とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    監督・コーチ・フロント・スタッフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神8-0DeNA」(20日、京セラドーム大阪)

     阪神・矢野燿大監督の執念采配で連敗を3で止めた。

     4点リードの六回、先発の青柳が2死から佐野に左前打、続くソトに四球を選ばれ、2死一、二塁とした。ここで矢野監督はベンチを出ると、無失点の青柳に交代を告げる。前の回、空振り三振に終わった大山に代え、2番手で岩崎をマウンドへ。9番に北條を入れた。

     大山の途中交代は4月12日の中日戦(甲子園)、5月8日のヤクルト戦(神宮)以来、今季3度目。快勝後のテレビインタビューで大山の交代についての質問に「意図はいろいろありますけどね」と多くを語らなかった矢野監督。だが、その後の囲み取材ではもう少し詳しく説明した。

     大山は内容も悪かったと問われると、「内容もよくなかったのもあるし、優(岩崎)も次の回もいく予定というか、可能性もあったところやから。そういう意味で代えました」と答えた。

     直後の攻撃は6番から始まることもあって、岩崎を9番に入れるよりも、5番の大山のところに入れたと説明した。



    スタメン落ちあるかも⁉️ 今年は腹くくって起用し続けてほしいけど。 阪神・矢野監督、大山途中交代の意図は…「内容もよくなかったのもあるし…」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000141-dal-base 



    やはり打順の巡りで下げられたのね。明日からまたがんばればいいよ。大山くん( ˘ω˘ ) 矢野監督 大山の途中交代の意図は…「内容もよくなかったのもあるし…」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/08/20/0012625625.shtml  # @Daily_Onlineより



    大山くん途中交代やったのか。 そんな日によりによって快勝! もちろん勝ちは嬉しいけどさ、、 悔しくないわけないよな。 1人で溜め込んだらあかんよ😓😓 #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



     意地を見せることさえできなかった。巨人に3―6で敗れた阪神は、このカード4度目となる3連戦3連敗。対戦成績6勝13敗で8年連続の巨人戦負け越しが決まり、借金も今季最多の7に膨らんだ。矢野監督は「残り試合をどう戦うかが問われている。ここからどう踏ん張れるのかが大事。巨人にも残り試合でそういうところを見せたい」と必死に前を向いたが、早ければ22日にも自力CSの可能性まで消滅するピンチだ。

     そんな窮状を見かねてか、試合前にはテレビ解説で東京ドームを訪れていた掛布雅之シニアエグゼクティブアドバイザー(SEA=64)が一肌脱ぐシーンがあった。今月9日の広島戦を最後に4番を外されている悩める主砲・大山に身ぶり手ぶりを交えてアドバイスを送ったのだ。

     普段は若いコーチの多い現場への気遣いからグラウンドに出てくることはめったにないが、あまりの貧打に黙っていられなかったのだろう。「阪神の4番」の重みを誰よりも分かっているミスタータイガースは大山に「6番になって厳しいと思うがしょうがない。宿命だよ。背負わなきゃいけない。それを喜ばないと」と“心得”も伝授した。

     打撃コーチは心境も複雑だろうが、チーム内は掛布SEAによる直接指導に歓迎ムードだ。「もっと掛布さんを活用すべき。打撃論は素晴らしいし、高山や大山などは、二軍監督時代に直接指導されてお世話になっている。調子を落としている選手を見てもらうべき」(球団幹部)との声も上がっている。

     5月8日のヤクルト戦(神宮)で練習を視察した際には、不調だった糸井が助言を受けて見事に復調。翌6月に月間MVPを獲得するほど打ちまくった。残り30試合と差し迫った状況ながら“掛布効果”への期待は大きい。





    ⭐19日 対巨人🐰試合前~ 阪神、掛布SEAが、現在4番を外されている主砲大山に~虎🐯の4⃣番の心得を伝授➰⚾ 「宿命だよ。背負わなきゃいけない。それを喜ばないと」と大山を激励✊‼️ 〰️こうして今も、レジェンドOBが虎の再建⚒️若虎奮起の為に一肌脱ぐ姿は、ファンから見ても率直に嬉しいナ~🎵😙👌✨ pic.twitter.com/qE9GKcSyUw



    監督、代わって欲しい… 阪神・掛布SEA 悩める大山に「4番の心得」を伝授 #SmartNews  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1515810/ 



    掛布監督なら、 ③番 高山 ④番 大山 で結果残しそうなんだが…。 阪神・掛布SEA 悩める大山に「4番の心得」を伝授(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000017-tospoweb-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4 (2)


    阪神藤原崇起球団オーナーが矢野監督にエールを送った。

    大阪市内で取材に応じ「こんな時こそ攻め、攻めですよ。選手もコーチもみんな攻めることを考えてやらないといけない」と猛烈にゲキ。


    「今年はいろんな波が来る。そりゃ可能性は、ちゃんと攻めてればある。(矢野監督には)胸を張ってガッツポーズしてほしい」と逆襲を期待した。




    ガッツだぜ→阪神藤原オーナーが矢野監督にエール「攻めですよ」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-08190643-nksports-base 



    ソラーテさん二軍か 首脳陣の見切り発車もええとこやったから仕方ない あのキャラとパワーは来年にも必要な戦力やと思うからマジで残してくれ でも、あと1.2人はパワー型外国人欲しいから藤原オーナー頼むやで クビになりそうな選手多すぎてドラフト、トレード、FAでは賄いきれんからってのもある


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     CS進出に黄信号がともっているセ・リーグ4位の阪神は18日、首位・巨人戦(東京ドーム)に3―6で敗れ、このカード3度目の3タテを喫した。これで今季の対戦成績は6勝13敗となり、屈辱の8年連続での巨人戦負け越しが決定した。借金もついに今季ワーストを更新する7に膨らんだ。

     中5日で先発したガルシアは4回5安打3失点で降板。6月2日の広島戦以来11戦白星なしの7敗目だ。また、連日の貧打に矢野燿大監督(50)は6回一死一、二塁の好機に4番・マルテに代打を送るなど、なりふり構わず得点を目指したが、それでも打線は振るわない。

     7回にこの日自身初の猛打賞をマークした木浪、福留の連続適時打で一時は1点差まで迫ったが、直後に中継ぎエースのジョンソンがまさかの2失点で勢いもしぼんだ。

     指揮官は「巨人戦もそうだけど、残り試合、どう戦うかが問われている。逆にここからどう踏ん張れるのかが大事。巨人にも残り試合でそういうところを見せたい」と必死に前を向いたが、残りはもう30試合しかない。このままズルズルいけば、最短で22日にも自力CSの可能性も消滅する。もう後がない…。





    阪神8年連続巨人戦負け越し 矢野監督「ここからどう踏ん張れるのかが大事」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース 上位チームに勝てなきゃ優勝なんてできるわけない ゆるキャンなんてやったからの結果で残当なんだよな 気抜くとまた最下位やぞ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000013-tospoweb-base 



    ほんとうに矢野監督が悪いの? それとも働かない選手が悪いの? 後者だったら監督が変わっても意味なくね? といつも阪神関連の記事に思う。/阪神8年連続巨人戦負け越し 矢野監督「ここからどう踏ん張れるのかが大事」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000013-tospoweb-base 



    阪神8年連続巨人戦負け越し 矢野監督「ここからどう踏ん張れるのかが大事」 う〜ん😑 ま、しゃーないやん。一球一球大事にするしかないよ。  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1515258/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「巨人2-1阪神」(16日、東京ドーム)

     なんでやの!阪神が首位・巨人に逆転負けを喫し、ゲーム差は逆転優勝の可能性がさらに遠のく9・5差に広がった。1点を追う七回、矢野燿大監督(50)はセオリーを無視して、先頭の高橋遥人投手(23)に代打を出さない“奇策”に打って出たが実らず。拙攻のオンパレードで、3位とのゲーム差も4・5に広がった。


     セオリーとは違う采配を振っても、高橋遥に何としても勝ちをつけたかった。1点ビハインドで迎えた七回の攻撃は9番の先発・高橋遥から。負けている状況での終盤だ。代打を送ると思われた場面で、矢野監督はそのまま打席へ向かわせた。結果、三者凡退で無得点。その裏を期待通りに無失点に抑えた高橋遥は、ベンチで味方の逆転を待った。

     「あそこで下げる内容の投球じゃないし、勝たせてやりたいっていうのも、もちろんある。その姿を見て、打者がどう奮起するかっていうのもあった」

     指揮官は代打を送らず続投させた理由を淡々と説明した後、怒気をはらんだ口調で打線への不満を口にした。

     「バッターが打たんかったから負けただけ。何とかしたらなアカンよね。あのピッチングで負けさすわけにはいかないって。俺らプロである以上、結果で評価されるんやから」

     象徴的なシーンは高橋遥がマウンドを降りた直後の八回だ。植田、島田と代走を送って勝負をかけた1死一、三塁の場面。大山が三ゴロ併殺に倒れると、ドーム内に歓声と悲鳴が交差した。この試合、3度の得点機で凡退した大山は「1死一、三塁で最低限やれることはあった。それができなかったことが負けた理由です」と責任を一身に背負った。

     指揮官は「悠輔(大山)一人じゃないじゃん。マルテだって打たなアカンし、ソラーテだってなんとかせなアカンやん」と表情は冷静ながらも、怒りは収まらない様子で話した。

     五回無死一塁では木浪にバスターエンドランを命じ、得点圏に走者を進めた場面もあった。「チャンスメークはしっかりできている。後は、かえす人がかえすっていうことだけのゲームやったと思う。悔しいね」。待っても、動いてもホームが遠い。もどかしさに表情をゆがめた。

     1敗がズシリと重いシーズン終盤。課題の貧打が浮き彫りとなる、やるせない真夏の夜となった。





    なんでやのん!…って、打てへんからやね。まあ、そのあとで監督も言うてはるけど。 阪神・矢野監督 セオリー無視の“奇策”及ばず逆転負け…拙攻の末、首位Gと9・5差(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000018-dal-base 



    5位に2ゲーム差になった 阪神・矢野監督 セオリー無視の“奇策”及ばず逆転負け…拙攻の末、首位Gと9・5差(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000018-dal-base 



    矢野の采配はセオリー無視して失敗する事多過ぎんねん。


    続きを読む

    このページのトップヘ