とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    掛布雅之

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



     ミスタータイガースが阪神電鉄と再契約することになりそうだ。阪神の藤原崇起オーナー(67)が、掛布雅之氏(64)と再契約する意向を明かした。2019年12月5日、各スポーツ紙が報じた。球団の親会社である阪神電鉄と再契約する見通しで、職務内容や肩書などは未定だという。

     掛布氏は2016年、17年と2軍監督を務め、18年からオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)として球団を支えてきた。今年10月31日に任期満了での退団が発表されいったん球団から離れたものの、掛布氏の野球にかける情熱や見識が評価されグループの一員として新たなポストが用意された。

    ■「ファンの声を無視できなかったと思います」

     在阪のメディア関係者は「関西では掛布人気はいまだ絶大で、大きな経済効果をもたらします。退団が発表された際、阪神ファンから批判的な声が多く見られました。掛布の野球論に心酔する若手選手も多く、影響力は絶大です。今回はオーナー自ら再契約に向けて動いたようですが、ファンの声を無視できなかったと思います」と話した。

     掛布氏の「残留」が決定的となり、1軍監督「待望論」が再燃している。これまで阪神の監督が交代するたびに持ち上がってきた掛布氏の「待望論」だが、一度も実現していない。掛布氏は現役引退後、テレビの野球解説者、評論家などメディアで活躍し、長らく縦縞のユニフォームに袖を通すことはなかった。

    幾人もの「掛布チルドレン」を1軍へ
     2013年オフに同郷千葉の先輩である中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)の尽力によって25年ぶりに阪神に復帰。GM付育成&打撃コーディネーターとして選手の指導にあたった。16年からは当時の金本知憲監督を支える形で2軍監督に就任。選手の自主性を重んじる独自の指導法により若手の才能を開花させ、幾人もの「掛布チルドレン」を1軍へと送り出した。

     2軍監督時代も掛布人気は相変わらずで、公式戦で満員札止めの試合が相次いだ。2軍監督として最後の試合となった2017年9月28日の広島戦では、球団が多くのファンに試合を観戦してほしいと、鳴尾浜球場から甲子園球場に会場を変更。詰めかけた多くの虎党がミスタータイガースのユニフォーム姿を見送った。

     ネット上では掛布氏の「残留」報道を受けて、「掛布の1軍監督を一度は見てみたい」、「再契約は当然」、「掛布さんは阪神の宝」など早くも盛り上がりを見せている。職務内容は未定とされるが、球団の顧問的なポストが想定され、現場で選手を指導することはなさそうだ。それでもいったん球団から離れたミスタータイガースが「残留」することで現場復帰の望みがつながった。虎党の期待はふくらむ。




    「1軍監督姿、一度は見てみたい」 掛布氏、阪神「残留」で再燃する待望論(J-CASTニュース)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000000-jct-spo  矢野監督がどうこうではなく… ただただ見たい🥺 #掛布監督



    「1軍監督姿、一度は見てみたい」 掛布氏、阪神「残留」で再燃する待望論 (J-CASTニュース) ファンとしては見たいっす‼️ 👀✨⤴︎⤴︎⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000000-jct-spo 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ミスタータイガースが残留する!! 今季まで阪神のオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)を務め、すでに退団した掛布雅之氏(64)が、新たに電鉄本社の用意するポストに就任する方針であることが3日、分かった。契約満了のため10月末日でいったん球団から退団したが、電鉄本社は偉大な存在感、影響力に敬意を表しており、来年以降もグループの一員として助力を仰ぐ算段だ。

     電鉄本社筋の関係者が、経緯を説明した。

     「“ミスタータイガース”の掛布さんは偉大な球団OBであり、存在感、影響力が大きいですし、ファンの皆さんからも多大な支持をえています。いったん球団からは退団するという形になりましたが、来年以降も改めて電鉄本社に籍を置く形で、タイガースに関するアドバイスなどを、いただくことになる予定と聞いています」

     掛布前SEAは88年の現役引退後、長らく阪神とは距離を置いていたが、13年オフに、当時の坂井信也オーナー、南信男球団社長、中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)らの尽力により、GM付育成&打撃コーディネーターとして25年ぶりの古巣復帰を果たした。16年から2シーズンは2軍監督も務め、若手を育成。そして18年から今年10月末日まではSEA職を担った。そのSEA職が契約満了を迎えたため、いったんは退団となった。だが「阪神」との縁が切れたわけではない。

     関係者の話を総合すると、来年以降は電鉄本社に籍を置くことが内々で決まっている段階。現時点で、まだ正式な肩書は決まっていないが、1年契約更新制の“特別顧問”のようなポストが用意される見込みという。甲子園球場などで定期的に試合を観戦し、藤原崇起オーナー、秦雅夫オーナー代行らのかたわらに侍して、チームに関する助言、提言などを行う予定だ。

     昨秋の矢野燿大監督就任後、清水雅治ヘッドコーチ、井上一樹打撃コーチらを1軍首脳陣に加え、今秋キャンプでも山本昌臨時投手コーチを招へいするなど外部の「血」を採り入れることで、組織の新陳代謝を進めてきた。だからといって来年で球団創設85周年を迎える猛虎の伝統を、ないがしろにするわけではない。タテジマの歴史を紡いできた球団OBの代表格「ミスタータイガース」こと掛布前SEAの存在感、影響力にも敬意を表しており、来年以降も「阪神」の一員としてともに戦う方針だ。




    掛布氏、阪神“残留”へ 阪神電鉄が新ポスト用意 来季以降もチームに助言(スポニチアネックス) - Y!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000054-spnannex-base  とりあえず阪神に残ってくれてありがたいが、球団ではなく電鉄本社内って… とりあえず掛布さんの力で急行車両(通称 ◯ャビットカー)の色を変えて欲しいわ



    掛布のための謎ポストどんどん増えるな



    dメニューニュース:掛布氏、阪神“残留”へ 阪神電鉄が新ポスト用意 来季以降もチームに助言(スポニチアネックス)  https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20191204-0052?fm=twitter  よかったねぇ…


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     阪神は31日、掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(64)が契約満了により、10月31日をもって退団することを発表した。

     掛布氏は13年10月にゼネラルマネージャー付育成&打撃コーディネーター(DC)として、阪神に88年の現役引退以来となる復帰を果たした。

     16年から2年間は2軍監督を務め、現役時代の31番を背負い、ファンからも多くの注目を浴びた。

     18年からはオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)として、チーム編成に関するオーナーへのアドバイス役などを担っていた。




    掛布雅之オーナー付きシニア・エグゼクティブ・アドバイザーが契約満了により10月末日をもって退団することが決定しましたのでお知らせいたします。



    @TigersDreamlink 掛布さんありがとう



    @TigersDreamlink 掛布さんはやっぱりタイガースの掛布さんなんで寂しいです😌 また戻ってきてほしいです🙏



    @TigersDreamlink 本当にありがとうございました!!



    @TigersDreamlink 今度は臨時コーチとして戻ってきて欲しい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神10-3ヤクルト>◇11日◇甲子園

    今季限りで退団する阪神掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、64)が11日、同職の仕事を終了した。

    藤原崇起オーナー(67=阪神電鉄会長)と甲子園で阪神-ヤクルト22回戦を視察。今季限りでの退団を表明している鳥谷の初打点や2桁得点の快勝を見届け、笑顔で甲子園をあとにした。試合前には三塁ベンチへ出向き、今季限りでの辞任を発表したヤクルト小川監督を訪問。「習志野(千葉)の後輩だし、お疲れさまということでね」と話し、山田哲や村上らを育てた手腕をたたえて労っていた。




    @TigersDreamlink 何故掛布さんをSEAを 辞めさせる。 ミスタータイガースと 呼ばれた功労者に冷たい 昔の過ちをまだ球団が引きずってる感じがします。 矢野監督は生え抜き選手ではないです。 生え抜き選手を大事して ほしいです。 自分の夢は掛布1軍監督就任です。



    阪神っていつもこんな感じやな 鳥谷に続く激震!阪神掛布SEA今季限り退団真相(THE PAGE) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00010000-wordleafs-base&p=1 



    鳥谷切るのはまあ仕方ないとしても掛布SEAを解任しようとしてるフロントがマジでしんじれないんだけど。やる気あるのか?



    阪神・掛布SEA退団 他球団へ流出も(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000037-tospoweb-base  鳥谷と共に千葉へ。



    金本前監督、鳥谷、掛布SEA、ソラーテ、昨年九月から阪神タイガースのお決まりパターンが、いっぺんに起きた気がする。#hanshintigers #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神の掛布雅之オーナー付きシニア・エグゼクティブ・アドバイザー(64、以下SEA))が今季限りで退団することが2日、明らかになった。2017年9月に2軍監督を“解任”になってから1年契約で現職に就いていたが、昨年10月の契約更新時に「来年1年で契約は終わらせていただきます」と予告されていたもの。“引退勧告”により退団が確実になった鳥谷敬(38)に続き“ミスタータイガース”と呼ばれたレジェンドも球団を去ることになった。ネット上では阪神に対して批判、失望の声が多く寄せられているが、掛布退団の真相は何だったのか。

    「1年前に今季限り退任を通告」
     1年前の10月。矢野新監督の就任発表が終わった頃だった。
     掛布氏は甲子園に隣接している球団事務所に呼ばれた。
     掛布氏だけでなく契約のフロントマンは11月1日から10月末日の1年契約を結んでおり、毎年、この時期に契約更改を行うことになっている。部屋には、揚塩球団社長と、契約に関する担当者の2人がいた。
     揚塩社長は開口1番、こう言い放った。
    「来年1年で契約は終わらせていただきます」
     掛布氏はこの職へしがみつくつもりなど毛頭なかった。
    「わかりました。これまでありがとうございました」
     承諾し、感謝の意を伝えた。
     故・中村勝広GMの尽力のおかげで2013年オフにゼネラルマネジャー付育成・打撃コーディネーターとして阪神に復帰。2016年からは、金本監督の要請で2シーズン2軍監督としてユニホームを着た。そして、その後もフロントの職を用意してもらった。掛布氏には感謝の気持ちしかなかった。

     だが、このやり方には疑問を抱いた。失礼だと感じた。
     今年1年で、あなたは終わりと、言われた人間が、どれだけ、その仕事に懸命になれるのだろうか。掛布という人間は、たとえ、そうであっても与えられた場所でベストは尽くす。
     契約上、更新しない場合は2か月前に通知することになっている。ならば、来年の契約更新の2か月前に通知すればいいだけの話ではなかったのか。
     冷静な掛布が、少し口調が強くなった。揚塩社長は、平謝りするだけで、わざわざ1年前に通告した理由も、そして、そもそも、なぜ契約を更新しないのかの理由も説明しなかった。藤原オーナーの“メッセンジャー”に過ぎない揚塩社長の立場では、それができなかったのだろう。鳥谷が揚塩球団社長から“引退勧告”を告げられたときも、開口一番、「今年で辞めてくれませんか」だったという。野球選手という人種の繊細さをこの人は理解してない。

     掛布氏がSEAに就任したのは2年前だ。金本前監督が育成方針に関してズレのある掛布2軍監督の退任をフロントに求め、球団が了承、ユニホームを脱ぐことになった。当時の球団社長だった四藤氏は、“解任”理由を「指導者の世代交代」としたが、その通告時に同時に「フロントに職を用意したので、これからも力を貸して欲しい」と打診した。何も掛布氏が要望したわけではない。

     坂井オーナーの“ブレーン”としての仕事だが、フロントに入りワンクッションを置くことでファンから絶大なる人気のあった掛布氏を斬ったことに対する虎党の反発、世論、阪神OBからの逆風を和らげる目的があったと見られる。また阪神の内側に置くことで、その言動を封じこめておきたかったとも取れる。球団の許可さえあれば、解説や講演などの活動も自由にできるという特別待遇。故・星野仙一氏が、監督退任後、オーナー付きシニアディレクターに就任した際にも同じく自由な活動が許可されており、その前例に習ったものだ。

    ▼続き





    チームの最大の功労者である鳥谷敬や掛布雅之SEAに対して何でそこまで冷たい物言いが出来るのか全然意味がわからなかったが、藤原氏も揚塩氏も、揃いも揃って野球音痴だけでなく人事音痴か。 こりゃ間違いなく阪神タイガースは暗黒時代に逆戻りするな。



    ミスタータイガース掛布、野球界で活躍してほしい。 阪神・掛布SEAが今季限りで退団へ 球団幹部「既定路線」(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000502-sanspo-base 



    阪神タイガースは生え抜きスターの掛布監督よりも金本監督を選び、背番号31番も重んじることもしないので、そういう意味でも「既定路線」なのでしょう。 阪神・掛布SEAが今季限りで退団へ 球団幹部「既定路線」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20190902/tig19090203010001-n1.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ