とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    青柳晃洋

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ 阪神2―2ヤクルト(2019年4月17日 神宮)

     阪神は17日のヤクルト戦(神宮)で延長12回、今季初の引き分けに終わった。自慢の勝ちパターンが崩れて終盤に同点に追いつかれる中、先発した青柳が大きな希望になった。

     自身の勝ち星が消えた直後も、青柳はベンチの最前列で声を張り上げ続けた。勝ちたかった…。心の叫びを必死に抑えた。敵地のマウンドで見せた躍動だけが、重苦しい試合の収穫だった。

     「2回以降はずっとランナーを背負う投球になってしまいましたが、梅野さんのリードと野手の方々の守備に助けてもらい、粘って何とかゼロに抑えることができた」

     何度もピンチに陥りながら、必死に腕を振って、粘った。確かな成長を示したのは、3回だ。1死一塁から青木の投ゴロを処理して二塁送球も、ショートバウンドとなる悪送球で一、三塁と一気に窮地に陥った。課題の守備での大きなミス。今までの自分なら一気に崩れてもおかしくなかった展開でも、引きずることはなかった。

     迎えた山田を3ボール1ストライクと不利なカウントからスライダーで引っかけさせ三ゴロ併殺。「昨年までなら崩れていたかもしれないですけど、ファームで“ミスしても次”という野球を教わったので」。狙い通りの形で無失点に封じ、リズムを取り戻した。2回から5回はすべて走者を背負う展開。2点の援護をもらった直後の4回も1死一塁から西浦を三ゴロ併殺に仕留めた。

     6回からの2イニングは完全投球で7回5安打無失点。16年7月7日の巨人戦以来となる7回以上の零封とキャリア最高と言っていい投球内容で111球を投げ切った。

     「ミスもありましたけど、ピンチでゲッツーだったり粘れた」

     今季3試合目の登板にして初めて勝ち投手の権利を手にして出番を終えた。先輩たちにバトンを託したが、8回1死満塁でジョンソンがバレンティンに左前へ2点適時打を浴びて同点とされた瞬間、手にかけていた白星は消えた。矢野監督も「内容的にも投げっぷりも(よかった)。だからこそ勝ちを何とかつけてやりたかった」と語気を強めた。

     「チームは負けなかったので。僕の勝ちは次、取れればいいと思うので」

     青柳は試合後、悔しさを微塵(みじん)も見せることなく、前を向く姿は頼もしかった。16日のヤクルト戦で1回1/37失点KOされたガルシアがこの日、出場選手登録を抹消された。手薄になった先発陣で背番号50は今や欠かせない。(遠藤 礼)

    ○…青柳(神)の7イニング以上の投球は16年7月7日・巨人戦7回無失点=○、同9月8日・巨人戦7回1/32失点=●、17年8月19日・中日戦7回1/31失点=○に続く4度目で、無失点登板では最長タイのイニング。勝敗がつかなかったのは今回が初めて。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000049-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <ヤクルト2-2阪神>◇17日◇神宮

    阪神青柳が今季最長の7回を投げて5安打無失点と好投した。序盤からテンポよくボールを投げ込み、強力ヤクルト打線を料理。3回には自身の悪送球から1死一、三塁の場面を招いたが、「ミスをしても次という野球を(昨年の)ファームで教わったので」。山田哲を低めのスライダーで三塁併殺に仕留めて最大の危機を脱出した。

    「2回以降はランナーを背負う投球になってしまいましたが、梅野さんのリードと、野手の方々の守備に助けてもらい、なんとか粘ってゼロで抑えることができた」。走者を許しても大崩れすることなく、6回、7回は3者凡退で中継ぎにバトンタッチした。

    ただ、好投も今季初勝利はお預けになった。2点リードの8回に中継ぎ陣が同点に追いつかれ、白星が消えた。開幕から3試合、計18イニングを投げて味方の援護点は2点と不運な面もある。それでも青柳は「僕の勝ちはまた次に取れればいいんで」と前向き。防御率は2・50で西に次いでチーム2位。この日、ガルシアが再調整のため出場選手登録を抹消されたが、青柳は週明けカードで存在感を示してきた。今季最多111球を投げたが、これについても「自分の中ではもう少しいけたかなと思うけど、打順の巡りもあるので」と頼もしかった。【桝井聡】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-04171134-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ ヤクルト―阪神(2019年4月17日 神宮)

     今季3度目の先発の阪神青柳が首位・ヤクルト打線を相手に7回5安打無失点の快投。2点リードを守って降板したが、中継ぎ陣が8回に追いつかれ、またしても今季初勝利はならなかった。

     独特の投法からカットボール、ツーシームを低めに集める投球でゴロアウトを量産。3回1死一、三塁、4回1死一塁ではいずれも三ゴロ併殺打で切り抜けるなど、粘り強さを見せた。

     「2回以降はずっとランナーを背負う投球になってしまいましたが、梅野さんのリードと野手の方々の守備に助けてもらい、何とか粘ってゼロで抑えることができました」

     十分に勝利に値する投球だったものの、8回に登板した能見、ジョンソンという頼みのリリーフ陣がこの日に限って不調。運にも見放され、3戦未勝利となってしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000198-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神・青柳が17日のヤクルト戦(神宮)に予告先発された。「なんとか味方が点を取ってくれるまでしっかりゼロでいきたい」。16日は松山遠征中のチームを離れ、鳴尾浜での投手残留練習に参加し、ショートダッシュやキャッチボールなどを行い、調整。前回登板の10日のDeNA戦(甲子園)では6回6安打1失点と好投も打線の援護に恵まれず、2敗目を喫していた。首位を走るツバメ打線については「強打のチーム。一発の出る打者が多いので、気をつけていきたい」と気合を入れた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000591-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場)

     今季本拠地初登板となった阪神先発の青柳晃洋投手(25)が、6回を投げて6安打1失点、自己最多タイとなる8奪三振で降板。今季初勝利はならなかった。

     立ち上がりから粘り強い投球を披露。初回1死から四球と二塁打などで二、三塁のピンチを招いた。だが、筒香を三球三振に仕留めると、続く宮崎は二ゴロに打ち取って無失点。二回は三者凡退に。三、四回と再び得点圏に走者を背負うも、要所を締めて得点を許さなかった。

     悔やまれるのは、五回。先頭の神里にカウント1-1からの3球目、真ん中付近に甘く入った140キロの直球をバックスクリーン右へ運ばれた。痛恨の先制ソロ。2死走者なしからは筒香に右中間への二塁打を放たれた。しかし、後続を断ち切り最少失点でしのいだ。

     横に大きく変化するキレ味抜群のスライダーで三振の山を築いた。DeNA打線から毎回の三振を奪い、六回1死走者なしから大和を外角への同球で空振り三振。これで18年9月23日・巨人戦(甲子園)以来、自己最多タイとなる8個目とした。

     六回に打席を迎えたところで代打・山崎が告げられて交代。先制こそ許したが、力強い投球で先発としての役割は果たした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000120-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ