とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    監督・コーチ・フロント・スタッフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    12月1日付で兼任球団社長に就任した阪神藤原崇起オーナー(68=阪神電鉄会長)が同日、兵庫・西宮市内の球団事務所を訪れた。球団職員の前であいさつし、「我々の目標というのはチャンピオンフラッグ。これをみんな力合わせて取りにいこう。みんなで(現場を)サポートして頑張ろう」と16年ぶりリーグ優勝へ大号令をかけた。

    85年の歴史を誇る老舗球団でオーナー兼社長の誕生は初。コロナ禍の緊急事態に一人二役を担うことになった。かつてない状況で陣頭指揮を執る新社長は「それ(困難な状況)を乗り越えないと、チャンピオンフラッグは当然、取りにいけない。みんなで知恵を出し合って一緒に頑張っていきましょう」と一致団結を強調した。

    この日は球団の役員会議に出席し、現状把握に努めた。今後、各部門、部署と話を進めていく方針。矢野監督とは12月上旬の新入団発表で新球団社長として初めて顔を合わせる。帰り際には「(球団事務所の)ドアの開け方を教えてもらっていた。そこからのスタートですから」と笑ったが、さすがの行動力。新社長が充実の初仕事だった。【桝井聡】




    阪神オーナー兼任の藤原新社長が職員に“初訓示”「チャンピオンフラッグのために」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201201-00000079-dal-base  まだオーナーが「知恵を出し合って…」というてるうちは、来年以降も優勝はおろか、巨人にすら勝てないよ。 勝つために、日頃から知恵を出し合ってるわけですから。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    矢野阪神が秋の収穫を手に、3年目となる来季に備えていく。秋季練習最終日。矢野燿大監督(51)は「若い選手がフェニックスに行っていますけど、中堅というか、そういう選手が残って、みんな課題をしっかり持ってやってくれました。いい練習ができました。来年に向けて楽しみな感じに全体的になっている」と総括した。

    今季も両リーグワーストの85失策を記録。この秋は投内連係や送球を含めた守備面に重点を置いた。指揮官は「チームとしてもエラーが多かったことで、午前中はだいたい守備でやってきた。実戦的なことはメンバー的にもできないので、ちょっと打撃フォームを変えるとか、そういうことはそれぞれできたと思う」。主力陣の打撃面でも、成長への手応えがある。

    来春キャンプでは第1クールからシート打撃や紅白戦などの実戦形式のメニューを組み込む予定。「(投手であれば)キャンプに入った時から試合で投げられる状態で来てもらわないと困る。『よーいドン』でふるいにかけていかないといけない」。キャンプインと同時に開幕する激しいチーム内バトルを、悲願Vへの助走とする。【松井周治】




    今日の阪神タイガース。
    「矢野監督「できたと思う」失策ワーストの守備手応え」
    ほんとですか⁉️
    とりあえず、ではなく。
    "手応え"ですかい。
    エラーもそうだが、外野の肩も鍛えてもらいたい。
    みんな肩弱すぎ。
    あと近本以外足遅いし、かなりハンデ。外野何とかしなきゃ。
    #阪神タイガース
    #矢野監督



    守備力向上、がこの秋のテーマでした。

    矢野阪神「できたと思う」失策ワーストの守備手応え  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011290000960.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     課題の勝負強さを養うには何が必要なのか。29日に秋季練習を打ち上げた阪神で、今秋から一軍担当に昇格した北川博敏打撃コーチ(48)への期待が高まっている。

     今季の阪神はリーグ最多の12度の零封負けを喫した。その際の相手先発は2完封を許した中日・大野雄を筆頭に巨人・菅野、広島・森下、DeNA・今永、ヤクルト・高橋ら150キロに達する直球が特徴の速球派や剛腕型ばかり。もちろん各球団のエース級の攻略は簡単ではないが「上にいくためには、お手上げではダメ」(井上ヘッド)なのは言うまでもない。

     そこで重要になってくるのが、北川コーチの教えだ。今季、打撃担当だった井上一樹ヘッドコーチ(49)は「ウチは強い真っすぐや速いボールを投げるタイプに弱い」と分析した上で、来春のキャンプに向けて北川コーチによる「一撃必殺! 仕事人講座(仮題)」の開講を検討しているという。テーマはずばり「ファウルすらせずに一発で仕留める。もっと確実に仕留めるためにはどうしたらいいか?」だ。

     勝負強さをお題に北川コーチに白羽の矢を立てたのは、現役時代に“ここ一番”で最高の結果を出してきたからだ。2001年に近鉄のリーグVを決めた代打逆転サヨナラ満塁本塁打は今も伝説として語り継がれている。球団消滅が決まっていた04年の近鉄で最後に本塁打と打点をマークしたのも北川コーチだった。

    「今年、うちの連中はとにかく“ここ一番”に弱かった。この試合、この一球しかない中で、決められる選手を一人でも多く生み出したい」と井上ヘッド。北川コーチからの“いてまえエキス”注入でダメ虎が猛虎に生まれ変わるか注目だ。




    阪神・北川打撃コーチが「一撃必殺!仕事人講座」開講へ(東スポWeb)
    #Yahooニュース
     https://news.yahoo.co.jp/articles/f597fffd73a13b776fdcd9c34e79b9bae76fc155 
    チャララ〜🎷😶✨
    必殺仕事人のお出ましだ〜(。ì _ í。)!

    ...(昭和)🥲
    仕留められないのに加えてミスショットも多いもんね😅🐯

    特に巨人打線との差は歴然だったし😶
    頼むよ北川コ-チ✨


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の矢野燿大監督(51)が29日、来春キャンプは第1クールから実戦形式の練習を行う計画を明らかにした。「紅白になるのか、シート(打撃)の形になるのかは分からないけど、第1クールから入れていくつもり」と話し、選手には逆算した調整を求めた。

     今秋ドラフトでは、ドラフト1位・佐藤輝(近大)ら即戦力を獲得。レギュラーが決まっていないポジションも多いため、来春は早い段階から選手を見極める方針だ。

     「ヨーイドンでふるいにかけていかないといけない。こっちとしては良ければ使うし、競争はより激しくなる」。テーマに掲げてきた「自主性」はチームに浸透しているが、選手は今まで以上に自覚が求められるオフとなる。




    レベルアップのためには、チーム内の競争が必要不可欠です。

    阪神 来春キャンプ第1クールから実戦形式練習へ 矢野監督「競争はより激しくなる」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/30/0013902505.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は29日、来季からチームキャプテンに大山悠輔内野手(25)、投手キャプテンに岩貞祐太投手(29)が就任すると発表した。大山は今季打撃3部門でキャリアハイの成績を残し、名実ともにチームの中心選手に成長を遂げた。新主将の自覚と責任感を口にし、チームの勝敗を背負うと力強く所信表明した。

     猛虎を背負う決意を固めていた男に驚きはなかった。主将は小学6年生時に務めて以来、15年ぶり。新たに「チームキャプテン」に就く大山はキリリと表情を引き締めた。

     「プロの世界でキャプテンというのはやろうと思ってもできないですし、そういうところを任せてもらったのは意気に感じてやっていきたい。チームの勝敗を全て背負うというか、そういうような覚悟と責任感、今年以上にもっともっと強く持ってやっていきたいなと思っています」

     普段通り冷静な口調も、言葉は熱くほとばしった。28日に矢野監督から直々に新主将の指名を受け、この日の練習開始前、ナインの円陣で発表された。来季はプロ5年目、27歳のシーズン。チーム内での年齢、立場を見ても機は熟している。

     「やっぱり福留さんであったり、ベテランの方がいた時は最終的に頼っていた部分があったと思う。来年からは頼れない。自分たちの世代が引っ張っていかないといけない。カバーし合いながら、チームを強くするためにはどうしたらいいか考えてやっていきたい」

     昨年の鳥谷に続いて今年は福留、能見、藤川が抜け、チームは転換期にある。大山の世代は近本、木浪、藤浪ら主力選手が顔をそろえる。大山自身、今季116試合に出場し、打率・288、28本塁打、85打点。開幕ベンチから4番の座を奪い、矢野監督の信頼を不動のものとした。

     指揮官は「ノーはないぞ、やるぞ」と主将を託したという。「苦しい時にキャプテンというところが重荷になることもあるけど、逆にそれがあるから悠輔自身も成長できると思う」。来季も4番の筆頭候補だ。チームの軸として、さらなる成長に期待している。

     「来年のスタートは始まっている。オフに入るのでここからは自分自身やるしかない。(キャンプインの)2月1日、すぐにできるように気持ちを入れ替えてやっていきたいと思います」

     甲子園での秋季練習を終えた新主将の言葉が頼もしい。来季は名実ともに虎の顔になる。




    【決意】大山 新キャプテン就任「全責任を背負う」スポニチ虎報

    大山くんかわいいね🎵
    左胸にCのユニフォームが楽しみ😊

     https://sponichi.page.link/news  pic.twitter.com/hDJQsafznC



    大山が新キャプテン、ちょっとビックリ。
    けれどもこれからは91年生まれの梅野世代から、94年
    の大山、藤浪、近本世代がタイガースの中心。
    4番を守ることも大事だしいろいろあるかもやけど、
    重圧を感じることなくこなしていってくれるといいな😊


    続きを読む

    このページのトップヘ