とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    島本浩也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     阪神は24日、DeNAに3-1で競り勝った。メッセンジャー、ガルシアと先発要員が次々に離脱する中、今季初先発した才木浩人投手(20)が5回1/3を5安打1失点と力投。自身初勝利を挙げるとともに、チームを勝利に導いた。

     「力んでしまった部分はあったが、何とか試合をつくれた」

     一回、先頭の神里に右前に運ばれたが、続くソトの打席で女房役の梅野が二盗を阻止。味方の好守もあり、ソトを外角低めの152キロのストレートで空振り三振。続くロペスに左翼フェンス直撃の左安打を許して、4番・筒香を高めの直球で空振り三振に斬り、無失点で切り抜けた。

     最大のピンチは2-0の六回。1死から神里に左翼フェンス直撃の二塁打で初めて得点圏に走者を背負うと、ソトに内角の146キロを左前へ運ばれる適時打。さらに1死一塁でロペスに左前打を浴び一、二塁としたところでマウンドを降りた。

     ここで登板した2番手・島本が奮投。筒香をキレのいいストレートで中飛に仕留めると、右打者の宮崎でも続投。ここも直球で二ゴロに抑えて「緊張感もあったが、自信を持って投げた」と胸を張った。矢野監督も「しびれる場面でナイスピッチング」と大絶賛だった。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190424/tig19042422420022-n1.html 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <オープン戦:中日4-5阪神>◇12日◇ナゴヤドーム

    阪神島本浩也投手(26)は2イニングを完全投球し、開幕1軍へ1歩前進した。

    5回から2番手で登板し、3三振を奪う快投。「真っすぐも変化球もしっかり腕を振れた。(今後も)一発勝負なので。結果を出していくだけです」と力を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-03121022-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <オープン戦:楽天7-1阪神>◇8日◇倉敷

    阪神3番手守屋功輝投手が故郷倉敷で快投した。6回から2イニングを投げ、許した走者は味方の失策のみ。倉敷工時代から愛着を持つマウンドで「懐かしかった。(昨年7月の西日本豪雨で)被災した人がたくさんいる。元気になってくれれば」と力を込めた。

    2番手の島本浩也投手は1回2奪三振で「真っすぐは走っていた。ストライクゾーンで勝負していきたい」と手応えをつかみ、4番手飯田優也投手も1回2奪三振で無失点リレー。福原投手コーチも「いい競争をし合ってくれている」と中継ぎ陣に高評価を下した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-03080960-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神・陽川尚将内野手(27)、島本浩也投手(25)が14日、姫路市の播磨国総社射楯兵主(いたてひょうず)神社で宝恵駕籠(ほえかご)行列に参加した。

     同イベントには毎年、阪神から若手選手が抜てきされ“出世イベント”として語り継がれてきた。過去には藤川が03年に参加し、同シーズンから登板数を増やして、不動の守護神に登り詰めた。

     2人は2年連続の参加で、陽川は昨季75試合で打率・252、6本塁打、48打点と5年目で自己最高の成績を残した。この日も「ほえかご!ほえかご!」の周囲の声に乗って、姫路の町を練り歩いてパワーをもらった。更なる飛躍が期待される陽川は「昨年は開幕直前で2軍に落ちたので、今年は開幕1軍が目標になる。ケガなく、1年間、1軍で結果を残してやっていきたい」と宣言。中継ぎ左腕として1軍定着を目指す島本も「今年もこのイベントに来れて良かったと思う。ずっと1軍で投げられるようにしたい」と2人揃って“大出世”を誓っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000136-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    阪神・島本浩也投手(25)が14日、高知・芸西村の秋季キャンプ宿舎で契約更改交渉に臨み、950万円から100万円ダウンの850万円でサインした。

    今季は1試合に登板し、勝ち負けなしで防御率9・00だった。「今季は1試合しか投げていないので、悔しいシーズンでした。1試合でも上(1軍)で投げられるようにしっかりやっていきたい」と気合を入れ直した。 矢野監督からは中継ぎ陣の一角に割って入るよう期待をかけられており、左腕は「しっかりオフは練習して、アピールしてオープン戦でも投げて開幕1軍に入りたい」と気合をみなぎらせた。(金額は推定)


    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000546-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ