とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    植田海

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     「セCSファーストS・第3戦、DeNA1-2阪神」(7日、横浜スタジアム)

     激戦を制したナインの輪で、阪神・植田の笑顔がはじけていた。仲間のミスを帳消しにし、チームの流れを引き戻した“神走塁”。北條、木浪とラッキーボーイの活躍光ったCSファーストS。ファイナルS出場権を勝ち取ったのは、虎の韋駄天(いだてん)の意地だった。

     ハイライトは八回に訪れた。1死から高山がエスコバーに死球を受けた。矢野監督はここで迷わず代走・植田を送り出した。小走りで一塁に向かいながら、脳裏に前日の記憶がフラッシュバックした。代走で出塁した1点を追う七回、二盗に失敗。チャンスをつぶしていた。

     「監督が試合前に『今日も走っていいからな、思い切っていけ』と言ってくれた。ありがたいというか、楽な気持ちでスタートを切ることができました」

     指揮官の言葉に背中を押され、初球から攻めた。完璧なタイミングで二盗に成功。得点圏に進んだことで、相手バッテリーに焦りが見える。5球目、エスコバーが暴投し、三塁を陥れた。ここで梅野は中堅に飛球を打ち上げる。定位置やや前のフライになったが、快足を飛ばして悠々とホームに生還だ。

     プロ5年目。大卒の同級生が入団し、「勝負」と位置付けたシーズン。植田は西武・源田との自主トレを願い出た。37、34、30…と、3年連続30盗塁を記録した俊足巧打の内野手。一流プレーヤーのエキスを吸収したことで「自分がアピールするところは走塁です」と決意を新たにした。貴重な3日間の経験が大一番で生きた。

     指揮官も「ほんま頭が下がる。すごいやん」と賛辞を贈る。矢野監督が掲げる積極野球の申し子。切り札が接戦で勝利を運び、決意を新たにした。「終盤はいつでもいける準備をしているので。頑張ります」。23歳がこじ開けたファイナルSへの扉。さあ、下克上日本一へ。快足を飛ばして一気に駆け上がる。









    打撃があんていすればレギュラー狙ってほしい逸材。海くんの足はすげえよミスもあるけど。 阪神・植田 さすが虎の韋駄天“神走塁”でVホーム 矢野監督絶賛「頭下がる」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000033-dal-base 



    昨日の阪神タイガース、CSシリーズでの勝利に夢と希望をもらいました😆奇跡を起こす、それは不断の努力と勇気、決断力なんだと改めて思いました!元々5位フィニッシュと思っていた位なので。相手が誰であろうとチャレンジあるのみです😃 矢野監督の奇跡は植田海、ニュータイガースの象徴! pic.twitter.com/QvtMRUPGQc



    指導者目線的には,前日大事なところで盗塁死した植田くんをもう一度大事なところで使った矢野監督の采配がすごかったなと.ベンチの雰囲気も良くなるね(前監督だったら・・ #阪神



    阪神、植田!おめでとー、矢野監督今日は完璧な采配



    【阪神】矢野監督「こんな試合をしてくれてね。すごいな、ウチの選手」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 植田海やなMVP。 あそこでいきなり走れるのは気合と根性と努力。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000004-sph-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇セCSファーストステージ最終戦 阪神2―1DeNA(2019年10月7日 横浜)

     セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は7日、横浜スタジアムで最終戦が行われ、レギュラーシーズン3位の阪神が同2位のDeNAに2―1で勝利を収め、通算2勝1敗で5年ぶり2度目のファイナルステージ(6試合制)進出を決めた。

     1勝1敗で迎えた第3戦。引き分けならシーズン上位のDeNAが勝ち抜けとなる中、阪神が代走・植田の走力で決勝点をものにした。1―1で迎えた8回。1死から死球で出塁した高山の代走に出た植田が二盗と暴投で三塁まで進み、梅野の中犠飛で勝ち越し。これが決勝点となった。

     「思いっ切り走りました」と23歳の植田が笑顔で胸を張った。「行く前から初球にいこうと思ってたんで…」と梅野の打席の初球にすかさず二盗成功。俊足を生かして楽々セーフになると、5球目の暴投で三塁へ。梅野が7球目に中飛を打ち上げると、再び快足を飛ばして決勝のホームに滑り込んだ。

     第2戦では7回に北條の代走に出て盗塁失敗。「きのうやられてたんで絶対やり返したる!っていう気持ちは持って走りました」。本塁生還のシーンは「梅野さんが飛距離十分な打球を打ってくれたんで。楽にしてもらいました」と声を弾ませた。

     阪神は9月29日までセ・リーグ4位だったが、今季最終戦の同30日に広島をかわして3位に浮上し、大逆転でCS進出。CSでも“下克上”を果たした勢いに乗って、9日開幕のファイナルステージでは5年ぶりリーグ優勝を果たした巨人に挑む。「すごく雰囲気がいいと思うんで」と植田。「絶対ジャイアンツに勝って日本シリーズ行きたいと思います!」と声を張り上げると、雨でびしょ濡れの虎党から大きな歓声が上がっていた。





    どんなもんじゃい✌️ 矢野監督采配さすがや👏 自慢の投手陣。 梅野キーパー。 植田の走力。 感動した😭 #阪神タイガース 待ってろよ、讀賣!!



    とらほ~🐯 2―1 高橋遥 から 藤川までナイスピッチング!勝ってしまったね 横浜ピッチング陣も素晴らしいかったラミレス采配もさすがです。 植田海の走力が輝いた試合だったし ドリスのリカバリーが流れを引き戻し人間ドラマが詰まった試合だった #阪神タイガース



    確かに植田の足は大きかったな。タイムリーもHRもなかった今日の阪神では、言われてみるとヒーローたりうる活躍。点に繋がった盗塁も犠牲フライも彼の走力あってこそだ。#hanshin #tigers



    植田の活躍、ベイスに何が足りない走力をまじまじと見させられたな



    植田の走塁は諸刃の剣みたいなもんと思っておけばええか 攻撃力は高いけどミスした時のデカさもやばいと


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「セCSファーストS・第3戦、DeNA1-2阪神」(7日、横浜スタジアム)

     阪神がDeNAに2勝1敗で勝ち越し、CSファイナルS進出を決めた。CS8度目の出場で、ファイナルS進出は2014年以来5年ぶり2度目。3位からの勝ち上がりは球団史上初となる。また、セCSファーストSで、3位チームの勝ち上がりは4年連続だ。3戦とも激戦になったが、苦手にしていた“鬼門”を突破した。

     試合は序盤から投手戦となった。均衡が破られたのは六回。先頭の高山が左中間を破る二塁打で出塁。今CS初スタメンの男が意地を見せると、続く梅野が犠打で送って1死三塁。木浪に好機を回した。

     ここで打席に立ったルーキーもCS初スタメン。初戦で2安打2打点と結果を残し、大逆転劇につなげていた。絶好機で打席に立つと初球、マウンドの国吉が嫌がったのか、ベース手前で大きく弾む大暴投。思わぬ形で阪神が先制点を手にした。

     一方、安定感が光る投手陣は、無失点リレーでリードを守った。先発の高橋遥は3回を1安打無失点の好投。「任されたイニングをしっかり0点で抑えることができて良かったです。後はチームが勝てるようにしっかりと応援します」とバトンをつなぐと、2番手の島本は四、五回を1安打無失点に。4失点した初戦の雪辱を果たした。

     だが、暗転したのは、七回だった。イニングをまたいだ岩崎が捕まり、1死満塁のピンチを背負うと、伊藤光の三ゴロを北條がファンブル。痛恨の形で同点に追い付かれた。続く1死満塁のピンチは、代わったドリスが柴田を空振り三振、代打・佐野を中飛に抑えて脱したが、代打・乙坂にサヨナラ弾を被弾した第2戦に続き、岩崎続投は裏目に出た。

     それでも続く八回、1死から高山が死球で出塁。代走・植田が梅野の打席で初球、完璧なスタートで二塁を陥れた。さらに、エスコバーの暴投で三塁に進むと、梅野が中堅にフライを打ち上げる。やや、定位置より前の飛球になったが、俊足の植田が悠々と勝ち越しのホームに生還。植田の“神走塁”で決勝点を奪った。

     接戦にはなったがDeNAは、2暴投がいずれも点につながった。

     再び1点を勝ち越すと、矢野監督は勝負手を繰り出す。藤川を八回から前倒して投入した。守護神を八回から起用するのは今季初。この回、代打・梶谷を空振り三振に斬ると、神里、ソトを中飛に抑え、3人で封じた。完全に流れを断つマウンドとなった。

     藤川が今季、レギュラーシーズンでイニングをまたいだのは、6月9日の日本ハム戦(甲子園)が唯一。7月26日の巨人戦(東京ドーム)で、抑えに再転向以降は1イニング限定での登板が続いていた。九回は筒香、ロペスの中軸を抑え、1点のリードを守り抜いた。

     初戦は北條の活躍などで、CS史上最大となる6点差をひっくり返し、大逆転劇で阪神が先勝。第2戦は中盤に上本の同点適時打、土壇場の九回には福留の同点弾と、2度追い付く粘りを見せたが、代打・乙坂のサヨナラ本塁打で1勝1敗とした。いずれもCS史上に残る熱戦となったが、シーズン終盤で6連勝した阪神が、勢いを失うことはなかった。

     突破を決めたことで阪神は、9日から巨人とファイナルS(東京ドーム)に挑む。なお、6試合4勝先取の勝ち上がりで、レギュラーシーズンで優勝した巨人には、アドバンテージとして1勝が与えられている。





    ㊗️ファイナル進出🐯 ヒーローインタビュー 植田海くん https://t.co/Z4xJGLaFgl



    タイガース、まさかのファイナルステージ進出! しかも推し続けた植田海くんが、ヒーローインタビュー。カッコいい!こんな日がくるなんて。 ひと息ついてからシャーロック見ます。 まだドキドキ💓 pic.twitter.com/KlWEpDoPcn



    @ck4vxk1061 ほんとにほんとにおめでとう!!



    🐯の勢い衰えず、ですね ファイナル進出おめでとうございます😂 『虎は なにゆえ強いと思う? もともと強いからよ』 と慶次も言っておられる✨ #阪神タイガース #クライマックスシリーズ2019 阪神が下克上5年ぶりCS最終S 2019年10月7日  https://news.yahoo.co.jp/pickup/6338785 



    とらほ〜‼️🐯ファイナルステージ進出や〜‼️ #阪神タイガース#阪神ファン#CS#ファイナルステージ進出#阪神ファンと繋がりたい#植田海#植田海選手ナイスやん#テレビから離れられへんやつ pic.twitter.com/eQrmSirEtz


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     ◇セ・リーグCSファーストS第3戦 DeNA―阪神(2019年10月7日 横浜)

     先制しながらも7回に追いつかれた阪神だったが、終盤の8回に勝ち越した。

     この回からDeNAは3試合連続でエスコバーが登板。1死から高山が死球で出塁すると、矢野監督は代走で植田を送り込んだ。植田は続く梅野への初球で迷うことなくスタートし、二盗を成功させた。昨日の試合も7回に代走として出場し、二盗を企図も阻止されていたが、この日は決めてみせた。さらに梅野への5球目でエスコバーが暴投し三塁へ進むと、梅野が中堅へ放った当たりで快足を飛ばし本塁へ。中堅・神里の送球よりも一足早く滑り込み、勝ち越しのホームを踏んだ。




    【一軍】CLIMAX【阪神2-1DeNA】 8回表 梅ちゃん!!やったでー!! 投手:エスコバー 打者:梅野 結果:センター勝ち越し犠牲フライ!  http://hanshintigers.jp  #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #日シリ行くでタイガース #隆太郎がヤル



    @hanshintigersjp また髙山が流れ持ってきたやんー!!!梅野、植田ナイスやぞー!!!



    @hanshintigersjp 絶対勝つぞタイガース\(^-^)/



    @hanshintigersjp 植田くん最高!! 高山くんもナイスファイト!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神-巨人>◇30日◇甲子園

    阪神の足のスペシャリスト植田海内野手が2年連続2桁盗塁となる今季10盗塁目をマークした。

    1点を追う7回、先頭で安打出塁した木浪の代走で登場。1死後、福留への4球目にスタートし、送球をかいくぐって滑り込んで二塁を陥れた。同点には結びつかなかったが、昨季の19盗塁に続いて、大台に乗せた。




    木浪君と植田海君の盗塁は素晴らしかったよ……😭よく走ったね😭😭 植田海君は梅野さんの送球上手くタッチしてくれたね😭😭アウトかと思ったけどセーフでしたふぇ😭😭😭






    魅力ある選手も植田海くらいしかおらんしなぁ



    植田海、2割5分くらいならスタメンで良いと思うんやけどどやろか?🤔🤔 盗塁王間違いないやろ!


    続きを読む

    このページのトップヘ