とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    助っ人外国人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     東京で一番覚えているのは「すきやばし次郎」。あそこは金本(知憲)さんと(藤川)球児が連れて行ってくれた。味、プレゼンテーション。お寿司の価値観が変わったよ。オーバーンにもあるんだよ、いくつか寿司屋が。でも、握っているのは日本人じゃない。ひと通り行ったけれど、日本のスーパーの寿司にだって勝てやしない。値段は倍以上するのに。まぁ、日本のスーパーの寿司も、レベルが高いけどね。

     名古屋は、松阪牛。球児が連れて行ってくれた店が、最高! オーバーンには近くに韓国の自動車工場がある関係で、韓国人が多い。当然、韓国焼き肉の店も多い。ある店に行ったら、松阪牛がメニューにあった。頼んだら全くの別物。俺は食べたことがあるから、分かる(笑)。そもそも、あの値段で、松阪牛が食べられるはずがない。

     広島は、牡蠣。食べられない米国人もいるけれど、俺は大丈夫。生でもフライでも。福岡はとんこつラーメン。

     でも一番は、神戸牛。神戸に「ステーキハウス膳」という店があるんだけど、そうだなあ、もしも日本へ行ったら、真っ先にあの店に行くかな。で、デザートが吉野家(笑)。

     引退してから日本へ行っていないけれど、もし行くとしたら、グルメツアーになってしまいそうだ。行く先々にある程度、行きつけがあったから、レストランのオーナーにも挨拶したいし、子どもたちにも本物を味合わせてやりたい。舌が肥えて、オーバーンに帰ってきて「これは神戸牛じゃないっ」って言われるのも困るけど(笑)。

     でも真面目な話、子どもたちを連れて日本へ行きたいと思っている。長男のトロットには、日本に住んだ記憶があるけれど、次男のタグと三男のティップは日本を知らないから、もう少し経って、彼らがそういうことを理解できるようになったら、家族全員で行こうと思っている。

    ★お宝「吉野家のマイどんぶり」

     ブラゼル氏は「これ、分かるか? そう、吉野家のマイどんぶりだ」と吉野家からプレゼントされた“特注品”を手にとった。「ハンク・アーロンや王(貞治ソフトバンクホークス会長)さんのサインボールと一緒に飾っているんだけど、みんな(どんぶりを)不思議そうに見ている。まぁ、分かる人にしか分からないから。でも、そうしたお宝と同じぐらい、俺にとっては、日本での思い出の品なんだ」とうれしそうだった。

    クレイグ・ブラゼル(Craig Brazell)

     1980年5月10日生まれ、39歳。米アラバマ州出身。2004年8月にメッツでメジャーデビュー。ロイヤルズを経て2008年に西武へ。27本塁打を放ったが、終盤の頭部死球がきっかけで退団。09年は米独立リーグから5月28日に阪神に入団。82試合で16本塁打を放つと、翌10年はリーグ2位の47本塁打。12年限りで退団も13年6月にロッテ入団。14年に退団し、15年8月に現役引退した。MLB通算29試合出場、打率・263、1本塁打、3打点。NPB通算670試合出場、打率・269、133本塁打、412打点。2010年ベストナイン。191センチ、95キロ。右投げ左打ち。




    ブラゼル氏は「これ、分かるか? そう、吉野家のマイどんぶりだ」と吉野家からプレゼントされた“特注品”を手にとった。「ハンク・アーロンや王さんのサインボールと一緒に飾っているんだけど、みんな不思議そうに見ている」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191212/tig19121210000002-n1.html  ブラゼルさん、吉野家はデザートだそうです(笑) pic.twitter.com/qv3izA5b7T



    >>一番は、神戸牛。神戸に「ステーキハウス膳」という店があるんだけど、そうだなあ、もしも日本へ行ったら、真っ先にあの店に行くかな。で、デザートが吉野家(笑)。 ブラゼル氏(4)日本食が世界でイチバ~ン  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191212/tig19121210000002-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/10(火) 07:09:53.88 ID:mqkVOwNl9
    〈阪神新助っ人合意 ボーア バースの再来や〉──デイリースポーツが一面(11月28日付)に、そう大見出しを打った。新加入となるメジャー通算92発の左の大砲ジャスティン・ボーアを1985年の日本一の立役者ランディ・バースになぞらえたわけだが、虎党ならずとも“バース、何人目やねん!”とツッコミを入れたくなる。

    「デイリーやサンスポは新外国人の野手が入団するたびに『バースの再来』と書く。“元祖・バースの再来”は1988年にバースと入れ替わりで来日したメジャー通算147本のルパート・ジョーンズ。ただ、オールスター後からの出場で8本塁打に終わった。1年で解雇され、これがケチのつき始めだった」(ベテラン記者)

     以後、「バースの再来」の見出しが躍っては1~2年で解雇の繰り返し。

    「1997年に年俸3億円で獲得しながら、“野球を辞めろと神のお告げを受けた”と謎の宣言をして7試合しか出場せずに帰国したグリーンウェルが“史上最低のバースの再来”でしょう。最近では“右打ちのバース”といわれた昨年のロサリオ。年俸3億4000万円で契約して、キャンプの紅白戦では打ちまくったが、開幕後は全く打てなくなり、交流戦の頃には二軍降格。1年で退団となった」(同前)

     もはや虎党たちは、「バースの再来」と聞くと逆に不安を覚えるくらいである。

    「今回のボーアはメディアが勝手に見出しにしたのではなく、谷本修・球団本部長の“軽く打って反対側に(本塁打を)打てるのはブラゼル(2009~2012年)とか、古くはバースとかに似ていますね”とのコメントを受けて書いている。ただ、本当に期待できるなら、一塁のポジションで重なるマルテと契約延長する必要はないはず。その程度ではないか」(スポーツ紙デスク)

     繰り返される「バースの再来の悲劇(喜劇?)」について、デイリースポーツの元編集局長・平井隆司氏がいう。

    「左打者と聞いただけで、見てもいないのに騒ぐのは恒例行事。新外国人の写真が手に入ると、みんな同じような角度のバースの写真を必死で探していました」

     たしかに、今回のボーアも、同じ角度のバースの写真と一緒に同紙の一面を飾っている。平井氏が続ける。

    「ただ、俺は自分の担当する記事ではシーズン開幕前に“バースの再来”という言葉は使ったことがない。記事でウソをつくのは読者を裏切ることですから」

     やっぱり「ウソ」なんか~い!

    ※週刊ポスト2019年12月20・27日号


    12/10(火) 7:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191210-00000005-pseven-spo
    https://news-postseven.kusanagi-cdn.com/wp-content/uploads/2019/12/daily_bass-1.jpg

    65: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/10(火) 09:21:30.76 ID:pTbfwlQf0
    >>1
    阪神の外国人はバースの再来かグリーンウェルの再来しかないんやで

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/10(火) 07:22:39.08 ID:/3kMNEe/0
    神様仏様バース様やから

    9: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/12/10(火) 07:29:31.33 ID:/nnfabJR0
    めじゃーで3年連続20本以上のホームランをかっ飛ばした実力は本物
    丸太のような腕っぷしで少々の低めも救い上げてピンポン球のように
    スタンドに抛りこむらしい
    左に弱いといわれてるが大暴れすること間違いない
    今から、来シーズンが待ちきれんわ

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575929393/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    <この10年、阪神やっぱりこうやった!? 1>

    平成から令和に代わった19年も終わりが見えてきました。米国では10年単位を「ディケイド」として1つの区切りにします。そこで我らが愛する阪神についてもこのディケイド年に限ってよく言われる“風説”について専門家の意見を交えて、考えてみます。題して「この10年、阪神やっぱりこうやった!?」。1回目は「阪神は助っ人野手取りがヘタ~?」です。

       ◇   ◇   ◇

    阪神は新たな助っ人としてボアを獲得した。さあ、当たりか外れか。虎党の間では早くも期待と不安の会話がはずんでいる。終盤の連勝で3位に滑り込んだ19年。多くの虎党の共通する思いは「もっと打てる外国人選手がおったらな…」ということではないか。マルテも主砲級の働きはできず、2年目ナバーロも戦力になれなかった。昨季のロサリオから流れはよくない。

    阪神に限らず外国人選手、いわゆる助っ人はプロ野球全体の課題だ。特に毎試合に出場できる野手が働くかどうかはペナントを争う上で大きな要素になる。

    過去、来日した助っ人は投手野手合わせて2100人を超え、すでにレジェンドとなった選手もいる。この10年間に活躍した選手でもバレンティン、ラミレスと名前が挙がる。

    「助っ人の成功を規定するのはいろいろな条件があるのでなかなか難しい。それでも打者で言えば、やはり3年ぐらいは在籍した上で規定打席に達し、打率2割8分、20本塁打、70打点はマークしてほしいところでしょうね」

    そう話すのは近大でスポーツマネジメントの研究を続ける黒田次郎准教授だ。広島カープで通訳などを経験した人物。その黒田氏が挙げた数字に沿ってこの10年、セ・リーグの助っ人を見てみる。

    目立つのはやはりヤクルト・バレンティン、巨人、DeNAと2球団で活躍するロペスといったところだ。そして問題の阪神だが意外にも? いい位置につけている。

    マートン(在籍6年)が規定打席に6度も達し、首位打者を獲得。ゴメス(同3年)も打点王を取っている。さらにブラゼル(同4年。他に西武、ロッテ)も頑張っていた。

    この10年間で阪神がもっとも優勝に近かったのは10年、真弓監督時代だ。優勝した中日に1ゲーム差の2位でフィニッシュした。いわゆる「飛ぶボール」の問題もあったが、この年は実に173本塁打をマークし、打率も2割9分を残している。金本、新井、城島もいた上にマートン、ブラゼルの2人がいた。

    過去の失敗はともかく、この10年に限れば阪神の助っ人獲得戦略は意外にも? 「悪くない」という結論になる。新加入のボアがマートン、ブラゼル、ゴメスに並ぶ、あるいは超える力を発揮できるかどうか。主軸を任せられる助っ人がいれば周囲の若手打者にもいい影響を与える。2年目の戦いに挑む矢野阪神に大きくかかわってくる問題だ。【編集委員・高原寿夫】




    意外にも?悪くない阪神10年間の助っ人野手取り マートン ブラゼル ゴメスと割かし阪神🐯外国人は過去10年良かった見たいです(^^;  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912050000375.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    マートンクラスの外国人来ないかなああああああ 意外にも?悪くない阪神10年間の助っ人野手取り  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912050000375.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2



    ブラゼル氏は2009年途中から12年まで阪神でプレーした
     西武、阪神、ロッテなどで活躍したクレイグ・ブラゼル氏が5日、自身のツイッターで阪神時代の写真を公開した。そこには当時阪神の新井貴浩氏、マット・マートン氏とブラゼル氏が歓喜の表情で写っている。

     ブラゼルは「良い打者になるための秘訣はたくさんある。そして、周囲に耳を傾けたり、目を向けることが助けにもなり得る。この写真に写っている2人は、ともに実に良い打者だった」とツイートした。

     ブラゼルは2008年に西武でNPBのキャリアをスタートさせると2009年途中に阪神に入団。2010年には打率.296、47本塁打、117打点と大活躍し、新井貴氏、マートン氏とは当時強力打線を形成した。

     ブラゼルは阪神の後ロッテでも2年間プレーしたが2014年オフに自由契約となり、現役を引退している。




    There are a lot of things that make a good hitter listening and watching others can help like the 2 other guys in this picture both pretty good hitters pic.twitter.com/yaEOK7AlTL






    @cbraz67 この写真好き


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     09年から阪神に在籍して4年間で計91本塁打を放ったクレイグ・ブラゼル氏(39)が4日、阪神の来季新外国人として条件面で基本合意しているジャスティン・ボーア内野手(31=エンゼルス)へ向けてTwitter上で日本球界成功の秘訣(ひけつ)を“伝授”した。

     ボーアに関する記事を引用したツイートに返信する形で持論を投稿。「日本でヒットを打つことが難しいと人々は知らない。チームはあなたに素晴らしいホームランやタイムリーヒットを打つことを期待している」。続けて、「今の考えや知識を捨てて、日本のやり方を学べば道は開ける」と助言を記した。






    ブラゼルがボーアのことに対してなんか助言してる ありがとう!ブラゼルさん  https://twitter.com/cbraz67/status/1201943184386990082 



    ブラゼルの助言??日本でヒットを打つことが難しいことを知らない人は多い、、、的な?正確に訳せる人、教えてください!w  https://twitter.com/cbraz67/status/1201943184386990082 


    続きを読む

    このページのトップヘ