とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    原口文仁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・原口文仁捕手(28)が8日、甲子園での自主練習前にオンライン取材に応じた。昨年の同日は、大腸がんからの完全復活を目指す背番号94がウエスタン・中日戦(鳴尾浜)で207日ぶりに実戦復帰した日。復活のスタートラインを切った当時を思い返した。

     「自分の感覚の中では昔のことのように感じる部分もありながら、1年経ったというのを聞くとまだ1年しか経っていないんだなという思いですね」

     昨季は1軍復帰のロッテ戦で適時二塁打、日本ハム戦ではサヨナラ打、オールスターでは2試合連続の本塁打など復活を印象付けるプレーを見せてきた。当時は想像していたかという問いに「どうですかね?自分の中でここに目標を持って早く1軍で活躍すると思い描いてやってきました」と前向きに取り組んでいたことを明かした。

     原口の前にオンライン取材を受けた同期で同い年の秋山は「(原口と)2人でお立ち台」を目標に掲げた。原口は「うれしいですね。同期で高校生2人で入ってきた。1軍、2軍を経験してたくさんいい思いやそうでない思いを経験してきた。2人でお立ち台に立てたら最高ですね!」。

     開幕は依然不透明だが、元通りに試合ができる日々が戻ったとき、2人で活躍することでファンに夢を与えていくことが理想だ。




    原口文仁とかいう歳の割にドッタンバッタンした波のある人生で既にメンタルが聖徳太子とか孔子レベルのおにいさん



    阪神・原口文仁にとって特別な「5・8」 1年前、闘病から復帰初戦の思いは…  https://baseball.x-day.tokyo/?p=800669 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・秋山拓巳投手(29)が8日、甲子園での自主練習後にオンライン取材に応じた。昨年の同日は、大腸がんからの完全復活を目指す原口がウエスタン・中日戦(鳴尾浜)で207日ぶりに実戦復帰した日だ。原口のことを思い出しながら、当時を回想した。

     「ずっと入団した時から人より努力する選手だったので、ガンと聞いた時はびっくりしましたけど、心配する必要もないくらいすごく前向きに練習していたので、ガンを克服していつも通りプレーするんやろなと見ていました」

     同期入団で同い年の2人。秋山は昨季から原口と甲子園のお立ち台に立つことを目標にしてきた。「僕はその気持ちはずっと思っています。原口はキャッチャーというポジションなので、一個人というよりチーム全体や投手全体を考えないといけない立場。僕は僕でその気持ちを持ち続けながらやりたいと思います」。原口の捕手としての役割を考えつつ、自らの思いは貫く構えだ。

     この日はキャッチボールやウエートで調整。現在の投球のテーマは「直球の良化」。「まだちょっと先が分からないので、真っすぐしか投げていないが、より真っすぐが良くなるようにとテーマを持っています」と狙いを明かしていた。




    秋山選手は甲子園でのオンライン取材で盟友原口選手への熱い思いを語りました。#阪神タイガース 阪神秋山「気持ち持ち続けて」同期原口と初お立ち台  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202005080000225.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     大腸がんと闘いながら昨季、代打の切り札として活躍した阪神・原口文仁捕手(28)。今季は貴重な全国区の「顔」として期待がかかる。

     西の伝統球団の阪神には老若男女が知る人気選手が常にいたが、その役割を担ってきたベテランの鳥谷が昨季限りで退団。大阪桐蔭高時代に甲子園で春夏連覇を達成し、3度の2ケタ勝利を挙げた藤浪も、近年のスランプ続きにバツの悪いコロナ禍に巻き込まれ、今や風前のともしびだ。

     そんな中で球団の期待を一身に集めるのが原口だ。今年3月から「アフラック生命保険」が放映する2種類のCMに出演中。サヨナラ打を放ったシーンでプレーをアピールするだけでなく、人気グループ・嵐の櫻井翔(38)とはキャッチボールで共演を果たした。

     広告代理店関係者は「アスリートが全国放映されるCMに出演するのは、五輪でメダルを獲得した選手が多い。野球なら大谷翔平らメジャーリーガーが主になる」と説明。原口の出演が大抜擢なのは言うまでもない。

     「いろいろ発信できる立場になった。(CMの)反響もありました」と原口。CM撮影中には、自身のチャリティー活動や嵐の活動休止に関する心境について、桜井と語り合ったという。

     チーム関係者は人柄を高く評価。「絶えず、謙虚な気持ちで地道に努力できるのが彼の最大の持ち味。だから大変な病気を患っても、応援しようという周囲の機運は高かった」と明かし、「急に顔を指されるようになっても天狗になる性格ではない」と太鼓判を押す。

     あとは本業でどこまで露出を増やせるか。現状では定位置の確保は難しいが、数字さえ残せば全国区のスター選手になれる条件はそろっている。(山戸英州)




    物語の主人公と言えるほど煌びやかで華のあるプロ野球人生では無いかもしれんけど 物語の重要人物にはなり得るよ 応援しとるで 鳥谷退団で藤浪はスランプ…阪神の「顔」は原口文仁こそふさわしい(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000010-ykf-spo 



    実際これは合ってると思う、背景も背景だから気が緩むこともないだろう、ただファーストで定位置を掴んでくれると話が早いが 鳥谷退団で藤浪はスランプ…阪神の「顔」は原口文仁こそふさわしい(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000010-ykf-spo 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・原口文仁捕手(28)が29日、甲子園球場での自主練習に参加。フリー打撃やブルペンで青柳の投球を受けるなどして、約2時間半の練習後にオンライン取材に応じた。

     「今は最高の状態で開幕できるようにできることをやっている」

     活動休止期間中も公園や自宅で体幹トレーニングなどを行い、準備を進めてきたという。時間がある際には野球のダイジェスト映像を見るなど、野球への熱は冷めることはなかった。

     「タイガースが優勝したときの、あの興奮を味わいたいなと思って見ていました」

     自粛期間にモチベーションはさらに高まった。15年ぶりのリーグ優勝に向けて気持ちを新たにした原口は大腸がんを経験した身から医療従事者に向けて「ほんとに日本中の人が感謝の気持ちを持っていると思うので、感染に気をつけていただきたい」と改めて感謝と応援の言葉を送った。




    プロ野球が再開したら 免疫力がついて コロナウイルスも ぶっ飛ばせると思います! 阪神・原口、がん克服した身だからこそ思う医療従事者への「感謝の気持ち」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000099-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の原口文仁捕手(28)が22日、甲子園で自主練習を行い、球団を通じて野球をする子どもたちにエールを送った。昨年は大腸がんの大病から手術と過酷なリハビリを経て、復活を果たした。野球ができない苦しい期間を経験しただけに、与えられた時間を決して無駄にはしない。自らのさらなる成長へ。少年少女たちに未来への投資を呼び掛けた。

     野球ができる喜びを改めて感じるとともに、原口はこの時間を無駄にしてはいけないと考える。コロナ禍でチーム全員が集まって練習することはできない。それは、プロ野球だけでなく、アマチュアも同じだ。こういう時期だからこそ、子どもたちは目標を持って過ごすことが大事だと呼び掛けた。

     「今、みんなで集まって練習できないけど。次にみんなで集まった時にみんなを驚かせられるチャンスだと思って、筋トレや野球の動作の練習をやってほしい。今、やるかやらないかでは大きく未来は変わると思う。みんなを驚かせることを目標に練習してもらいたい」

     緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され、多くの学校が休校となり、クラブ活動も休止中だ。子どもたちは我慢の「おうち時間」が続いている。本来なら冬に行ってきたトレーニングの成果を発揮する時期でもある。活動再開は依然として厳しい状況だが、原口は今の期間をレベルアップの好機だと捉える。

     野球ができない期間を経験したからこそ、与えられた時間を無駄にしない。昨年は1月に大腸がんが判明して手術。今の時期は過酷なリハビリに励んでいた。「2年続けてこのような期間になるとは思っていなかったですけど。去年と違った形ですし、施設開放してくれている中で目いっぱい野球ができるので、意味ある時間にしたい」と前を向く。

     約3週間の自宅待機期間も試行錯誤しながら体調維持に努めた。ランニングや体幹トレーニングに加え、以前から行っているヨガでリフレッシュ。再開される日に向けて準備を進めてきた。

     この日はランニングやティー打撃、マシン打撃で200球を打ち込むなど約3時間、体を動かして調整した。「技術向上とか、こういう期間にレベルアップできるように取り組んでいきたい」と意欲を示した。

     先行きが不透明な今こそ、求められるのは目標を持ち続け、前に進むことだ。幾度の逆境に打ち勝ってきた男が、少年少女たちの模範となり、希望となる。




    【ブレないデイリー】今日の一面 阪神・原口、おうちでやろう!野球少年少女へ「今、やるかやらないかで未来は変わる」 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2020/04/23/0013290748.shtml  #タイガース #阪神 pic.twitter.com/OPept5CZus



    阪神・原口、子どもたちにエール  http://koebon.shop/2020/04/23/1239764/ 


    続きを読む