とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野燿大

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     6日に51歳のバースデーを迎えた阪神・矢野燿大監督が、先頭に立って、来季スローガン『It’s 勝笑(ショウ) Time!オレがヤル』を実践していくことを誓った。

     「自分が旗振り役。楽しく…軽くなり過ぎないようなね。苦しく思うんだったら楽しもうっていう」

     51歳の年齢については「(新人の)お父さん、お母さんが年下やんか。ビックリするわ。今年は息子みたいな選手がいっぱい入ってくるんやなというのは思った」と明かす。

     健康の秘訣(ひけつ)を聞かれると「腸じゃない?腸が元気やったら、体が元気らしいから。う○こや!」と笑わせた指揮官。この1年間もチームの勝利はもちろん、その言動で周囲の人を笑顔にしていく。




    矢野監督51歳バースデー It’s勝笑Time「自分が旗振り」  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/12/06/0012936180.shtml  最後の4行クソワロタ



    矢野監督! 51歳の誕生日おめでとうございます✨✨ 来年は優勝目指して頑張ってください❗️ #阪神タイガース #矢野燿大 #矢野ガッツ pic.twitter.com/7Otlycf7gx


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3



    【スタッフより】 本日12月6日は矢野燿大監督51回目のお誕生日です🎉おめでとうございます😊 #矢野燿大 pic.twitter.com/re4UIDHyjf



    矢野監督の誕生日や〜 現役時代、試合に勝つとマスク外してピッチャーと笑顔でハイタッチする姿がめちゃめちゃ好きでした… なんとか優勝してほしいな… pic.twitter.com/kGNy9SOl5L


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神の新入団会見が2日に大阪市内のホテルで開かれ、今秋ドラフト会議で指名された8選手が登場した。

     矢野監督は、自ら指名した大きな可能性を秘める選手たちを前に「楽しみな選手が指名できたと思っていた。きょう顔を見てその気持ちが増しました」と心境を明かし、「ファンに感動を与えて、子どもたちに夢を与えられるような選手になってほしい」とエールを送った。

     ドラフト1位・西純矢は高校時代、派手なガッツポーズで話題になったことがある。それについて「僕はやってもらっていいと思う。自分自身が頑張ることでいろんな人に影響を与えられる仕事。僕を超えるようなガッツポーズをしてもらっていい」と“矢野ガッツ超え指令”を出し、会場に笑いを起こした。

     また、同2位の井上が「ホームラン王を目指したい」と夢を語ると、「それを取ってもらうためにドラフトで井上くんをとったので。スケールの大きなホームランバッターになってもらいたい」と期待を込めた。




    阪神タイガース新人入団会見 報道ランナーから まずは西くんの会見から😃 矢野ガッツと西ガッツ見れます😁 #阪神タイガース #西純矢 https://t.co/Ed51FuwsO6



    阪神・西純矢、目指すは遠縁の西勇輝 入団会見で背番号15もお披露目(デイリースポーツ) - ユニいいね👍 西くんのガッツ、見たいよね😊 そして、井上くん、一見すると松葉杖は無さそう☺️ホッ #タイガース入団会見 #西純矢 #井上広大 #及川雅貴 #遠藤成 #藤田健斗  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000083-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神は2日、大阪市内のホテルで新人8選手の入団発表会見を行った。

     会見に同席した矢野燿大監督は、「本当にドラフト指名した時から、楽しみな選手が指名できた。顔を見て、ますます高まっている。早くプレーがみたいですね」と心待ちにした。その上で、選手たちに伝えたのは、「ピンチはチャンス」だということだ。

     「僕たちはファンに感動を与えて、子どもたちに夢を与えるチームになっていきたい。期待がすごく大きいです。自分もレギュラーになるのが遅かった。プロ入ってなかなかうまくいかなかった。でも、振り返ってみたらそこにチャンスがあった。いい事ばかりじゃなく、いろんな事が起こりうる。でも、その時がチャンスなんだ」

     今秋のドラフトでは1位の創志学園・西純矢投手から、5人連続で高校生を指名。しかも5人全員が今夏、甲子園で活躍したスター選手であった。

     阪神が1位から5人連続で高校生を指名したのは、1966年度の第1次以来53年ぶり。同年のドラフトは9月(第1次)に「秋の国体に出場する高校生と社会人」、11月(第2次)に「大学生と秋の国体に出場する高校生」と2回に分けて開催。阪神は第1次の1~10位まで全て高校生を指名。1位は江夏豊(4球団競合の末、交渉権獲得)で、3~4位と6~9位の6人が、入団拒否している。

     「育てる阪神」への変革。5人の高校生獲得には、球団としての覚悟が見える。将来性豊かな選手たち。ファンならずとも、夢のあるドラフトになった。晴れの舞台で新たに決意表明し、早期の1軍出場を目指していく。




    【阪神】 新人選手入団会見に出席した 矢野監督と新人選手たち pic.twitter.com/bVywxUPJIW



    阪神矢野監督もフレッシュなルーキーたちに期待です。 #阪神タイガース #新人選手入団発表会 #矢野監督 pic.twitter.com/sr0OIqoMvO


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神・矢野燿大監督(50)は29日、サンテレビの「熱血タイガース党」に生出演し、ドラフト1位の西純矢投手(18)=創志学園高=ら新人8選手を来春のキャンプで2軍スタートさせる方針を明かした。「連れていきたい気持ちは山々なんですけど、今の段階では全員2軍スタートになるかなと思っています」と明言した。

     今秋のドラフトでは西純だけでなく、上位から5選手は高校生を指名。「平田(2軍)監督の下で、高知でまずやって、それで良ければ、こっち(1軍)というのもあるかもしれない。1軍来たら張り切りすぎるとか、色々あると思うんですけど、まずは2軍スタートする方がチームにとっても、選手にとってもいいかなと思います」と、基礎体力作りを中心にじっくり調整させる構えだ。




    そりゃそうだな オープン戦あたりから1人くらい出てきたら面白いけどな 【阪神】矢野監督が新人8選手の2軍スタートを明言「連れて行きたい気持ちは山々なんですけど」  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-11290202-sph-base 



    @ck4vxk1061 とりあえず育成やな


    続きを読む

    このページのトップヘ