とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大山悠輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の梅野隆太郎捕手(28)と大山悠輔内野手(25)が10日、兵庫県宝塚市の末成小学校の体育授業にゲストティーチャーとしてサプライズで登場。3年生2クラス50人の生徒たちは歓喜に沸いた。授業では準備運動のあとに“手投げ野球”などを一緒に楽しみ、大盛り上がり。梅野、大山にも笑顔があふれた。

     梅野は生徒を前に「まずは夢を持つこと。明日からでもいいので、その夢に向かって一日一日を無駄にせず、しっかり学んで、遊んで、一生懸命頑張ってください」とエール。大山は「子どもたちは半袖半ズボンであれだけ元気で…本当にすごいというか、逆に元気をもらいました」と先生を終えての感想を話した。




    🐯 梅野、大山が体育の先生に... サプライズ登場に 子どもたちは歓喜❣️👍 #阪神タイガース 記事デイリーさん pic.twitter.com/CpfdxlnNgT



    大山さんと梅野さんが小学校に来たのかぁ。羨ましいよキッズたち……。 pic.twitter.com/eF05ELvVbN


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神・大山悠輔内野手(25)の「コンバート論」を虎首脳陣が真っ向否定した。

     昨季、慢性的な得点能力不足に苦しんだ阪神は、今オフにメジャー通算92発の主砲候補ジャスティン・ボーア内野手(31=前エンゼルス)の獲得に成功。一塁守備専門のボーアの加入により大山は、昨季まで一塁を守ってきたマルテと三塁の守備位置を争うことが必至の状況だ。

     打線に厚みを増すため、あるいは将来性豊かな大器・大山の出場機会を確保するためにも「大山を二塁、あるいは左翼へとコンバートするべきだ」との声が一部評論家などから上がっていたが、久慈内野守備走塁コーチはこの“大山コンバート論”をばっさり否定。

    「大山の二塁転向? ないよ。そもそもウチには(二塁守備を主戦場にしてきた)糸原や植田もいる。大山が試合に出たいのなら、三塁のポジションを勝ち取るしか道はない」とキッパリ言い切った。

     今季は東京五輪が開催される関係上、例年よりシーズン開幕が2週間ほど早い。コンバートするにしても時間が少ないということもあり、大山に「これ以上の負担をかけるわけにはいかない」(同コーチ)との“親心”も背景にはある。

     8日に行われたスタッフ会議終了後、矢野監督は2月から行われる春季キャンプについて「競争は昨季よりも激しくなる」とした上で、春季キャンプ中の一、二軍の積極的な入れ替えも「あり得る」と“春のサバイバル”を宣言した。別のコーチも「(キャンプ中に行われる)実戦に調整が間に合わない選手は“置いていく”ことになると思う」と語る。

     求められるのは結果のみ。大山は過酷なサバイバルレースを勝ち抜き、マルテから三塁の定位置を死守できるか。




    【阪神】 久慈コーチ 大山コンバートなし  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000028-tospoweb-base  「大山の二塁転向?ないよ。これ以上の負担をかけるわけにはいかない。そもそもウチには糸原や植田もいる。大山が試合に出たいのなら、三塁のポジションを勝ち取るしか道はない」 (東スポ)



    @HT___no1 いいと思う ボーアorマルテが外野できるようになれば強い打線組めるわね



    @HT___no1 よかった まぁ外野手プランもええかもやけど3塁が1番ええね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/08(水) 20:07:30.09 ID:obkn0T+Hp
    「大山さん」の上を目指します!! オリックス育成ドラフト6位の白鴎大・大下誠一郎外野手(22)が7日、大阪・舞洲の球団寮「青濤館」に入寮し、大学の先輩で、尊敬する大山への率直な思いを口にした。
    「大山さんは阪神で4番です。自分も負けんように頑張らないけんなと。悠輔さんの上を行けるように頑張ろうと思いました」

    大下は白鴎大足利でセンバツ出場するなど高校通算29本塁打で大学でもリーグ10発を誇るスラッガーだ。昨季、阪神の4番で奮闘した3学年上の大山は、同じ右打者で、大下にとって師匠格。
    「大学時代はかわいがってもらった。練習のパートナーもずっと一緒。特に打撃面はずっと一緒に回っていた」と慕っている。

    バットも大学時に大山からもらったものをモデルに改良した。従来より軽く、大山と同じ880グラムに軽量化。グリップもタイカッブ型をやめて細くした。「振りやすい」と好感触だ。
    指名後、大山には「とにかく思い切ってやれよ。大学とは投手が違う。そこは覚悟してやった方がいい」と助言ももらったという。
    自身の持ち味を「勝負強さ。自分はチャンスになればチャンスになるほど結構楽しめる。チャンスが好き」と気合十分だ。愛弟子は大きな背中を追う。【酒井俊作】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-01070610-nksports-base

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/08(水) 20:08:40.57 ID:qqf1z+d2a
    阪神の4番で規定打席は事実やからな
    成績の内容には触れてないし

    10: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/08(水) 20:10:04.57 ID:0o7kUnEa0
    なんだ育成か

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1578481650/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の大山悠輔内野手(25)が7日、この日から開放された兵庫・西宮市にある鳴尾浜球場で自主トレを開始した。解禁即、一番乗りの始動。勝負の2020年シーズンを前に、テーマを「克己心」と掲げた。激しい競争を勝ち抜き「4番・三塁」の座を奪い取る。

     まだ雨の降る午前中。球場のフェンス沿いを1人、黙々と走った。その後、雨にぬれないようにバットを抱え、室内でマシン打撃。さらにウエートトレと、みっちり汗を流す。「オンとオフの切り替えの大事さを知った」と、体と向き合いながらオフを過ごしてきた。ただ頭は常に“野球漬け”の日々だった。

     「私生活の中でも自分のヒントになることがある。視野を広く、というか。(引き出しが)1つよりも2つ3つある方が、困った時に対処できると思う」

     テレビを見るつかの間の時間でさえ、野球につながるヒントを探した。球団は今オフ、新外国人ボーアと契約。矢野監督は一塁で起用する方針を示している。大山には三塁の定位置を奪い取るため、マルテらとの競争に勝つ結果、内容が求められる。そんなチーム内の競争が、若き大砲の成長につながる。

     理解する大山の自覚も十分。「まずはしっかりと自分に勝つこと」。新年の誓いに掲げたのは、矢野監督から伝えられた言葉だ。「比べるのは昨日の自分だぞと、矢野さんにもずっと言われています。その積み重ねが1年後の結果につながる。1日、1日を大事にしたい」。15年ぶりのリーグ優勝に不可欠な存在だ。2020年を飛躍の分岐点にしたい。




    大山君。鳴尾浜で自主トレを開始したようです ランニング、室内でのマシン打撃、ウエ-トトレでみっちりと汗を流した。 目標は、自分に打ち勝つ事、そして4番奪取だ‼️ 彼は自覚している 助っ人勢の存在によりスタメンが厳しくなる可能性を 自分に勝ち、助っ人にも勝て‼️ 大山悠輔選手始動です‼️😐 pic.twitter.com/kozecRGSUM


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    己に勝つ! 阪神大山悠輔内野手(25)が7日、使用解禁日となった兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で早速始動した。不動の主軸への成長が期待される20年。「まずは自分にしっかり勝つこと」と新年の誓いを立てた。

    寒風吹きすさぶ中、黙々と1人ランニングを開始した。室内練習場では当たり前のように打撃マシンを打ち込み、最後は厳しい表情のままウエートルームへ。その一挙手一投足から、プロ4年目に懸ける覚悟がにじみ出た。

    開幕から4番を105試合任された19年は過去となった。新助っ人ボーア、サンズに来日2年目のマルテに…。誰の目にも激しい三塁、一塁争いに身を置く今季、矢野監督からかけられた言葉を心の支えにする。

    「『比べるのは昨日の自分』とずっと言われてきた。1年間は長いけれど、まずは昨日の自分に少しでも勝てるように1日1日レベルアップしていければ。その積み重ねが1年後、結果につながる。1日1日を大事にしていきたい」

    ▼記事全文はこちら



    ボーアが入ってきて大山にとっては内心忸怩たる思いだろう 実力で4番サードを奪取すればその時阪神は優勝に近づく事が出来ると思う 大山が鳴尾浜で始動 「しっかり自分に勝つ」 4番サード奪取だ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/01/07/0013015172.shtml  # @Daily_Onlineより



    大山くん昨日のトークショーでまずはマルテに勝たないといけないようなことを言うてました。マルしか聞こえなくて何言うてんの?って思ってたんですが💦相当マルテさんをライバル視していました。まずはサードを。 阪神・大山悠輔が真の4番になるために必要なもの - SPAIA  https://spaia.jp/column/baseball/npb/9276?page=1 


    続きを読む

    このページのトップヘ