とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    糸原健斗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神9―4広島(21日・甲子園)

     阪神が4本塁打の一発攻勢で、今季初の貯金生活に転じた。広島に先取点を許した直後の初回にサンズが同点の4号ソロ。その後も糸原、大山、北條がアーチで続き、カープ投手陣を打ち崩した。お立ち台に上がった糸原と北條は、さらに白星を積み上げていくことを誓った。

    ―糸原キャプテンにお話をうかがいます。3回に見事な2ランでした

    糸原(以下糸)「何とか塁に出ようと思ったんですけど、自分でもビックリするような本塁打が出て最高でした」

    ―プロに入って左翼に一発は

    糸「初めてです。完璧でした!」

    ―12試合連続ヒットになった

    糸「チームに貢献する気持ちで毎日試合に出ているので。いい結果になって、本当に『最高です!』」

    ―いつもと違う登場曲で打席に入った

    糸「4打席目のスリルはキャンプを思い出して。でもサインがバントだったんで、ちょっと恥ずかしかったです」

    ―チーム状態が良い

    糸「とてもいいですし、後からいく、今日だったら北條がすごいいい活躍したので。後からいくメンバーもすごいいい仕事をしてくれているので、連勝を伸ばして頑張っていきたいと思います」

    ―北條さん、2点差に迫られた中、貴重な本塁打でした

    北條(以下北)「ずっと打ってなかったので、前に飛んだのも久しぶりで興奮していました」

    -手荒い祝福があった

    北「最近もやもやしていたので、スッキリしました」

    ―試合に出られず、悔しい思いもしていたと思うが

    北「まあ結果が出なかったのは自分の責任でもあるんで。今日をきっかけにどんどん出て、今日みたいな仕事をしていきたいなと思います」

    ―大好きな夏が本格化する

    北「期待して下さい! お願いします」

    ―チームは今季初の5連勝、そして貯金生活に突入した

    糸「これもファンの皆さんのおかげだと思うんで、明日も勝ちます」

    北「勝った試合に出たのが初めてなんで。これからも勝ち試合に出られるように頑張ります」




    糸原、絶好調です! 【阪神】糸原健斗が5連勝のお立ち台で「明日も勝つ!」北條と共演の一問一答 : スポーツ報知  https://hochi.news/articles/20200721-OHT1T50234.html 



    阪神ファンはどこかジンクスを気にして 明日も勝つで!!!って言えず 明日も勝って欲しい!!!って言うようにしてる気がするのですが、 それでもたまに選手が「明日も勝つ!」って言っちゃうので笑っちゃうんですよね 糸原選手、明日も活躍期待してます📣📣 #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神9-4広島>◇21日◇甲子園

    阪神が3年ぶりの甲子園4発快勝で今季初の5連勝&貯金1を決めた。

    サンズの同点弾に始まり、糸原が勝ち越し弾、大山がダメ押し弾、北條も今季初安打の1号弾。ファンが登場曲を選んだ広島3連戦の初戦、ノリノリの猛虎が10安打9得点で見事に恩返しした。V弾の糸原の曲は「Official髭男dism」の「宿命」。4・5差で追う首位巨人を追う勢いは止まらず、V争いも宿命ムードが漂ってきた。

       ◇   ◇   ◇

    ファンの思いに、チーム4発のアーチで応えた。主役は、絶好調の主将糸原健斗内野手だ。同点の3回2死一塁。得意とする九里の、外角146キロシュートを引きつけてたたいた。

    「完璧でした。何とか塁に出ようと思ったんですけど、自分でもビックリするぐらいなホームランが出て最高でした」

    逆方向へ運んだ打球は、強い浜風にも乗った。左翼ポールを巻く2号勝ち越し2ラン。プロ初の左方向への1発が、猛虎打線を勢いづかせ、自己新の連続試合安打も12に伸ばした。

    同カードは「~音楽で“もっと”つながる~ 選手登場曲リクエスト Supported by 日本生命」と題し、ファンのリクエスト曲を選手たちが使用する企画が行われた。糸原は第3打席まで「Official髭男dism」が歌う「宿命」に乗って打席に入った。スコアボードには「キャプテンとしての宿命を背負って、苦しい状況にも立ち向かっていってほしい」という願いも映し出された。虎党の思いに、1発回答で応えた。

    当日までシークレットとなっていた第4打席は、布袋寅泰の「スリル」が流れた。井上打撃コーチが春季キャンプ中に流し、連射ティー打撃で選手たちをしごいた曲。リクエスト理由は「キャンプでのきつい練習を思い出すことで『あの時、オレはあれだけ振ったんだ』と自信を持って、打席に立ってもらいたい」だったが、同打席はまさかの送りバント。結果的には内野安打となったが、お立ち台では「キャンプを思い出した。でもサインがバントだったので、ちょっと恥ずかしかったです」と照れ笑いで球場の笑いも誘った。

    矢野監督は好守に存在感の糸原を「健斗がチームを引っ張っていっている感じがある。キャプテンになって(2年目で)地に足がついて落ち着いて、結果も出ている。キャプテンというところも、成長できている」と評価した。本塁打はサンズを手始めに糸原、大山、北條で計4発。甲子園での1試合4本塁打は、17年9月2日中日戦以来の花火ショーだった。今季初の5連勝で2勝10敗から11勝2敗と巻き返し、初の貯金もゲット。頼れる主将は「ファンのみなさんのおかげだと思うので、明日も勝ちます!」と、力強く宣言した。【奥田隼人】




    打球の強さを表す指標(糸原健斗) 2017/2018/2019/2020 Soft%  15.0/17.2/19.5/15.7 Mid%  49.4/55.6/53.0/54.3 Hard% 37.6/27.2/27.6/30.0 弱い打球が減り強い打球が増加傾向



    糸原死ぬほど打ってない?w


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    itoharaHR
     

    1


     「阪神-広島」(21日、甲子園球場)

     阪神の糸原健斗内野手が三回、勝ち越しとなる2号2ランを放った。これで自己最長をさらに更新する12試合連続安打。4連勝中のチームが大きなリードを手にした。

     この回、2死から糸井が四球を選んで出塁。続いて打席に立った糸原は、2-2から5球目、高めに浮いた146キロをフルスイングした。左翼方向に飛んだ打球は、浜風にも乗ってそのまま左翼フェンスを越えた。

     15日のヤクルト戦以来、5試合ぶりの2号。価値ある一発となった。




    糸原がレフトポール際に飛び込む第2号勝ち越しツーランホームラン!攻守で貢献! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/z6oUgv90Mo



    @TigersDreamlink コサリオすげえ!



    @TigersDreamlink 打てて守れてトークも上手いキャプテン最高!!!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    itohara



    糸原が二遊間の当たりをナイスキャッチ!キャプテンが躍動! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/v8cuEsTdfB



    @TigersDreamlink NICEファインプレイ



    @TigersDreamlink キャプテンのファインプレー。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    巨人が6連勝、阪神が5勝1敗と好調だったセ・リーグ第5週
    巨人・岡本和真、阪神のジェリー・サンズ、糸原健斗(左から)【写真:荒川祐史】

     新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月13日から7月20日までの第5週を終えて、開幕からちょうど1か月を経過。有観客試合が再開され、連日、熱戦が繰り広げられていた。

     ここでは、この7月13日から7月20日までのプロ野球第5週の選手成績を検証し、Full-Count編集部独自に週間ベストナインを選出。こちらは順位が大きく変動したセ・リーグ編だ。

    【セ・リーグ現在の順位表】
    ↑1 巨人 24試合16勝7敗1分
    ↓2 ヤクルト 25試合13勝10敗2分 3.0
    ↑3 阪神 24試合12勝12敗0分 1.5
    ↓4 DeNA 26試合12勝14敗0分 1.0
    ↓5 広島 24試合9勝13敗1分 1.0
    ↓6 中日 27試合10勝16敗1分 1.0

    【第5週セ・リーグ】
    1 巨人 6勝0敗0分
    2 阪神 5勝1敗0分
    3 ヤクルト 2勝3敗1分
    4 中日 2勝4敗0分
    5 広島 1勝4敗1分
    6 DeNA 1勝5敗0分

     第5週を終えたセ・リーグは、前週と比べて大きく順位が入れ替わる結果となった。第4週は1勝もできなかった巨人が6連勝とし、ヤクルトから首位を奪い返した。さらに阪神も5勝1敗と大きく勝ち越して最下位を脱出。勝率を5割に戻して3位まで順位を上げた。一方でDeNAと広島は1勝しかできずにそれぞれ4位、5位に順位を落とし、2勝4敗だった中日が単独最下位となった。

    6連勝だった巨人からはサンチェス、大城、岡本、パーラが選出
    【第5週セ週間ベストナイン】
    先発 サンチェス(巨人)
    救援 スアレス(阪神)
    捕手 大城卓三(巨人)
    一塁 村上宗隆(ヤクルト)
    二塁 糸原健斗(阪神)
    三塁 岡本和真(巨人)
    遊撃 エスコバー(ヤクルト)
    左翼 サンズ(阪神)
    中堅 西川龍馬(広島)
    右翼 パーラ(巨人)

     週間6連勝と白星を積み重ねた巨人から3人を選んだ。捕手の大城は炭谷銀仁朗との併用で4試合の出場にとどまったものの、打率.375と活躍。捕手としてだけでなく、5番打者としてもチームに貢献した。パーラも大城同様に4試合の出場だったが、14打数7安打で打率5割だった。

     三塁の岡本は打率こそ.208だったものの、リーグトップの4本塁打11打点をマーク。広島の堂林が打率.480だったが、6連勝の巨人、1勝4敗1分だった広島と、チーム成績の差もあり岡本を選んだ。

     週間で5勝1敗と好成績だった阪神からは野手で糸原、サンズの2人を選出。糸原は二塁手として21打数10安打、打率.476と打ちまくった。サンズも打率4割と高いアベレージを残し、5打点をあげた。また阪神ではベテランの福留が6打数5安打、打率.833で8打点と驚異的な働きも見せていた。

     ヤクルトは4番の村上が打率.455、8打点と打線の核として活躍。また、エスコバーはリーグトップ(18打席以上)の打率.591をマーク。5試合連続安打、4試合でマルチ安打、3試合で猛打賞と、その打棒が爆発した。広島では中堅の西川も打率.480と安打を量産した。

     また投手では巨人のサンチェスと阪神のスアレスを選出。サンチェスは7月18日のDeNA戦で先発し、9回途中5安打1失点、9奪三振と好投した。阪神の新クローザーとなったスアレスは3試合に投げて無失点、3セーブをあげた。




    ---- 開幕、変な日程から1ヶ月、見事.500に戻したね。今日も最高の先制、やはり近本が出れば大きいよ。糸原の四球は近本の足と好調の糸原がプレッシャーでとってサンズに繋げ、タイムリー2本、これが阪神の得点パタ... #Yahooニュースのコメント  https://news.yahoo.co.jp/profile/comments/15951641183111.79f1.18550 



    #プロ野球申し送り事項 ボーア大山を話題にしてますが、陽動です。 いま厄介なのは、糸原サンズの2、3番コンビです。こいつら、打つし歩きます。 #阪神タイガース


    続きを読む