とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    植田海

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「中日3-9阪神」(26日、ナゴヤドーム)

     阪神が八回に打者一巡の猛攻で一挙5点を奪って逆転。6カード連続勝ち越しを決め、貯金1とした。矢野監督は逆転劇の火付け役となった植田を高評価した。

     五回の守備から出場していた植田が、八回、先頭打者として登場。中日3番手の初球を積極的に狙い、右前打で出塁。続くサンズの2球目で2盗を成功させてプレッシャーを掛けた。

     矢野監督は「めちゃくちゃデカいよ。あれは本当に海しかできにいくというか。途中から出ていって、ああいう選手がいてくれるというのはすごいこっちとしてはありがたい。ああいうのがあるとスタメンで使いたくなる。本当に海が出てビハインドの部分でも盗塁できて、デカいね」と絶賛していた。




    やっぱり矢野はそう思ってるよなぁ🤔 阪神・矢野監督、植田を絶賛 逆転の八回、安打&盗塁「めちゃくちゃデカい」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/c0e6ad39d3aca2c3d9263b6e45e2e0c4c11df36b 



    矢野監督が植田の8回のヒット&盗塁をめっちゃデカイと絶賛してたらしいよ つまり明後日からはセカンドスタメンてことやろ?やろ?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神2-4広島>◇23日◇甲子園

    阪神植田海内野手が途中出場で今季初安打を放った。7回に中谷の代走で出場すると、そのまま二塁の守備に就いた。

    2点を追う9回1死で回ってきた打席で、広島一岡から左前へはじき返した。今季2打席目での初安打は得点には結びつかなかったが、存在感を示した。




    阪神 植田海の登場曲は怪物くんw からの 7月23日海の日に海が今シーズン初ヒット。 #阪神タイガース #植田海 https://t.co/8I7bmeid6H



    植田海君のヒットが出たので阪神優勝です。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神2-4DeNA>◇11日◇甲子園

    5連勝目前、阪神が痛恨の逆転負けを喫した。新外国人ジャスティン・ボーア内野手(32)が先制2ランを放ち、1点リードで迎えた9回。中堅植田海内野手(24)の適時失策で同点とされると、藤川球児投手(39)がソトに痛恨の勝ち越し2ランを浴びた。上限5000人のファンを甲子園に迎えての2戦目。藤川が肩を落として降板する姿に、聖地は悲しみに包まれた。

       ◇   ◇   ◇

    矢野燿大監督は、9回の同点とされた場面の中堅植田のプレーについて「(芝の状態は)言い訳にならない。目付けというか、ランナーが(三塁に)行ったの見えたので、ちょっと目が離れたような感じには見えた」と話した。

    この場面、走者の生還には植田に失策がついた。




    色々ベンチの事情はあるにせよ、2ー1で守り勝たねばならない試合の締めを急造外野手で取り繕えるほど、NPBは甘いもんじゃないってことでしょ。 『言い訳にならない』のは矢野さん自身にも言えることですよ。 投手を代打に出す采配と大してレベル変わらない。 #hanshin #tigers  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/07/11/0013502072.shtml 



    大和さんを見てきたから 矢野監督は 海くんにも出来ると思ってるんかもな🤔 でもそれはきっと 外野をなめた甘い考えやと思う 外野には、すぐに点に直結する怖さがあるもんね 大和は特別やわ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    2勝9敗の最下位と苦しむ阪神は「すべてが悪循環に陥っている」

    ■中日 6-3 阪神(1日・ナゴヤドーム)

     阪神は1日、敵地での中日戦(ナゴヤドーム)に3-6で敗れ、3連敗を喫した。開幕から4カード連続負け越し。2勝9敗の最下位に沈んでいる。この日は2つのエラーが出て、先発の秋山拓巳投手が5回途中6失点(自責5)でKO。9回に新助っ人のジャスティン・ボーア内野手に来日初ホームランが飛び出したが、追いつくことはできなかった。

    【動画】広いナゴヤドームで逆方向へスタンドイン! 阪神・梅野隆太郎が放った豪快な一発の映像

     ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、現在の阪神について「すべてが悪循環に陥っている」と指摘。この日、途中出場で初めて中堅を守った大山悠輔内野手や植田海内野手のスタメン起用も考えるべきだと話した。

     1点リードの4回、秋山は自らの暴投も絡んで同点とされると、2死一塁で阿部を三ゴロに打ち取るも、マルテが痛恨の二塁悪送球。一塁走者の高橋の生還を許し、逆転された。さらに、5回には平田とビシエドの適時打で追加点を許し、高橋の二塁正面へのゴロを糸原が捕れず適時失策。ミスが響き、6失点を喫して完敗した。

     この日は守備でほころびが出て、秋山も踏ん張りきれなかったが、前日までは中継ぎ陣が崩れることも多かった。さらに、ようやくボーアに一発が飛び出したとはいえ、貧打も深刻。野口氏は「すべてが悪循環に陥っている」と語る。

    「矢野監督よりよっぽど選手を動かしているチーム、阪神よりもスタメンの種類が多いのではないかというくらいのチームもありますが、調子が上がらないので、起用法も色々と言われていますよね。それが全然うまくいかずマイナスになっているから、目立ってしまっている。動いたら駄目、動かなくても駄目、という感じになってしまっている」

    大山をサード、植田をセンターかセカンド起用すべき?
     ただ、現状を打開するためには「前向きな選手起用」をするべきだという。

    「もうちょっと思い切った起用があってもいいかなと思います。例えば、サードに大山を使ってもいいかもしれません。もしくは、センターの近本が不調なら、植田でもいい。勝負どころの代走要員がいなくなるなら、その役割を近本に任せて、植田と入れ替えてもいいですよね。近本は今日ヒットを打ったので、外すと上昇の機会を失うかもしれないというのなら、植田をセカンドに入れてもいいと思います。

     後ろ向きな選手起用ではなくて、前向きな選手の変更は大いにありです。『誰も打てないからしょうがない』ではなくて『この選手なら打ってくれる』という考えなら、スタメンをいじるのは全然構わない。それがチームとしての努力だと思うので。周りが色々と言うので矢野監督をはじめ首脳陣も気にしているでしょうけど、今はそれは我慢してもらうしかない」

     さらに、昨季までの“強み”が、今季はなくなってしまっていることも痛い。ここまでの戦いでは中継ぎ陣の不振も目立つ。「去年耐えられていたものが、今年は耐えられていない。四球も絡んでいて、去年みたいに好結果が出ている中で自信満々で投げていた中継ぎ陣じゃない」という中で、どうやって勝利を掴んでいくのか。野手陣の起用法がしばらく鍵を握ることになりそうだ。

     もちろん、最も手っ取り早いのは、現在低調な選手の調子が上がってくること。野口氏は「とにかく選手個々が状態を上げてもらうことが一番。あとは桑原、島本が早く戻ってくること」と語る。もっとも、今は厳しい中でも勝ちを掴んでいくしかない。「前向きな選手起用」で流れを変えることはできるだろうか。




    捕手→絶対に梅野 一塁→マルテ 二塁→植田or上本 三塁→大山 遊撃→北條 外野→絶対に高山はスタメン あとは積極的に陽川を起用したり、植田をセンターで使うのもあり。 代打は原口と福留。 ボーアは何でもいいです。 これでまぁまぁ普通に戦えて勝てると思うけど…。



    とりあえず1回植田使ってくれ 大山まじでスタメンで使うなら何番で使うんや…


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神8-6DeNA(2020年6月27日 横浜)

     【新井貴浩 視点】攻めの姿勢が最後で阪神の逆転を生んだ。9回2死。代走で出た一塁走者の植田が間一髪のタイミングをかいくぐって二盗に成功。山崎がけん制を投げるのは見たことがない。しかも、2度も続けて。その直後に決めた。

     走ってほしい…というベンチの思いに応え、思い切っていった。アウトになっていれば試合終了。なかなかできる盗塁ではない。二塁へ進んだことで山崎に重圧をかけ、大山の四球、サンズの本塁打につながった。振り返れば、岩貞を4回で降ろし、劣勢の7回にスアレスを投入。絶対に連敗を止める、という采配だった。

     低調だった打線にも浮上の兆しが見えた。特にボーアは左方向へ2安打。一、二塁側へ引っかけるゴロが多かった外角球を逆らわずに打った。もともと広角に打てる打者だと見ていた。8回の左翼フェンス直撃の一打のように打球も上がるようになってきた。この打撃を続けていけば、状態は上向くはずだ。

     初回の好機ではマルテが追い込まれてから必死に逆方向への右犠飛を放ち、先制点を奪った。最低限どころか、4番として最高の仕事だった。あの犠飛があったからボーアは楽な気持ちで打席に立ち、初の適時打が生まれた。開幕してから初めて見えた打線の“つながり”だった。

     初出場のサンズもいいスタートになった。外国人打者の相乗効果が期待できそうだ。矢野監督も当然、ある程度固定して戦っていきたいと思っているはず。試行錯誤してきた中、この試合が一つのきっかけになるかもしれない。




    新井貴浩氏 阪神助っ人陣の“つながり”浮上のきっかけに 植田の攻めの盗塁は見事(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 新井さん海くん褒めてくれてる😊  https://news.yahoo.co.jp/articles/5a58734381424fdf96d85d0dafb01055f0996c36 



    そういや昨日の阪神の試合 解説は新井さんだったね😅


    続きを読む