とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    糸原健斗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇紅白戦 紅組6―1白組(2020年2月18日 宜野座)

     阪神・糸原がまた打った。「自分らしいヒットが出ている。いい感覚です」。今春初の紅白戦でも3安打を重ね、練習試合を合わせた5試合で16打数10安打。驚異の打率・625まで上がった。

    ▼記事つづきはこちら






    阪神糸原3安打「いい感じ」実戦6試合で打率6割超(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース けんぴすごいっ!! ほんまにめちゃくちゃ調子良い☺️ 今シーズンのけんぴめっちゃ楽しみ🥰💓💓 はよ開幕〜⚾️🐯  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-02181085-nksports-base 



    阪神糸原3安打「いい感じ」 実戦6試合で打率6割超 実戦6試合で 16打数10安打で打率6割2分5厘 これ、シーズンに取っておきたかったねぇー 日刊スポーツ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-02181085-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・糸原の快音が止まらない。18日の紅白戦で3安打をマーク。これまでの対外試合を合わせて今キャンプの実戦16打数10安打と、絶好調だ。

     初回1死走者なしの場面で西勇から左線に落ちる安打を放つと、2回2死一、三塁では左腕の飯田から左越2点二塁打をマーク。4回の第3打席に守屋の足元を襲う中前打を放ち、4回で早くも3安打を記録した。

     第4打席は浜地の前に左飛に終わったが、芯でとらえたライナー性の打球だった。今キャンプこれまでの対外試合5試合で12打数7安打を記録しており、初の紅白戦だったこの日を合わせて16打数10安打と絶好調。2年連続全試合出場中の主将が、さらなる飛躍の予感をただよわせている。




    糸原の実戦16打数10安打とか打ちすぎて怖いけどオープン戦入って全く打たなくなっても怖いから苦手な中日戦と2年連続11打数1安打に終わってるオリックス戦だけ調子落とすみたいな感じでバランス取ってほしい(無理)



    糸原16の10って無敵やんw シーズンでも頼む!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:阪神7-6楽天>◇16日◇沖縄・宜野座

    阪神糸原健斗内野手が実戦3試合連続マルチ安打を放った。3回に辛島の外角直球を中前へはじき返すと、6回にも宋の140キロ直球を右前へ運んだ。「満足せずに。レベルの高いところを目指しているので」と糸原は淡々。

    15日の広島戦では1番、この日は3番打者としてきっちり役目を果たした。「打順は関係ない。自分の仕事をするだけなので」。頼れる主将が好調をキープしている。




    ©糸原!!安打出塁!!マルチ!! https://t.co/5NBfvvomr1



    糸原今日もマルチ安打やー!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「練習試合、阪神1-7広島」(15日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神・糸原健斗内野手(27)が15日、今キャンプ初めて1番で実戦に出場し、3打数2安打と結果を残した。これで実戦4試合で9打数5安打、打率・556。矢野監督は昨季1番の近本を今季は2番で起用する方針で、高い出塁率を誇る「1番糸原」の働きに合格点を与えた。

     鯉に大敗した一戦でキャプテンが新リードオフマンに名乗りを上げた。初回の1打席目こそ二ゴロに倒れたが、その後の2打席で鮮やかな快音だ。実戦4試合目で、糸原が1番の適性を示した。

     「打順は関係なく、自分が結果を残すことだけを考えて持ち味を出そうと思っていたので、結果を残すことができて良かったです」

     試合後はクールな顔に戻ったが、プレーは熱かった。1点を追う三回1死走者なしからアドゥワの128キロを中前へ。続く2番近本の右前打を呼び込み、新助っ人サンズ、ボーアの「SB砲」の前でチャンスメークした。

    ▼記事全文はこちら



    「1番糸原」合格!2安打でチャンスメーク 阪神・矢野監督「いいつながり見られた」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース いろんなオプションを探している時期かな  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000032-dal-base 



    俺が考えていたスタメンじゃないかな?w 1番糸原、2番近本なら 3番に右打者を置きたいよな。 やっぱりサンズになるやろね。 #hanshin #tigers pic.twitter.com/TJzo2wLmUJ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:阪神1-7広島>◇15日◇沖縄・宜野座

    今季初めて実戦で1番に入った阪神糸原健斗内野手が、マルチ安打の活躍だ。

    1回は二ゴロに倒れたが、3回1死走者なしでの第2打席に中前打。5回1死一塁での第3打席は右前打で一、三塁に好機を広げた。5回の出塁後に交代し、3打数2安打。チャンスメークの役割を果たした。

    「打順関係なく自分の持ち味を出そうと思っている。結果として出て良かった。(5回は)直球を狙っていて、直球がきて、しっかり一、三塁の状況をつくろうと思って打席に入った。その通りになって良かった」チームでここまでの練習試合3試合の先発1番は8日高山、9日木浪、11日上本と、近本2番構想を推し進める中で、多くのパターンが試されている。これまでも1番候補の1人として糸原を挙げてきた矢野監督も「出塁率を考えれば1番健斗(糸原)もいけると思うし、いいつながりという感じには見えた」と目を細めた。

    昨年出塁率3割5分3厘は規定打席到達者では糸井に次いでチーム2位。60四球はチームトップだった。二塁のポジション争いも激しいが、1番糸原、2番近本の並びが20年虎打線のパターンの1つに入っているのは間違いない。




    今日のカープとの練習試合でも糸原さんマルチ安打だったみたいで素晴らしい。近本くん木浪くんも調子良いみたいですね。試合は負けてるけど。



    負けほ〜 近本は開幕2番確定ですかね 糸原はマルチで好調アピール 木浪は守備がええの〜 サンズもなかなかボール球手出さないし ボーアも惜しい当たりはあった スアレスも良かったとの事


    続きを読む

    このページのトップヘ