とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    監督・コーチ・フロント・スタッフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神6-4ヤクルト>◇16日◇甲子園

    指揮官が投打に必死のタクトで、阪神が接戦をものにした。

    先発中田が苦しみながらも5回途中3失点。6回2死一、三塁から継投に入った。

    2番手は本拠地初登場の新人小川。15日ぶりの登板も7番エスコバーを2球で打ち取り、ピンチをしのいだ。6回も小川が抑え、直後に打線が同点。7回は3番手能見が0を並べた。8回に4番手岩崎が勝ち越しを許すも、ビハインドは最少失点。攻撃陣が試合をひっくり返すと、最後は5番手スアレスがシーソーゲームを締めた。

    前日15日は同点の終盤に救援の伊藤和がつかまり、接戦を落とした。試合後に矢野監督は「ああいうところでうちも粘っていかないと、上に行くのは難しくなる」。踏ん張ったヤクルトのリリーフ陣を例に、終盤の継投を課題に挙げていた。この日は先発から5投手の継投でつなぎ、粘り勝ちとなった。

    「打」の采配も積極的に動き、打線が活性化した。

    3点を追う6回1死無走者。攻略の糸口がつかめない先発左腕高橋に対し、ここまで2打席凡退の1番近本に代えて右打者の陽川を代打に送った。6回代打からの登場の福留もそのまま中堅の守備に就かせ、8回の第2打席で決勝弾。采配の早仕掛けが、4カード連続勝ち越しを呼び込んだ。【奥田隼人】




    今日は矢野采配が当たった。 ツーベース打ったドメさんを守備でも使うという。あそこは江越がセンターに入ってもおかしくないパターン。 最後まで守備について、ドメさんサマサマ!! サンズも当たりが出だしたしね。 明日からも期待できるぜ!!



    今日は振り返れば矢野監督の采配ズバリだったな。 近本が絶不調なせいで、センターコロコロ入れ替わり問題がアレだが。 あと、北條高山頼むからそろそろ打ってくれ🙏🏻

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場)

     五回1死走者なしの場面で打順が回ってきた阪神・近本に代打・陽川が送られた。近本に代打が送られるのは今季初めて。昨季も6月30日の中日戦(ナゴヤドーム)で代打・原口が送られた1度だけだった。

     近本は「1番・中堅」でスタメン出場。初回の第1打席は投ゴロ、2死満塁のチャンスで回ってきた二回の第2打席はヤクルト先発・高橋のワンバウンドとなるスライダーに手を出して空振り三振に倒れ、打率は・175にまで落ちていた。

     代打に送られた陽川はライトフライに倒れ、阪神はこの回も無得点に終わった。

     六回の守備には代打した陽川がそのまま中堅へ。陽川が中堅を守るのはプロ入り後では初めて。現在の阪神の外野守備は左翼・サンズ、中堅・陽川、右翼・糸井となっている。




    気付いたら近本に代打出されてたやん



    近本に代打出すなら最初から下位に置いておけ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     一時は1点差に迫る主砲・ボーアの追撃弾も及ばず、阪神はヤクルトに5―9で敗れて再び最下位に転落した。矢野燿大監督(51)も「今日みたいな競り合ったゲームを取れるようにならないと…」と苦い表情。結果的に勝敗は6回以降、中継ぎ陣が踏ん張り切れなかったことに尽きる。

     ただ、その一方でチームは用兵面で、敵よりも苦しい選択を強いられている。象徴的なのが15日現在、リーグで唯一、ベンチ入りの捕手を梅野、原口の2人でやりくりしている点だ。

     通常は捕手3人体制がセオリーも、阪神は今月2日に坂本を抹消して以降、梅野が正捕手で先発し続け、原口は控えに。梅野同様、原口もかつて一時は4番を務めたほど打撃には定評があり、開幕第2戦には本塁打を放つなど、捕手3人体制なら、代打や一塁手としての先発など「マスク」以外の役割も期待できた。

     だが、現状の捕手体制では原口は必然的に捕手・梅野に〝有事〟が起きた際のために「最後まで起用ができない」選手に…。原口が代打などで途中出場した場合は、そのまま内・外野のどこかにつきながら「捕手」での緊急出場も想定しなければならない。

     そもそも9日の巨人戦から、ほぼ固定の現状の先発オーダーは、試合展開により守備・代走が必要となる面々が極めて多い。守備に難があるボーアやサンズに守備固めを送らなければならないほか、ベテラン・糸井も現在、下半身のコンディションに不安を抱えている。「守備・代走要員」を他のチームよりも手厚くスタンバイさせなければならず、そのために泣く泣く捕手枠を削っているのが現状なのだ。

     捕手は「3人」が理想なのは、捕手出身でもある矢野監督も理解している。それだけに今後の戦いを進めるうえでも猛虎では解決すべき、喫緊の懸案事項となりそうだ。




    髙山、北條、上本、熊谷 わざわざ置いておかなくても捕手上げればいい 原口がベンチの肥やしに…矢野阪神の苦しい「捕手2人制」事情(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200716-01983651-tospoweb-base 



    原口がベンチの肥やしに…矢野阪神の苦しい「捕手2人制」事情 #SmartNews 捕手は2人でいいよ。3人いたってまともな出場機会が得られなければ、その選手が成長しないじゃないか!  https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1983651/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神5-9ヤクルト>◇15日◇甲子園

    矢野阪神の必死の継投も実らなかった。同点に追いついた直後の7回表。ベンチは2番手に伊藤和を送り出した。首脳陣が「勝利の方程式」を模索する中で、その一角入りの期待もかける右腕。直前の6回に同点に追いつき、流れを引き戻しただけに、ヤクルトの攻撃を抑え込みたかったが、思惑通りにはいかなかった。

    伊藤和は2安打と1四球で1死満塁として、村上を迎えたところで交代。その後、6月30日以来の登板となった3番手能見が、村上に2点勝ち越しを許す中前打を浴びた。矢野監督は「難しいところやねんけど、和雄で何とか頑張ってくれたらというのはあった。あの打たれ方と、ちょっと(荒木への)四球がもったいなかった。最後、能見に託したんやけど」と振り返った。

    7回にボーアの本塁打が出ていた。1点差のまま9回の攻撃を迎えれば…。だが、9回表も誤算だった。2死一、二塁。この回からマウンドに上がっていた馬場は、エスコバーにカウント2-2から左前適時打を打たれるなど3失点。突き放されてしまった。

    矢野監督 うちも粘っていかないと上に行くのは難しくなる。勝ちパターンで勝っていくことは大事なんだけど、競ってる試合で追いついたり、1点負けている最後の馬場もあと1球というところで。粘れる中継ぎ陣というか。現状と課題としては、そういうところでしっかり食い止めてくれれば。連勝とか大型連勝という形にはなっていくのにつながると思う。

    指揮官の言葉通り、逃げ切り勝利を重ねるだけでなく、僅差のビハインドや同点の場面から勝利をもぎ取ることが、浮上へのカギとなる。【松井周治】




    会心の当たりが全て守備の真正面にいく阪神と、当たり損ないが全て守備の網を潜り抜けてヒットになるヤクルト。今日は西がすっぱ抜かれた時点で、そもそも負ける運命だったんだろう。止めを刺したのが、ガンケルと違ってなぜかチャンスを与えられるガルシアと、矢野監督の謎継投。 #阪神タイガース



    矢野監督の継投も イマイチよく分からん時がある。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神5-9ヤクルト」(15日、甲子園球場)

     阪神の課題が改めて浮き彫りになった。

     4-4の七回、2番手の伊藤和が1死満塁のピンチを招き、3番手の能見が決勝打を献上。4番手の望月は八回を無失点に抑えたが、九回に登板した馬場が3点を失った。開幕から同点や僅差のビハインドの展開で中継ぎ陣の失点が目立っている。

     試合後、福原投手コーチは「なかなかそこを頑張ってしのいでいかないと勝ちゲームにならない」と指摘。守護神藤川が不在の中、「そういう展開で抑えることができる投手を作っていかなければいけない。今いる若い投手の子たちもチャンスだと思って、頑張ってほしいですね」と奮起を促した。




    阪神中継ぎ陣また失点…福原コーチ「抑えることができる投手を作っていかなければ」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 選手個々の力量もあるけど起用の仕方も考えて欲しい  https://news.yahoo.co.jp/articles/bbd0194dddcfe45206e2fb165507530d8a538c90 



    今の阪神は中継ぎが荒れてるから先発が試合しっかり作らんと大量失点は回避できんな。馬場と望月の覚醒を願うばかりです。


    続きを読む