とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大山悠輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神の大山悠輔内野手(24)が8日、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。昨季はシーズン前半に打撃不振に陥ったが、“脱力打法”で活路を見いだし、終盤の9月に打率4割1分5厘、9本塁打と爆発。開花の兆しを見せた。3年目の今季は矢野監督が4番候補として期待。右方向への打撃を磨き、全試合出場を目指す。「大山世代」と呼ばれるような結果を残せば、20年の東京五輪の侍ジャパン入りも見えてくる。(取材・構成=中村 晃大)

     ―昨季は117試合に出場し、打率2割7分4厘、11本塁打、48打点。開幕戦では巨人・菅野から一発を放ち、全ての数字で1年目を上回った

     「自分の中ではいいスタートダッシュを切れたと思ったんですけど、実際そんなに甘くない。とにかく壁にしかブチ当たりませんでした」

     ―6月下旬には打率が2割4厘まで低迷し、2軍降格。しかし、当時2軍監督だった矢野監督にもらった言葉が転機になった

     「『やるのは自分だから、後悔しないようにしっかり自分の思ったことをやれよ』と。打てない時は考えがブレブレでした。ファームに落ちてからはある程度、自分の中で軸となるものを決められたので、それを継続できたことが9月の結果につながったのかな。(2軍は)10日間くらいでしたけど、本当に大きな時間でした」

     ―9月は16日のDeNA戦(横浜)で3発を含む6打数6安打などと大爆発。手の上下動を増やし、タイミングの取り方を変えたように見えた

     「変えたというよりもリラックスというか、打てなかった時を映像で見たら硬くなっている部分が多かったので。脱力って感じですかね。力を抜くことってすごく勇気のいることだと思う。それが打撃につながったかは分からないですけど、意識してやっていました」

     ―今キャンプでは、浜中打撃コーチと右方向への打撃を強化している

     「癖として右に打つ時にどうしても手だけで操作してしまうので、しっかり自分のやりたいスイングと変わらないように、バットの出し方であったり、そういったものを話しながら練習しているという感じです」

     ―浜中コーチは、打率3割、30本塁打を打つには中堅から逆方向への打球が重要と指摘している

     「チームの軸として出るからには、まだまだ打率が低い。引っ張りだけではどうしても限界があると思います。(例えば)DeNAの宮崎さんは右方向の安打が多かったとデータとしてある。だからといって最初から狙うのではなく、追い込まれてからの右方向だったり、外の球をうまく合わせたり、そういうのができたらいい。やっぱり引っ張った時が一番いい打球がいく。引き出しとして身につけていけたらいい」

     ―3年目の今季は4番の有力候補。「全試合出場」を目標に掲げるが、そのためにオフに取り組んだことは

     「けがをしない体作りは現役である以上、ずっと変わらないテーマ。去年(秋の)キャンプが終わって一人暮らしするようになってから、食事の面に関してすごく勉強するようになりました。今まで任せっぱなしだったんですけど、自分の体は自分しか分からない。少し知っておくだけでも考え方が変わってくる。この野菜にはどんな栄養とか、軽くですけど、そういうところからまずは始めています」

     ―今季は新人の近本らが入団。藤浪、北條ら同世代の選手が増え、主力としての期待も大きくなってきた

     「まずは個人個人がしっかり成績を残すこと。その結果、僕たちの代で引っ張っていくようになればベスト。いい意味で切磋琢磨(せっさたくま)しながらやっていきたいと思います」

     ―昨年3月には侍ジャパンに初選出された。来年には東京五輪が控えている

     「目指していないと言ったらウソになりますけど、阪神で試合に出て結果を残さないことには雲の上のこと。選ばれたい気持ちはありますけど、今はまだ一つ一つしっかりやっていきたいです」

     ◆大山 悠輔(おおやま・ゆうすけ)1994年12月19日、茨城県生まれ。24歳。小学1年時に野球を始める。つくば秀英高(茨城)から白鴎大に進学し、4年春に関甲新学生リーグ新記録の8本塁打、リーグタイ記録の20打点をマーク。16年ドラフト1位で阪神入団。17年9月2日の中日戦(甲子園)で球団史上初の新人4番弾を放った。181センチ、84キロ。右投右打。年俸3000万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000000-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2



    矢野チルドレンが猛攻発進!! 阪神が今季初実戦となる紅白戦を行い、両軍で17得点25安打の猛打を披露した。矢野燿大監督(50)が仕掛けた競争が見事にハマり、4番争いもヒートアップ。中谷が左翼に19年チーム初本塁打の3ランを左翼に架けると、大山も負けじと適時二塁打など2安打を放った。遊撃や二塁、捕手でも火花を散らし、野手は幸先のいいスタートだ。

       ◇   ◇   ◇

    曇天の宜野座に威勢のいい「花火」が何度も打ち上がった。ドンドンドドーン!! 今季初実戦の紅白戦。若トラがアーチ4発の乱れ打ちだ。両軍合わせて17得点。大技小技を織り交ぜた合計25安打に、矢野監督も「言うことないんじゃないですかね。よう打ったねえ」と声を上ずらせた。 初戦からは4番候補が火花を散らす。先に強烈なパンチを繰り出したのは中谷だ。2回、1点先制して、2死一、三塁。2ストライク後、ファウルで3度粘った末に剛腕望月の高め速球を見逃さない。豪快に強振すると高々と弧を描き、左翼芝生席に着弾した。矢野阪神の19年1号アーチ。指揮官は目を細めて言う。

    「本人も手応えを感じている部分があると思う。アイツはセンターから逆方向に打つのを間違いなく意識している。いい形のヒット、本塁打もありました」

    17年に自己最多の20本塁打を放ったが昨季は5本塁打に激減。この日は1回も速球を右前へ。マルチ安打を記録した。外野の一角を狙い、中谷も「みんな打っているなか、しっかり打てたのはよかった。(本塁打も)追い込まれて、いろんな球に対応しようとするなか、とらえられてよかった」と胸をなで下ろした。

    負けじと発奮したのが、4番の有力候補大山だ。2回に痛烈な左前打を放つと3回は詰まりながらも右翼線に適時二塁打をマーク。2安打も「今日は悔しい。安打は出ましたけど、まだレベルが低い」と表情を引き締める。新外国人マルテが4番の最右翼だが矢野監督は「僕の一番の思いは、生え抜きの若い選手がマルテを押しのけてやってくれること」と言い、昨季11発の大山に期待を寄せる。

    生え抜きの大砲対決だ。矢野監督がランチタイムに「オイ4番!!」と声を掛けると、中谷も大山も振り向いた。指揮官は言う。「いい意味で、もっとその気になって俺が打ってチームを勝たせてやるというモノを出してくれたら。本当にいいスタートを切った」。身内を蹴落とす仁義なき戦いが、いきなり最高潮に達した。【酒井俊作】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00474316-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神・大山悠輔内野手(24)が6日、沖縄・宜野座キャンプの初実戦となる7日の紅白戦でのアピールを誓った。4番で出場予定の大砲はフリー打撃などを行い、「自分のできることをしっかりやるだけです」と力を込めた。別組では中谷が4番に座る。

     また、「左膝前十字じん帯の再建術」からの復活を目指している上本博紀内野手(32)も出場予定。昨年5月以来の実戦に「何とか食らいついていきたい」と意気込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000141-sph-base



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/05(火) 18:07:11.07 ID:tG3IrKBa0
    コーチが品があるって表現したのも頷ける


    https://www.daily.co.jp/tigers/2017/02/02/0009881794.shtml

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/05(火) 18:07:31.55 ID:tG3IrKBa0
    no title

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549357631/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/05(火) 06:49:08.83 ID:HU6xTCsV0
     阪神・大山悠輔内野手(24)が、3月9、10日にメキシコとの強化試合(京セラD)に臨む侍ジャパンの候補にリストアップされていることが4日、分かった。若手中心のメンバー構成となる見込みで、稲葉篤紀監督(46)は3年目の大砲候補にも注目。選出されれば1年ぶりの代表復帰となる。

     大山は昨年3月に初めて侍入りし、オーストラリアとの強化試合は2試合で4打数無安打(1四球)だった。昨季は前半こそ苦しんだが、後半の挽回もあり、117試合で打率2割7分4厘、11本塁打、48打点。本職の三塁に加えて一塁、外野も守れる点が強みで、稲葉監督は以前も「複数(のポジションを)守れる選手は貴重。それで打てる」と評価していた。

     今季の阪神では新外国人のマルテとともに4番候補として期待されており、調整は順調そのもの。「全試合出て活躍することが目標。一年間、軸となって戦えるよう頑張りたい」と意気込み、今キャンプでは初日の特打から95スイング中22本のサク越えを放った。これまで松田宣(ソフトバンク)が守ってきた侍ジャパンの三塁だが、今や絶対的なレギュラーは不在。岡本(巨人)らとの定位置争いが見込まれ、虎の主砲候補も攻守でさらなる安定感が求められる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000258-sph-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549316948/

    続きを読む

    このページのトップヘ