ドラフト8位
    鬼屋敷 正人(近大高専-元巨人)2009年ドラフト2位
    中村 亘佑(横浜商大高-元広島)2009年育成ドラフト2位

     現役でプレーしているのは、7名。一軍出場がある選手は9名。プロ野球の捕手というのはほかのポジションに比べてパイが少ない狭き門。その中で同世代の選手がこれほどプレーしているのは驚かされる。

     この世代の出世頭は、梅野 隆太郎。福岡大時代は大学生捕手の中でも打てる捕手として評価され、大学日本代表代表選出。プロ1年目は92試合に出場し、7本塁打と打てる捕手として存在感を示し、2019年は129試合に出場し、自己最多の9本塁打59打点を記録。2年連続のゴールデングラブ賞を獲得している。

     また嶺井 博希も、50試合以上シーズンが4年あり、ベイスターズには欠かせない捕手へ成長した。

     復活劇を果たした原口は自己最多の106試合出場した2016年と同程度の出場機会を確保するには、原口にはない強みを発揮することが問われる。

     1991年生まれは今年で29歳。現役引退している選手も多くなっている中、30代でも第一線で活躍し続けるには重要なシーズンとなるだろう。果たして、2020年はどんな活躍を見せるか注目していきたい。




    巨人が華の93年組で押してるらしいけど 阪神は91年組と94年組で分かれるなぁ 91年組 岩貞、高野、秋山、ガンケル、岩崎、梅野、原口、マルテ、陽川(ジョンソン) 94年組 藤浪、尾仲、小野、福永、齋藤、長坂、片山、木浪、北條、大山、近本 そして01年組 西、及川、藤田、遠藤、井上



    原口文仁、梅野隆太郎、#嶺井博希 ら捕手豊作な1991年世代!現役捕手は7名がプレー!  https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/39875-bsinfo20200102002  1991年世代は12名の捕手がNPBの世界に飛び込んだ。現役でプレーしているのは7名。捕手はほかに比べてパイが少ない狭き門。その中で同世代の選手がこれほどプレーしているのは驚かされる。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    闘病生活を明かす

     プロ野球阪神の原口文仁捕手(27)が、激動の2019年シーズンを過ごした。1月に大腸がんが判明して手術。不屈の闘志で大病を乗り越え、6月に1軍復帰を果たす。マイナビオールスターゲームにセ、パ両リーグ最後の一人となる「プラスワン投票」で選ばれ、2戦連続本塁打と大活躍。阪神ファンだけでなく、病と闘う全国の人たちに勇気と感動を与え、11月にはセ・リーグ特別賞を受賞した。原口にとって忘れられない一年を、自身の言葉とともに振り返った。(時事通信大阪支社編集部 西村卓真)

    ◇ ◇ ◇

     11月24日。原口は兵庫県西宮市の球団事務所で報道陣に対し、シーズン中には語ることがなかった病状の詳細などを説明した。約30分。終始穏やかな表情で、明るい語り口だった。

     19年の早々に人間ドックを受診した直後、がんを宣告された。当初は頭が真っ白になったというが、復帰に向け気持ちを切り替え、すぐに練習を再開した。

     「例年と変わりなく自主トレをして、キャンプに行くつもりで練習もしていました」

     自身のツイッターと球団を通じてがんを公表したのは1月24日。その2日後に手術を受けた。

     「見つかった時は先生も早期発見ではないかという話でしたが、術後の検査などでステージは3bと伝えられました」

     がんの進行度合いは5段階に分かれていて、発見が早いほど治療がしやすいとされている。ステージ3はリンパ節に転移するレベルで、上から2番目に重い。退院後の2月上旬から抗がん剤治療を開始。錠剤を4週間服用し、2週間休むサイクルを計4度続けたという。

     「(抗がん剤の副作用で)体調が優れない日も首脳陣やトレーナーの方に練習内容を配慮していただき、万全にプレーできる環境をつくっていただいて本当に感謝しかないです」

     服用を続ける中、6月3日に1軍合流。抗がん剤治療最終日となった7月9日は、オールスターゲームの「プラスワン投票」結果発表と重なった。自身3年ぶりとなる夢の球宴だ。

     「ダブルでうれしかった。その時は皆さんに言えなかったのですが、そういう気持ちはありました」

     11月21日に小児がん患者と家族を支援する神戸市の施設「チャイルド・ケモ・ハウス」の訪問。チャリティーグッズの収益に自身の寄付を加えた100万円を贈呈した。重い病気と闘う子どもたちとキャッチボールなどで交流し、勇気づけられた。施設の院長、楠木重範さんのアドバイスもあり、3日後、報道陣に対する説明会を設けた。

     「最初に公表した時、僕は(それが)使命と言いながら詳細を話していなかった。病気で苦しんでいる人にこれだけやれると伝えたかったし、治療しながら仕事に復帰できるとか、スポーツをやれる。そういうことを伝えられたらという思いで(説明会で詳しく)発表しようと考えました」

    ◆説明会でにじむ人柄◆

     「深刻な話ではないので、ポップな感じで聞いてくださいね」

     「暗いイメージではなく、明るい材料で使ってほしいというのが僕の気持ち。(病気と)闘っている人たちに『僕も、私もやれるのでは』と思ってもらえることが発表の意味だと思います」

     原口が球団事務所での説明会で述べた言葉だ。人気球団の阪神では、日々熱狂的なファンに叱咤(しった)激励されながら、プレー以外にメディア対応もこなさなければならない。プロの責務だが、阪神の担当記者、いわゆる「トラ番」は桁外れに多い。常に注目を浴びるために殻にこもってしまう選手もいる中、原口はメディアと友好的だ。負け試合の後は多くを語らないが、前を向いて淡々と話す。立ち止まって取材に応じる際は、目を見てはきはきとした口調で応える。声がかすれ気味の記者が質問すれば、「のど、大丈夫?」と気遣う。

     大腸がんを公表した後、初めて公の場に姿を見せたのは3月7日。テレビ局のインタビューがあり、その後ペン記者による囲み取材が行われた。一段落した後、「きょうはお忙しい中、集まっていただきありがとうございました」。シーズン中も感謝の言葉を口にする姿を何度も目にする。あくまで自然に振る舞う。

     今後も飾らない言葉で、メディアに情報を発信し続けるに違いない。米大リーグでは04年1月、全米野球記者協会ニューヨーク支部が、取材に協力的だった選手としてヤンキースの松井秀喜外野手に「グッドガイ賞」を贈った。もし日本で同様の賞があれば、原口は有力な候補になりそうだ。




    今年いちばん泣いたシーン。 度重なるケガ、椎間板ヘルニア、育成降格、そして大腸ガンから奇跡の復活。 何度でも、何度でも立ち上がる。 原口文仁は蘇る。 〽︎ここに立つ為に 鍛え抜いた日々よ  原口の全て 魅せろ震わせろ  かっ飛ばせー!原口! #原口文仁 https://t.co/jWLAVmECXL



    原口の復活は球辞苑ファンとしては涙なしで語れない…😭



    原口復活のときは思わず泣いてしまったわね…。(´;ω;`)⚾️ #球辞苑


    続きを読む

    このページのトップヘ