とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    秋山 拓巳

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <中日3-6阪神>◇14日◇ナゴヤドーム

    阪神先発の秋山拓巳投手が4回6安打3失点で降板した。


    7初回、先頭平田に左翼へ二塁打を浴び、そこから先制を許した。「初回に2点取られて、早いイニングで降りることになってしまったので、反省です」。その後は粘投を続けたが3回にも1点を失い、苦しい投球となった。矢野監督は「内容的には今日はいいとは言えない。球の質も。(次回登板)そこは周りの他の選手との競争の中で判断していくしかない」と話し、他の投手との兼ね合いでは2軍降格の可能性がある。




    @TigersDreamlink 秋山選手また降格?他との兼ね合い(競争)? いやいや、ガルシア選手のがマズイでしょ、一旦降ろして奮起させないと、わざわざとってきた程の結果出てないっしょ



    えっ、秋山2軍降格の可能性ってなんの話や、おかしいやろ。そんなあほな事せんやろ。秋山はそのままローテーで当たり前の好投手や❗矢野監督の資格なしやろ。考え方がおかしいわな。そんな考えやと選手育てるん無理やわ❗来年も決まったらしいけど考え直さないとあかんよ球団わ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「中日-阪神」(14日、ナゴヤドーム)

     阪神の先発・秋山拓巳投手が4回6安打3失点で降板。初回に先制を許した後は粘りの投球で何とか試合を作ったものの、早い回での降板で今季4勝目はお預けとなった。

     初回に捕まった。先頭の平田に左翼への二塁打、続く京田にセーフティーバントを決められ、いきなり無死一、三塁の大ピンチを迎えた。大島を空振り三振に斬ったが、1死からビシエドに中前への2点適時打を浴びて先制点を献上した。

     初回だけで31球を費やし、ボール球が多くなった秋山だが、二回は無失点。三回は先頭の大島を右前打で出塁させ、盗塁と自らの暴投でピンチを背負うと阿部の三ゴロの間に1点を追加された。

     打順の巡りもあり、3点ビハインドの五回に代打を送られてマウンドを降りた秋山。しかし味方打線が五回に爆発して一挙5得点を挙げ、試合は一気に阪神ペースとなった。




    神宮の進行を待機していて 阪神を追えてなかったけど、 逆転してた! 秋山が4回で降板 5回表に逆転 5回は能見さんがゼロに抑えた この場合、勝利投手の権利は 能見さん? 2イニング投げる投手がいると 複雑になる案件かしら。 #tigers #阪神タイガース



    三点追い付いた!秋山降板は残念やけどね…… #阪神



    秋山や藤浪は援護があり、西やガルシアには援護がない。外様に厳しい、それが阪神www


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <ヤクルト3-5阪神>◇8日◇神宮

    阪神秋山拓巳投手(28)にとって3カ月ぶりの白星は、喜びが重なる格別のものとなった。勝利の瞬間、ベンチの最前列で喜びをかみしめた。「本当に、チームが勝てて良かったです」。ストライク先行の投球で、2回まで無安打。3回に太田に先制ソロを浴び、5回にも2点目を与えたが、要所を抑え、大量得点は許さなかった。同期の原口と約1年ぶりに先発バッテリーを組んで5回4安打2失点。6回に打線の援護を受け、5月7日に勝って以来の今季3勝目。粘りの投球はチームの連敗が3で止まる勝利につながった。

    絆でつかんだ勝利だった。登板前日7日の試合前練習。投球練習を始めた秋山の相手役は原口だった。「昨日2人で準備出来ていた。しっかり引っ張ってくれた。やっぱり同期ですし、ずっと2人で頑張ってきたので」。同期原口とのバッテリーは18年6月29日以来となる。くしくも神宮でのヤクルト戦でそのときチームは敗れていた。初めて2人で味わう白星になった。

    10年入団の同期で同じ高卒。今年1月に原口が大腸がんを公表した時、秋山は言葉をつまらせた。そして原口に同期がデザインされたオリジナルTシャツを作成。その心配りに原口は「本当に気に掛けてくれて、秋山もTシャツとか作って配ってくれて、ありがたいですね」と感謝していた。その原口は6回に同点打。2人の奮闘は勝利への大きなピースとなった。

    チーム後半戦20試合目で先発投手に白星がついたのは、3日の西以来2人目(3度目)だ。矢野監督は「アキ(秋山)がこうやって1回ピシャッというか、しっかりアキらしいピッチングをしてくれたのはチームとしても大きい。次ももちろんあると思うし」。チームにとっても大きな意味を持つ1勝だ。【磯綾乃】





    良かったなぁ秋山 岩貞も原口と組ませるのも面白そう



    今日は秋山=原口の同級生バッテリーだったか。勝って良かった。二人とも良いきっかけにして欲しいなぁ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神が逆転勝ちで連敗を3で止めた。

     先発・秋山が5回2失点で3勝目。同級生の捕手・原口と呼吸を合わせ、5月7日のヤクルト戦(神宮)以来となる白星をつかんだ。打線は2点を追う6回に原口が同点打を放ち、北條が勝ち越し二塁打。6回以降はリリーフ陣が踏ん張り、9回に飛び出した近本の9号2ランも大きかった。9日からは京セラDで3位・広島と3連戦。CS圏内へ5・5ゲーム差と踏ん張りどころは変わらないが、矢野監督は「全体的にはもっともっと打ちたい。1個(1勝)でなかなか乗りにくいけど、きっかけにはしたい」と再浮上へ力を込めた。





    秋山なんだかんだ3勝もしてたんやな



    秋山で3勝目やもんな… マジで二桁勝利0人でシーズン終わりそうなんだが😅



    阪神勝った。やっと連敗ストップ。近本はまたホームラン。新人王に一歩前進や。秋山今シーズン3勝目。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「ヤクルト-阪神」(8日、神宮球場)

    阪神の秋山拓巳投手(28)が、5回を投げ4安打2失点で降板した。

     ピンチを背負っても、懸命に、粘り強く腕を振り続けた。三回には太田にソロ本塁打を許し、五回には青木に適時打を浴びたが、最少失点でしのぎきった79球。「先制点を許してしまって、なんとかその1点で粘っていきたいと思っていましたが、2点目は防げた失点だっただけに悔やまれます」と反省の言葉を並べ、味方の援護をジッと待ち続けた。

     9連戦の3戦目。そしてチームは連敗中…。だからこそ右腕にとって、「(長いイニングを)消化できるようにしたい」と誓ったマウンドだった。六回に好機で打席が回ると、代打が送られ交代に。球団広報を通して、「球自体は自分の感覚として徐々に良くなってきている部分はあるので、次回の登板機会に向けてしっかり調整していきたい」とコメントした。味方の逆転で5月7日のヤクルト戦以来となる3勝目の権利を手にし、残りは頼れるリリーフ陣に託した。

     またこの日は、約1年ぶりのバッテリー復活だった。秋山-原口の先発バッテリーは、18年6月29日のヤクルト戦(神宮)以来。前回は4回1/3で6失点だったが、同じ舞台で借りを返した。またこの日の秋山の負けを消したのも、勝ちをつけたのも支え続けた女房役。六回に同点とする内野安打を放つと、続く北條の二塁打では一塁からの激走し、勝ち越しのホームを踏んだ。





    秋山2失点はゲームつくってるねんで 勝たなあかんで たのむで



    ついに勝ち越しー! 秋山は勝ち投手の権利を持って降板する見込み。 もうちょっと秋山でもいいかなとは思うが、点を取らなきゃダメだから。



    秋山くんは5回で御役御免、2番手は島本くん! #hanshin


    続きを読む

    このページのトップヘ