とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野燿大

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2018/10/19(金) 07:57:19.38 ID:CAP_USER9
     阪神・矢野燿大新監督(49)の就任記者会見が18日、大阪市内で行われた。晴れの就任会見で熱き思いを綴った阪神・矢野燿大新監督(49)。
    ただ、注目された補強に対しては「大きな要望はありません」。3年間、1、2軍の戦いを見てきた新監督は「うちの選手は負けてない。育てるのが仕事」と胸を張って言い切った。

     よどみなく、自信たっぷりに、誇らしげに。矢野新監督が言い切った。

     「うちのチームには、楽しみな選手がたくさんいます。他の球団と比べても負けていないというのは、僕も自信を持って言えます」

     昨年まで参謀役として1軍の、ことしは2軍監督としてファームの。日本プロ野球界の大半の選手を見てきた結論だ。

     『うちのヤツら、凄いやん』→『こいつらを育てたら、戦えるで』→『だから補強に要望は出さない』。自身の言葉で説明してくれた。

     「外国人もね、打てる選手というのは来てくれるに越したことはないですけど。いる選手をどうするか、というのが僕の大きな仕事。補強の相談もして いますし、まあ今進んでいると思うんですけど、何か現状、僕から大きな要望という感じではないですね」

     札束が飛び交うFA戦線への参入を、強く要望することはなかった。目の前にいる選手たちに、しっかり働く外国人選手と、ドラフトで将来有望な選手たちが 入ってきてくれれば…。

     “おねだり”はしない新監督だが、ドラフトにはこだわりも。

     「本当にすごく大事になってくると思っています。阪神ファンが求めているのは、生え抜きの4番、エース、レギュラー。すごい中心になっていくような選手が 来てくれればうれしいです」

     FA戦線のビッグネームに関心を示さない代わりに、指名選手には注文をつけた。「特長のある選手。足が速い、肩が強い、遠くに飛ばせる。何となく 全体がいいな、という選手よりも…」。

     俺が育てる。だから、育て甲斐のあるいい選手を獲ってきて! 要望は単純明快。最有力候補には大阪桐蔭高・根尾昂内野手が挙がっており、競合必至の ドラフト1位だが、超前向きだ。

     「(クジ運は)悪いとは思っていませんね、はい! 新聞紙上で何か僕が引くように、もうなっていますけど(笑)。選択(交渉権)確定を引けるように、 頑張っていきたいと思います」

     若手育成に真正面から挑んだ金本前監督の思いは、しっかり引き継ぐつもりだ。と同時に「そろそろ補強で勝たれたら」と前監督が最後に残したメッセージとは ちょっぴり違う、補強に対する姿勢。それが“矢野色”-。さあ、どんなチームを作り上げるのか。お手並み拝見だ。

    1-2レビュー


    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000029-sanspo-base

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539903439/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/19(金) 06:40:40.45 ID:fs16JgZRr
    今季は17年ぶりとなる最下位に沈み、金本知憲監督が電撃辞任。火中の栗を拾った形になった就任1年目から、2005年を最後に遠ざかる「優勝」と目標設定した。その実現へ、現役時代に優勝を味わった03年型の攻撃的な野球を理想に掲げた。

     師と仰ぐ故・星野仙一監督が率いた03年の“看板”は1試合平均5・2得点の打線。今季の同4・0点をはるかにしのぐ破壊力があった。
    「甲子園で点を取って、一気に流れができた時の雰囲気。ファンは喜ぶし、それを求めてると思うのよ」とイメージは膨らんでいる。

    2軍監督として12年ぶりのファーム日本一へ導いた。「超積極的」を合言葉にトライさせ続けた若手選手も芽を出してきた。「チームとして後退しているとは思わない。みんなが力を出せば優勝も可能。そこが俺の一番の仕事だと思う」。迷ったら前へ―とは星野さんに学んだ生き方。23日から始まる秋季練習が大逆襲の第一歩となる。




    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000018-sph-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539898840/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/18(木)14:56:47 ID:afZ
    プロ野球阪神の矢野燿大新監督(49)が18日、大阪市内で就任記者会見に臨み
    「一番やりたいことはタイガースファンを喜ばせること」と抱負を述べ、重責を担う心境について「不安や怖さはもちろんあるが、よし、やってやるぞという気持ちに向いている。僕も挑戦していくべきだと思った」と語った。

    球団によると3年契約で、背番号は「88」。
    201808_hanshintigers_top


    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181018/tig18101812570011-n1.html

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539842207/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/18(木)12:48:47 ID:afZ
    阪神の矢野燿大新監督(49)が18日、大阪市内で就任会見に出席した。

    球団旗が掲げられ、タイガースカラーの黄色の花が飾られたテーブルに着席すると、
    矢野新監督は真っすぐ前を向いた。

     藤原新オーナーからの紹介の後に抱負を語った矢野新監督は
    「今は不安や怖さがありますけど、監督をやらせていただくと決めてから、そういうのもあるけど、よしやってやるぞという風に向いている。不安や怖さがキャンプ、オープン戦で自信に変えていけるように」とコメントした。


    1

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/10/18/0011741285.shtml

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539834527/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/17(水) 16:10:20.53 ID:v/DQje/g0
    阪神から次期監督の就任要請を受けていた矢野燿大二軍監督(49)が15日、
    兵庫県・西宮市内の球団事務所で会見を開き、正式に受託する意向を明かした。

    17年ぶりのチーム最下位で事実上の「解任」になった同級生の金本知憲監督(50)の後を受けて「第34代監督」になるが、
    目の前には数々の試練が待ち構えている…。

    まずは新監督をバックアップすべき新組閣作業だ。

    「金本監督の来季続投を見込んで招聘されていた元中日の和田一浩氏からは、すでにお断りの連絡があって、もうない。前体制でコーチは来季全員残留と内示されており、なかなか今、切るわけにいかない。配置転換して、やりくりするしかない」(球団関係者) 前日14日に辞任した片岡篤史ヘッド兼打撃コーチ(49)以外の“最下位首脳陣”が残ることで、思い切った血の入れ替えは不可能。二軍から浜中治打撃コーチ(40)、藤井彰人バッテリーコーチ(42)、福原忍投手コーチ(41)、藤本敦士守備走塁コーチ(41)ら気心の知れた面々を昇格させる方針だが、いかんせん心もとない。
    矢野監督と中日時代から親交のある楽天の清水雅治一軍外野守備走塁コーチ(54)をヘッドコーチとして招聘するプランが急浮上。今中慎二氏(47)の名前も挙がってはいるが…。平田勝男一軍チーフ兼守備走塁コーチ(59)は二軍監督に就任する見込みだ。

    今オフのFA補強も心配だ。

    目玉には西武・浅村、広島・丸、日本ハム・中田、投手ではオリックスの西ら、候補は多いが、「今年は最初から諦めているのか、ウチは実際、現時点で何も動いていない」(フロント関係者)とのこと。 今季の敗因になった得点力不足を補うには何より補強がものを言うのに、仕掛けが遅すぎるのは気にかかる。

    最後は矢野監督に今後、課せられる“クビ切り”の役目だ。

    若手が育ち始めた一方、来年は福留孝介外野手(41)、鳥谷敬内野手(37)、能見篤史投手(39)、藤川球児投手(38)、岩田稔投手(34)ら、実績と人気のあるベテラン組が衰えることは確実。それだけに「就任1年目からベテランの肩を叩く仕事も待っている。いつかは非情にならなければいけない。共にやってきた選手には、なかなか言えないだけに、できるかどうか。

    本当は中継ぎの監督の下で2年ほどコーチをやって監督にならせるのが理想だった」(フロント幹部)と不安視されている。 まさに新監督の目の前には数々の問題が…。

    もともと貧乏クジ覚悟で一軍監督を引き受ける決断をしただけに「超積極的」のスローガンで二軍を今季日本一に導いたその手腕に期待したい。


    1


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000007-tospoweb-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539760220/

    続きを読む

    このページのトップヘ